情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローゼンメイデン」6巻、ジュンが学校に行った、すごい、すごい勇気だった
「ローゼンメイデン」6巻、今巻は遂にジュンが重い重い一歩を進み出しました。
この学校に改めて行き直すのって、ジュンの思いが嫌と言うほど描かれていて、大変さがわかります。
そう、必死に自分にたいしたことない、誰も自分なんかを気にしているわけがないという言い聞かせもまた、熱い展開でした。

そんな中、ローゼンメイデン達もnのフィールドの調査を行っています。ジュンが動いたから、ということもあるのだと思うと今後ジュンがどう動くかがまた物語の大きなキーポイントです。
だけどジュンに絡んでくる何人かの人間もまたひとりひとり重い思いがあるので彼も大変だ。でも気にかけてもらえていいと思うんだけど。
とはいえ、めぐが恐ろしい変化を遂げた。あ、やっぱりいつもの病んだ彼女だったのですが、元気になった分その病み具合がアグレッシブでジュンを足蹴にするあの様はなんだろう手慣れている? 早くこの続きを!

そして、私は今巻ようやく翠星石がかわいいって感じた。典型的なツンデレキャラだけど有名すぎてもう少しネタ的に見ていてしまっていたんだけど、学校でのあのいい雰囲気になってからのお約束、彼女がちょっと不憫に感じて読み返すと、うん、わかってきた。
こんなかわいいキャラだったとは。

ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)
ローゼンメイデン 6
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。