情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フリンジ サード・シーズン」、並行世界ものになってややこしいけど、まだついていけるぞ
「フリンジ サード・シーズン」、レンタルとセルが始まりました。
ま、レンタルで見ているので全部はまだ見られないのですが、セカンドシーズンラストで入れ替わってしまったオリビアさん。これって入れ替わったまま次のシーズンまで待たされて展開気になって仕方なかったです。

さらに並行世界、ということがこれまで以上に強調され、ややこしくなってきました。が、まだ付いていけますよ。OPの色調でどっちの世界の話かもわかるし、話途中で切り替わる時もわかりやすい目標がある。飛行船だとか自由の女神像だとかで。

また、向こうの世界のフリンジチームの話も始まって、なにか一粒で2度美味しい感じ。結局あっちのフリンジもよく似た展開だし。それにしてもチャーリーさんとチーム組んでいるのがなにげに楽しい。この人いい感じのキャラだったからこっちの世界で退場して淋しかったもの。
ほかにもブロイルズさんがどっちの世界でもそれなりに渋い上司として描かれているからこの二人が会えばおもしろい展開が・・・なんて思っていたんですが。

なお、こういう登場人物以外に歴史的なところでも結構違う世界、レンタル棚にあった説明では20の違いがあるということですが、これはアメリカ人にとってはネタの意味がよくわかる違いなんでしょうね。もう少しぴんとこない違いが多かった。ここらへんの小ネタがわかるとより楽しめるんでしょうね。

でも、取り敢えず入れ替わったオリビアさん、向こうからこっちにきたオリビアがシェイプシフターと組んで暗躍するところがこれまでよくわからなかったシェイプシフターという存在をわからせてくれました。シェイプシフターって恐ろしい敵なだけでない、妙に人間くさいところもあったりとセカンドシーズンまでからの印象と様変わりです。
とはいえ、向こうのオリビアさんはこっちとの違いを明確にする怖さがある。なんとも言えないあくどい笑みを見せるから・・・。もう、なかなか気付かなかったピーターにじれったさを感じた。

あとは、まだ私が見ている分では存在に気付いていない監視人(捜せばどっかに居るんでしょうね)、彼らもまた別の並行世界の者達なのか、先史人類なのか、早くいつもの調子で現れて欲しい。

FRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉コンプリート・ボックス [Blu-ray]
FRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉コンプリート・ボックス

関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。