情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私のおウチはHON屋さん」4巻、今巻は特殊な女性客が多かった
「私のおウチはHON屋さん」4巻、今巻も主人公のみゆがかわいいです。
無垢だけどそのエロ本への知識、常連顧客の性癖への的確な記憶と最適な作品へと導く行動力がまさに神と呼ばれるキャラに育っています。

今巻はこの彼女の驚異的な接客力に驚く新規女性客、エロ本堂を極めんとする者、名前がないのが残念なOLさんが印象的でした。
さらには売れないエロ同人誌作家の父を持つ娘が委託販売にきたり、官能小説家の野々村陽の作品をみゆが朗読したりその野々村陽が店に襲来してなにもかも官能小説風に読み上げていく。
また、野々村陽は女性作家なのをいいことに(?)数少ない中沢書店の女性客をその魔の手に・・・。
でもって最後は、風俗で働きたいとまっすぐな瞳で語る泡野姫子さんの登場・・・名前がひどすぎ。

でもどれもこれもみゆがうまーくオブラートに包んでくれて・・・いない。でも彼女がひたすら恥ずかしがってぎりぎりで止めてくれるのが救い。
もっとかわいく赤くなるみゆを見たい、そんな今作も次巻5巻の予告では激動との文字。

なにが起こるんだ!?

私のおウチはHON屋さん(4) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(4) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(4) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん(4) (ガンガンコミックスJOKER)




関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。