情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011秋期情報処理技術者試験、システムアーキテクトを受験してきました
2011秋期情報処理技術者試験、システムアーキテクトを受験してきました。受験してきた方、お疲れさまでした。受験されていない方は、次回に向けて準備しましょう。きっと、いいことあります。

さて、今回京都の受験地は龍谷大学深草キャンパス。初めて受けるところです。京都駅から地下鉄で最寄りのくいな橋、さてどこだ? 一瞬どっち行ったらわからなかったです。まあ最近はiPadでgoogleマップ見ていくので特に問題ないんですが、結構離れていた。

そして龍谷大学深草キャンパス。今回は情報処理技術者試験全区分がここで行われていました。さらに英検、建築試験もここで行われ、朝早くから混雑していました。
私は今回は午前1から受験したので、ITパスポートや基本の受験者に混ざって入門、でも受験校舎は別だったのでそっちに行くと・・・少ない。

相変わらず午前1からの受験者は番号が後の方に集中していますが、システムアーキテクト受験者中四割くらいが午前1からの模様。そして若干受験率低め。午前2から参加の午前1免除組はほぼ全員受験していた。

さて、午前1、特に出来なかったとも出来たとも思えない出来、もう公表されている解答で採点すると、24/30=80%。通過です。よしこれから2年間、また午前1免除だ。

午前2、これはあきらかにわからない問題があった。というか知識として知らないものがあったのが問題。とはいうもののなんとか18/25=72%。通過です。

そしてここから気を抜くと落ちる午後試験。なお、お昼は売店もキャンパス内に発見できなかったものの朝来たときに確認した天下一品で済まします。

午後1、選択した問題は1と4です。1は災害や感染病でシステムを運用する場所が使えなくなった時の対策です。うん、今、を感じる深刻な問題。やっといて損はないのでこれを選択。多分出来た。
もうひとつの4は電子黒板とタブレット端末を使った電子授業システム。これまた今風ですのでこのようなシステムの提案も今後あるだろうから、勉強がてら選択。案外拍子抜けする感じの易しさだったと思う。
通っていると思うけど、簡単だからこそ最も適切な回答が必要か。

最後は午後2、選択問題中3は例の如く組み込み系なのでこっち系じゃないので選択できない。よって1、複数システムの見直しを選びました。さて、結局ぎりぎりまでかかって回答したけれど、手応えは・・・ない。

うーん、やっぱり論文は難しい。でもその午後2で退室可能になったらすぐ出て行く人がいた。できないから諦めてのそれじゃなく、席が近かったのでわかりますが、しっかり書いて雰囲気。すごいなぁ、これで実は妙に焦ったり。精神的に負けちゃあいけませんね。

さ、取り敢えず試験終了。合格発表は2011/12/16予定。
また、来年の春期は今年と同様プロジェクトマネージャを受験する予定です。

情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2011、平成23年)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。