情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おざなりダンジョンTACTICS」3巻、モカがお尻触られてますが、あまり色気があるわけではなく・・・SFです
「おざなりダンジョンTACTICS」3巻、今巻は平行世界ネタがわかりやすいけどうまく設定されて飽きさせません。

それに、あのモカがなすすべなくセクハラ、というかお尻触られています。
基本的に女性というよりも少年のようなキャラのモカ、多少体つきは大人びていますが精神はまだ少女にも到達していない雰囲気がモカらしい。だからお尻触られての声が「のひゃわ」とかなんて・・・色気もなにもない。
ただ、こんなことされたら即ぶっ飛ばすキャラですが、今巻はゲートによる体の各部が別場所に束縛されるということで手も足も出ない。このもどかしさを彼女がどうクリアするかでしたが、うーん、結果オーライなのか? いまいち彼女が気張って脱出したようでもないし。

そして今巻は並行世界ネタで魔術が絡んでいますので、案の定キリマン無双。高位の魔術師からはキリマンは天才魔術師という評価でモカ達が汗する様が小気味いいです。やる時はやるキャラですが、いまいち動き出すまでの溜が長いのが、すぐ手が出るモカとの違い。思慮深いキャラなんですけど、見た目がそうじゃないのでおもしろい。

なお、並行世界のモカを呼び出して一瞬共闘するシーン、もうなにごともなく当然のように連携して動くモカ、結構意外だった・・・。敵対とは言わなくともへんな張り合いくらいするかと思っていたのに。

おざなりダンジョンTACTICS③ (CR コミックス)
おざなりダンジョンTACTICS③
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。