情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ここが噂のエル・パラシオ」4巻、桜花が忠輔を意識しだしたらもう、なにもかもいちゃついているようです
「ここが噂のエル・パラシオ」4巻、ドラマ化も決まって本屋さんには大量に並んで・・・いなかった。
新刊が1冊だけあっただけ。ううう、もうちょっと帯だけでなくキャンペーンでもしてほしい。

そんな今巻は桜花とかつての同僚のアズミとの試合。ふたりともレスラーとしてはベビーフェイスなんだろうけど、実際はふたりともなかなかにヒールなキャラです。逆にヒールを張るマリーさんやカーペンターさんは普段はおとなしいというか大人な落ち着きを秘めた魅力的なキャラです。このギャップがおもしろいんですが、まあ忠輔はどっちにせよそれらみんなのヒールな面をまともに受けていますので大変です。

今巻、遂に断片的な彼の記憶も戻ってきました。もうまるでその記憶の中の帽子の少女って桜花だと言わんばかりの展開ですが、ミスリードかも、とも構えています。
でもまあ、普段の桜花が忠輔を男として意識しだしてこれまで放り投げて任せていた下着の洗濯をやめてしまったり、お風呂に先客の忠輔と鉢合わせで「きゃっ」なんてかわいい声で慌てて逃げたり、手荒い動作だけどとにかくどこでも一緒に彼を連れて歩いたりと、もうによによさせることばかり。
アズミとの試合中でもレフェリーとして凛と男を見せる忠輔にいちゃついたり・・・とこれはアズミの挑発の言葉だけど。ま、確かにアイコンタクトで通じているんでいい感じです。

もう盛り上がってしまってドラマ化だというのに次巻で終わりそうな勢いですが・・・そんなことはないですよね?

だって陽向との三角関係が始まりそうで始まっていないし。

ここが噂のエル・パラシオ 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ここが噂のエル・パラシオ 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。