情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍化、PLUS 断裁機PK-513の刃、研磨に出してみました
電子書籍化するための裁断機はPLUSのPK-513を使用しています。

これの刃がこの間裁断回数2000回くらいだとかホチキス切ってちょっと傷ができたので
PLUS 断裁機PK-513用専用替刃 PK-513H 26-129PLUS 断裁機PK-513用専用替刃 PK-513H 26-129
を買って交換しました。

その後すぐに研ぎに出せばいいのですが、結構お値段高いので様子を見ていたら、またもホチキス切りしてしまいました。しかも気付かずに「ん? ちょっと重いけど雑誌だしこんなもんか?」などと思って力入れてしまったもんですから、激しく1mmくらい欠けた箇所がホチキスあった二カ所分できてしまいました。

慌てて研磨に出すこととしました。メーカーであるPLUSに電話して近くで研磨してもらえるところを教えてもらうといいのですが、残念ながら受付は平日の昼間、ただし昼休みは受付なし。私も平日昼間は仕事なので電話できません。
よってPLUSのユーザサポートを参照して直接研磨依頼しました。

プラスステーショナリー -断裁機PK-511/512/513L修理・刃研磨について-

土曜に出してFAXで見積が届いたのは翌週月曜、月曜晩にFAXで見積OKと返事を送りました。その週の金曜にFAXで研磨が終了したので来週月曜に代引き発送すると連絡が入り、今日火曜日に到着。
土日を入れても10日程度でできあがりました。
なお金額は特に大きな傷でもなかったようで注文書のPDFに載っているとおりの9660円+代引き315円=9975円です。新品買うのと較べて半分の価格です。もうちょい安いと気軽に研磨に出せますけど。

早速刃を交換して裁断、うん、新品と変わりませんね。

ちなみに刃の側面には小さく私の名字がカタカナでひっかく感じで書かれていたので、恐らく取り違えしないためのものでしょう。

・・・今週末には交換した大きな傷の方も送ってみますが、果たして通常のお値段になるのかどうか・・・。

なお、私は昔ながら(?)の
プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
を使用しています。

最近出てきた刃交換が簡単な
【Amazon.co.jp限定カラー】 PLUS かんたん替刃交換 断裁機 (裁断幅A4) 26-001 PK-513LN-A【Amazon.co.jp限定カラー】 PLUS かんたん替刃交換 断裁機 (裁断幅A4) 26-001 PK-513LN-A
は研磨ができません。
・・・が、これの専用の
【Amazon.co.jp限定カラー】 PLUS かんたん替刃交換 断裁機 PK-513LN(-A)専用替刃 26-301 PK-513LNH【Amazon.co.jp限定カラー】 PLUS かんたん替刃交換 断裁機 PK-513LN(-A)専用替刃 26-301 PK-513LNH
のお値段は研磨代金と較べて一割から二割くらい高めな程度ですので悪くないものです。交換も簡単そうだし。

今となって思うと、こっちにしてもいいかもなんて思っていますが買った頃にはこの裁断機なかったし。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。