情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クイーンズゲイト神速の封刃タキ」、胸に目が行きますが実はそうではなかったのですよ
「クイーンズゲイト神速の封刃タキ」、ソウルキャリバーからまたも参戦です。

さて、まずは表紙です。タキと言えば忍び装束というかボディースーツ系、体の線がぴったり出ている上にゲームだと一貫して胸が透けているんですが・・・残念ながらそうではないです。とはいえ、透けてしまうと全年齢じゃなくなるからこれでいい、いや、このほうがぎりぎりまで魅せるクイーンズブレイド系の良さがでます。
さて、カバー外して本体の表紙、こちらは別装束ではなく、色変えで青の衣装でした。他に変更はないですが単純に青で雰囲気変わって、いいですねぇ。
そして見返しは表裏ともなにもなし、いつものゲイトです。

さて本編のイラストブック部分ですが、とにかくなにをしていてもこの胸のテカリ、太もものテカリ、が艶めかしい。そして透けはしないものの若干の突起が確認できる胸。だけどそっちが本命じゃなかった? 足を負傷でのしゃがみポーズや蹴り、武器を拾うなどで強調される股間の描き込みが、本命だった・・・。
ええ、足を負傷、タキがこんなポーズをするなんて・・・。
また、負傷すると服が破けるというよりも裂けるように描かれてます。ぴっちりした伸縮性のある衣装なんだとわかります。だからストッキングが破けるような状態で描かれるのも特徴的です。
それにしてもタキは常に厳しい表情していますね、ダメージ時もそれほど弱気な表情じゃなく頑張って睨んでいるところが、タキらしいです。
なお、同じイラストを使い回しているのは1つだけ、身をかわすの近距離と遠距離で若干サイズを変更してのそれくらいでした。いい感じです。

ゲームブックとしては、二刀持っていますが落とす時は同時に落として拾うのも二本同時です。だから二刀の有利さはありません。一応挑発すれば体力を回復できます、ただ回復する手段が解説されていない。なにか食べるんだとか滅鬼丸からわけてもらう(?)とかだったらおもしろかったんだけど。
防具はないように見えてこの忍び装束自体が防具のキャラですので頭クリティカルでも二桁行かないダメージなのでそこそこ固い模様。
あとは特徴がないのが特徴、オーソドックスにどの攻撃種も基本的にできます。

最後に、ソウルキャリバーは絶対クイーンズゲイトとの相性がいいですよね。対戦格闘だし、武器攻撃が基本、異世界があっても特に気にならない世界観。そして、なんと言っても特徴的な女性キャラが多い。
アイヴィーさんに引き続き、タキの参戦でした。はやくソフィーティアの番がこないかな。
いや、もう「クイーンズキャリバー」ってことにして全女性キャラ出してもらってもいいな、なんて思っています。

クイーンズゲイト神速の封刃タキ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズゲイト神速の封刃タキ
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。