情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青空にとおく酒浸り」5巻、遂に表紙交代、物語も百合度を増し、シノ×シノの闘いもよかった
「青空にとおく酒浸り」5巻、遂に表紙が小朝親父からシノさんに交代です。
このシノさんの非常にアクロバティックな謎のポーズは裏表紙に続き、すると小朝親父を蹴り倒しているポーズだとわかります。名実ともにシノさんの天下です。

さて本編、シノさんが鯨から戻ってMMのケーソンと立場が入れ替わっています。MMと化した本来のシノさんが自分の身体の操り方を必死に覚えていくという涙ぐましい展開。だけどMMどうしの学習のためにお肌とお肌を合わせて大量の情報連携をはかるために、裸で抱き合う小朝とシノさん。そして時にはキスして粘膜からのもっと高速な通信までして・・・百合百合な見た目です。美しいなぁ。

今巻後半はこのシノさんだけどシノさんじゃないMM群体なシノさんに、身体は人間のシノさんだけど心は別物の偽シノさんとの熱いバトルになります。勝った方が身体を乗っ取れるという条件で。
百合成分も濃かったけどこのMM絡みのSF的なノリもほどよく濃くっておもしろかったです。画面隅っこでいつもの安永節もあったのも丁度良いし。そう、これくらいで中心は百合なシノ×小朝でいいんです。

やっぱ小朝親父を中心の展開はきつかったから・・・でも、なぜかシノさんは最後の方で小朝親父に神々しさを感じていますが。

青空にとおく酒浸り 5(リュウコミックス)
青空にとおく酒浸り 5(リュウコミックス)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。