情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひだまりスケッチ」6巻、なずなのかわいさが全開です
「ひだまりスケッチ」6巻、表紙のなずながゆのとともにヒロインしてかわいさが極まっていた巻でした。

今巻山吹先生が校長先生に怒られる展開が少なかった分、彼女の自由な行動が少なかった。その分、表紙外した本体表紙に戻ってきてバニーガールです。うさぎ年だから外せませんね、よかった。

でもって、カバーの表紙、見るとゆのの方がまだちっさいんだ。うーん、なずなってもっと小さいイメージあるんですがそうでもない、と。

とはいえ、みんなヒロインなんで特に誰が出ていたからおもしろいということはなく、基本の同学年の組み合わせでない意外な組み合わせでやっぱりなずなが特徴的でした。
なずなってゆのよりももっとおとなしい引いた性格の子に見えて、デスティニーランドのお皿に描かれたチョコソースをためらいなくとろりとさせてしまう思い切りのよさ。犬との会話が「わん」で成り立ってしまうスピリチュアル(?)なところも、かわいい上にすごいって思います。

また、なずなは普通科なので他のひだまり荘の面々と違った美術的な知識がない分、辺にひねらずにものごとを捕らえるのが逆に新鮮。でも、美術館行く展開でのなにもわからないまま連れてかれて、だいぶ後になってからどこ行くか訊くとか・・・かわいいけどひとり暮らしに不安を感じます。

意外な組み合わせって思って見返していましたが、こうやって見ると基本は同級生ネタなんだ、もっとみんなそろってわいわいしている感じが多いように思っていたけど・・・特に3年、もうカップルになってしまっているところから一歩進んで夫婦状態。
ゆのと宮ちゃんは互いに全開な感じで、水泳で浮けないゆのが浮けるようになるまでの悪戦苦闘がよかった。それに対する宮ちゃんのマイペース、ビート板サーフィンか・・・やったなぁ。そしてわかるゆのが身体に力入れすぎているので浮かない事実。だから力抜けば浮けるんだけど・・・ゆのがこんな子だったなんて。

そして、この水泳練習回ではなずなもいい味出していました。ゆのとキャラかぶりしそうでしない自然で弱々しい小動物な感じがよく出ていました。

ということで、ますますなずながかわいくなった6巻でした。

ひだまりスケッチ (6) (まんがタイムKRコミックス)
ひだまりスケッチ (6)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。