情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進撃の巨人」5巻、ミカサの切れっぷりが恐くって素敵ですがエレン大好きなのもかわいい
「進撃の巨人」5巻、なかなか話が進まないようで少しずつ進んでいます。
巨人化したエレンによる作戦も奇跡的にいい方向に進んだものの、あの最初の自我がない様はいけません。今巻では彼の処遇を巡って熱い舌戦、そして作戦が見られました。

ここでのミカサの証言が、シュールでかわいかった。あの自我がなくミカサを拳で攻撃した巨人エレンをかばうためのとっさの嘘が「ハエがいたから」って・・・。

さらにその後のリヴァイ兵士長による一芝居でエレンがぼこぼこにされましたが、その際のミカサのたぎりっぷりや黒い表情とその後のリヴァイさんへのキレっぷりが恐いけど、これこそがミカサだなとも思えて一安心。彼女のエレンへの愛というか保護欲というかが、とにかくいいものです。そしてきっとミカサ、あのリヴァイ兵士長にいつかは突っかかるんでしょうね、その勝敗がどうなるかも気になる。

そんな中、またも異常な人が登場です。例の如く登場した際には男女の別もよくわかりませんでしたが読み進んで女性かな・・・と思ったものの、どっちの性別にしても異常な様はよくわかったハンジさん。結局性別はどっちなんでしょうね?
とにかく巨人の謎への探求心が愛憎半ばして危険すぎますが、これでも他の切羽詰まった人々よりもほっとさせるものを持っています。
最終的にはハンジさんが巨人へのアプローチ(?)への大きなきっかけを見つけてくれるものと期待します。

進撃の巨人(5) (少年マガジンコミックス)
進撃の巨人(5)


そろそろこの絵にも慣れてきたのですが、やっぱり巨人の人間とは違う身体のバランスが得も言われぬ不安感を抱かせます。・・・でも人間側も相変わらず。オルオが馬上で舌噛んでしまう描写があったけど、最初あれって誰か他の人の耳でも食いちぎったのかと思って逆に恐ろしかった。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。