情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜」31巻、セルジュがメインなのでつまりあのパパンの影が印象的
「王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜」31巻です。セルジュが織部の元での修行の成果を見せる話です。
いや、いつもの如く織部に泣きついてなんとか急ごしらえに仕立て屋の入り口に立とうという話。

だから今巻は織部の神業をめでるでなく、地味かも。登場人物がモデル出身なセルジュやその先輩・・・ただし病み上がり、そして当然セルジュとくればあの強引で厳しいパパンのアラン・リヴァル。男ばっかだ、華やぎが・・・いやラウラのツンデレがちょっと見られたからそれでいいけど。

しっかし、こうやってセルジュの修行を見せられると当然ですが、そうそう簡単にものになる世界ではない、改めて織部のすごさがわかります。なお、案外ラウラもまだまだだともわかった。
そんなラウラでにやにやしたかったけど、気がつけば織部に見事に仕込まれていたセルジュ、リヴァル工房にはもう戻ることもなくなってめでたしめでたし。

やっぱ、織部、弟子の育成で神業見せていますね。

王様の仕立て屋 31 〜サルト・フィニート〜 (ジャンプコミックスデラックス)
王様の仕立て屋 31 〜サルト・フィニート〜
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。