情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄腕バーディー EVOLUTION」8巻、バーディー、まさに虜囚の辱めを受けてしまうのか
「鉄腕バーディー EVOLUTION」8巻、囚われのバーディーが表紙です。
一応イクシオラを拘束できる機能がついていますが、所謂がちがちの拘束着じゃないんですね。なんか地味にかわいいバーディーです。

さて、今巻ではネーチュラーに襲われるところから、対イクシオラに特化したネーチュラーの生体武器により、バーディー案の定いいとこなし。ただ、不殺というプライドで犯罪者のレビの正当な裁きを望む彼女の高邁な思いは、いつものがさつなトコやこの戦いでのやっぱりおおざっぱな力まかせのトコロも含めて、美しいものです。
とっととレビを殺したいというネーチュラーにもなにか正義があるのでしょうけど、今回はバーディーの言い分ですっきり。
だけど、その理想だけでは現実のネーチュラーに全く歯が立たない。ま、根性だけはネーチュラーどころかゴメスにも勝っているかもしれないけど。

その後捕まって表紙の状態で出会ったのはようやく動き出した帝国の亡霊の首領アイオロス12世。ここでバーディーはプロポーズ、いや、まさかの妾に! さあ虜囚の辱めを受ける話になるのか!?

でも、こうなってきてもツトムは例の如くあたふたするばっかりで、逆にバーディーもいつものように色気のない他人事、結局バーディーに恋愛感情ってのはあるのかが未だに謎ですね。とは言え、同じイクシオラなゴメスは結婚して子供作って家族思いさんだし。うん、多分バーディー個人の問題のようです。
そう、今回も捕まって素っ裸でいるシーンがやたらあった。惜しげもなく健康的ないい身体をさらす彼女なんだけどなんか色気がない・・・。千明が助けに来たときも見たけりゃどーぞってお気楽だし、バーディーに惚れている千明がかわいそうだ。

さて、このバーディー脱出劇ではさりげないどころかかなり積極的にゴメスがバーディー逃がすのをサポートしている。今巻最初で捕まえているっていうのに。
レビとは完全に一枚岩ってことじゃないのかも。とは言え、レビもゴメスも裏が見えないからこうやって逃がして恩を着せるって展開? バーディーは人情厚めのお嬢さんだしなぁ。

鉄腕バーディー EVOLUTION 8 (ビッグコミックス)
鉄腕バーディー EVOLUTION 8


さて、今巻、本屋さんで他の小学館の新刊が平積みで並ぶ中、1冊だけしかなかったのがきっつく印象的。買いに行った本屋さんだけの傾向なのか・・・いや、そんなことはないでしょう。危機を感じます。帯で妙なキャンペーンをしていますが、正直「鉄腕×伝説」の組み合わせでは・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。