情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CLAYMORE」20巻、ディートリヒってやっぱ現行の組織内でも堅物だったんだ
「CLAYMORE」20巻、遂にミリアが、そして遅れて仲間達が組織へと乗り込むことになりました。
いや、ミリアだけが勝手に乗り込んだけど、それは水くさいじゃないかってまあ気持ちの良い調子での大いなる盛り上がりを見せています。

しっかし今巻では現行の組織で、ディートリヒ以外にいいキャラが出てきました。アナスタシア、飛ぶように舞う様が非常に絵になる縦ロールさんですが、別に鼻持ちならない高飛車キャラじゃない性格のよい人。どうにもディートリヒの印象から現行の組織は堅い人ばかりかと思っていましたが、単にディートリヒが堅物だっただけでした・・・。
だけどそんなディートリヒがヘレン達(やっぱヘレンが一番おもしろいし)ご一行に従ったことで、アナスタシアも敵対することなくお友達になれたわけですね。うんうん。
そんなアナスタシアは表紙でも小さいけど真ん中、カバー外したお楽しみな本体表紙は妖艶でした。

また、地味なユマさんもなんか強くなっていたのですが、どうにもいつも危なっかしい。だから今後いつかぽっくりいきそうで恐いんですが、かっこいいとこ初めてかも。

全然主人公のクレアが活躍のない巻でしたが、戦士達がいちいちいい味を出していて、よかったです。

・・・と肝心のミリアさんは、すごかった。早く次巻を!

CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)
CLAYMORE 20
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。