情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブッシメン!THE IMAGE MAKER」1巻、仏像好きでフィギュア好きならOK? いやいやなかなか敷居が高かった
「ブッシメン!THE IMAGE MAKER」1巻、フィギュアもの、として気になったので買いました。
正直、仏像系のほうは気にはしていない、できれば仏師の主人公のジェネレーションギャップばかりで盛り上げて欲しいな、と期待して買いました。

が、どちらかというと仏像蘊蓄に主眼が置かれていました。特に主人公玄造さんが仏師だから仕方ないにせよ、京都にまでいって仏像巡りしていますので、こちらに萌える方はいいかもしれません。
私も京都近辺で育ち、今もまっただ中で働いているので作中の有名な仏像もまま見たことがあります。その再現度は素人目にはしっかりしたものと感じます。東寺の立体曼荼羅は必見ですよ。

でもってフィギュアサイド、こっちは実際にあるものじゃあできないので仏像系キャラを使ったかつての名作アニメ「末法警察ゼン」というものを創作されて、これの仏師による高級な大人向けフィギュアを目指す、というもの。若干苦しいか? 私としてはやっぱり美少女フィギュアの洗礼を受けるお堅い仏師の主人公を期待していたのです・・・。

また、このフィギュアの量産に絡んでのフィギュアメーカーの物語が予想外に盛り上がってきています。版権元による修正や、外国工場との試作品のやりとり、最後の最後での原作者によるちゃぶ台返し(?)などで後引いたまま今巻は終了しています。フィギュアメーカーの三蔵さんかわいいんでどんどん登場してほしいけど、きつい話だ。

そもそもなんかこのゼンの造形が・・・ビックリマンチョコ系なんですよね。私、これに全くこれまで魅力を感じてこなかったので、どうもこの雰囲気になじめないのももうひとつ入り込めないところかも。
結局、玄造さんの幼馴染みでフィギュアの世界に引き込んだ幼馴染みのサクラのコスプレが、今のところ心のよりどころだったりします。

三蔵さんもコスプレさせようよ・・・って違う話になってしまうか。

ブッシメン!THE IMAGE MAKER (1) (イブニングKC)
ブッシメン!THE IMAGE MAKER (1)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。