FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デイドリームネイション」3巻、いろいろな概念を教えてくれます
「デイドリームネイション」3巻です。まだまだ夏が続いています。これはそう、きっと終わらない夏休みの物語。
・・・ではなかったようで、徐々にですが時間は進んでおりました。
そして刊行ペースもゆっくりしているので、基本的な毎回誰がどういった立場か確認する作業から始まるので読み始めがつらい。
でも、取り敢えず神様の白景さんと主役の女子ふたり、知春と夏穂を思い出したら後は彼女たちが教えてくれます。そしてなんというかタイトル通りの白昼夢のようなゆるゆるした不可思議な展開にあっというまに読み終わる。

今巻はそんな中、まさか途中出場の謎っぽい喫茶店の酔いどれ女主人が恋愛話をやってくれました。いや、最初はいつもどおりの摩訶不思議な喫茶店話でしたのに、気がつけば妙に気持ちよく丸く収まっていた。それにしても千澄が、夏穂ラブをこじらせてものすごいことなっていますが、この作品だとみんな特徴が際立っているので・・・いや、やっぱ夏穂の着たコスチュームの匂いをひたすら嗅ぎ続ける様が、恐い。
今後この喫茶店を中心に進んでもいいのですが、どうも夏休みが終了して、学校に舞台がもどります。とたんに百合棒と言う新しい概念を私に教えてしまった問題の新キャラ、桐原さんも加入してきました うーん、さすがだ。

しかも秋、文化祭というちょっと華になりそうな(いや、予想外のおどろおどろしい)展開が期待できます。一応マン研が中心の作品ですので、どんな作品を見せてくれるのか。なんか・・・神様が描きたがってもいるし・・・。

デイドリームネイション ③ (MFコミックス アライブシリーズ)
デイドリームネイション ③

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。