FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

ユーベルブラットは重厚にファンタジーでした
0巻と1巻が同時発売のヤングガンガン連載中のコミック、「ユーベルブラット」をとりあえず0巻を買って様子見です。
表紙、帯などに記されているとおり、ダークファンタジーです。
内容は圧倒的なバイオレンスに満ちており、結構綺麗な画で読みやすいのですが、画に実際に占める黒塗り以上に黒々とした雰囲気を感じます。また敵を切り刻んで倒していくシーンがよく見受けられますが、残酷というよりも圧倒的な強さを感じさせる描き方です。グロテスクになり過ぎない微妙なラインで踏ん張っていて、わたしにはいい感じです。

・・・ちとネタばれになりますがストーリーについて。
主人公は裏切り者の汚名を着せられ一度生死の境を彷徨ったようです。その後妖精の血肉を喰らい蘇り、英雄に対して復讐に立ち上がります。が、世は既に20年を経過しており、自らの名を騙る偽者が自分の評判を更に地に貶めているという徹底的に劣勢な状態から始まっております。でも主人公は強いです。
これからも悪への徹底的な戦いが続くのでしょう。
また、主人公の敵である英雄をまさに英雄と信じて配下とつく者達とのかかわりもよく描かれています。敵の配下だからと言って無下に斬り捨てるような主人公でないところが気に入りました
ユーベルブラット0巻 ヤングガンガンコミックス
さて、そろそろ本屋さんも開店だ、一晩待ちに待った1巻を買うぞー
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.