FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

電気通信工事担任者アナログ第1種(1回目)
一言:実質最後の工事担任者資格となります
日付:2003/11/16(日)
場所:大阪工業大学大宮キャンパス
試験:電気通信工事担任者アナログ第1種
認定元:総務省
受験料:6,900円
全体感想:
デジタル第1種に合格しました。これでもうアナログ第1種しかありません。アナログ・デジタル総合種もあるのですが、これはデジタル1種とアナログ1種を取得し、申請すると手に入れられます。ようは工事担任者をいきなり完璧に合格目指すならアナログ・デジタル総合種だけでいいのです。当然、全然わかっていない、ネットワークのための勉強がてら受験している私にはその選択肢はないのでしたが。
ただ、このアナログ1種はアナログ2種資格による基礎免除のみのまま、デジタル1種を持っていることによるアドバンテージはありません。技術、法規を受験です。
受験対策は「アナログ1種実践問題」、そのまま使える願書付き! これです。これしかないです。工事担任者最後の試験とするべく、これを信じて勉強しました。
問題感想:
2科目、それらを一度に受験するのですが、基礎科目を受験免除されているのでその分試験時間が短くなります。でもその全体時間内での時間配分は自分の好きにできます。回答はマークシートです。基礎はないのですが時間に余裕はあります。法規は時間短くて済むので(計算とかの手間がなく、記憶との勝負だから)、時間は問題になりませんでした。
免除科目があっても、3科目基礎、技術、法規、問題用紙は1冊に全ての科目の問題が入っています。また、解答用紙も1枚になっているので、他の科目の解答する部分に間違ってマークしないように注意しましょう。なぜならマークシートなので解答欄見ても大した違いはありません。解答選択肢が5個でも解答には12個くらい同じ調子でマークが並んでいます。問題ごとにその回答数に応じた解答マーク位置があるわけでなく、最大の数に合わせて綺麗に並んで解答マーク位置がある(塗る楕円マークだらけ)ので余計にややこしいです。気をつけましょう むう、いつも言うこと一緒。
技術、工事関係のものの名前や用法についてはこれまで同様です。トラヒック理論(これはネットワーク系で計算問題なので得意)はもうOK。過去問やっておいて知っておけばこれまでと大して変わりません。これが実は一番試験受けてて気楽です。
法規、これまたこれまでと同様です。範囲が広がることになりますが、逆にこれまでのアナログ、デジタルの試験とも同様な問題も出ます。過去問そのままの問題も結構でますので、過去問をやっておくと非常に有利です。デジタル1種での法規と部分的に被る部分もあります。
会場感想:
今回も千林大宮です。隣は淀川堤防で横長にある会場です。ここは街中の大学なので広大なキャンパスではないものの、かなり内部では大きさを感じます。ただ、入り口が1箇所なのでそこで案内板がきっちりどの建物の何階なのか記していますから迷いません。
ただ、会場まで駅から微妙な距離があるので、初めてだと迷います。そろそろ覚えてきました。記憶が確定してきたというところです。
時間は午前(一日に3回にわけて各種別の試験があり今回のアナログ1種は1回目グループ)です。受験後お昼、学食が閉まっているのはもう仕方ないとして、梅田まで出てお昼食べ、帰ってしまいました。
交通:
往路はJR京都駅からJR大阪駅まで新快速(30分)、大阪で地下鉄の東梅田駅まで歩き(10分)、地下鉄東梅田駅から地下鉄千林大宮駅まで(10分)。千林大宮駅からは大阪工業大学方面とある出口に出ます。このまま前にある国道沿い左に向かいたくなりますが結構遠回りになります。左に曲がってまたすぐ左に住宅街に入る道あり、ここを仲間がどんどん行くはずですのでついていきます。微妙なカーブの道を進むと中央車線ありのちょっと大きめな道に出るので右に折れ、ただ真っ直ぐ進みましょう。大きな道を超え、阪神高速の高架をくぐるとそこは突き当たり、大阪工業大学大宮キャンパスです。左に折れ、右手に学校を見ながら進むと校門があります(15分)。中ではすぐです。とにかく大学に行く道が難儀します。
復路も素直に逆経路です。
なお、京阪を使用すると千林駅が最寄り駅になりますが、千林大宮駅からよりもさらに遠くになるので京阪沿線でない限りおすすめできませんです。
勉強方法:
2科目。「アナログ1種実践問題」これで求められる知識の詳細、予想問題、過去問題(3年分くらい)、を徹底的にやりました。なお、これらは秋季情報処理試験が終了してからのひと月間、通勤電車(往復3時間!)の中でやりました
教材:リックテレコムの「アナログ1種実践問題」2,500円くらい。
工事担任者アナログ1種実戦問題 (2005春)取り敢えず最新のものはこれです。が注意です。資格制度が次回の11月試験から変更となりました。AI1から3種、DD1から3種、そしてAI・DD総合種です。アナログがAIへ、デジタルがDDという区分けをほぼ踏襲しているものの、大雑把にはアナログにISDNがプラスされたのがAI種で、デジタルからISDNを省き、光通信などブロードバンドを足したものがDD種です。本屋さんで古いままのものを見ても買ってはいけません。この夏以降に出てくる最新のものを買いましょう。
合否:合格(技術合格、法規合格)
報奨金:20,000円。一日で1種別だけ受けることの気楽さを痛感しました。受かってよかったです。
次は:とりあえず、アナログ・デジタル総合種を申し込もう。無受験で資格もらえるはず! その後、電気通信主任へ・・・おおう、これはむつかしいよ
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.