情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」10巻、日本編後編、ちゃくちゃくと外堀を埋めるミュセルでした
「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」10巻、日本での前巻よりも激しくなった各国からの干渉に盛り上がった巻でした。

特に魔法が自由に使えないというのがつらいですね、ミュセルはもとより慎一が輝ける点がこの魔法だというのに。だからこそ、彼の家族の協力が熱かった。というか趣味が高じてという慎一のオタクな特製を作り上げた両親がひたすら凄かったです。そしてツンデレ妹の紫月がまさにツンデレ妹の王道を行っていて、オタク嫌いと言いつつわかってやっているんじゃないかと思うくらいでこそばゆい。

ただ、自宅襲撃の撃退法はなかなかおもしろかったのですが、最後、樹海の穴へ帰る際の本気出した米国とおぼしき組織のしゃれにならない展開ではもうダメかと思った。ただ、結果的に助かったものの、ここは慎一系統の素敵な裏技っぽい対処法ができなかったから、もうちょっとすっきりしない。うう、樹海の近くは先だって漏れ出していた魔力が充ち満ちていてもミュセル無双+慎一では無理・・・か。やっぱりエルダント軍団乱入とかあったらすっきりしたけどその後の展開がもう異世界ものというよりもこっちの世界での政治的なものになってしまいそうだし・・・。

作者後書きでも敢えて回収していないネタもいくつか残ったまま、とのことですので、魔力が日本側に増えていることもいつかは使われそうです。ほか、気になっているのはやったらGPSネタ出てきている以上、監視衛星で慎一たちの帰路についても樹海に消えていっているくらいは絶対わかっている。その気になれば国際圧力で厳しい展開もありえそうですが・・・それだと「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編」的な面倒ごとでますます動きづらくなるし・・・。
とは言え、まだまだ最終回までは長くやれそうでもあります。ええ、やっぱり異世界での慎一の活躍が見たいので日本側の展開は無視して突き進んでください。あ、だけどやっぱりもうちょっと妹紫月ネタは進めてほしい、そう、彼女は是非ともエルダントに招待してください。

はい、相変わらずよくできたすばらしい女性のミュセルが着々と慎一家族と仲良しさんになっていました。これはもう、外堀はほぼ埋まった。あとは紫月だけか? だからこそ早く彼女をエルダントに連れてきてミュセルやペトラルカとのによによする慎一争奪戦に参加してください。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者10 (講談社ラノベ文庫)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者10
スポンサーサイト

京都市交通局:「地下鉄の日」特製台紙付 『“地下鉄に 乗るっ”限定トラフィカ京カードセット』、買った。台紙がポイントですよ
京都市交通局:「地下鉄の日」特製台紙付 『“地下鉄に 乗るっ”限定トラフィカ京カードセット』、買ってきました。

10時発売ですが、念のため休みとって朝早くから行ったのですが、結構な列になっていて10時前には限定数100人に達してしまいました。ふう、よかった。私はこの地下鉄に乗るっ!キャラが好きなので買いに来ているのですが、基本、やっぱり限定鉄道切符購入に燃える人々が大半で、そういった熱意ある人ほど前の方にいました。限定100で台紙に連番入るからですね。はあ、1000でもいけたかもとか思います。叡電みたいにランダムにすればそれほどヤバイことにはならないのにとか思いつつそれでも結構待ったのでした。

購入はさくっと進んだのですが、カードよりも気になっていたクリアファイルは小さかった。普通の半分サイズ。ただ、ポスターはちゃんと駅に貼っているB1なのでおっきくてみんな持って買えるのに目立つ目立つ。ポスターは太秦萌が当たりました。

また、太秦天神川駅コンコース壁には今日の鉄道の日を記念して太秦萌の第1弾カード柄の塗り絵コーナー。招待選手(?)というかほぼプロな方の塗り絵というにはあまりに自由にそして綺麗に改変されているものは必見です。そしてそれ以外にも年齢を描くところが30,40当たり前でのこっちもまた激しくすばらしい一般参加のものもあって、楽しかったです。

さて、最後はうちに帰ってから台紙からカードを取ってみたところ・・・その裏側台紙に印刷されていたのはカード柄と一緒と一見思ったのですが、違った。おお! これが本命か。はい、過去の彼女達のイラストがありました。

kyochika052901.jpg
kyochika052902.jpg
kyochika052903.jpg

京都市交通局:「地下鉄の日」特製台紙付 『“地下鉄に 乗るっ”限定トラフィカ京カードセット』を販売します!~キャンペーン第3弾・トラフィカ京カード(小野 ミサ)の発売日も決定しました♪~

「一番くじ けいおん!5thあにばーさりー♪」、今回は全然本気出していない・・・けど、ラバーストラップは集めたい
「一番くじ けいおん!5thあにばーさりー♪」、始まりました。
うちの近所はローソンだらけですので、若干これまでよりも数が減っているもののまだまだお店を巡れます。
ただ、やっぱりかつての勢いはないので今日でもほぼ全て残っているようなお店もあったりです。うん、今回も様子見から。

さて、600円のくじなので(消費税込みでよかった)上位やラストがすごいものにならない分、どうかと思っていたのですが、よかった。前回の童話テーマのものとかでなく5周年なのでけいおん!らしいイラストでもの見てやっぱり引いてみました。

ということでD賞の缶バッジセット、キャラシルエット柄はあれですが、今回描き下ろしイラストの顔アップ柄のほうが運良く残っていたのでゲット。そしてC賞、掛式アートポスターでした。タペストリーではないから一瞬紙製? なんて思いましたがポリ製の模様です、ストーブの上とかにするなとか注意書きもありました。よって、綺麗な印刷だったのでこれはさっそく飾っています。うん、C賞引いて気分よく今日はここまで、まだまだ残っているので後はぼちぼちやっていきます。

欲しいものと言えば、これから絶対ひくだろうラバーストラップは全種そろえたいところです。またタオルも普通に使っていくつもりでどんどん引きたいのですが、さて。

一番くじ | 一番くじ けいおん!5thあにばーさりー♪

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 07月号」、新連載の「お姉さんの食卓」が予想外の食卓でおもしろかった
「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 07月号」、表紙の新連載「お姉さんの食卓」が印象的でした。

「お姉さんの食卓」、さて、料理もの? 絵柄的にあまりうまそうな料理にならないのか、それとも料理だけ超絶にうまいのかと思っていたら、まさかのお姉さんが人外のファンタジーものでした。
最初慣れなかった絵柄も途中から一切気にならなくなり、引き込まれる展開。しっかし、この展開なら最後には主人公の少年孝太郎が彼女に食べられるとか想像していたら、逆。おおい! 孝太郎が抱いた感想がまた彼自身もなんとも言えない気分になるものでした。これは次も期待します。

「セントールの悩み」、お、姫をライバル視する後輩のあやあや登場です。彼女がひらすら目指す高みである姫よりももう既に中学で生徒会長もしているし、弓道部も部長だし、みなに慕われてもいるしで絶対届いていると思うのですけどね。いや、それでもまだ飽くなき探求を続ける彼女だから、素敵なんでしょう。
そして姫登場、おお、同級生というとどっちかというと妹的な愛されキャラですけど、あやあやと並ぶともうお姉さんでした。これもまた、よかった。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 07月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 07月号

「テラフォーマーズ」9巻、やっぱりGよりも人間、というかミッシェルさん個人が恐かった
「テラフォーマーズ」9巻、ミッシェル編でした。

ほんと一時は優勢にいくもGにも対策があってあっさりと覆される状況、ミッシェルさんもう勝ったと思ったら吹っ飛ばされるし、そしたら今度は怒りMAXでますます強くなったミッシェルさん復活とか。ずっとミッシェルさんは強いけどその本当のところがわからなかったのですが、今巻で余すところなく彼女の強さを発揮しました。

ただ、戦い的にはマイマイカブリ系Gと燈の戦いが熱くてよかった。Gなのに袴はかれたらもう一端の武道家に見えてこれまで以上にヤバイと感じたし、実際そうだった。だから燈の戦い、最後の技が決まってほんとすかっとしました。

さて、ただ、まだまだGとの戦いの前に人間どうしの戦いです。これがもう悪役側の変な余裕が気持ち悪いんですが、これはやっぱり改造しすぎての副作用でしょうか。言葉が通じるのになにも通じない気持ち悪さがGよりもたちが悪い。こっちもすかっとした展開を待っています。

テラフォーマーズ 9 (ヤングジャンプコミックス)




「昔話のできるまで」ちょっぴり巨乳メガネっ娘が目立ちますが、いつものジュブナイルでマニアックな短編集でした
「昔話のできるまで」、はい、表紙の巨乳メガネっ娘が目立ちます。そして何度も出てくるので同じキャラを使い回しつつ全然違う話をしているのかと思っていましたが、特にそんなこともなかった。

ええ、なにか短編集だけど最終的にひとつの話、タイトルどおりの昔話ができあがるのかと思っていました。そしたら凄かったのに・・・。ただ、いつもの山田穣作品としてはマニアック度が最初の一話目はきついのですが、後はそこまで蘊蓄云々なく読みやすいジュブナイルなラブコメ(?)でした。
特に龍の世話をする小学生の話はまさにそんな話で、こういった方面でマニアックさを減らしたものがもっと読みたいです。

ということで、次はあるのでしょうか・・・あってほしいな。

昔話のできるまで (ヤングジャンプコミックス)
昔話のできるまで

「史上最強の弟子ケンイチ 56 OVA付き特別版第7弾」、OVAの本編はおまけです、そして単行本本編はいきなりの頂上決戦
「史上最強の弟子ケンイチ 56 OVA付き特別版第7弾」、限定版のOVAアニメも放映中です。
まあ、TV放送の方が画質がよかったりエンドカードがなにげにすごかったりで限定版をすべて購入している身としてはなんだか悔しいのですが、まあ今回も限定版買いました。これまでもおまけ部分はTV放送されていないですしね。

そのOVAはジュナザード編です。えっと、単行本ではもうはるか先で彼が復活したところまで済んでいるのでなんだかこんなに遅かったけと思う次第。しかも今回のOVA前後編2話で話終わっています。まあそれはこれまでも下手すりゃ一話の闇もいたのでそんなもんです。
ただ、本編は敢えて言うとやっぱりおまけです。シャームが全然OVA本編で出番なかったしかわいさも見られなかったので、おまけでのアキバ訪問できっちり回収。よかった。

さて、コミックの方、表紙はしぐれさんです。あいかわらずサービス満点の表紙でカバー裏側も美羽さんが大サービスです。あ、本編でも温泉多めでしかもしぐれさん透けすぎていますよ・・・。
そのしぐれさんがなんだかんだで仲良しになっている闇の武器組紀伊陽炎のところでの新白連合の隊長のために一肌脱いでくれました。いやーもうほんとしぐれさんって弟子思いで優しい人です。でもって、鍛える行程の説明がやばかった。これって本当に日本刀ってここまでするんでしょうね・・・。

あとはなんかこのところ一気に動き出した闇の武器組の面々、いきなりのトップ登場、それが長老と非常にぶっ飛んだ戦いをしています。はい、戦いながら食料保留しないといけないというなんかもう持久戦なんだけどひたすら打ち合っているし・・・、まあ両方化け物でした。

史上最強の弟子ケンイチ 56 OVA付き特別版第7弾 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 56 OVA付き特別版第7弾

「ハルタ 2014-MAY volume 14」、「シャーリー・メディスン」久々の登場で相変わらず背伸びしてかわいい
「ハルタ 2014-MAY volume 14」、今巻は森薫さんは「乙嫁語り」はお休みで、「シャーリー・メディスン」です。
通販ですので特約店のみに入るおまけの「シャーリー・メディスン」ミニ色紙もあって俄然嬉しくなりました。
なお、色紙のイラストは今回のお話、ちょっと背伸びしたくなる彼女がハイヒールなブーツを履こうとしているところです。

ということで、まあ相変わらずそこそこ良くできたメイドさんだけど、ちょっとまだ少女っぽさが抜けきっていないシャーリー。そして頼もしいような、お友達のような存在の女主人ベネットさんとで完結する、いつものかわいいお話でした。
またしばらくしたらシャーリーが再登場するとのことですので、「乙嫁語り」のパリヤさんの話までは今年中には届きそうにもない?

「ダンジョン飯」、うーん、毎回毎回味のある食材(モンスター)です。今回はすごくワイルドな取り方を実戦されたマンドラゴラが食材でした。まあ、根菜だから滋養強壮に効きそうだけど、あの顔はなぁ・・・。

「ヒナまつり」、新田、またもぎりぎりのところな生き方をしています。やっぱりヒナが元凶・・・ではなくどう見ても今回はサブが悪い。はあ、まあでも遂に若頭になった新田・・・、いいのかい。

ハルタ 2014-MAY volume 14 (ビームコミックス)
ハルタ 2014-MAY volume 14

2014/11、豊郷で聖地巡礼サミット?
ちらっと聞いたところによると、今年2014年の11月に旧豊郷小学校でおなじみの豊郷で聖地巡礼サミットなるものが行われるとのこと、ざっとネットチェックしてもよくわからない。(2014/05/13現在)

ただ、ゆるキャラサミットみたいに人気のキャラが来るわけでもなく、ましてや聖地がくるわけもないので、お祭りと言うよりも聖地巡礼対象の町の行政機関などが集まってシンポジウムや分科会を開いて、まあ仲良く盛り上げていきましょう。とか、今後連携してスタンプラリーでもしましょうとか決まる程度の地味なものかもしれない・・・。

あったとしてもパネル展示とかだけでしょうしねぇ、パネルは淋しいんですよ、うん、中二病で八幡山にはなんども登ったけど、もの悲しい。やっぱり中二病なら旧鎌掛小学校行くとか、京阪大津線行くとかするだけでもうわくわく度が違うんです。なんていうか、やっぱりお堅いサミットなんじゃあないかと思っています。

が、もしかしてなにか楽しいことあるかもなので、うん、そうやっぱり旧豊郷小学校講堂での映画上映とか、してほしいです。

「BTOOOM!」14巻、聖域編あっという間に終了です、が坂本も遂に非情になった一大転機でした
「BTOOOM!」14巻、聖域編、前巻ラストでここでの惨劇の黒幕もわかり、坂本の華麗なる逆転劇だとばかり思っていましたが、その黒幕のトリオが今巻の主役でした。

そう、彼のサイコな襲撃をひらすら彼目線で追っていきます。そして、坂本との戦い、トリオの策略もいいところまでいっていたのですが、坂本が読み切った。ただ、この最後、ひたすらこの惨劇を撮り続けていたトリオが自分のむごたらしい最後まできっちり映像に撮られようとした様がまあ、悪の主役としてはきっちりスジが通っていて、すごかった。できれば生きていて欲しかったとも思うのですが、彼の性分からして生き残ったところでますます残虐性が上がって悲惨な展開になるのでしょう。

そのあたり、これまでの戦いで嫌と言うほど人間の本性を見せつけられてきた坂本、これまでの甘い、いかにも正義の、そして性善説の世界の主人公ですねっていう言動や逡巡を遂に振り切りました。トリオを明示的に殺すと決めた彼の覚悟で、これからの戦い、まずはヒミコを取り戻すための織田との戦いが、すごく変わることでしょう。

そう言えば今巻はトリオとの対決ばかりで、外野、この島の外での動きがまったく描かれませんでした。次巻予告ではそっちの話題もたくさんありそうですし、非情になった坂本と織田の対決共々期待しています。

BTOOOM! 14 (BUNCH COMICS)
BTOOOM! 14

「COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 06月号」、「となりの関くん」2話掲載で、横井さんのまたもや悪い顔
「COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 06月号」、アニメ化が決まった「デンキ街の本屋さん」はそれを記念してかこれまた飛ばした話で、すごいことをキャラに言わせてしまっていますが、これもアニメしてもらおうということ?

「となりの関くん」、これもまだまだアニメ放映中です。今回2話掲載、テーブルマナー講座は妙に詳しい関くんににやりとしてしまいます。そして理科室での話、また宇沢くんにやられまくるかと思いきや、逆手にとって関くんに意地悪をする横井さんのまた悪い顔が見られました。でもやっぱり横井さん、そんな宇沢さんに悪事を押しつけるようなことしちゃあいけません。

「ケモモシマ」、クマです。クマなんてこの島における凶暴設定がなくても充分危険生物なんです。がそれがさらに凶暴になっていますから・・・。ただ、ここで犬をけしかけるという作戦が提案。ああ、そういえば動物たちでも闘っていた描写あり。ここからパズルのように生き延びる術を使っていくのでしょうか。期待が高まります。

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 06月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2014年 06月号

なお、2014/05/11現在、Amazonでは表紙イラストが掲載されていないのですが、やっぱり「アニメ化」なびろーんを持っているのがまずいの?

「初回限定版 あまんちゅ!」8巻、ぴかり家族全員登場、祖父と妹のキャラがまた、濃い
「初回限定版 あまんちゅ!」8巻、一日買うの遅れただけで限定版捜しに奔走しました。いつも買う本屋さんで売り切れを確認して、その系列の本屋さんに1冊だけ残っていることを問い合わせてもらって確認して確保、えっと、ふたつ向こうの市まで自動車で1時間以上かけて買いに行きました。はあ、昨日とっとと買っておけばよかった。

ですが、さすがに限定版、満足いく表紙です。今回はクリスマスや大晦日、初詣の話が中心で、発売時期とはまったく時期はずれてですが、背景黒くなるともうクリスマスです・・・。グラフィグもふたつ折りの厚紙6枚もあって豪華でした。

さて、本編、とにかくなんといってもぴかり家族が一気に全員紹介です。祖父がまた鮮烈な登場をしています。人魚・・・というかジュゴン、なるほど。でも素敵な人でした。ただ、ぴかりは恥ずかしくってテコや先輩たちには隠しておりました。これ、読み返すと、真斗ちゃん先生が乙女のようにはしゃいでいた影で、ぴかりが妙に引き気味なのがよくわかります。そうそう、普通ならこういう時にはぴかりはぐいっと前に出てくるのに。

そしてテコは大晦日の話で彼女の生き方に大きな変化が訪れる気づきをもたらされています。私としてはこの作品の主役はテコだと思って読んでいるので彼女の成長が嬉しいです。

あ、ダークホースな主役は姉ちゃん先輩でした。前巻では素敵に綺麗なお姫様になっておられましたが、今巻でも登校時のすさまじいサービスショット(ただし担任にだけ)の連発を見せるぽかをしでかしています。まあこれが作者の圧倒的な綺麗な描写で、いつもののほほんとして彼女と違って本来の美人な姉ちゃん先輩をこれでもかを見せつけています。なんでこれで担任は朴念仁を貫けるのか・・・なんて思う。
さらに大晦日ではいつもの爆発気味なツインテールではなくておろした髪だったのですが、これだけでえらい大人びて見えてコマ内に小さく描かれているだけでも美人だとわかる。ああ、ここんところほんと姉ちゃん先輩見違える展開ばかりです。

さて、ここんところ限定版ばっかりになってきました。表紙が変わるので私は大好きなんです。そんでもって今回のような薄手でかさばらない限定グッズはとてもありがたかったり・・・ということで次は姉ちゃん先輩のグラフィグで限定版を期待します。

初回限定版 あまんちゅ! (8) (MGCスペシャル)
初回限定版 あまんちゅ! (8)


あまんちゅ!(8) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(8)

「ユーベルブラット」15巻、ああ、久々のロズンさん、遂にケインツェルと合流なるか
「ユーベルブラット」15巻、なんともまがまがしくも世界を変えていく力は圧倒的なグレンに圧倒される巻です。

そして久々のロズンさん。ケインツェル側の事情に詳しくわかっていたけどグレンに付かざるを得なかった彼でしたが、もういいよね、もう袂を分かってケインツェルと愉快な仲間達になってくれ・・・。

でもまあ人間だった頃のグレンさんを一度倒しているのがケインツェルだから、それに対する騎士としての建前を果たす必要もあるとなると・・・悲しい展開だ。
そんなことにならないように、早く次回で久々に一行勢揃いでギャグ回が読みたいです。

ユーベルブラット (15) (ヤングガンガンコミックス)
ユーベルブラット (15)


Ubel Blatt~ユーベルブラット~ 15巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
Ubel Blatt~ユーベルブラット~ 15巻 Kindle版

「グラスリップ」イベント、やっぱり外れたか
「グラスリップ」イベント、GW中の当選者への招待状発送だったので、GW明けまで一縷の望みをつないでいたのですが、来ませんでした。

残念。でも、地域と一体になって盛り上げていくと思うので、普通に参加自由なイベントもあるだろうし、夏の放送開始頃に行きたいです。

TVアニメ「グラスリップ」公式サイト

「罪×10」1巻、期待しすぎた分微妙だけど、いつかまた風が吹いてほしい
「罪×10」1巻、悩んだ末、ようやく買いました。
前作もやっぱり最初の「でもこの風、泣いています」「行こう、風が止む前に」の破壊力の勢いでそのまま突っ切りましたが、今作はオムニバスということもあって、なかなか次の回への増幅展開がないです。
でも、徐々にオムニバスなのに固定キャラが決まってきたような感じもします。婦警さんとか。ここらから一発、なにかすごいのを飛ばしたら世界はまた廻ると思うのです。

ということですが、前作男子高校生の日常 コミック 全7巻 完結セット (ガンガンコミックスONLINE)男子高校生の日常 コミック 全7巻 完結セットよりもより女子がパワフルで、別種族のようです・・・。でもかわいくなりましたね。少なくとも目を見せないキャラとかもいないので、よかったです。

罪×10(1) (ガンガンコミックスONLINE)
罪×10(1)


罪×10 (1) (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
罪×10 Kindle版 (1)

「たぶん惑星」2巻、かなり謎残したまま完結しています、ぜひとも続きを描いてください
「たぶん惑星」2巻、完結巻です。
ちゃんと1巻出てから忘れないうちに2巻が出て、嬉しいのですが、完結してしまいました。

まったりとした日々の中、謎の見る人やその上位の存在の建造者やらからの問いかけだか挑戦だかに挑む、というかなんとなく巻き込まれていく様が好きだったのに。

結局のところこの地域の謎、宇宙のどこにあるのかとかもわからないままだった。建造者が地球よりも非常に進んだ未来に生きているのはわかるのですが、進みすぎてよく理解できない、そんな状態なんでしょう。もどかしい。

もうちょっと、せめて建造者の星に行くとかのとってもSFな展開を見たかったです。続編はないのでしょうか。

たぶん惑星(2) (IDコミックス REXコミックス)
たぶん惑星(2)

「けいおん!桜高新入生歓迎会4じかんめ」行ってきました、雨が肝心な時に激しかった
「けいおん!桜高新入生歓迎会4じかんめ」行ってきました。
午前中についてシャッフル列ができる前まではなんとか曇りで持ちこたえていた天気でしたが、列形成、抽選という段階で降り出して入場中には激しい振りでなんとも言えない感じに。その後、小降りにはなっていきましたが。

それにしても今年もそれなりの人数がきた。近江鉄道もフリー切符は今日専用のものが販売されていたし、臨時列車もあったし。

ただ、いつもなら記念館で聖地巡礼タオルの青色と緑色を買って帰るのですが、これがなかった。2月にはがないのスタンプラリーで来たときは黄色とピンクがあったんだけどなぁ・・・。そういや今年もたまご掛けごはんWith茶碗はなかった。まああれはずいぶんと前からもうないのですが、だんだんと欲しい物がなくなっていく・・・。

けいおん!桜高新入生歓迎会4じかんめ|TOP

「ロザリオとバンパイア season2」14巻、最終巻、後日譚まできっちり入って綺麗に終わりました
「ロザリオとバンパイア season2」14巻、完結しました。

もう最後の最後で一番問題だった、表の萌香さんがどうなるのか、がすごく意外な方向で綺麗に納まりました。

そしてきっちり後日譚もありました。蛇足的巻末劇場でちょっと触れる程度かと思ったら一話まるまる使ったのものでとても満足しています。
そんでもって後日譚での女性陣のこれまで以上に恐ろしいアタックもありましたが、それよりも恐ろしかった(?)のが裏萌香さんのまさかのデレ化。いや、デレでもクールなデレかただと思っていたので、キャラ崩壊しそうでなんとも恐ろしい。

ということで最近買っているコミックがどんどん最終巻になっているようです。今年後半になったら買うコミックがぐっと減ってきっと私はまた新たな作品をもとめて1巻を買いまくるような予感です。

ロザリオとバンパイア season2 14 (ジャンプコミックス)
ロザリオとバンパイア season2 14

「極黒のブリュンヒルデ」9巻、え、ここにきてキャラがどんどん退場に・・・いや、まだきっとなにかあるはずだと信じたい
「極黒のブリュンヒルデ」9巻、一気に物語が進んで行きます。もうクライマックス間近なんでしょうか。

さて、感想書き出すとネタバレばっかりになりますので読んでいない人は気をつけてください。





はい、まずは九の暴走展開の結末がわかりました。
なるほど、彼も彼なりの特殊な考え方ですが、理屈はわかった。ですが、そういうやり方しかないのか・・・凄惨すぎる展開です。

しかし単なる天然さんなキャラだとばかり思っていた小鳥もまた、半分は天然でしょうが、敢えてそうすることでいろいろ考えていたのです。だから、ここにきてどんどんとキャラを消化していくような悲しい展開が嫌ではあるものの、それぞれのキャラの奥深いところが知れてよかった。

ただ、どうなんでしょう、かつては時間を戻せる魔女もいたのです。この悲しい展開をなかったことにしてくれる魔女もいるのかも、と信じたい。いや、村上くんがきっと入念な策を弄していて、次の巻ですごいどんでん返しがあるかも、ととにかくなんでもいいから希望を持って読み終えました。そうでないともうやるせなさ過ぎます。

また、佳奈も遂に禁断の一番上のスイッチを押しました。これはなにが起こるのか、今まで作中ではとんでもない死ぬよりも恐ろしいことがおこるということで押された後のことについては不明だったそれです。
恐ろしいけど、だけど期待しています、この行為もまた皆が救われる展開のひとつだと信じて。

極黒のブリュンヒルデ 9 (ヤングジャンプコミックス)
極黒のブリュンヒルデ 9

グラスリップのイベント招待券、まだ届きません
グラスリップのイベントに応募したものの、5/1発送ですからそろそろ届くなら届く筈な招待券です。

関東から関西までだから早いと翌日届きますが昨日も今日も届いていません。関東だと届いた人の情報もあるのですけど。

当たらなかったのかなぁ。うーん、一縷の望みで明日にかけます。

TVアニメ「グラスリップ」公式サイト

「ゲート 4―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」コミックス版はやっぱり映像があって映えます、そして私は外伝3巻発売の報を受けて2巻の存在を初めて知ったのでした・・・
「ゲート 4―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」コミックス版です。
きっちりWebでの連載も読んで、コミックも買う。うん、やっぱり画像が入ってのものは全然違う。文章による細かい描写もいいのですが、やっぱり雄弁に物語るものがいろいろあります。

ええ、なんたってヤオ登場でその男好きする肉体をきっちり再現、そしてピニャ様がやっぱりお姫様だということもきっちり再現。さらには悪所の女性達の様々な種族やその装束の具合など・・・。今巻はあまりグロい描写がなかったのですが、そっちの描写の際もこれでもかと描かれるのでコミックはコミックで充分ありなのです。

そんでもって帯見返しに外伝情報発見、お、ようやく外伝2巻か・・・ん? あれ、
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈外伝3〉黄昏の竜騎士伝説編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈外伝3〉黄昏の竜騎士伝説編
なぜ3巻?

はい、そうなんですね、私は去年夏頃に発売されていた
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝〈2〉黒神の大祭典編
を長期出張であまり本屋さんのぞけずにまったく知らないまま無為に10ヶ月くらい過ごしていたのです。ええ、もう早速購入です。そして当然外伝3巻も購入しました。ほんと、長期出張中は忙しい時は忙しかったけど後半暇になってきたこともあって、これがあればものすごく楽しかったのに・・・。

それにしてもコミックはひらすら続いていきます。希望としては外伝も網羅するように、期待しております。

ゲート 4―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
ゲート 4―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり

「アルペジオ×ローソン」、イオナクリアファイルゲットでクリアファイルコンプ、スタンプラリーは当たりませんでした
「アルペジオ×ローソン」、クリアファイル狙いだけですので気楽に毎日挑戦しておりましたが、ようやく最後のイオナも当たりました。やはり各1000だから当たりやすいのでしょうか。
これで3人とも当たったので送られてくる6月が楽しみです。

まだポイントは余っているので5Pたまったらヨタロウに挑戦しますが、まあこれは当たればラッキーって程度です。

なお、スタンプラリーも5個、10個両方挑戦しましたが、案の定外れでした。

サントリー×蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-×ローソン キャンペーン

「クイーンズブレイド グリムワ―ル 魔装剣姫 カグヤ」、重課金装備のような娘さんです
「クイーンズブレイド グリムワ―ル 魔装剣姫 カグヤ」、かぐや姫が元ネタな彼女なんですが、さて、ぱっと見うさみみ的装備もありつつも和風テイストでもありつつ手元足下ごつい装備で想像がつかない、でもどこかで見たことあるような・・・。ああ、ソーシャルゲームなんかで装備揃えていくゲームだと重課金装備なイメージです。

と物語を読んでいくと彼女が求婚者に求めた魔装兵器がかぐや姫でのお宝を元にしていました。おお、こうきたんだと納得しつつ早速カバー外して本体表紙を確認。2Pカラーで黒と紫系です。
表紙見返し、裏表紙見返しはこれまでどおりで特に変わりありません。そろそろキャラ相関図とか掛け合いとか載せて欲しいけど無理矢理集められたキャラ達だからなかなか髪淡いそうにないので、このままなしでしょうか。

そして本編イラストブックです。
和装、特に振り袖な部分がなかなか動きある様を現して見ていて飽きません。そんでもって画期的なのは攻撃受けて服破けたりするのは当然ありますが、攻撃していても胸がはだけたり月の力を受けるポーズが全部服なかったりと素敵すぎます。
攻撃も剣以外にこのキャラの特徴である月の力をためて放つ蓬莱の弾、どっから出すかと思ったら防具と言うよりも武器だった靴の裏からでした。そう、だから聖なるポーズも顔負けのすごいポーズで攻撃です。
お気に入りはボディを負傷(遠距離)、なにげに服や防具の破壊っぷりがほぼ全裸になるくらい激しいキャラでした。
使い回しのイラストは攻撃受け流しの上段下段、蓬莱の弾発射の近距離遠距離、身を躱すの近距離遠距離、くらいでしょうか。でもどれも表情がかなり違うので違う印象です。

最後にゲームブック部分、このキャラも前回出た
クイーンズブレイド リベリオン 沼地の魔女ウェルベリア 【初回限定版】クイーンズブレイド リベリオン 沼地の魔女ウェルベリア 【初回限定版】
みたいに体力回復がないキャラです。
そう、蓬莱の弾という特殊攻撃があります。高出力なのは遠距離限定です。だから離れて闘ってでかい一撃を当てられるのですから、飛び道具キャラということです。最初から月の力を10P持っていますし、上限なしにためてもいけるのでこれはもう絶対離れて闘っていくスタイル推奨なんでしょう。

クイーンズブレイド グリムワ―ル  魔装剣姫 カグヤ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズブレイド グリムワ―ル 魔装剣姫 カグヤ

「白暮のクロニクル」2巻、今巻は今の事件ではなく過去第二次世界大戦中、雪村さんの壮絶な成り上がり
「白暮のクロニクル」2巻、過去第二次世界大戦中、雪村さんがどうやってオキナガになったか、そして今につながる重大な事件が描かれています。

あっさり、彼の過去、成り上がった展開が語られました。そしてオキナガの人達のそれなりに暢気な生き様も見せられて、いつも通りの日常展開もかいま見えておもしろかった。
だからなぜ雪村さんだけ妙にかりかりした性格なのか、それもわかりましたが、あんなことされてたらねえもう、人間不信にもなりますよ。

そしてこの作品で主題となる未年のオキナガ殺人事件につながっていく最初の事件、それが語られます。しかもあかりさんもその事件の関係者というか血縁だったし、つながってきました。
それにしても過去の雪村さんの恋した棗さんの天真爛漫な様がその後の凄惨な展開で際立ちます。生きていたら飄々としたおばあさんになっていたんだろうなと思うと残念です。そして鍵を握るのはやはり妹の綾音さん、あかりさんの父が持っていた実の母親の棗さんと継母にあたる妹の綾音さんの写真とか、もうね、なにもかもこってりつながっていくんでしょう。

白暮のクロニクル 2 (ビッグコミックス)
白暮のクロニクル 2
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。