情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴィンランド・サガ」13巻、トルフィンとクヌートの対決はお預け、残念
「ヴィンランド・サガ」13巻、いよいよクヌートの軍勢がケティルの農園に攻め込んできます。
トルフィンとクヌートの久々の邂逅は、戦いのさなかなのかなんて期待していましたが、焦らしますねぇ。

というか、なんかこう見たいシーンが、カットされている。特に血眼になってトルフィンを探していたレイフとの再開。レイフさんがどう喜んで変わったトルフィンに驚いたのか、そのシーンがみたかったんですけど。

しかも激しい戦闘シーンにトルフィンが参加していない。なんだかんだで巻き込まれるかと思っていたのに、残念。でも、トルフィンは戦うことを最終手段と捉えているので、今後も闘いは避けるんでしょうね。強いのに。

しかもせっかくの数少ない女性キャラ、美人さんのアルネイズ、彼女も遂に退場。これでまた男臭い話になるんでしょうか。うん、エイナルの目が座ったし、トルフィンも遂に立ち上がるようだしで、盛り上がってきているのは素直にわくわくしています。

あとは、この物語の結末、クヌートとトルフィンの対決がお預けになったのですが、この対決がどうなるのかが楽しみです。っていうかきっちり結末がある形で終わってほしい。

ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)
スポンサーサイト

「ゲート ―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)」3巻、ロゥリィ様が恍惚とした表情で闘う様が綺麗です
「ゲート ―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)」3巻です。ロゥリィ様の表紙で、見所も彼女中心にたくさんありました。

原作を読んでいるのですが、やはりイメージの点でコミックはわかりやすい。国会招致でのテュカの耳ぴくや、梨紗がレレイとテュカを着せ替えてのこっちふうのファッションをさせるシーン、そして温泉。
温泉はいろいろ事情あって、レレイは勿論、ロゥリィ様まで湯気が濃い。立派な胸すぎてなんかギャグに見える栗林さんなんて湯気薄いんですけど。

そしてまたもロゥリィ様の見せ場、宿での襲撃者への容赦ない撃退。というか殺戮。ほんと恍惚としながらの彼女の闘いは綺麗です。

また、Web連載にはなかった書き下ろしの四コマが少々ありました。この調子でゆっくりじっくり原作と同じペースで連載続けて欲しいです。

ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

江ノ島いってきた、まだTARITARIグッズが残ってた
長期出張で関東にいるのですが、ようやく休みもできてきて動き出す私。

ということで江ノ島界隈行ってきました。特に聖地巡礼とかは考えず、単にそういえば江ノ島行ったことない、と思ってなんとなく行ったのですが。いや、日本三大弁才天を巡るんだという気もあったか。(竹生島弁財天は既に行っているので、後は宮島と天河)

お土産屋さんでTARITARIコラボのポストカードがまだ残っていた。はい、当然ウィーンと大智だけです。ま、それでも嬉しいのでお土産買ってもらいました。他のお店ではTARITARIコラボ時の湯涌サイダーとか、ガイドマップが飾ってありましたがものはなし。あ、ラブプラスサイダーはたくさんあったので購入。ついでにガイドマップは観光案内所に残っている可能性ありとの情報を得ます。
それにしてもみんな来るの遅すぎ、もっと早く来れば良かったのに。とか言われまくり。

江ノ島では、弁天様も拝観して、岩屋まで行き、そこから船で橋のたもとに戻りました。で、そこにあった観光案内所で尋ねたところ、見事にTARITARIキャラ入りのガイドマップをもらえました。一人一枚っていうことでまだこれからも残っていそうです。とはいえ、表には全く出ていないので、聞いて確認しないといけません。

ほか、モノレール乗ったり江ノ電乗ったりでまったり堪能して、帰りました。

「クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION」久々の実写版クイーンズブレイド、もうちょっと動きが感じられる効果が入って欲しかった
「クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION」、久々の実写版クイーンズブレイドです。

というかまだ二つ目ですね。
クイーンズブレイド THE LIVE 冥土へ誘うものアイリ 森下悠里 EDITIONクイーンズブレイド THE LIVE 冥土へ誘うものアイリ 森下悠里 EDITION
は結構いいできだと思っていたのですが、果たして今回はどうでしょう?

ということでゲームブックの元となっている
クイーンズブレイド グリムワール 不思議の国の闇使い アリシアクイーンズブレイド グリムワール 不思議の国の闇使い アリシア
と較べると写真集なのでゲームブックとしての部分以外にも何枚か追加されていますし、イラストとは違うので同じ写真を使い回すこともない。
ただ、ポーズを決めてとっていることがわかりすぎて違和感。特に「ジャンプ」や「飛びずさる」、「突撃」など動きのあるものが全然動きが見えなくて残念。うん、実際に飛んでとまでは無理かも知れませんが、「ジャンプ」や「突撃」が寝転がってそういうポーズをしているので全然違う。せめてCG処理で集中戦やぶれを出すとか、マントがもっとたなびくとかさせて欲しかったです。

クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION
クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION

「クイーンズブレイドグリムワ―ル 黄金の戦斧 ゴールディー」、金太郎がモチーフ、濃いキャラです
「クイーンズブレイドグリムワ―ル 黄金の戦斧 ゴールディー」です。金太郎がモチーフとなったキャラですが、金太郎の設定をうまく活かしているのが嬉しい。
表紙は当然金太郎ベースなので赤っぽいのが基本です。カバー外した本体表紙は2Pカラー、これはやはり青ベース。髪も青くなるのでF.Sさんのキャラとしてはこっちのが落ち着く?
見返しは表裏ともやっぱりまだデザイン的なイメージのままでまだキャラ相関図や戦闘前会話などのお楽しみは入っておりません。

本編、イラストブック部分、金太郎でまさかりを武器にしているので当然豪快な技が多いし、ああそうでした相撲が得意なので相撲技もあります。そう、斧系のキャラはこれまでもクイーンズブレイドでいたので、まさかりよりも相撲技のこれまでにないポーズがいいですね。特に「四股蹴り」のまたわり加減が最高です。そして下着がふんどしではなく、紐。ああ、ふんどしキャラもいたもんね。でもこの紐がいい仕事していますので必見です。そう前掛けとったら紐で縛りふうなインナーを着ている彼女でした。
好きなポーズは「武器を落とす」「武器を拾う」、紐さまさまです。
また、「動物誘惑」が実はクイーンズブレイド系のキャラには効果がないのですが、2種類ありまして、蜂蜜がこれはいい味出しています。
イラストの使い回しは「斧投げ」「攻撃をかわす」の近距離と遠距離のみのようです、「攻撃をかわす」では表情が変っています。

ゲームとしての性能としては体力回復は焼き芋食べてできますし、ロストワールドのドラゴン系に対しての「動物誘惑」の効果があるのでそっちに出張したらおもしろそう。できればクイーンズブレイドでも動物をお供にしているキャラとかでなにか影響あればよかったんですけどね。

クイーンズブレイドグリムワ―ル 黄金の戦斧 ゴールディー (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズブレイドグリムワ―ル 黄金の戦斧 ゴールディー

「王様の仕立て屋 〜サルトリア・ナポレターナ〜」4巻、また掲載誌が変ったので作風も若干丸めになった
「王様の仕立て屋 〜サルトリア・ナポレターナ〜」4巻、なんだかまた掲載誌が変っています。
ということで巻頭ではラウラがものすっごくあざとい衣装であざといポーズで非常にかわいいんですが・・・カラーにしてほしかった。

そこでも楽屋落ち的に掲載誌の傾向の違いでの作風の変更があるようなセリフがあったのですが、開けてみるとこれまで以上に織部がきっちり語ってきっちりいい仕事しています。あれ、もっとジラソーレ社の女性陣中心になると思っていたのに。
ただ、デフォルメ調の時のキャラが丸っこくてかわいくなっている。ということでやっぱり変っているのです、今後もどうなるか期待です。

さて、織部もいつもどおり落ち着いていますが、ラウラはラウラでいつもどおり織部をライバル視しているのですが、教えを乞うべき時は乞うようになって成長が見られる。とはいえ、織部に乞わずにビアッジォのとこでコスプレする方向に乞うのが彼女流。
そして毎回コスプレして赤くなっているのがいいんで、この方向で成長してください。

でもまさかモニカがビアッジォ親方のとこのコスプレにはまるとは・・・。なんか体系的にコンプレックスが強めな様が急に出てきました。モニカが今後もラウラと一緒にコスプレするのが楽しみです。

王様の仕立て屋 4 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)
王様の仕立て屋 4 〜サルトリア・ナポレターナ〜

「グッドアフタヌーン・ティータイム」上巻、妖精さんがお風呂に入る話、そして待望のバニー短編が収録です
「グッドアフタヌーン・ティータイム」上巻、人工妖精さんの日々の話です。
若干影薄いご主人様がおられて彼に養われている(?)のが妖精の彼女達、人工、なんてつきますので若干のSF的なものがあるかというとあまりなく、ただただひたすら彼女達のティーカップお風呂周りの話題を拾った和む作品です。

そしてなにより私が希望していた新居さんのバニーガールシリーズの短編などが一挙に収録されました。マチアソビでのペーパーなどfelloes!買っているだけでは手に入らないものまで収録されていて、とてもよかった。
また、fellows!帯裏での「バニー・ラブズ・ユー」シリーズも全部収録されていますし、立ち姿は帯裏掲載時は拡大されていたものもあったようで、より広く、場合によってはアップだったのが全身像になっていたりと、ファンとしては情報が増えて嬉しい限りです。

さ、今回は上巻でしたが、下巻ではどんなおまけがあるのか、期待しています。

グッドアフタヌーン・ティータイム 上巻 (ビームコミックス)
グッドアフタヌーン・ティータイム 上巻

「家電探偵は静かに嗤う。」4巻完結巻、電が番猫が大ピンチ
「家電探偵は静かに嗤う。」4巻完結巻です。
完結巻だけあって表紙はヒロイン二人です。そして今巻では電がはめられて容疑者にされた回はふたりで彼のために動いて事件解決と、いいコンビになっています。
ただ、アンヌさんは毎回荒事担当兼オチ担当だったりするので、電か番猫が探偵役。できれば最後にアンヌさんがピンチで電と番猫が救うというものも見たかった。

今巻は最大の見せ場は番猫が捕まってしまっての拷問なんですが、彼女も脱ぐとナイスな姿態の方でした。とはいえ、やっぱり最後まで彼女はお色気担当じゃないほうがよかった。それにしても電をもってしてもいかんともしがたいトラップ発動阻止までの最後の6秒をアンヌさんの豪腕が解決した際は、やっぱりこの二人のコンビが最高だとよくわかりました。

ということで終わってしまいました。番猫は見せ場はあったものの、やっぱり電をアンヌと取り合うような熱い展開がなかったので、できればスピンオフで番猫主役の話が読みたいものです。

家電探偵は静かに嗤う。 4 (チャンピオンREDコミックス)
家電探偵は静かに嗤う。 4

「小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」前売り券第2弾特典、見事にモリサマーでフォーカード・・・
「小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」前売り券第2弾が発売になりました。
今日は早速仕事前にさくっと買ってきたのです。ええ、出張先で映画館が近所でラッキー。

そして第1弾と同じく4枚買い。劇場の人も特にシャッフルすることなく、黒いICカードステッカー入りの小袋を純に4枚取り出して渡してくれました。第1弾もここで4枚まとめて買ったのですが、綺麗に全キャラそろったので今回もそうだろうと勝手に信じていました。

が、出てきたキャラがすべてモリサマー! いや、4人のうちで誰が一番好きかと問われるとモリサマーと即答できる私ですが、これはさすがに・・・。

他に中二病前売り券買っていた人はひとりだけいて、その人も4枚買いして見事にモリサマーでフォーカード。トレードのしようもありませんでした。

さて、またしばらく日を置いて1枚ずつ買いに行くか、他の劇場をはしごしてみるか・・・。

いや、すでにチケット8枚もあるからこれ以上は・・・。それに他にもチケット欲しいのあります。

京アニショップの特大ピクチャーチケット【小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~】京アニショップ!限定 グッズ付前売券 | 京アニショップ!は是非とも抑えたい。盆休みだったらこっちに帰れると思うので、木幡に行くかと思ったら予約して受け取りは9月に入ってからか・・・。8/5までに予約しないと売り切れの可能性もあるし・・・通販の方が無難かも。

追記、通販で注文しました。チケット専用の通販ページでユーザもこれまで使っていた京アニショップ!のものではログインできなかったのでまた作成しました。なんか、面倒。そして例の如くクレジット払いはないので前払い・・・。

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』公式サイト

ミクドミノピザ第二弾、出張先ですが注文しました
ミクドミノピザ第二弾、始まりました。
第一弾の時はアプリだけは入れたものの自宅の近所にドミノピザがなかったので…

今回は出張先ですが逆にホテルから注文できてラッキー、ということで早速注文。食べきれないかもなのですがパッケージが気に入ったLサイズで注文です。アンチョビトッピングできるんだ。アンチョビ好きとしてとても嬉しい。
それにしてもアプリからの注文は便利。しかも懸念していたミク箱があるかどうかも注文確定までにわかりますので、安心です。

そして注文してから状況を歌とともに教えてくれるのがいい。30分待ちでしたが飽きずに聞いていました。

届いたパッケージの印刷は意外と綺麗。いや、これはこのまま捨てるには惜しい出来です。裏もきっちり同様の印刷クオリティで、ミクさん後ろ姿が素敵。てっきり裏は真っ白か良くて同じ柄かと思っていたので嬉しい驚きです。

ということでこりゃあ明日もまたMサイズの注文をしてしまいそうです。いや、おそらくミク箱ありなら絶対に。

Domino's App feat. 初音ミク


「つぐもも」11巻、かずやの夢、まさかここまでハーレム王だったとは
「つぐもも」11巻、掲載誌も変わったのでこれまでの出張読み切りなども入って物語は少ししかすすみません。が、最近深刻な展開なのでのほほんとしたいつもの裸三昧話のがいいです、うん。

それにしても他の作者のキャラがゲストで出てきても潔く脱がされていました。そんな脱ぎっぷりの中で貞操を守っているかずやはほんとすごい。だけどその夢ではまさかの真逆な彼でした。

今巻のみどころはここですね。桐葉さんやくくり姫、そして黒燿が夢から抜け出すため結婚相手としてのアタックが三者三様、まあ黒燿さんの潔い「好きにしろ」がよかったんですが、夢の中のかずやの躊躇しないさまもまたなかなかおもしろかった。ただ、かずやもかわいそうなことに自分の女体化した存在が至高の相手になってしまっています・・・。女体化かずやが出てくるのはかわいくていいんですけど、このままだと不毛。ラブコメが捗らない。

でも、この絶妙な状態が長続きすると言えばするから、ありか。

つぐもも(11) (アクションコミックス(コミックハイ! ))

「あの花夏祭2013」、満喫してきました
「あの花夏祭2013」、今日からですので早速いってきた。いやー、出張で関東来ていた地の利がようやくいかせます。ええ、これまでは休日出勤やらでなかなか休みにそこそこ遠出できるほどの余裕がなかったので。

なによりお目当ては等身大めんま像。これが良かった。秘密基地前の特設お立ち台のかわいいめんまをひたすら写真撮った。グッズは、先行販売もあったものの、まだ入荷していないものもあったので、また、こっちにいるうちに再訪しようかと思っています。
グッズはなにげに先行ものよりもラムネとかサイダー買えて嬉しい。うん、聖地はまだいけていない。そこそこ買ったものの、10000くらいなのでサイン会抽選は三枚分、Tシャツ何枚も買うのですごい枚数もらっている人を何人も見たし、こりゃあ無理。なお、ランダムで2000ごとにもらえる缶バッジ、5枚もらってジンタン二枚、あなる三枚。この辺りの運も微妙だ。

その後、当然ノイタミナショップへ。土曜なので先行上映も当然見る。めんまのかきたま塩ラーメン、あなるのドリンク、それと銀の匙の北海道ソフト。コースターはつることユキアツ、そしてアキ。なかなかの運。まあどっかでめんまのが当たって欲しかったけど。

と、結局10時から17時まであっと言う間だった。先行上映面白かったので、来週仕事がないならまたきたい。

そうそう、映画の前売り券もノイタミナショップのものも映画館のものもそれぞれ良かった。帰ってじっくりと特典をチェックして、やっぱりもう1枚ずつ書いたしておきたくなったり…館内放送でめんまアナウンス聞けなかったり、とああやっぱりまた行くと思います。でも、ローソンのしゃべる等身大めんまポップはしっかりいってきました。

あの花夏祭2013

「銀の匙 Silver Spoon 8 ホルスタイン部タオルつき特別版」、タイトル銀の匙の意味が作中でも語られたけど現実は厳しい

「銀の匙 Silver Spoon 8 ホルスタイン部タオルつき特別版」、タオルが今治製とかなにげにいいものですので、予感としては次巻もタオルが付録の限定版かな?

と楽しく買った限定版ですが表紙の兄妹達にはハードすぎる展開が待っていました。駒場も野球甲子園行けなかったにせよまだ来年がある、と思っていたらそれどころじゃなかった。そして少年誌とは思えない深刻な経営問題が語られて重く重く。
タイトルである「銀の匙」の意味、一生食べることに困らない生まれ、とか作中で語られてまさに農家はそんなだということなのに、倒産はします。そして駒場ん家が・・・。

ただ、こんなきついところでも八軒くんが引き下がらずに駒場にきっちりかっこいいこと言ってくれました。ああなんだいつの間にかほんとにすごい奴になっている。
アキの夢のためにも真っ正面から彼女と彼女の家族に向き合って、問題はまだまだあるけどアキにも彼女の家族にもいい方向に進み始めさせるし、ぐんぐん成長している主人公は見ていて気持ちがいいし元気がもらえます。
気がつけばもうラブコメ的要素突き抜けてしまって夫婦みたいなふたりですよ。そう、そろそろ物語の主眼が見えてきました。これまでの肉体的精神的に厳しいこともあるけど楽しい夢ある仕事としての農業から、現実の厳しい環境で生き残れるかどうか瀬戸際の農業経営にどう夢を描いていくのか、に。

駒場もこのまま出てこなくなることなく、復活を遂げて夢を見せてほしい。なにより主人公八軒くんの見る夢はどんななのか、アキの夢のために協力するだけじゃない、きっとなんか大きなことやらかしそうで楽しみです。

銀の匙 Silver Spoon 8 ホルスタイン部タオルつき特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

「あまねあたためる」2巻、新キャラぞくぞく、どたばたギャグ、ときどきお色気がいいアクセントです
「あまねあたためる」2巻、不安だった2巻でしたが新キャラがぞくぞく登場してそれぞれ濃いおいしいキャラたちでもうあまねが温めなくても勝手にあたためてくれています。いや、もう熱気に包まれています。
とは言え、1巻からレギュラーであまねのライバルなお嬢様のつらら、表紙もかわいいですが、カバー外した本体表紙ではあまねのスカートをちらめくりするなど、あまねへの変な対抗心がまたかわいいんです。
そんなつららは白蛇で亀甲縛りだとか、マニアックなことするキャラでいつもどおり。

また、いきなり登場してエロい陶芸作品を作り上げた土井くん、彼のあまねヌードな作品はよかったけど、華麗にあまねに叩き壊されました。その後なにげにレギュラー陣? 今後の作品に期待が高まります。

また、佐渡川作品には欠かせない肉体派、いや武闘派キャラがまさかのあまね友人ヤッコでした。普段は地味でメガネなキャラですが、実はなにげに強すぎるキャラでした。しかもお約束で戦う際にはメガネをとっって髪を解くと美人さん。こりゃあ今後化けるキャラです。

さらにもうひとり武闘派? あまねの弟の保の同級生の花。からくり按摩攻撃がえげつないのですが、あまねに反撃されていました。いやああまねもキャラ変わってきた。これはこれでいいけど。しかもその後花に弍式なからくり按摩攻撃を股間に受けて泡吹いて失神させられているし。こういうキャラだったのか・・・。

あと、今度はあまね母の与さんが、酔うと妖艶。自宅でのお風呂回でもいい脱ぎっぷりで悪くない。まあそれを言うとあまねもいい脱ぎっぷりのキャラでした。家族だけでも一話もつ素敵なキャラ揃いの温家です。

2巻でギャグとときどきのお色気がしっくり固まってきました。新キャラも濃い上におもしろいキャラばかりです。私はほっとして3巻を待つこととします。

あまねあたためる 2 (少年チャンピオン・コミックス)

「夏目友人帳」16巻、そうかタキはレイコバージョンなニャンコ先生は抱きつかないのか
「夏目友人帳」16巻、10周年ですか・・・、感覚的にはもっと昔から連載していそうな気がしていたのですが。なにはともあれめでたい。
また、ずっと漫画喫茶で読んでいた作品ですが結局全巻買い揃えてしまいました。うん、とにかく読み返したく作品なのです。

今巻は久々のタキが主役の話がありました。やっぱり彼女はすごい陣を書く能力があるのだけれども、自らに全然霊感がないのが見ていて悲しい。そう、怖い目に遭っているのに、そっちの世界にいつも憧れている様が健気で素敵です。
今回もまた、タキのそういった魅力が満載のいい話でした。そしてタキと言えばあふれるニャンコ先生愛。しかし残念なことにニャンコ先生がクールビューティーなレイコバージョンでタキに初お目見え。あー、やっぱあのもふもふが好きなわけなのでさすがにレイコバージョンでは抱きつかない。ただ、なんか思うところあるようなセリフもあるので今後はきっとなにか対策を施してくるに違いない。っていうかそのままでいいので抱きついて欲しかった・・・。案外ニャンコバージョンに戻るかもしれないし。

そして田沼もまた主役話。田沼父親についているというあの神格の妖も登場した。気になるけどこれはこれからのお楽しみ。ただ、田沼も田沼でそれなりに大物に気に入られていたようですね。きっとそういった魅力があるのでしょう。

ということでまたこの巻もしばらく読み返し続けます。

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)

ミクお面、今年は普通に見かけるようになってきた
初音ミクお面、去年は結局お面屋台でみることはなく、通販で買いましたです。
が、今年は潤沢に出回っている模様です。

地元の祭りの屋台で800円で見かけたと情報が入ってきたり、自分も出張先ですが商店街のお面屋で400円で見かけてしまって買うかどうか悩んでしまった。いや、ホテルの部屋の和み?に買って飾っておくのもいいかもとか。
明日もチェックしてしまいそう。

「初音ミク -Project DIVA- f」おめん(彩色版)

劇場版魔法少女まどか☆マギカ新編叛逆の物語、前売り券第一弾、勢い余ってムビチケ版も買った
劇場版魔法少女まどか☆マギカ新編叛逆の物語、前売り券第一弾、発売になったので、前回も余裕でしたが結局朝から行きました。案の定開館30分前に着いたけれども、まどマギの客では一桁順だった。

しかし、長期出張中で出ている間に妙に前売り券を買うことになりそうです。クリアファイルが特典なら荷物にならないけど、来週に控えているあの花第二弾はポスターだし。

なお、勢い余ってムビチケ版も買ったのです。どうせ初日はいい席取ろうとするとネットで買うことになりますので。ただ、よくよく確認すると関西でムビチケ対応している上映館が偏っている。むう、
京都のTーjoyでみたかったけど、大阪か奈良か・・・。

というか上映時に私はどこに居るのやら。この出張もどんどん長引いているし、終わったら終わったでもう次行くところが決まってたり。

「いなり、こんこん、恋いろは。」6巻、うか様と燈日の恋が実りそうなのに、いなりは・・・
「いなり、こんこん、恋いろは。」6巻、表紙のうか様と燈日、もう燈日はうか様にほれています。あとはにぶい、というか神様だから全然恋愛対象と考えもしていなかったうか様です。
もうここんところはこの二人の恋の行方が気になってしようがないのです。
これがもう今回は見所満点、なんだか急に神力が復活したいなりがうか様と久々の逢瀬で抱きついている感動的な場面ですら、この兄貴はいらいらしています。まあ、あのうか様のふかふかした胸に顔うずめて喜ぶいなり見たら、たまらんかもしれないけど。
また、いなりが来なくなって寂しがっているうか様のために毎日来ているのに、うか様は天然で気づいてくれません。これまた悔しい燈日です。
とにかくこの燈日にによによしていた巻でしたが、後半、燈日に会えなくなって初めてわかったうか様自身の気持ちにまたもによによです。ああ、これは再会した暁にはどんなことになるのか今から楽しみです。

しかし、主人公カップルだからどうなろうとなんとかなるだろうと思っていたいなりと丹波橋くん。丹波橋くんの冷め具合が怖い。そりゃあいなりでなくても現実逃避したくなります。とはいえ、いい雰囲気になったところでいなりが事情あるとは言えいなくなるのは大失態。とっとと挽回したいのに幸せな妄想の世界に浸っているいなりでした。

いや、その世界の墨染三条の百合カップルがすごいんですけどね。現実の冷めすぎている三条さんもそれはそれで墨染さんには悪いけどいいもんですが。

いなり、こんこん、恋いろは。 (6) (カドカワコミックス・エース)
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。