情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラーメン発見伝」23巻、いかにも敵役、というかザコ敵、なキャラはおもしろい
「ラーメン発見伝」23巻です。
今回は長野ラーメンと激辛ラーメンが主役です。

長野ラーメンの話が半分くらいあってメインでしたが、その中で最初企画を持ってきたものの途中から敵になってしまった高城さんがこの話の主役です。
取り敢えずラーメンで盛り上げて儲けようって明確な目的のために、手段は選ばない高城さんってところで、当然ラーメン、それもうまいラーメンに対する思い入れのありすぎる藤本さんとは敵対することは自明です。
でも、もう書き方からして高城さんがしょぼい小人な書き方をされてしまっていますので、問題はいかに藤本さんがうまいラーメンを出すかということ。実際高城さんのラーメン勝負の投票者に準備したバイトを送り込むなんて、卑劣 でもストレートすぎて勝負がどっちに決着ついても読者としては藤本さんよりにしか読めない。うーん、勝負ものだったわりには勝ち負けよりも藤本作長野ラーメンがどんなかだけが気になる始末。
これまで芹沢さんとの対決ではほぼ負けるし、勝っても納得いかないラーメンだったりするしで、ストレスたまっていたのですが、こっちのもう勝負気にせずラーメンが気になるほうでも、やっぱり納得いかない
・・・ああ、なんかもう敵のつくるラーメンが最初からうまいかどうか気になくなったせいか。
きっちりうまいラーメン作って、芹沢さんも納得させるラーメンが作られる日を待ってます。
でも、高城さんってキャラの卑劣さ加減は好きなので、再登場を希望したりして

さて、もうひとつ気になったのが激辛ラーメン、正直激辛ラーメンはそれほど好きじゃないのでこれもラーメンよりもその展開。上司の葉月さんとその妹が登場、妹が似すぎていますね・・・あんまりそれってキャラ的にどうなの? でした。どっか違うところがあってもよかったのに・・・見た目はいいとして性格が多少おとなしいとかなんとか 暴虐無尽すぎて最後の落ちが怖かった、というか理解不能 まあ藤本さん達もそう思ったものの、正直こんな上司は厭だ

ラーメン発見伝 23 (23) (ビッグコミックス)ラーメン発見伝 23

ラーメン発見伝(23)
スポンサーサイト

「クイーンズブレイドリベリオン」第1弾、叛乱の騎士姫アンネロッテ、主人公ですけど裏がありそうなキャラです。
「クイーンズブレイドリベリオン」第1弾、叛乱の騎士姫アンネロッテが遂に発売になりました。見慣れたえぃわさんのイラストで非常に安心しますね。クイーンズブレイドと違って背景が黒いので雰囲気が全然違いますけど。
3周年記念特価ですので、求めやすい価格になっています。できれば今後もこの価格を維持してくれないかなぁ・・・
でも、今回の気合いの入ったクオリティですから、いつもの定価でも安いくらいだと感じましたので、ほんと、非常にお得です。このクオリティ保つなら元の値段に戻らざるを得ないでしょう

さ、まずは表紙、ここからもう気合いがわかります。鎧の凝ったデザインとその塗り、この塗りは表紙だからこのレベルってことでなく、中のすべてのイラストでこの塗りです。CGじゃないと思いますので大変だと思ってしまいますが、それでこの鎧がキャラの地肌と較べて浮いていないんでしょう。
カバー見返しのキャラ紹介に書かれているアンネロッテの秘められた素性は、カバー外した本体表紙を見れば、端的にわかります。
鎧は金色に変り、髪は黒髪、瞳は朱。肌の色はちょっと血の気が抜けた色です。布地も紫や青系から黒系に変っています。でもそれ以外に表情、いや瞳は吊り目に変わりましたし唇は青、そして耳はエルフ系のとんがり耳に! しかも贈り名が「叛乱の騎士アンネロッテ」から「狂騎士アンネロッテ」に変っています
これはなにかモードが変るとダーク系に変るのか、本性がそれなのか、これはいよいよ公式のストーリーが気になります。
基本的にクイーンズブレイドでは初期のキャラ以外は2Pカラーってことで、鎧や服装の色、あとは目立つ体の部位(髪とか瞳とか)の色変えだったのですが、リベリオンでは違うのでしょうか? 今後もみんなこんな感じに変っていると、おもしろいんだけど。
表紙めくっての本体見返しは公式ストーリーで紹介されているアンネロッテ以下4名+なにかの後ろ姿、これは裏表紙見返しも同様です。ん? ユイット、ヴァンテはいいとして、謎の戦乙女じゃないかも?
いずれ掛け合いとかキャラの関係表になるのでしょう。裏表紙の本体はいつも通りカバーのそれと変りませんが、ISBNコードやバーコードのある部分が空白で残っていず、ちゃんとそれをなくしたデザインになっています。ちょっとしたことですが凝っています。

本編のイラストですが、後書きでえぃわさんも語っておられるとおり、鎧塗りとロングの髪が印象的です。気合いが入っていますが、それ以外にも青色半透明な彼女の魔法の馬にまたがっているので、馬がうるさくなく彼女の全身がよく描かれています。
さすがに騎士姫ってことで基本の構えから馬にまたがっています。そして基本の構えだというのに、スカートですので下着(?)がしっかり見えてしまっていますが、そのピンクな色がいろいろギャップだ 白だと思ったのに
他にはやられポーズや動作がいちいち凝っています。やられだと当然鎧が壊れることもありますが、使い回しがなく、他の動作も遠距離近距離の別が騎乗パターンもあるので少なく、あってもこれまでのようにズームと表情のみの描き換えじゃなく、別のポーズです。・・・ざっと見てみて使い回しイラストに気づかなかった!! これは3Dレイナ以来だ!!(でも3DレイナはCGだった) すんごい気合いと愛を感じます。
やっぱりキミの後ろに居るで剣に映る彼女の姿は本体表紙の方、狂騎士アンネロッテです、さすがに布や鎧の色は変っていませんが。ほか、ティアラは防具となっては居ませんが、頭に直撃すると壊れて取れているイラストです。ちょっとこの表情が好きです 馬絡みのポーズはいいのか悪いのか、でもこれまでにないポーズが多くなっています。

肝心のゲームを楽しむ上でのポイントは、騎乗時の高さが5、降りると4、ってことで騎乗時の優位性が際だちます。攻撃も剣とランスですが、魔法系武器なのでしょう持ち替えのターンがありません。騎乗時には騎乗攻撃も地上攻撃も選択できて幅が広いし、馬に攻撃させることもできます。地上攻撃すると自動的に下馬したことになりますけど、騎乗するのも遠近どちらでも乗れる。ただこれだけバリエーションが多いので武器を落とすと攻撃パターンが少なくなるし、体力回復がありません。
防具は普通ですが頭は見た目と違いティアラは防具でないので直撃をクリティカルで受けると即死です

なお、予想していた遠距離から突撃してまた遠距離へ去るという攻撃はないようです。突撃したらそのまま近距離になります。まあそんな一撃離脱できたら強すぎか。

クイーンズブレイド リベリオン 叛乱の騎士姫アンネロッテ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズブレイド リベリオン 叛乱の騎士姫アンネロッテ


気になるのは第2弾ですが、これはいつになるのかなぁ。
美闘士アイデア大募集のキャラが商品化されるまでに錬金軍師ユイットや錬金の奇跡ヴァンテの発売がないものでしょうか。

「とめはねっ!」4巻、宮田さんが縁に絡んできて、いよいよ盛り上がってきました
「とめはねっ!」4巻、掲載誌が変ったこともあって、なかなか出なかったのですが、ようやく発売。妙なキャラ紹介的な回からスピリッツ連載ですねぇ

この巻では書の甲子園に応募する縁と結希の動向と、そこに絡む宮田さん。宮田さんってどうにも縁とはあいそうにないキャラなんですけど、彼女は妙に彼を気にしだして遊びに誘ったりしています。むう、縁の味わい深さに気づくのは結希であるべきなのに っでもまあ、なんだか妙な気持ちになっている結希が確認されたから、こっちのゆったりした三角関係は長く続けてください。
でも、花火の時のあの両手に花(?)状態でどうだってとこでなにもなしにもうそのエピソード終わりって もっとそこからの展開がどうだったか気になるのですけど・・・。
なお、勅使河原くん絡みの方の関係は、今巻進展なし、か。残念。

ただ、結希は書道半分、柔道半分で高校総体優勝するんですから、怖い子ですね。だから今回その残り半分の書の甲子園に出した書、それが気になりますが、なにかを応募したということしかわかりません この書の文字が大きく意味があるんでしょうねぇ、こりゃあなにか賞を取る勢いを感じます。
この結果が出る前に体育祭だの文化祭だの、秋のイベントが駆け足で過ぎていきます。いや、文化祭はまだ準備中。・・・ああ、このいい時期に掲載誌移動で止まっていたのがつらかった。

とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
とめはねっ! 4


とめはねっ!(4)

「ADAMAS」2巻、新たなジュエルマスター登場、やはり癖ある美女です
「ADAMAS」2巻、なんだか皆川さんの作品では珍しい主役が女性な作品です。

とは言え皆川作品なのでヒロイン全般パワフル、ということで主役なだけあってより激しいです そこがいいから買っているのですけれども

基本的に女性だ、美女だというけれども行動的すぎるくらいだし、腕っ節強いし男前な性格だし ってわけで男性でも別段問題ないか・・・ってやっぱジュエルマスター(宝石使い)が男性ってのは微妙か?

今巻では遂に2人目、3人目、4人目、そして集団と、どんどんジュエルマスターが登場です。当然、麗華さんの父失踪の鍵を握る敵のシャニにも・・・。
2人目はまさかの男性、しかもかなりの老人でしたが、ジュエルマスターっていうどころでない大物でした。・・・今巻前半の鍵を握る人物でしたが、ゲストです。
重要なのは残り2人なジュエルマスター、エスメラルダとジン、うーんジンは敵なので置いといて(っていうか男性だからか)、攻撃の主体が蹴りというエスメラルダに注目です。
麗華さんにないゴージャスなバディの方ですが、そこんところよくわかって麗華さんを刺激するのが得意なキャラ、おかしいな1巻では麗華さんってすごい美人に思えたのに 今巻読んだ後は、いつもの皆川作品の主人公っぽい普段の状態では普通どころか全く冴えないっていうオーラ(?)を纏い始めています
やっぱ攻撃方法がダイヤモンド埋め込んだ特製カイザーナックルってとこが問題か・・・。ごつすぎて名前と違ってあまり流麗な感じがしない

ADAMAS 2 (2) (イブニングKC)
ADAMAS 2


「クイーンズブレイドリベリオン」第1弾「叛乱の騎士姫アンネロッテ」発売記念で期間限定壁紙配信中です
「クイーンズブレイドリベリオン」第1弾「叛乱の騎士姫アンネロッテ」の発売も間近になってきました。

クイーンズブレイド リベリオン 叛乱の騎士姫アンネロッテ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズブレイド リベリオン 叛乱の騎士姫アンネロッテ


よって、予定通りに期間限定の壁紙が配信中です。
2008年11月27日~2008年12月24日なので、お早めにダウンロードしておきましょう。

【きゃらズバッ!】クイーンズブレイド新章『リベリオン』開幕!“叛乱の騎士姫アンネロッテ”発売記念オリジナル壁紙を配信!

さ、うがった見方をするなら、年末にもなにか別の壁紙配信があるんじゃないかなぁ。なにか発売予定は・・・と。

「神太刀女」3巻、関口暗鬼軒ふたたび!・・・よりもこざっぱりした一に違和感
「神太刀女」3巻です。
表紙は2巻途中で拵えを琢磨に直してもらった一さんと千鳥です。拵え直したのってもうほぼ新品のそれと換えているので、ぼろぼろが直っているばかりでなく2巻の表紙と較べて生地の色目も鮮やかになっている一さんです。お綺麗なのですが、やっぱりそれまでのぼろぼろだった時のほうがワイルドでよかったとか思う私って

さて、2巻では鉄色にさんざんな目にあった琢磨やはがねですが、今巻ではそれに対して明確な方向性が見えてきました。ようは人を斬れないことには人と一体化している鉄色は斬れない、ということです。
なんか重いことになってきましたね、まあ刀の話ですから血なまぐさいのは当たり前ですか。ただ、まだ無名が琢磨を必死に思う気持ちの元がわかりません。かつて初めて切った人が琢磨であることを明かしてはいますし、その後たぶんちょっと空白期間があった後10年間は倉の中ということです。琢磨を斬る前後にいろいろあったんでしょうが、なんだったんでしょうか? やっぱり母親の影が見えませんのでそこに関連があるのでしょうか。

2巻から3巻にかけて、なんだか一さんのちょいとサディスティックな表情が多い=絶好調なのですが、よくよく見てみるとはがねとの関係ではその表情がない。元々神太刀女は主に惚れ込んでいるのでそれはそれ、当たり前ですが、はがねを守りすぎていたのか・・・。
久々登場(というかもう2度と登場しないと思っていた)関口暗鬼軒さんの登場と琢磨との木刀での試合で、琢磨の強さとはがねの弱さが露呈しました。
なんか最初の頃の二人とは真逆ですが、それぞれ克服することができて、これからが楽しみです。

なお、微妙に動きのない無名は、敢えて動きがなかったわけでした。かわいいなぁ。いや、暗鬼軒戦後のメインストーリー後ろで地味に琢磨に「いたいのいたいのとんでけー」「とおいおやまにー」「とんでけー」って3コマに渡って頑張っているし、畜生かわいいなぁもぉ

神太刀女 3 (3) (MFコミックス アライブシリーズ)
神太刀女 3

スイッチ付きタップ、が4年間毎日スイッチ入り切りしたため、寿命
スイッチ付きのタップでその電気機器自体にスイッチがついていないものの電源ON/OFFをしておりました。
なにかというと光回線の終端装置(ONU)と無線LAN基地局のルータです。
この2つは基本的にパソコンしているかゲームでネットに接続する時にしか使用しないので、日々入れっぱなしにしておくのもなんかもったいないので毎日帰宅後に使う間だけの数時間、ONになります。

でもってそのスイッチ付きタップでON/OFFするので、都合光回線にしてからだから約4年間、ほぼ毎日、ON/OFF
単純計算で365×4で1500回弱、ON/OFFしています。

さすがにこれだけ使うとスイッチが効かなくなりました。ワゴンセールで買った安いメーカのものですが、そのせいでもないと思います、使いすぎだ
うーん、やっぱりONになりっぱなしではなくOFFになりっぱなしなんだ。フェールセーフ的に作られているのか? ってそこまで深いものでもなく、単に接触不良なんでしょう
当然このタップを修理なぞせず、寿命が来たのでおしまい。お疲れ様でした。

ということで、今度は新品を買ってきましたよ。今度はなんでも熱くなりにくい素材だ。ますます安全になっていくのです。

ナショナル ザ・タップベーシックII(3コ口 1m) WHA-28132WKP
ナショナル ザ・タップベーシックII(3コ口 1m) WHA-28132WKP


短いのがほしかったのですがあいにくとワゴンセールではそれなりに汎用性の高い長いものが多かったし、口も多いのが多かったのでちょい高めだけどメーカー製だ!

なお、
ナショナル ザ・タップX3コ口(安全設計扉・パッキン付コンセント) WHA-25132WKP
ナショナル ザ・タップX3コ口(安全設計扉・パッキン付コンセント) WHA-25132WKP

という差し口からほこりが入らないものもあって心揺らぎましたが、1mのがお店で売り切れていた

久々にコミック発売スケジュールに新機能(当日発売RSS配信)追加・・・地味だ
コミック発売スケジュールをAmazonからの情報で作成して公開しているのですが、このお休みをちょっとだけ利用して機能の追加。うーん、拡張?

なにをしたかというとRSS配信内容に、新たに当日発売のコミック情報を配信する機能、です。
RSSは変更内容を配信するのが普通の使い方ですが、まあその日に発売される内容をこれで知ってもいいかなってことで作ってみました。

コミック当日発売RSS

「コミック発売スケジュール」の中ではICSやRSSの位置情報を載せたページの一番下にリンク置いてあります。
iCalendar版コミック、文庫発売スケジュール、及びRSS

また、各月ごとのコミック発売スケジュールのヘッダ、フッタにも追加しています。これまでの新着更新RSSの下に、当日発売RSSとして置いておきました。
リンクをコピーするか、ドラッグ&ドロップでRSSリーダに登録ください。

コミック発売スケジュール


「コンシェルジュ」14巻、涼子さんの成長物語となってきました
「コンシェルジュ」14巻、だんだんとキャラが増えてきていますので、毎回毎回いろんなキャラに焦点が当たります。
そしてそれに基本はお客様であるゲストキャラのほうがメインなので、レギュラーキャラ、多いは多いがなかなかそれぞれの個性までわからない
まさに今巻の表紙なんて、誰だ? って感じで

毎回よくもまあこれだけいろんな問題が起こるもんだと思うコンシェルジュ部門ですが、水無月さんのところはスタッフもそれなりにわかってきたところで、デリケートなお話。こういった顧客を最上さん率いるクインシー側のスタッフはどういうふうに扱うのか、それとも断るのか? 同じ依頼を複数でコンペしたようなかつてのストーリー、ベタに対決ものになってしまいますが、各巻1話くらいそういったものがほしいです。

でも、遂に謎多い朝霧さんと最上、水無月両氏が顔合わせ。水無月さんが、程度の悪い娼婦のよう、と言わしめた朝霧さんのなにかは、なんなのか。もう深すぎだ
変わりと言ってはなんですが、涼子さんの方の問題はわかりやすい。いや、彼女がちゃんと成長しているのでたいがいのことには最適な対応です。個人がジャンボジェット購入、なんてことを冗談と受け取らず平然と対応していく様なんてもう最上さんクラスだと思いました。
とはいえ、大関激励会のときは思いっきり大関の意向をはき違えていました。朝霧さんはきっちりわかっていたようです。涼子さんの苦悩を引きずったまま今巻終了。うーん、後味が

コンシェルジュ 14 (14) (BUNCH COMICS)
コンシェルジュ 14


「オトメディウス ゴージャス!」買いました、一晩遊んで(!)感想
「オトメディウス ゴージャス!」買ってきました。
アーケードでもたいして遊んでいません・・・あんな高価そうな専用の筐体のわりにはそれなりに見かけたのですが、やっぱ なんというか

でもゲームとしてはグラディウス系なので全く問題ありません。キャラが立っていて3Dということくらい。
専用筐体のタッチパネルは専用のコントローラが必要ですが普通のコントローラでも別段問題ない、当たり前だ でも、やっぱ地球をくるくる廻したり、キャラをタッチしたりするため()には専用コントローラは必須かも

肝心のゲームはオリジナルモードはアーケードの画面比率のままなので左右はなにもない部分がありますので、アーケードと一緒なんだけど、違和感。やっぱ狭いなぁって思いました。・・・いや、それも30分ほど夢中でしていたら慣れた、ああなんていうかシューティングにのめり込むと周り見えなくなるから? キャラ取り敢えず出ている全員使ってどんどん経験値ためてってまあ一晩やってしまった訳ですけど いくら翌日休みだからって頑張りすぎた
で、ゴージャスモードは最後にふらふらしながらやってみた・・・ああHD画質で画面いっぱい、これは気持ちいい、きっと避けやすい? あ、難易度がゴージャスモードの方が簡単なものがあるからそのせいか? でも、これもたぶん徐々にレベルアップして遊んでいくんだろうか? 根性がないのでどこまであげられることやら でも、こっちにはボムに値するバーストが使えない・・・うーん、こっちでもバースト演出見たいのに
どっちのモードもそうだけど、背景と障害物の差がわかりにくい。あ、当たって覚えるのものか でも弾が増えたりキャラが増えると処理オチが発生して避けやすくなるのも、グラだなぁってことで、それなりに好感触。(たぶん処理オチさせてスローで避けるって攻略するためのポイントだったから、敢えてそういうことにしているんだろうなぁ、そういったとこが嬉しい)

オトメディウス ゴージャス!
オトメディウス ゴージャス!


やり込ませるようなコンテンツ集めはあるものの、これでほんとにやり込む契機になるかは微妙です。
キャラがそれなりに大きいけど、表情までわかるようなものでもないし、逆に微妙に大きい分避けにくい いや、当たり判定はかなり狭いようだけど、避けたーって気分になれないのが残念。
追加のキャラやステージがどのような形態でダウンロードできるようになるのか、実際のお金がかかるのなら、やっぱたぶん買わないだろうなぁ。

とかなーとか言っていますが、一気に一晩遊んでしまったので、瞬間風速的におもしろいことはおもしろいのです。

「怪物王女」8巻、チームになってきたリリアーヌ姫の面々が頼もしい
「怪物王女」8巻、毎回、いきなり展開が進んだところで話が始まるのがこの作品の作風です。

今巻も1話目から飛ばしていますねぇ、姫が死んだ? ってところから。
当然、これって死んでいないんじゃ? また幻術って思う読者の私ですから、姫がそう疑わないわけがない。この姫の強靱な精神力が揺らぐことがあるのか、それがこの作品の見所の一つです。
今巻では、ちょっと揺らいだ一瞬がありました? ま、ないですね ヒロの覚醒がこのところ頻繁で危機に陥る回数もおおい彼女ですが、ようやくヒロも動くようになってきました。特に0群での一件での不意を突いたギリアムの攻撃をただ一人検知して防いだ瞬間は鳥肌が立つほどにかっこよかったです。

また、リザもこれまであまりなかった耳をひょこっと出すシーンとかもあって、なんだかかわいくなってきましたし、シャーウッド姫もブッチーとの探検家シリーズが板についてきました。ぶっちーはシャーウッド姫に気に入られたのでしょうね、この記録係としてノリもシャーウッド姫+フランシスカとの阿吽の呼吸も絶妙です どうなんでしょうブッチー、毎回記憶消されているのでしょうか。それとももうこっちのメンバー?

また、他の王族の動きも顕著になって、遂におそらくこの王族兄弟の最後の一人、長兄が登場しました。これでリリアーヌ+シャーウッド+エミール対長兄+ギリアム+シルヴィアという図式に一応なりました。ただ、エミールはどっちかというとリリアーヌ一派に敵対しないだけの第三勢力っぽいから、まだまだリリアーヌ姫達の綱渡り(なわりにはのほほんとした)生活は続くのでしょう。

怪物王女 8 (8) (シリウスコミックス)
怪物王女 8


今巻の表紙は鈍器でも刃物でもなく銃器、ショットガンの2丁持ちの姫ですが、うーん、やっぱ赤い部分が少なめなのでおとなしい感じだ でも、おそらく姫のメイン武器なチェーンソーを今巻内では持っていたのでそれでよし(?)だ

NASAが深宇宙インターネットの実験に成功です
NASAが深宇宙インターネットの実験に成功しました。つまりは将来的に火星や木星とのインターネット通信が正常に行えるようにしたプロトコルでの実験通信に成功したとのことです。

NASAのHPの記事
NASA - NASA Successfully Tests First Deep Space Internet

まあなんとも深宇宙だとか、惑星間インターネットだとかの言葉を読むと、わくわくしてしまいますねぇ

プロトコルはDisruption-Tolerant Networking、DTNです。データを転送中のノードで次の経路が見つからない場合はできる限りデータを破棄せずに次の経路が見つかるのを待って、安全に接続転送できるようになったら送信するという形らしいのですが・・・。
一応名前くらい記憶しておくといいかなぁ。まあ近々には試験には出ないだろうけど

なお、詳しくは同じくNASAの
Delay/Disruption Tolerant Networking(DTN) for a Low Earth Orbit (LEO) Space Network
のPDFかな。

「クイーンズブレイド リベリオン」イラストストーリー第2話、そして「美闘士アイデア大募集」も始まった
「クイーンズブレイド リベリオン」の第1団、アンネロッテの発売も間近ですが、イラストストーリー第2話が早くも発表。
今回は捕らわれたアンネロッテがエリナに拷問されるところと、そこからの脱出です。これでようやくゲームブックのストーリーに追いついた? いや、まだ義理の妹たちの部分がないのか?

アンネロッテの敵であるクローデット側には予想通りにエリナ、また沼地の魔女の息がかかっていることがわかりましたが、ユーミル姫までクローデット側、しかも妙に近くで仲良しさんということ。これは単なる武器商人として上得意にべったりなのか、武器屋として敵なカトレアとの因縁か? むう、できればエリナが「牙を統べる者 エリナ」となったようにユーミルにも「なんとか姫 ユーミル」がついて、できればゲームブック化を!

また、公式HPでは「キミが考えた美闘士アイデア大募集!!」(略してキミビト?)が始まりました。そして最初の美闘士企画原案書も紹介されています。うん、これなら私も応募しようかと思う、なかなかすごいものです これ、全キャラ見てみたい

『クイーンズブレイドリベリオン』イラストストーリー第2話

クイーンズブレイド公式ホームページ キミが考えた美闘士アイデア大募集!!

「キミが考えた美闘士アイデア大募集!!」は、できれば応募作品を優秀作以外もできるかぎりたくさん掲載して欲しいですね。

「史上最強の弟子ケンイチ」31巻、いやあ、なにはともあれ、しぐれさんですよ
「史上最強の弟子ケンイチ」31巻、YOMIの4人in学園編が続いています。

さて、ケンイチにしては珍しく学校の行事が入っていきました。おあつらえに体育祭。YOMIがどうこう、新白連合の面々がどうこう、そして美羽さんがどうこう、よりも! やっぱりケンイチがどこまですごいことになっているかを確認したい、活躍して一般性とのみんなを刮目させてほしいという思いがあり、期待して読みました。
が、やっぱりケンイチはケンイチ、いやこの手の主人公は影で強くて、表では爪を隠すもの・・・いやいや運悪く見せようにも見せられないものなのでした ま、美羽さんがしっかり見ていてくれただけ、以前よりもましです。
しっかしここで久々の大門寺君の登場、微妙にいい奴になってきていますねぇ、新白に入って宇喜田君とコンビを組みそうな予感もする

ま、この時にケンイチにトラウマが植え込まれるのですが、これがあっての今巻のメイン、しぐれさんとの刀狩りが始まります。うーん、なんかケンイチは武器系じゃないからしぐれさんとの関わりが難しいところ多いのですが、今回の治療目的の同行でのより恐怖を得ることでトラウマを克服するという作戦なら、ぴったり。
できればケンイチにも武器のひとつでもたしなんで欲しいなと思うのですが、それはまだ無理かなぁ。

なお、しぐれさんは美羽よりもお色気担当な部分もあるのですが、今回はメインのキャラですので張り切って、すごいです いきなり着替えから始まり、ケンイチと「夫婦」で宿とったり、シメは露天風呂での混浴+刺客との全裸での戦い。そしてケンイチには全然隠そうとしていないところもポイント、画的には芸術的にうまいこと隠していますのが、さすがだ。
ケンイチへの愛、まあ弟子としてのまさに弟か子供としての愛を感じますねぇ。

史上最強の弟子ケンイチ 31 (31) (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 31


史上最強の弟子ケンイチ(31)

なお、しぐれさんのケンイチへの「えへん!」な偉そうなところも今回惜しみなく発動されています。

「ギャンブルフィッシュ」9巻、獅子堂美華さんのヒロイン化が進行中
「ギャンブルフィッシュ」9巻、エミリー・ドーンとの「ビクトリー・フラッグ」対決は思わぬ乱入があり、混戦模様です。
でも、予期せぬものでもこれで杜夢も動きやすくなっていますので、あっと驚く展開を期待して読みました。

はい、あっと驚きました! でも、彼ではなく、エミリーの方、まさかこの対決そのものが阿鼻谷のエミリーの能力を開眼させるものになっていたのです。これでますますエミリーが阿鼻谷の手のひらで踊らされた哀れなキャラとなってしまい、同情を禁じ得ません。ここのところもひっくるめて、杜夢が解決してくれることを期待します。そうでないと後味悪い終わり方になってしまうし。
ただ、今巻のヒロインだったのはエミリーじゃなく、獅子堂美華。ここにきて正当派ツンデレの手順をきっちり踏んできていますよ。彼女の最初の頃の杜夢への完璧な敵対行動からここまでくるのが長かった分、今後のヒロインの座をつかみ取る可能性大です。
杜夢を肩車してあげたり、全裸に勝手になったりと、見せ場も多いのですが、今巻でこの対決から退場です。
ということでそろそろ次巻で解決か? それともまだ五木島大活躍か

GAMBLE FISH 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)GAMBLE FISH 9

GAMBLE FISH(9)

表紙の二人、今巻で全然出番なかったよ とは言え、エミリー、美華って最近の表紙だった分、彼女たちなんだろうけど・・・早くまた出番を

「夜桜四重奏」、アニメ見て、マンガ喫茶ハシゴして2巻まで確認して、買いました
「夜桜四重奏」、前から気になっていた作品ではあるのですが、表紙がなんかどう見ても音楽ものに見えたので読まず嫌いでパスしておりました。
が、例のごとくアニメが始まったのですね。自動的にうちのDIGAが新番組録画していたので、1話くらい確認確認、音楽ものだからOPとかBGMとかいいんじゃない? って観てみて自分の愚かさに気づくのです。
全然、音楽ものじゃあなかったんだ、妖怪ものです。うわー非常に好物です。ヒメが凛々しくかっこいいし、アオの声もなんかのんきで気に入ったぁ
じゃあコミックを買うか・・・と古本屋さんで立ち読み 1巻しかなかったのでそれだけ読んで・・・ちょっと読みにくい、アニメはアニメで別? なんかヒメが凛々しくない、ぐたぐたしている。変な歌歌っているし・・・っておい むむー、ただ後書きには作者の友人談ということで2巻からおもしろくなるそうな。
こりゃあ買う前に2巻まで確認しないと・・・と古本屋とマンガ喫茶を合わせて5軒もハシゴして捜したのです なんか、なかなかないもんですねぇ・・・
でもってマンガ喫茶でしっかり最新5巻までそろっているところで1巻をもう一度読み直し2巻へ・・・半分読んで、読むのをやめました。はい、おもしろくないのでなく、買って読むからもうここで読んじゃうのはもったいない!!
その後本屋さんで一気に5巻まで買おうとしたものの、ない 1巻がまずないという展開で始まり、これまた何軒もハシゴしたのでした
それにしてもシリウスコミックは、講談社っぽいないのか、本屋さんで講談社のまとまりに置かれていないことが多い なんだかサンデーGXとかチャンピオンREDとかとまとまって置かれていたり、当然サンデーGXとかチャンピオンREDもその本来の出版社と並んでいない でも、じっくり観るまでもなく、そのまとまりのコミックって私が買っている作品が多いんだなぁ。わかっているからこそ本屋さんもまとめて置いてあるのか。とはいえ、コミック捜すときには困ります。出版社でまとまっている方が作品固定で捜すには、わかりやすいもの。

ということで、2巻以降だんだんだんだんヒメの調子にも慣れてきて、逆に麺すすったり玉子くったりしていないヒメはヒメじゃないように思えたりしている現在です。

また、やっぱラストの書き下ろしの「よざカル!」から後書き、さらにまだ続く後書き、というコンボが気持ちいいですね。コミック買ってやっぱり後書きないとつまんないと思う私には、ありがたいものです。本編と同じくらいの期待度をもって、読んでいるのです

ということで私がミスリードされてしまって買う機会が今まで伸びてしまった、表紙を大きく並べるのです いや、表紙は表紙でいいんですけど、内容がわかんなかった

夜桜四重奏 1 (1) (シリウスコミックス)
夜桜四重奏 1


夜桜四重奏 2 (2) (シリウスコミックス)
夜桜四重奏 2


夜桜四重奏 3 (3) (シリウスコミックス)
夜桜四重奏 3


夜桜四重奏 4 (4) (シリウスコミックス)
夜桜四重奏 4


夜桜四重奏 5 (5) (シリウスコミックス)
夜桜四重奏 5


でもってこうやって本屋さんを巡るとアニメ化で平積みのお店がそれなりにあるのですが、同じだけの高さで積まれているはずですが1巻だけがへこんでいるのが多いですね。1巻お試しで読んで・・・嗚呼ってな人が多いのでしょうか?
1巻でめげず、2巻まで読んだらもうきっと残りも買いたくなると思うんだけど ごちゃごちゃしていたページがすっきり読みやすくなっていますし、日常シーンの妙なまったり感がやみつきになるのですよ。

「neo プレミアムジンジャーエール 95ml」を飲みました。うん、生姜です!
カブのイサキ」で妙にジンジャーエールがうまそうでしたので、濃いと噂の「neo プレミアムジンジャーエール 95ml 」をば買ってみました。

95mlなのでちっこいのですが、充分飲み応えありました。
栓抜いても一見炭酸がきつくもないようですが、生姜の味の濃厚さもあってかなり炭酸感もあります。甘みもしっかりあるのが私にとってはちょっと残念でしたけど
やっぱりお酒と割るようにできているのでしょうか?

実は、24本入り買ったので、これからしばらくはなんか試して飲みます。

neo プレミアムジンジャーエール(1ケース/95mlx24本)

「黒烏龍茶」、黒のご褒美キャンペーン、今回もたくさん応募しましたよ
烏龍茶のキャンペーンはこれまではIT活用でWebでポイント投入型でしたが、手軽に応募できた分、全然当たりませんでした
でも今回の黒烏龍茶の黒のご褒美キャンペーンはポイントのシールを葉書に貼って応募する昔ながらの方法です。

これはもしかしたら当たる可能性があるかも・・・ということでたくさん応募しました。葉書で15枚分くらいです
Aコース黒毛和牛に5口、Bコース黒豚に6口、Cコース黒烏龍茶に残る全部ですから21口になるのかな。

さ、せめてCコースの黒烏龍茶が1口、当たって欲しいなぁ。

プレゼントキャンペーン 黒ウーロン茶 サントリー

なお、応募期間は今日(2008/11/10)の消印有効です。頑張って今晩中にポストに入れると明日一番の収集分は2008/11/10の日付になりますから、忘れていた方、まだ間に合いますよ!

「コミックフラッパー」2008年12月号、怒濤の新連載攻勢! 表紙のヴァルキュリアはまさにフラッパー
「コミックフラッパー」2008年12月号です。

新連載が5本も入って気合いが入っています。

表紙の「ヴァルキュリア」、フラッパーは女子主人公が基本ですから普通と言えば普通ですが、まさにフラッパーでした。
最近ちょっと見かけなくなってきた異世界ファンタジー(しかも中世ヨーロッパベースです)、という王道でもあります。おもしろいけど展開がありきたりになってしまうかも・・・と不安ですが、主人公エアの騎士道精神、および単純にかっこいいところが読めるだけでもう大丈夫でしょう。いや、原作が為我井さんなので、おもしろくないわけがない。

「ポコと遊ぼう」、人型ペットでタヌキ。当然かわいいキャラですが、ご主人様はそれを希望していなかったようです。でも、そのポコはけなげで必死なところでもって、なんとか認められた? まあこういう世界観の作品だから毎度こんな展開が続くだけかと思うとちょっと困るけど。たぶんいずれは大きく育って変わるのはぁ、まあ最終回ってとこでしょうか? あ、そういったこと思って読むとつまんなくなるのでやめよう

「あねとむち」、弟くんへのラブレターがくるという始まり。もう読者も弟くんもこれは、罠に違いないって思ったところで珍しくもスルーする姉。いつも神出鬼没なのですが、その理由(技?)が判明。天井に張り付いていました。しかも片手に飴、もう片手はムチ・・・忍者です 足で天井にくっついていた?
また変装の腕も相当でした。ラブレター出した花岡さんになりすましたときのその表情(他は偽物だとのヒントばかり)が、かわいい。そんな顔を普段で弟くんに対してしてあげてくださいよ。
そしてまた、見事に姉の罠にはまっている西園寺さんもいました

「二十面相の娘 少女探偵団」、まさかと思った二十面相の娘の復活です。そろそろここから離れて別の作品が読みたいと思っていたのですけど でもってこれも新連載のうちのひとつでしたが、さすがに安定していました。
しかも少女探偵団でおしてくるとは、ある意味本気だ、もしかして再アニメ化も? 小糸さんの物怖じしないくそ度胸とチコの超冷静な判断及び話術体術、そしてトメさんの・・・うーん生活の知恵(?) で華麗に解決する探偵ものになるのでしょうか。
クリスティ・ハイテンションも探偵ものだし、2作品もあってよいのか・・・は! またもここでコラボする可能性があるのか? って時代が違った

「クリスティ・ハイテンション」、6つのナポレオン像のお話。まだ、ホームズさんが登場しません。ノーラ大活躍です・・・いやクリスティがだ。
さすがに調子よく動きすぎてしまい、アンヌマリーと先生が参戦、いやこっちはお目付ですけどたぶん彼女たちも活躍するんでしょう。そしてどうやら今回はホームズさんの活躍がなさそう、画期的だ。

「ふたつのスピカ」、嬉しい、マリカもケイも次なる一歩をしっかり踏み出せました。で府中野くんなのですが、そっか1年頑張って大学行くのか・・・。
なんだかみんなしっかり進み始めているし、当然アスミも進級するわけなのですが、別れの寂しさばかりです。ライオンさんとのお別れを予感させる演出がここのところひどいくらい激しいのですけど、裏切ってほしいものです。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、平穏な日常その4。
ミナ姫が急に人間になってしまっている。いや、アキラもそうだし周りにももはらヴァンパイアの存在がありません。浜さんは警部じゃなくって巡査だし・・・
また、アキラの母も元気だし、ミナ姫のお母さんまで健在です・・・あ、ダメだ、姫、そんなことをここで言うべきじゃあない、これってきっと・・・
大変なことになってしまっているのです。

「スコペロ」、文平先生が気になっているかに見えた紫苑さんでしたが、嫌っているからのそれでした。そして今回、それが単にお嬢様の気まぐれではなく明確な否定となる、ねばっこーい展開がありました
これまでのじみじみしたものじゃなく、今後はしっかりわかりやすい敵対行動を紫苑さんから受けることになる文平先生でしょう。いやー、ある意味どんなことになるのか、楽しみでもあったりします

コミックフラッパー公式サイト「FLAPPER.com」

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 12月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 12月号


「かんなぎ」6巻、ナギ様が怪しい動きで踊ります・・・
「かんなぎ」6巻、夏休みも終わり、学校での秋の物語が始まりました。
表紙はつぐみの番です。ナギ様、ざんげちゃん、そしてつぐみの3人だけでループしていますが、正直つぐみって仁の幼馴染みって以外には神様ふたりには太刀打ちできないか・・・でも表紙。重要な役目があるキャラなんでしょうねぇ。
とか思っていたら今回の仁の自分探し+過去話では今以上に親密というか、やはり幼馴染み。でもこのところナギ様と仁の関係もよろしくなっているし、早くつぐみも追いかけないと
なお、カバー外して本体見ると、作者も泣いたかけかえカバーの没のラフが・・・このところいい動きをする大鉄が、大鉄が
その分ピンナップは絶叫さんとのコラボ、絶叫さんと言えば最近はコミック版の「とらドラ!」です。大河制服コスプレのナギ様と、目つき悪さつながりでまさかの大鉄が竜児コスプレ(?) 

さて、学校で秋と言えば、文化祭、体育祭ですのでそのネタ満載? じゃなくっていきなりの仁の自分探しと新キャラ登場、なかなか深い話になってしまいましたが、つぐみも大鉄も、そしてナギ様もいい人、および神様です。ナギ様と大鉄も和解したようだし、大鉄出番ますます増しそう。

さあそして文化祭、今巻一番(?)盛り上がった、ナギ様VSざんげちゃんのミニライブ主役対決。意味深な新キャラの大東も暗躍、もとい活躍して混沌としたなんだかざんげちゃんさんざんだった戦いでした。でも、うどんにマヨネーズ入れるのがいいっていうナギ様や大東の意見、さらに仁まで案外いけるって 今度試そう。
また、貴子先輩の無駄な才能が発揮、あああのアニメのOPのネタってこんなところにも元があったのですね アイドルのあの舞台でする系の動きが出来る人なのです。そしてナギ様は・・・ナギ様は・・・ アニメのOPも怪しいがこのコミックでのあの動きも怪しい ひとことで言うと、「ナギ様が怪しい動きで踊ります!!」なミニライブも見たい!

かんなぎ 6 (6) (REX COMICS)
かんなぎ 6


かんなぎ(6)

ここのところおまけ読み切りが入っていて、全然かんなぎと関係ないので結構残念だったりします。今巻もおまけで百合ものが入っていました。いや、これ単品としてはおもしろいけれども。

「おたくの娘さん」5巻、まだまだ謎多すぎる叶の母、でもほんとに耕太との子なのかなぁ
「おたくの娘さん」5巻、夏の物語、後半戦ですね。

今回は夏祭一般の部ということで、神社の夏祭+花火です。
でもってここでのヒロインは誰になるのか、やっぱり叶がメインですからその叶のお相手はというと当然耕太です。いやーお父さんになってきたなぁ、でも、彼女をいじめたくってしようがない同級生のほうがいい具合に正当派なラブコメのお相手でしたね。
正当派と言えば、耕太に対する遙の態度もいよいよ極まってきました。彼女が妙にヒロインめいてきました。特に管理人さんへの耕太の気持ちがちょい恋愛とは違うこともわかってきましたし。

こうなってくると、耕太に全然会おうとしない叶の母の望の真意がもしかして・・・もしかして叶って耕太と望の間の子じゃないとかだったら、と恐ろしいことを考えてしまいます。
でもこの望さんがようやく大きく登場して、耕太たちとニアミスしました。ここでも必死に逃れていますから、逆に考えればその望の借金返済が済ませる覚悟を決めるために彼に会っていないとも思える。
ただ、耕太の過去の印象通りの豪気な性格なのは確定です、主役はれるキャラだ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集


短編集の回では遂に長門さんがその素顔をさらしましたが・・・女性だったとは、さらに一家で済んでいたとは・・・ お約束通りのこういう場合の美人度の高さと言えばファンタジー級(?)でしたが、その後の温泉編では忘れ去られている悲しさ。
物語はここから折り返すようですが、後書きに出てくる担当編集者S尾さんの怖さが、ネタなのかもうそうでないのかわからない いや、おそらく同一人物であろうかりんの後書きでのS尾さん像も拾いますと・・・うん。わからないままでいいや

さて、後書きの本編はドラマCD秘話、作者の島本須美愛が伝わってきますねぇ。しかもカバー外しての本体表紙裏表紙のドラマCD2のアフレコ秘話もまた同じ、いやそれ以上に極まっていますね。細かい話ですが、先に本体の方を読んでしまったのが悔やまれる。

「狼と香辛料」2009年カレンダー、やっぱ原作イラストのものが欲しかったかも
「狼と香辛料」2009年カレンダーが届きました。
表紙と2ヶ月ごとの6枚でイラストは7枚です。全部にホロが入っているのはいいのですが、サブキャラ(当然ロレンツもサブキャラってことで)が少なめか? アニメ化した部分を受け手のキャラ設定なのでエーブさんは入っていません まあなんか小説ではエーブが香辛料であるロレンツに対する狼になりそうなので危険な感じなのですが、こっち(アニメ)では第2部で虎視眈々と出番を狙っているのでしょう

なお、ホロ登場シーンは暑い暑い7,8月と寒い寒い11,12月に割り当たっています。あ、顕現した姿のものはなかったなぁ、ちと残念(?)

狼と香辛料 2009年カレンダー
狼と香辛料 2009年カレンダー



「クイーンズブレイド ナイト・オブ・ユニコーン」、レイナの戦いはこれにて一段落です
「クイーンズブレイド ナイト・オブ・ユニコーン」、レイナのユニコーン話は5巻で終了です。また、短編集も1巻あり、それを含めて今巻でユーミル様登場で、小説6巻でゲームブックのキャラ全員登場です。

フィオとレイナの物語は前巻では一気にいろいろわかってきたけれども、なんていうかまあ、すごい展開でした。まさにクイーンズブレイド、です。
でも、今巻もまさにクイーンズブレイドですね。エロさという部分でなく、戦いの場面の描写が濃密でよかったです。・・・いやいや小説だからわからないだけで、後半はほぼ全裸での戦いじゃなかったんでしょうか、レイナ?

フィオの謎はきれいにまとまり、レイナは尋常ならざる強さを失いました。母の剣聖マリアがその強さを認めたのはエリナでしたが、その優しさを認めたのはレイナでした。レイナ、まさに主役です。
でも、レイナの戦いのレベルは格段に上がっています。あとがきの後の、スペシャル・エピローグが嬉しいですね、レイナが遂にかっこよさとともに強さも兼ね備えた完璧なキャラになりましたよ!

また、今巻でクイーンズブレイドの次回シリーズのリベリオンへのある意味伏線は張られましたね、クローデットの弱点と、そこにつけいることのできる術を沼地の魔女は持っているのです。
『クイーンズブレイドリベリオン』イラストストーリー第1話を合わせて読むともっとよくわかります。なるほど、アルドラに勝った優勝者はクローデットではなかったのです、誰かは伏せられていますがそれはレイナなのでしょうね。そしてだからこそクローデットは恐ろしい女王となってしまった。
うん、これはもう次のリベリオンの小説も引き続き書いてもらいたいです。できればアンネロッテ視点ではなく、レイナ視点で。

クイーンズブレイド ナイト・オブ・ユニコーン (HJ文庫 お 3-1-6)
クイーンズブレイド ナイト・オブ・ユニコーン


「まん研」1巻、うおなてれぴん作品なのでタイトルどおりにマン研ネタでなく、当然コスプレネタなのです
「まん研」1巻です。
作者のうおなてれぴんさんと言えば、コスプレネタが好きな作家さんなので、タイトルに惑わされてはいけません。
ただ、女子校のマン研が舞台ということは揺るぎないので、半分はそっちのネタもあります。いや第2マン研が舞台なので推してはかるべしってところですね

バニーが好きな作者らしくカラーはバニーネタで開始です。ただ、なぜか全身タイツが好きではないがこだわりがあるらしく最初ちょくちょく出てきていましたが、やはり人気がないので、減っていっていますね
内容はマン研だけれども創作活動にあまり興味ないだらーっとしたBL好きと百合好きのコンビな部長しいなと副部長レイナに普通な下級生部員の咲一人という3人。つまり上二人のいいおもちゃにされてコスプレさせられる下級生というところが中心。
なお、咲は暴走気味・・・ではなくマジで暴走している上二人に振り回されるばかりではありません。「呆れた傍観者」という重要な役目もありますよ

後半では第1マン研の部長くーちゃんが登場します。それなりにまじめなマン研活動をする方ですがBL好きという素養(?)もあるし、金髪ツインテールだしと突っ込みどころ満点な彼女なのでそこを第2マン研の上二人に、やはり遊ばれるという展開。

絶妙に第2マン研上ふたりの暴走と咲やくーちゃんの関係がマッチして、おもしろいです。
ネタがつきそうでつきていないし、咲の同級生の第1マン研の部員もそろそろアップを始めています。2巻も期待大です。

まん研 (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
まん研 (1)


「王様の仕立て屋」20巻、遂にニューヨーク支店長の鶴屋さん・・・じゃないフェデリカ登場
「王様の仕立て屋」20巻、ようやくアメリカ編が始まります。
アメリカはネタが多いのでじっくりひっぱっているのだと思っていましたが、どうにもエレガンテとの相性が悪くて取りかかれなかったようです。

さて、このアメリカ編は基本はニューヨーク支店長のフェデリカ・テッサリーニが中心で進むようです。いや、もう最初から強烈な牽引力のあるキャラとして一気にみんなを引っかき回して気がつけば織部はアメリカ行きの船上の人・・・という今巻の印象でした。
それにしても最初から、もうこのフェデリカさんは私には鶴屋さんにしか見えない、口調といい性格といい ただ、その男前な性格がなんかアメリカだなぁ(?)とも思えてくる。いいキャラです、彼女にもっと活躍してほしいので、アメリカ編はじっくりとニューヨークからハリウッドへと至る道程で道草食ってたくさんのエピソードがほしいです。

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 20 (20) (ジャンプコミックスデラックス)王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 20

あ、このところ影薄いけど私はヒロインだと信じているユーリア社長、珍しくも織部の愚痴を聞いてあげたりと仲良いんですけど、ロマンスにはならない関係のようです

「惑星のさみだれ」6巻、こてこての古典的ラブコメの後はこてこての悲しさ
「惑星のさみだれ」6巻、表紙の青春しているお二人が、主役のこの巻でした。

このしっかりとキャラをつくっていって、エピソードをいい具合にちらしていって、そしてこの呆気ない展開。さすがに泣きました。いや、これまでも唐突な展開がいちいち重く突き刺さる作品でしたが、この巻での最初と後半の雰囲気の違いは象徴的です。

夕日と白道さんの幻獣の騎士へとのステップである対決、そして白道さんの夕日への想いの行方も気になりますが、珍しく夕日があっさりやられていました。彼も彼で白道さんに思うところありそうですが、うーん姫との絆の方が勝っていそうだ。

この戦いの基本であるところの騎士となれる条件も、端的に言葉にして示されると、なるほどちょっとというかかなり特殊な性格になってしまうので彼らなのですね。一般的な人の思うそれや日々日常を守っていこうと思う心よりももっと違うなにかが基本になっている人が多いので、今後の騎士たちの動きが想像できません。

惑星のさみだれ 6

惑星のさみだれ(6)

気持ちよく裏切ることが多いのが好きなのですけれども、だんだん人数が減っていくのが気持ちよくない

「デススマイルズ」はやっぱ予約しておこう、DLC特典「フルボイスDLCカード」のために
「デススマイルズ」、なかなか発売日は決まりませんが、取り敢えず予約は開始されました。
初回限定版と通常版がありますが、ともに予約特典としてのダウンロードコンテンツが使用できるカードがついてきます。
デモやイベントのキャラセリフの音声がダウンロードできるもののようですが、そっか、普通に買うとついてこないのですねぇ
どうせ買うなら予約して買っておくべきでしょうか、プラチナコレクションになって追加されたりするとショックですけど。

デススマイルズ(初回限定版:「並木セレクション デススマイルズ アレンジサントラCD」同梱)(2009年春発売予定) 特典 フルボイスDLCカード
デススマイルズ(初回限定版:「並木セレクション デススマイルズ アレンジサントラCD」同梱)(2009年春発売予定) 特典 フルボイスDLCカード


デススマイルズ(通常版)(2009年春発売予定) 特典 フルボイスDLCカード
デススマイルズ(通常版)(2009年春発売予定) 特典 フルボイスDLCカード


なお、2008/11/09締め切りで開発blogでキャラデザインの井上淳哉さんのハロウィンイラストサインのプレゼント企画があります。こっちはダウンロードじゃなくって実物の色紙のようですね。

デススマイルズ開発日誌blog

インフルエンザの予防接種をしてきました
去年も予防接種して乗り切ったので、今年もインフルエンザの要望接種を受けてきました。
少し腫れがあってしばらく痛かったけれども、いつものことです。しばらくしたら治まりました。

取り敢えず今年も予防完了。ただ、インフルエンザはいいものの、普通の風邪をひかないように気をつけないといけないのはいつものこと。

「マリーとエリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士 Second Season」2巻、アイゼルが表紙に来てもいいと思うほど、彼女が主役です
「マリーとエリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士 Second Season」2巻です。

日々の生活の中から大きな危機もなく始まった1巻でしたので、なかなかテーマっぽいことにたどり着けませんでしたがアイゼルの始めた農園事業を中心に物語は進みます。
だから、「マリーとエリーとアイゼルのアトリエ」、ってタイトルでもいいんですけどねぇ。
マリーもエリーもタレ目キャラなんですが、アイゼルはツリ目キャラってことで雰囲気違うのですが、二人と決定的に違う商売の才覚がポイントです。
この錬金術師のための調合材料を収穫するための農園ってアイデアが、単に家庭菜園程度じゃなくって広大なまさに農園ですからさすがです。
またここに投入される人材がマリーやエリーと言ったある意味強大な錬金術師や、開墾地の警備兼開墾(開墾になにかが目覚めた人あり)には黒騎士やキリーを使うという贅沢さ。
成功すること間違いなしですよ!

マリーとエリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士 Second Season(2) (マジキューコミックス)
マリーとエリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士 Second Season(2)


結局今巻もゆるい展開の日常が進むままでしたが、この作品のよさはこの日常こそにあり。
てことで次巻も楽しみですが、そろそろアイゼルが表紙に来てほしいなぁ。

「クイーンズゲイト 紅の忍 不知火舞」、ある意味、不知火舞の謎もよくわかる一品です
「クイーンズゲイト 紅の忍 不知火舞」、届きました。
クイーンズゲイトとしては第3弾、4冊目です。このままSNKプレイモアの作品から続くといいですねぇ。

早速表紙、ところで舞ってこんな触覚みたいな髪の毛ってあったかなぁ?悪くはないけど そしてカバー外しての本体表紙は色違い2Pバージョン、舞の2Pと言えば当然の青です。色以外の変化はなし、このところ色違いくらいしか変更がないのがちょい残念ではあるけど。
表紙見返しや裏表紙見返しにはなにもなし、クイーンズブレイドのようなまだ込み入った事情もなく(いや、このゲイトの性質上そういったこたぁないか、常にドリームマッチ状態だし)、仕方ないか。

さ、イラストの方はというといきなりの「飛びずさる」から絶好調です! ああこれってバックダッッシュの後転ですね。いろはの時もそうだったようにSNKプレイモアの全面監修というのは伊達ではありません。という感じでどんどん見慣れた必殺技が登場です。龍炎舞、花蝶扇、ムササビの舞といった基本のものから水鳥の舞、陽炎の舞、超必殺忍蜂などの超必系も網羅、小夜千鳥があるのに、飛翔龍炎陣がないのが気に入らない・・・ってちょい微妙にマイナーな技か? 正直超必が種類豊富だ。ポイント押さえていいポーズです。舞と言えば胸の揺れ、なのでそれを意識したポーズや動きが感じられるものが多いですので安心です。
あとはジャンプや受け流し系なども舞らしく華麗にひらりとしたもので、やられポーズはクイーンズブレイド系伝統の服破れは当然ですが、「ボディを負傷」は・・・これって完璧に上半身は・・・
なお、フィギュアにもなる「花魁変化」も当然ありました。これって体力回復技なんですね・・・なぜに回復かは忍の秘密か
気になる使い回しのイラストはこれまでの作品と同程度、遠距離近距離の違いでのサイズ違いが数枚。表情は変わっているので厳密にはそのまんまじゃないし、ある意味見せ場な「ボディを負傷」は遠距離近距離でイラスト別だ!

さて、ゲームとして見ると彼女はさすがに防具なし、体力点も普通に10点。柔らかいキャラだ。だけど条件限定(パワーMAX状態)とは言え、最初からパワーMAXで始まるし、使っても得点できればパワーMAX状態が維持されるので一気に勝ちに持って行ける可能性がある。「花魁変化」での体力回復も3点回復だ。花蝶扇も飛び道具だけど扇子無限です。ただ、あの胸から扇子を取り出すポーズになるだけのこともありますね。うーん、いいところついてきている。龍炎舞、花蝶扇にこのゲームの特性上上段下段の違いもある。ああ、これって元の格闘ゲームの方でも採用されないかしらん。下段龍炎舞とかってかっこよさげ。

クイーンズゲイト 紅の忍 不知火舞 (対戦型ビジュアルブックロストワールド)
クイーンズゲイト 紅の忍 不知火舞


むう、やっぱり扇子は胸から無限に出てくることがここで判明した! 長年の謎も解けた?

最後に、裏表紙のおきまりのきめセリフに「アンディのハートを射止める事ができるのであろうか!」ってあるところが、盛大に舞だなぁと思ってにんまりするのでした。
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。