情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲロルシュタイナー」プレゼントに応募・・・当たった・・・タオルだけど
「ゲロルシュタイナー」の今回のプレゼントキャンペーン、今風(?)にWebでポイントを加算していってゲームにチャレンジ、当たればプレゼントというものです。
このWebでのポイント積算とそれによるゲームでプレゼントに挑戦するタイプのものは2,3年前まで何度かあったサントリーのiPodプレゼントのものがありましたが・・・ほんともう烏龍茶三昧な日々を過ごして、結果全くだめ
だから今回のこっちのキャンペーンもそれほど期待せず、ゲロルシュタイナーが好きだから買った分でたまたまたまったポイントで応募です。
むろんもう無謀な自転車なぞは狙いません。一番当たりやすいタオル 前回のゲロルシュタイナーのプレゼント(これは郵便で応募)でもタオル狙いだったし
それにしてもこのゲロルシュタイナーのプレゼントサイトでもポイント入力画面はいいですね、一気に5本分のポイントを登録できます。
これで適当にポイントを投入して、(なんせ3ポイントでGEROLSTEINER特大オリジナルタオル(なにげにドイツ製!)に挑戦できます)、早速ゲーム開始。ゴーーーーール! ・・・? あれ、あれれこれってなに? 当たったの?
というわけでいきなり当たりました
嬉しいというか無心な時は当たるものなんでしょうか?

GEROLSTEINER パナソニック自転車プレゼント!

残りのポイントはなんか妙に控えめになり、そのままなにもしていません さあ、まだキャンペーンはひと月あります(2008年9月30日24時まで)から、応募してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テンキーレスキーボード、「ダイヤテック Majestouch Tenkeyless FKBN91M/JB」を買って使い始めにまずこのブログを書く
GatewayのPCを買いましたが付属のキーボードの入力がどうにも私の打鍵ではうまく認識されないキーが中央部にあるようでしたので、キーボードを買ってきました。
テンキーは使わないし、机も胃ちょい狭いので、これまで常々一般的なデスクトップのキーボードからテンキー部分がないものがほしかったので、そういったものを探してみると、まあ少ない。東プレのか、Majestouchかといった具合です。ノートPC用の配列でこじんまりとまとまっているテンキーレスキーボードはたっくさんあるんですけど、あれは窮屈ですしDELETEとBackSpaceが独立してないとか、カーソルキーが妙な位置だとかEndがHomeがInsertが・・・ってまあその右側のキーをよく使うので不満が尽きないのです。一度試しに買ってみてしばらく使って慣れてみようとしたものの、無理でした
だからこのテンキー部分だけどけたタイプを望んでいたのです。

ただ、東プレもMajestouchも高いのでお店で触った上で決めました。値段が倍なだけあってさすがに東プレの方が静かで打ち心地もいいけど・・・、うーん、Majestouchのl茶軸も軽くて打ちやすい、かちゃかちゃうるさいのが少し気になるものの

ということで、
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB

を購入。かなありにしたのはローマ字入力だけれども半角/全角キーとかのキーの日本語に慣れているし、うちのPCなので私以外にも使用者がいるし・・・。

早速うちに帰ってこのブログを打ってみながら使用感を試しています。やっぱ打ちやすいですねぇ。入力速度も断然速くなりました。キーボード自体も重いのでしっかり安定していますし、キーボードの上に指置いての触り心地がいいので、ついつい撫でてしまう
ただ、やはりちょいうるさめなのと、真ん中あたりの打鍵もそれなりに認識していますが、やっぱりまだたまに漏らしている。もっと軽く入るものでこのタイプのテンキーレスとなると・・・東プレのOEMでゲーミングキーボードな
DHARMAPOINT DharmaTacticalKeyboard DRTCKB91UBKDHARMAPOINT DharmaTacticalKeyboard DRTCKB91UBK
が残されていますがぁ・・・高いねぇ
今回買ったものも決してキーボードとしては安くない部類なので今一瞬の感想だけではなくもう少し使って慣れてみるよう努力します。

「宗像教授異考録」8巻、遂に宗像教授専門分野の「鉄」が、あの「鉄」とも結びついた?
「宗像教授異考録」8巻です。
この巻でも宗像教授専門の「鉄」に関する話でまとまっていました。いや、いつもよりも多めでしょうか。
しかし鉄道の方の「鉄」ともつながるとは・・・ってまあ結局は専門から離れたけれども
その鉄道ものが短編としてあり、後は中編2本、縄文から続くと言われる家系の謎に迫るものと、海底に沈んだ島の物語。

縄文から続く家の物語は石油の話題、ここに一つ目の入道が絡んできます。だから宗像教授が呼ばれ、こういった時にはある意味ヒロインの忌部さんですね どうせならもっと宗像教授と絡んで色っぽい展開でもいいのに・・・宗像教授はそういった方面はうぶだから進まないけど、それがおもしろいのに。
内容としてはもっとかつての伝奇考の時のようなぶっ飛んだ展開になってほしかったです。黒入道が実在して大暴れとかでも最後炎上落ちならそれでもよかったのでは?

日本のアトランティス、海に沈んだ瓜生島のお話では、これこそ宗像教授の独壇場でした。前巻登場の犬丸こと石丸くんも意味ありげに登場しました。死亡フラグ? どうにも時折あっさり死人が出るので気を抜けません。なんたってなかなか敵が多い宗像教授の心強い教え子ですからねぇ。
と思って見ていたらピンチは宗像さんのほうでした

宗像教授異考録 8 (8) (ビッグコミックススペシャル)宗像教授異考録 8

「戦国妖狐」1巻、鈍器系な攻撃がすてき
「戦国妖狐」1巻、水上さんの作品としては順当(?)な印象の戦国ものです。
いや戦国ファンタジーですね、でもってあまり戦国時代の検証もなし・・・だけどファンタジーだからこのアバウトなところは気にしません。

いつもどおりのキャラ配置です。威勢のいいしっかりした想いを持つヒロインのたま、でもって主人公(?)。いや主人公は彼女に巻き込まれるまだ自分の先行きを見いだせない兵頭さん? いやいややっぱりたまの力を持って妖狐化するんだからタイトルどおり迅火? でもってこっちも明確な意志を持っているし。
でもやはり読む方としては一般人な兵頭さん側に立って見てしまう。
だからこそたまと迅火の二人の潔さが眩しく見えて、憧れますね。

そしてなんと言っても戦闘、霊力改造人間の灼岩のぶん殴る攻撃が爽快です。また、迅火も杖術系なのでそれなりに叩きます、後は泰山の拳! ああこれが水上作品だ・・・思いもかけないものが思いもかけないことをしてきます。

とにもかくにも世直し姉弟と武芸者+霊力改造人間の思いもかけない旅、楽しみです。ただ、武芸者(兵頭さん)が飛び抜けて弱そうなので・・・危険が多いな。

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)戦国妖狐(1)

「コミックフラッパー リニューアル記念オリジナルグッズプレゼント」に当たった!
「コミックフラッパー リニューアル記念オリジナルグッズプレゼント」が今年の春頃の3号連続キャンペーンでありました。
雑誌を毎号きちんと買っているんだし、せっかくだからと期待薄で応募したのです。
すっかり忘れていた8月下旬の過日、届きましたよプレゼントが!

ミナ姫かわいいですねぇ。

忘れていたからこその期待以上のうれしさです。

コミックフラッパー プレゼント ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド時計1

コミックフラッパー プレゼント ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド時計2

でも実はその頃ちょうど連載が終了していた「アトリ抄」のグッズがなかったから悲しかったので敢えて忘れていたというほうが正しいのかも

いや、そんなことはない! なんと言ってもこの大きさ、各辺15cmという大きさは正直期待以上に大きかったし、プレゼントで当たったグッズは市販のグッズと違ってなにか輝いてみえますもの!

「クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング」フィオの正体が判明、でも本人自覚なし
「クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング」です。
小説買ってからなぜか読む気分になれずに放っておいたのですが、ついに読むと決意。読み出すとあっと言う間で、読み止めるのがつらいくらい先が気になってしまうのに、なぜ最初の読み始めるとっかかりがきついのでしょうね?

さて、今回のメインゲストはエルフのアレインさん、ゲームブックの方が出たばっかりだというのに、小説で思いっきり暴れて(?)います。でも、ゲームブックから受けた印象と違いはありません、堅い性格からくるノワへの建前と本音の板挟みが痛いほど伝わってきました。それとフィオの治療行為のそれ、結局彼女はフィオに気があるとも思えないので純粋に恥ずかしかったんだろうなぁ。
フィオはだいたい想像通りの正体でしたが、エルフの長老が語るのみで本人がまだ覚醒したわけではないようです。レイナを助けた一瞬にちらと覚醒があったようですけど、いや封印が解かれたと本人が言っているから、まだ封印が解かれていないといったところでしょうか。
しっかし、レイナはフィオのつがい? でも覚醒したときにはレイナを主と言っていたし、ユニコーンってどういった夫婦(?)形態なのでしょうねぇ。

今巻ではフィオががんばったというかアレインさんががんばったというかですが、どうもフィオの治療にはまだかかりますから次巻以降ではレイナがあの治療を施すことになるのですね・・・。恥じらいはあったものの、アレインさんは割り切っていたけれども、レイナはどうでしょうねぇ。結局フィオが意識を失わないことにはしないでしょうけどってこれはアレインさんも一緒か。

あ、レイナも主役ですからがんばっていますと補足、なんたってフロストドラゴンとの一戦はすごかった、でもソード・オブ・ユニコーンからまとうあの鎧はなんだかいただけない メローナ七変化でのエリナに化けたメローナへ笑いながらの脳天一撃って姉妹仲を感じさせますねぇ。

クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング (HJ文庫 お 3-1-5)
クイーンズブレイド カース・オブ・デビルリング



「ATOK」体験版を体験中
「ATOK定額制サービス」も9月から始まりますので、このところのIMEに不満があった私は、せこくひと月無償な「ATOK体験版」をダウンロードして、様子をうかがっています・・・いや、もう9月から定額制を始めることはきめていましたけど

いやはや、変換が安定していていいですね。IMEはなぜか直前に変換したものが次の候補に回ってしまうということが多く、いらいらしっぱなしでしたが、ATOKにしてからはそれはないです。
ほかにも携帯で使用していて便利だったこれまでの変換内容から単語じゃなくってもっと長い文面を一括して入力できる機能は、まだ入力内容が少ないのか、それともキーボード打つ方が早いからか、活用できていない。いやもう少し手になじむようにショートカットの整理をしていないからでしょうか。

ATOK.com - 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト

とりあえず日本語変換の問題はクリア、ただ、変換以前にキーボードの問題が もうこのGatewayのキーボード、高さが合わないのか、中央部のキーの入力圧がこれまでよりも必要なのか、打鍵したのに入力が認識されていない。むー、「N」とか「B」とかがどうにもうまく入らないことが多い。
次はキーボードを換える算段です。

「PMP」有効期間がちょっと長くなりました
この8月下旬からPMPの有効期限が取得日からの3年間ということになりました。
早速ログインしてチェックしてみると、確かに私の取得した日から3年、いや今回は移行期間ということで4年が有効期間となっていました。
私は10月の頭に取得していたので実質10ヶ月期間が延長したので結構嬉しいです。
なんたってPDU集めるのも大変だし、更新料もかかりますからね。

PMI東京支部のPMP資格に関するFAQ

「REVIVE!」4巻、終わりました
「REVIVE!」4巻、連載での最終回に遅れること1日、最終4巻の発売です。

当然、最終回まで入っております。おまけページも今度もありましたが、この作品についてのそれではなく、3DポリゴンCGの話題です。
結局のところ、なんだったのか。やっぱりサラリーマンをリストラされても戻るべきはサラリーマンだったところが、悲哀ですね。というか今はそれ(正社員)こそもなかなか戻れないでしょうから、ある意味理想的すぎる終わり方。こんなでもなぜか夢物語に見えるから、それこそそういう感想を抱く自分に涙します

REVIVE! (4)

なお、表紙にある文言の、「その時妻は・・・?」って、別にあおっただけでなにもなかったなぁ。あの女医さんのこととか、もっといろいろ展開が予感していたのに、ねぇ。

この作品は、もう読み返さないだろうから・・・ドナドナかな。

「もっけ」8巻、静流と瑞生が離れていてもつながっていてちょっと嬉しかった
「もっけ」8巻、です。
家族と離れて生活している静流の方はなかなか人間関係が難しいことになっています。でも、それは家族と一緒な瑞生も一緒ですね。
とはいえ、二人の性格のせいか、全然その雰囲気が違う。
静流は重く重く深く深くというますますこれはきついでしょ? って悩み方ですが、瑞生はどんどん行動起こして結果静流よりもやばい展開が多いのですが、その行動になぜか妙な安心感がある。
かつてはこんなことも?的におじいさんの持たせたお札とかが出てくるのですけど、ここのところおじいさんの行動がそれなりにゆっくり、ぎりぎりで登場で結果、瑞生の頭ごちんで終わり。
瑞生が頼もしくなってきたところで、静流の方にもなんと救いの手。結果的にだけど

いやあでも瑞生にも弟分ができたことが彼女のお姉さん的な頼もしさを作ったのでしょうけど、静流にまでどっちが姉がわからないなんて言わせるまでの成長とは・・・。もうすっかり水着やお風呂やパンツやらと、ヒロインですよ いや・・・もっと静流をヒロインっぽくしてください。

静流は見鬼という性質があってそっちばかり見てしまうからでしょう、人の持つ心の内面を見抜くのがむつかしいのでしょうねぇ、このところの重い展開もそのための訓練なんだと信じて、そろそろ楽しい話にならないものでしょうか。
瑞生は、非常に元気ですね。でもそれほどこっちも愉快は話でもないからこの巻は重かった。いやこのところ重いばかりなので巻末の豆もっけの三毛さんの話、それとなんと言っても久々の静流の水着なイラストが、久々の息抜きでした。
・・・ああ、ここの感想そのままそのラストのイラストの瑞生と静流の会話で現わされていた

もっけ(勿怪) 8 (8) (アフタヌーンKC)
もっけ(勿怪) 8


「ちぇんじ123」ようやく買ったのです
「ちぇんじ123」、これを知ったのが巻数が5巻くらいの時期だったので買わずにいました。
漫画喫茶で読むかと思いつつもなかなかないものです。地元の漫画喫茶にはリクエストは何度も出しものの、どうにも入らない・・・
というわけで買った。日野さんの「お祭りだからウサギを・・・」の展開を読んで買うことを決心したのですけど

でも、いつものごとく買ったら終わりが見えてくるようで嫌なのですけど。しかも後書きではラストストーリーのネタが決まったようなことが書かれていますねぇ。

いや、いいんだ、格闘がそれなりにしっかり気持ちよく格好良く描かれているけれども、戦いに明け暮れてしまう展開になっていない作品が好きなんですよ、はい。でもここのところ、ハードだ。

格闘以外ではやっぱり素子さんとひびきとでの三角関係って最後にキーになるのか気になるところです。もっとひびき出てこないものかと思うのです。

ちぇんじ123 1

「コミックリュウ」2008年10月号、REVIVE!最終回、もっとREVIVEしてほしかった
「コミックリュウ」2008年10月号です。
昨日買えなかったので今日は違う本屋さんまで足を伸ばして購入です・・・でも今日発売のリュウコミックスが入っていなかった・・・うーん、それらは週末か。
「大正野球娘。」の表紙でスタートです。アニメ化も決まったので・・・いや、もともと決まっていたメディアミックスでしょうか? なんにせよ、人気出てリュウを盛り上げてほしいです。

「ひなぎく純真女学園」、うーむ、予想通りでしたが、壮大な樫宮さんの夢でした。オチもべたーっな感じでよかったよかった。でも久々に見てみたこっちの木成さん、なんか妙に色っぽいような。樫宮さんはどきどきしすぎですけど

「ゆるユルにゃー!!」、ラテさんは今回登場せず、このところ季節ごとに登場のヨークのみに見える季節の精霊ナーが登場。なお、私も頭にスイカの人かと最初思った
でもってここにきて急に、こんな暑い季節だというのにヨークのホームシック発病です。考えてみれば長々と独りでがんばったなぁ。故郷に帰る物語が始まるのか、それともあっさりトンネル抜けてたどり着くのか

「うちゅんちゅ!」、あーちゃんも幼稚園で受けた仕打ちはひどかった・・・というお話。
いつもは威嚇動作もかわいいあーちゃんでしたが、今回は必死すぎてきつかったです。それにしても先生、見た目からしてなにかちょっと怖目でした・・・なにか視線が遠くを見ているようでしたが、やはり怖い人でした
こんな先生だとトラウマを抱えて卒園する子供が多そうだ

「フルイドラット」、ネズミ系アイドルのアルミさんを狙うパパラッチの妄想扉の一枚絵が、エッチでした。
・・・に尽きます
とはいえ、アルミさんとミズキさんって全然知り合いでもないんですねぇ・・・これはその謎の組織がそれほどまでに大きいのか、全く別の組織が絡んでいたり、それともこのネズミヒロインな人種というものが存在するのか。
でもやっぱり「チュウ」で会話が成立する人々なのですねぇ、すごいしかわいいわ。

「REVIVE!」悪い予想的中! ということで最終回。結局最初の頃のなんか失脚からの華麗な転身物語? な展開はなく、じみーに最終回。オークションでの一攫千金一発逆転という展開にもならず、いつもの五十嵐さん作品でしたからある意味ほっとしましたが・・・やっぱ結局サラリーマンか・・・。
最終巻ももう発売されているはずですけど・・・そっちにはなにかおまけがあるのかなぁ。あってほしい。

「瀬戸内海の西の方のちょっと信じられないすごい話」、「青空にとおく酒浸り」真夏のスペシャル、です。
MMは全然関係なく、一応フィクションということで生々しすぎるヤな話を4編。これ、単行本になった時に入るのでしょうか?

「ねこむすめ道草日記」、狛犬姉弟、あの獅子なカール髪はやはり人間化すると、いい感じにカールしていますね。妖怪系でも人系でもなく、妙に可憐でお祭り背景にしても、浮いている でも擬人化はこれで正解だと思う。勝ち気な姉と内気な弟っていう典型もよかった。そしてなにより神主さんが恐ろしいまでに強い(?)のがよかった。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2008年 10月号 [雑誌]月刊 COMIC (コミック) リュウ 2008年 10月号

「コミックリュウ」2008年10月号、いつも入っていたお店に・・・
「コミックリュウ」2008年10月号の発売日なので、本屋さんに行ってきましたが・・・ありませんでした。
夏休み効果で売り切れ? と好意的に考えておきたいけれども・・・いつも発売日に結構な数が平積みされていたことから考えると・・・入らなくなったのかも

結局今日は買えませんでした。

来月からはどうするべきか・・・ああそろそろ仕事先も出先から変わるから、まあいいか。さて、次はどこに行くのでしょうか、私。コミックリュウはこのまま方向性を変えてほしくないけれども・・・。

「かんなぎ」5巻、みゅうの驚愕の正体(?) なお、ナギは専門学校へ行くべきか!?
「かんなぎ」5巻です。
今度の合作ピンナップは「ひだまりスケッチ」の蒼木うめさんです。そっか、そう言えばかんなぎも美術部もの(?)だったな
妙に合っています。

さて、本編は前の巻に引き続き夏合宿編・・・いやみゅうみゅうとのアイドル対決編です。
やはみゅうみゅうも神様だったのですが、なんと分身霊ということでだいたい今回のゲストキャラがみんな同じ神様でした でも、的確にナギの問題点を追求してくる様、とっとと冷徹に問題解決する様、正に神様です。
おかげでナギの神としての正当性もなんとか証明もされました。
なお、みゅうみゅうは今回のゲストキャラのようですね、最後に本性も暴かれ(?)て、ざんげちゃんとの同族対決もしてしまいました。やることはやったのでいいか

さて、そのざんげちゃん誕生秘話が今巻のメインでしょうか。表紙でもあるし。
白亜の過去は予想外に凄絶でした、そこからの逃れでたまたまざんげちゃんに当たったようですが、この組み合わせはなかなかいいコンビですね、改めて感ずるに。
父親、そして友達との交流で、珍しくざんげちゃんがざんげちゃんらしくない態度・・・いや神様なんだしこれ当然? ざんげちゃんのツンデレは予想外ではまりそうです

さて、ナギはというとだらけています、ほんと専門学校の売り文句で入学しちゃうかと思いましたよ ただ秋葉くんとこでの同人誌作成から販売でのコスプレまでくるところははりきり過ぎていますが・・・。
しっかし美術部女性陣はみんな同人誌はBLを作らないといけないと信じて疑わないとこが、おいしすぎますねぇ。

ところで、同人誌、仁の「ある意味すげぇ」ってどんななの? 巻末のおまけでそれなりなそれを見たかった。でも黒塗りのそれなら勘弁してください。

かんなぎ (5) (REX COMICS)
かんなぎ (5)


かんなぎ(5)

「ツマヌダ格闘街」4巻、ドラエさんの強さは底知れません
「ツマヌダ格闘街」4巻です。
今巻では家族の事情に多くがさかれました。ミツルのとこの八重樫家、そしてクインシー&ジローの王家です。カバー外した本体表紙もその2家族の家族構成が書かれています。

まずは八重樫家、ここはラミィとは義理の妹ということもあってちょいいろいろあった家族です。そのラミィの実の親父さん、ミツルの義理の父ですが、もうこの相撲対決での親子の絆は十分確固たるものとなったでしょう。
でもって王家、父親が太極拳の達人なのですが疎まれてこっちに出てきてしまったということはこれまでのクインシーの弁でよくわかっていますが、その父親の強さがまだ見られませんでした。でも、ここで遂に見せていただけます。が、その前にジローの問題の解決が先です。試合で心臓を止めてしまうというアクシデント、このせいで彼が戦いに対しておびえを感じてしまいます。この解決方法にドラエさんのすごさを見せ付けられました。ジローを完膚なきまでにたたき伏せますし、ミツルもクインシーもそして新キャラ、ジローの双子の姉の雛子も含めての4対1でもわざと隙つくって自分の胸を打たせるようにリードします。底が知れませんねぇ。

また、今回の格闘技・・・じゃない身体の使い方の効率的な紹介は、早く走るコツです。このヒモで吊り下げられるという感覚、もっと早くに知っていたら私も早く疲れずの走れたに違いないなぁ。教え方がうまいですねぇ。しかも今回はドラエさんじゃなくミツルの講義でした。彼も地味に強くなっています。また、考えも大きく成長しています。ジローの一件でのミツルがたまらずジローに加勢する際、ドラエさんの嬉し涙が印象的でした。

ツマヌダ格闘街 4 (4) (ヤングキングコミックス)ツマヌダ格闘街 4

ツマヌダ格闘街(4)

「史上最強の弟子ケンイチ」30巻、カバー裏は特別大サービスですが、いつもサービスですよね
「史上最強の弟子ケンイチ」30巻、DオブDも終わってのいつもの日常が・・・訪れていません
ヨミからの刺客は転向してくるし、ケンイチは久々の裏社会化見学もありました。

でも、ケンイチも随分と成長したと感じられます。これまでの生死を分けるような凄惨な戦いの前のキモ座るまでのへたれ状態が少ない少ない。頼もしくなったものです。
でも、それでもまだまだ美羽さんの練習相手になったというレベルです。
ところで、なんでかキャラの年齢が微妙に若返っていませんか? 特に美羽さんやしぐれさんが。なんでしょうね、大体ちょっとずつ大人びてくるのが普通なのですが・・・あ、そうか彼女たちはもう極まっているからいくら経験を積もうとも、もう歳をとるという感覚がない?

なお、男性キャラは基本的に変わりません。でも他の師匠達もなにげに若返り・・・なわけないですね

男性と言えば、やはりヨミの弟子の中でもひときわ実直で微妙にケンイチと気が合いそうなイワノフくん。彼の先生=教官への忠実なさまは頭が下がります

史上最強の弟子ケンイチ 30

さて、毎度おなじみの初回限定らしい(初回しか買っていないもので)カバー裏のイラストです。女性陣の水着で大サービスなのですが、大体毎回そんなサービスイラストが多いと思うのですけど・・・は、そういやぜんぜん男(ネズミ除く)がいない! それか!

ま、それもありますがおまけのほうでも今回は作者の書き下ろし以外に、医龍の乃木坂さんの書き下ろし2P、これってもしかしてカラー原稿があるのでしょうか? おまけとは思えない気合の入ったビーチバレー対決(美羽&しぐれVS加藤&ミキ)です。美羽さんとしぐれさんの変わりようが、本編若返っている分、大人すぎてすごいです なお、おまけまんがは微エロ以外NGというきつい(?)しばりのため、ビーチバレーなのでした。

「侵略!イカ娘」2巻、ミニイカ娘、ほしいです!
「侵略!イカ娘」2巻です。
この巻でも順調にイカ娘は侵略を進めています、はい、作中ではなくって読者にですね!

さて、なかなか海の家に捕われたまま侵略できないイカ娘ですが、そもそも夏が終わったらどうするのか? とりあえず夜間だけでも海の家の侵略を果たしていた彼女でしたがTVが壊れて拠点化失敗?
でも、お金に対するピュアな感情や、日々の細かい所作が懐かしいような壊れてしまいそうななにかを感じさせます。実際凶悪な彼女なのですが、守ってあげたい感じを抱かざるを得ません。
ですからそんな彼女を「宇宙人」として篭絡しようとして登場の新キャラ、シンディー、千鶴以外の魅力的な大人の女性キャラの追加ですが、なんていうか敵と私は認識した 彼女が本気を出して部隊(?)などを投入することがありませんように。
でも、イカ娘大好きな早苗には負けますね、なんたって触手で縛り上げられてイカスミかけられて、至福な表情見せるんですもの

そして今巻のメインだと信じて疑わない、「ひと口サイズ!イカ娘」です。タイトルはなんかおいしそうなそれを思い起こさせるのですが、そうではなく、ミニイカ娘=手乗りイカ娘のお話です。ポイントは泳げない()こと、おなかがすくと「ゲソ! ゲソ!」と鳴くところ、そして寿命が脅威の150年!! 早苗じゃなくっても、「欲しい!」ですねぇ。

おまけ4コマからは千鶴に秘密は暴こうにも少年誌的にやばすぎるということ、やはりイカ娘と同じくらいなにか超人的なところがあるというところ、が気になった。
なお、早苗の芋虫、地蜘蛛、イカ娘、な流れも紹介されました。・・・ああ、私も芋虫や地蜘蛛に対して早苗と同じ思いを持ったものです つまり私が今このイカ娘を好きなのも、やはり同じ穴のムジナ?

侵略!イカ娘 2

侵略!イカ娘(2)

なお、作者のあとがきによると、とりあえずひたすら「夏」が続く予定のようです。
ただ、海の家をやっている相沢家の夏場以外の仕事も気になります、ついでに悟郎もシーズンオフはなにをしているのでしょうか? ネタ尽きてきたら無理せず季節を進めてくださいね! 雪遊びするイカ娘やら、登山するイカ娘やら、いろいろ見てみたいのです。

朝倉さんのバニーガールフィギュア、ほしいのですが
フリーイングのでっかいハルヒキャラのバニーフィギュア、朝倉さんのは久々に大きさにめげず(置く場所が)、ほしいのですよ。
早速Amazonでの画像をおっきく見ましょう。
涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーver. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーver. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーver. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーver. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーver.


あれ、案外大きくない画像だ・・・ここ
ホビーサーチ|朝倉涼子 バニーVer. (フィギュア) FREEing 涼宮ハルヒの憂鬱
ならもっと大きい画像があった。

・・・ただ、現状、というかまあ予約が開始した7月下旬の段階で出遅れです。夏休みはつらいなぁ・・・。

高くてもいいなら予約できなくもないようです。というわけでホビーサーチさんとこで予約するかなぁ・・・。

「日常」3巻、なのとはかせがかわいいです。
「日常」3巻、日常を描いていますがどう見ても非日常的な出来事が続いたまま3巻です。いやー、これが日常なんだから仕方ないなと気がつきました。
私はこの中でもっとも非日常な彼女、なの、そしてはかせのコンビが大好きです。最近は喋る猫の坂本も入って、まさに非日常な毎日です。
こんな日常でのはかせの子供あ対応がなのを窮地に追いやりますが、そこが魅力ですね。なののけなげさが、涙を誘います。

今巻ではなのとはかせ以外では、みおとゆっこの対決がおもしろかったけど。しつこかった・・・いやこれはほめ言葉。とにかくこの二人の粘着質な対決は最終的に丸く収まって、このしつこさもそれまでの彼女たちの流儀なんだなぁと思うことしきりです。

日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)日常 (3)

「KIRIN NUDA ピンクグレープフルーツ&トニック」、ピンクグレープフルーツの甘さが効いていました
「KIRIN NUDA」にピンクグレープフルーツ&トニック味が新発売です。
グレープフルーツ味自体はこれまでにもグレープフルーツ&ホップ味として出ています、私も日々仕事場の自販機にあるので飲みまくってお気に入りです。
これとの違いはやはり甘さなところ、苦味がグレープフルーツ&ホップと違って薄めですが、当然その分甘みが強い!
そう、カロリーゼロなんて思えないほどに甘いのです。いや、ピンクグレープフルーツの香りがいい具合に甘いからでしょう、自販機にも入ってくれないかなぁ。

キリンビバレッジ | NUDA

キリン NUDA ヌューダ ピンクグレープフルーツ&トニック 500mlPET 24本入

「コミックフラッパー」2008年9月号、チコが多すぎますって
「コミックフラッパー」2008年9月号です。
表紙は「二十面相の娘うつしよの夜」のチコ。連載の今回のお話を読んでからみなおすと、思うところあり?

「BRAVE10」、忍には毒なんてたいしたことない、いやさ覚悟の差ですか。久々にぬるくない戦いでした。こんな展開が続いたら続いたで、いやになるというのにね。ここのところのぬるい展開でなまり気味だったみんなに渇が入ったところで、忍以外は気楽に寝ていたのでしたか・・・これまた彼らの力量がわかるというものです。

「二十面相の娘うつしよの夜」、チコがみんなとそれぞれに応じた一番喜ばれる顔をして相手している。なんて恐ろしい子供なんでしょう・・・という始まり方でしたが。実は偽者オンパレードでした
でも、もうやっぱり今のチコだと十分それくらい演じられるんでしょうね、余裕の様が違います。

「クリスティ・ハイテンション」、ノーラさんも到着、そしてホームズさんもようやく表舞台に登場。コマがそろって一気に事件の真相と解決にむけて進んでいきそうです。なかなかおいしいところでノーラ登場ですが、やはり作者の新谷さんもこの後の小原さんとの対談でノーラがお気に入りって発言です。もっと活躍してほしいけど、やっぱかなり深刻な過去があるキャラなんですよねぇ。

「スコペロ」、遂にこの作品のキモ(?)らしい感じのする無重力球技が開始です。
綿密なSF考証のもと書かれているので、いわゆる気楽に無重力を飛びまわれるわけでもなく、物理法則にのっとって、早い話が文平先生の受難はまだ続くということです
そしてヒロインのサキ、彼女の思惑がよくわかりません。いや普通に親切な人ってだけだけど、周りの他の生徒との微妙な距離もあって先生へのアドバイスもうまく通じていないだけか?
むう、今回もこのスポーツ解説が主だったので、もっと全般的にここでの普通の生活を紹介してほしいとか思うのです。

「ふたつのスピカ」、おめでとう! 遂に最終学年へと進むことになったアスミです。彼女のこれからも気になりますが、他のクラスメイトのみんなも、どうなっていくのか。まさか退学というわけではないでしょうけど、他のコースに移れるかというと、特化した授業だったから移りづらいようにも思えます。
ただ、近江さんの言うように、みんなクラスメイトはアスミが選ばれても悔しいとか思わなかったんでしょうね。これだけ一緒にいっつも居たみんなだから、やっぱりアスミが選ばれるべきだと思うのでしょうし。
なにはともあれ、遂にアスミは宇宙に行けるところにたどり着いたのです。

「数学ガール」、振動は円運動を投影したものですね。これは今回の展開のように1次から2次へと持っていくという発想を知ったときに、「おおう!」と非常に納得いって気持ちがすっきりした記憶があります。
だからでしょう、最後に自然とミルカさんの手を取ってしまった気持ち、行動、わかります。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、平穏な日常が戻ってきました。
あの牙なしの子供たちも学校に通学ですが、あれ? 私は失礼にももっと年上かと思っていましたよ・・・
ただ一番上のアンナでもアキラたちと同学年か・・・。
ただ、姫さまと由紀の関係が・・・由紀が一方的に怒っています。まあ原因はこれまでの本編+単行本でのおまけ4コマなどから想像つきますよね? そう、ばれてしまったのです、あのヴァンパイアメイドさんたちによって、よりにもよって本人にファンメールを送りつけるという行為によって。
さらに姫さまによって各国語に翻訳されているということもわかるはアキラにも読まれているはで、もう由紀の真っ赤になるところがかわいいのですが・・・まあご立腹だわ。
姫の釈明とアキラのアルバムで由紀は落ち着きますが、ここで今度はアキラの女装写真の登場・・・ 魔よけでのそれですけど、ねえ、案の定スイッチが入りましたよ、マエストロの
やっぱり姫と由紀のコンビは無限の可能性がありますよ、今後の作品に期待です!

「あねとむち」、やっぱり人気あったんですね、遂にページが増えました。これで凝ったストーリー展開も期待できま・・・いやいつもどおりです。いやいやこれはこれでいいのです、姉の鞭のうねりもいい具合ですが、彼女の1万円への思いが・・・すごい。
ただ、強がりで鞭振り回したことを見破っての飴、なかなかいい表情ですね。

「ランダムフライ」遂に四方堂くんを相棒そしたようですが、なんでしょうこのピンチ。結局は大自然の猛威よりも、人の家の中のほうが危険に満ちているのです。ブレーンとしての彼がいることで彼女のテレポート体質を有効に活用できるのでこの危機も乗り切ってください。あ、次回最終回って、おもしろくなってきたところなのに

「70億の針」友っていいですね、でもまさかの友達からの助け舟が足を引っ張られるという展開になるとは。うん、こりゃあヒカルの決断も、これまでならそんなこともなかってでしょうけど、今となってはうなずけます。

コミックフラッパー公式サイト「FLAPPER.com」

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 09月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 09月号


「王様の仕立て屋」19巻、やっぱユーリアが出てくるとほっとします
「王様の仕立て屋」19巻、このところの大きな展開もひと段落です。
この巻では久々に短く完結する型のお話が6本です。
長い展開になってくると妙に織部が活躍できない、もう最強すぎるからいろいろと技を禁じられてしまって動きづらいことこの上ないです。
が、短編だと展開速い分、いろいろな制約もすいっとクリアしてくれるのでこの作品のエッセンス、服作ってなんか悟って問題解決、がわかりやすい。当然、織部の活躍も多いし、キャラが錯綜して関係をいろいろ考えなくてもいいしね

そう、いつの間にやら大所帯なキャラが複雑に絡んでいる世界なので、短編だとだいたい織部と服したてられるゲストキャラ以外にはこの準レギュラーなキャラからひとりか二人に絞られて登場、よりそのキャラの個性が際立ってきます。
今回ではやはりユーリアのピザ好きと、最近ちょっとぽっちゃりなのでダイエットに必死、という設定がおいしかったですね。
また、ヴィレッダ、服飾じゃないけど、物知り系なので密かに織部に次ぐ必殺仕事人じゃないかと目しているのですが、珍しく余裕じゃないていを示してしまいました。これもおもしろかった。

さて、次巻くらいからは遂にニューヨーク編でしょうか? ようやく現れたジラソーレのニューヨーク支店長、やはりこれまでの支店長同様、癖のあるキャラですけど、いいんだわその性格、早く彼女に逢いたい!

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 19 (19) (ジャンプコミックスデラックス)王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 19

「クイーンズブレイド」アルドラ様の水着壁紙が期間限定で公開されています
「クイーンズブレイド」、ラスボス的な強いキャラのアルドラ女王の壁紙が、期間限定でいつものように「きゃらズバッ!」で公開中です。
【きゃらズバッ!】真夏のスペシャル企画発動!豪華クイーンズブレイド描き下ろし壁紙を配信

さすがにアルドラ様です、水着になってもちゃんと左腕の封印はしております。

それにしても今は夏のイベント情報真っ盛りです。これが秋になってひと段落すると、そろそろ次のクイーンズゲイトあたりの情報が出てきてきれないものかと期待しております。

クイーンズゲイト公式ホームページ

「きららの仕事ワールドバトル」2巻、亀岡さんが遂に登場、でもやっぱジーニアスがいい具合に・・・
「きららの仕事ワールドバトル」2巻です。
ワールドスシバトル第2回へ向けて、日本代表を決める大会が開催されます。きららをはじめおなじみのキャラ達がもうほんと濃ゆーく登場しています。
「きららの仕事」から読んでいないとついていけません。

それにしても今巻は1巻で謎の失踪を遂げた亀岡さんが復活ですが、これはいったいどういったことなんでしょうか? 持ち逃げだ逐電だといわれていますが、これはやっぱり深い事情があるようです。彼は確かに「きららの仕事」ではきららのサポートをしつつも、きららの強さを調整するためか、ちょっとドジ系でしたが、ワールドバトルではかなり変わって、活躍できるポジションにいるんじゃないでしょうか?
きららのサポートについた匠は、きららに迫ろうという気概やよし、なのですが・・・今のところできすぎなので、案の定過去の因縁も出てきましたし、うーん、きららにはやはりピンチがつきものなのでしょうか?

とか見ていてもきららは妙に空回り気味にかっこいいジーニアスがいいのですよ、遂に遂に肉体改造までしてきました彼。・・・これまた因縁の坂巻さんとの対決も決まりましたが、この具合だとやっぱりかませ犬的なオチが待っているのか[E:sweat01]

きららの仕事-ワールドバトル 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)きららの仕事-ワールドバトル 2

北京オリンピックも近いのでTV番組雑誌を購入
まもなく北京オリンピックが始まりますね、今年はブルーレイレコーダもあるので、番組表を確認してしっかり綺麗に残そう!
というわけで、TV番組表を買ったのですが、新聞に最近番組表入りましたね、しかもそれの内容と雑誌のそれと大して変わらないという・・・

いいや、とにかくきっちり予約入れて録っておこう。オリンピック番組は大雑把に長めに録れるようにしておかないと危険です。急遽メダルに近づいて活躍する競技があると簡単に予定が覆されてしまいますら。
HDDってこういう時こそ活躍するのですが、同時に2番組録画しかできないので長くなるといろいろと普段録っている番組との兼ね合いもあって・・・て普段の番組も変更されているかなぁ。

見たい番組はトランポリン、体操、そしてイケクミさん

「ラーメン発見伝」22巻、武田さんの意外な神経戦
「ラーメン発見伝」22巻です。
ようやく本屋さんめぐって見つけました。最後の1冊(いや最初からこれ1冊?)でした。

やはり基本が対決の図式になっていると展開が速いしわかりやすい、それでいておもしろいし、おいしそう。
でも、妙に細かいところで藤本さんはマニアなので(?)、ラーメンを作る職人からは一目おかれています。
それなのに、勝負になったら勝てない、お店を持っていないというところが覚悟の差として現れているようです。

会社の上の人たちはトラブルあってもそれをたくましく商売ネタにしていきますが、こっちについても藤本さんは割り切れないでいる。彼の苦悩がよくわかります。やっぱり一番彼をわかっているのはライバルな芹沢さんでしょう、「早くこっちに来い」って前にも他の人からも言われているけれども、なにか裏ありそう?

ここでいつもいつもトラブル多かった豪快な武田さんが遂に対決の場に登場です。いかにもこういった対決にあっていそうなんですが、実はその風貌の裏での計算がかなり高い 盛り上げるために乱入してきて、勝負のラーメンは自分ではつくらないで藤本さん任せにするところとか一見適当そうに見えつつも、しっかり最初からの計算づくだったのです。
さらには対戦相手に精神戦しかけてひっかけようとしたりするくだりは、藤本さんはせこいとか小ずるいとか思っていますけど、そうじゃないと思いますね。これこそやっぱり人気店の店主なだけはありますよ、見直しました。
当然勝負にもその結果がありありと出ていますし。

ラーメン発見伝 22 (22) (ビッグコミックス)ラーメン発見伝 22

「チャイナさんの憂鬱」、今度のフィギュアはやっぱ青でしょう
「エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~」のフィギュアは限定版のメカチャイナさんは赤のチャイナドレスなのですが、私はやっぱり原作どおりにノーマルなチャイナさんの青チャイナドレスがいいな・・・と思ったので例のごとくでっかく見ますよ!

エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~
エクセレントモデルCORE Spirit of Wonder ~チャイナさんの憂鬱~


でもやっぱり、メカチャイナさんのほうが限定版ですので気になるので、見てみますけど・・・
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲 (ソル・インターナショナル流通限定版)
エクセレントモデルLIMITED Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲


色以外の違いは視線の方向くらい?

取り敢えず青のほうを予約して・・・赤は、しばらく検討だ!

「金魚屋古書店」7巻、各話がこの巻のラストエピソードで綺麗につながっていた
「金魚屋古書店」7巻、です。
毎回買っては読むまでなんとなく、ためらうのです。こういうようなマンガ読み体験なんてなかなかできないから、なんか臆してしまうからでしょうか?
でも、意を決して読み始めるとあっという間の数十分、読むのがなんだかんだと遅いのでそれなりにかかります[E:sweat01]

「古書市」話では、斯波さんと菜月さんの仲が非常に気になるいい展開でした。が、お稲荷さんの化身らしき少女が二人の特性を見抜いています。菜月さんってやっぱ商売人だったのですよ! だからと意って斯波さんの鈍感の責を彼女が負うこともないけど。
そうそう、この今巻ラストの「古書市」エピソードに向かって、それぞれのエピソードが絡んでいるのがよかったです、雪で気持ちよくつながっていました。
でも、雪降る中でのオカドメとあゆのシーンはよかったようななんか勢いのような・・・でもようやくこっちはうまく進んでいきそうです。ライバルはライバルとしてでしょうけど。

あと、妙に印象に残っていたものの再登場してこなかった村尾くん、天才の彼の天才たる余裕も美形なとこも全部、風邪ひきのせいでおもしろ展開に[E:sweat01] 不審者すぎますよそのマスク。

それにしても楳図ファンの方のつくった楳図屋敷はやばい、本来(?)の楳図屋敷はこうあるべきだということでしょうか?

金魚屋古書店 7 (7) (IKKI COMIX)
金魚屋古書店 7

「ソウルキャリバー4」、PS3版、我慢できずに買ってしまった
PS3版「ソウルキャリバー4」、買いました。
バグが怖いので様子を見ていましたが、なんかみんなネットで楽しそうな感想が多い
もうそういう購入者レヴュー読むのが耐えられないです! とっととお店に走って買ってしまいました。

でも怖いからまだ動かしてもいない、取り敢えず説明書を楽しみましょうか・・・って? あれ? コミックはないのですか!?

高遠るいさんのコミックが入るんじゃあ・・・?

仕方ないので「【ソウルキャリバーIV】マンガでわかるソウルキャリバーその2 - GameSpot Japan」を読んでおきましょう。
うーん、このコミック気合入っているのに・・・こうなるとこれらは攻略本とかに収録されるのでしょうか?

ソウルキャリバーIVソウルキャリバーIV
あー早くエイミが、ティラが使いたい・・・

で、やっぱゲーム内通貨ではなく、リアルなお金が必要なダウンロードコンテンツがあるのですか・・・ううう、キャラそのものではないものの、商売上手ですね・・・

「コミック発売スケジュール」、ちょいと503対応やら
「コミック発売スケジュール」、ここのところは別段なにも変更もしていなかったのですが、AWSでのコミック情報取得で最近503エラーが頻出です。1秒1回リクエストを守っているし、1日のリクエスト総数も10000以下だし。
これまでは503エラー出たら安全のために取得中止していたのですが、どうにもURL内容に問題があるわけでもなく、当然前のリクエストからの待ち時間が短すぎるわけでもないので、503エラーなら1秒待ってのリトライを仕込んでみました。
あっさり解決・・・取り敢えず503エラー出ないに越したことはないのですけど。

そうそう、地味に「コミック発売スケジュール」のレンタルサーバ、無料サーバだったので上にバナー広告が入っていたのですがこのたび課金して上のバナー広告なくしました。
ふふふ、これで趣味のサムネイル画像いっぱい画面(それなりも重いですので注意してください)も、さらにいっぱいだ!

コミック発売スケジュール
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。