情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ATOK」買おうか悩む
PCをVistaにしたのでMSIMEのユーザ辞書などを移行しないといけません。が、面倒なのでしていない。いや、しても大して変わりないし・・・
目下、ATOKを買うかどうか悩み中、ええ、PC98やらのFEP時代は松茸を使っていたりしたのですがATOKを使っていた時代はなし。他にもワープロ使っていたので文豪とか書院とか、どんどん変換システムいろいろ使っていたので、もうなんでもいいかと思っていたのですが・・・。

そう、Advanced/W-ZERO3[es]買ったらついてきたATOKをなにげに使ってみると、結構賢いのが気に入ったのです。
でも自宅でATOKにしても会社のPCはMSIMEだし、会社で使うほうでもなんとかならんのかと思うのですが、そっちは無理だろうなぁ。

自宅でATOKにするにしても初めてなのでアップグレード系になるAAA優待版は買えるような前提製品ないし、ダウンロードかパッケージ版でも買うかというところです。
でも、聞けば9月には月額課金モデルも発売開始とのこと、これが月々300円と年まとめで3200円とかなりお得。9月まで待つ?
まだふた月あるので体験版でひと月がんばっても残り空白のひと月をなしで暮らすのもなんだし・・・やっぱとっとと買うべきかなぁ。

ATOK定額制サービスについて|ATOK定額制サービス ATOK for Windows

ATOK 2008 for WindowsATOK 2008 for Windows
スポンサーサイト

「乱飛乱外」5巻、今度の姫は海賊王女(西洋風)
「乱飛乱外」5巻です。表紙が今巻から始まるエピソードのヒロインであるつなみ姫です。
なぜに西洋的な海賊帽をかぶっているのかは、気まぐれとか和洋折衷な世界観とかいう安直なものではなく、意外にも(?)しっかりしっとり彼女の過去に原因がありました。
どうもギャグ要素が強めな中、だいたい姫のエピソードにはどこか重いものがあります。今回はかなり最たる重さでした。

さて、姫、ということですので毎度の逆玉作戦で近づいた雷蔵ですけど、いきなりキスから始まっています。大人な姫な今回ですけど、いいわ。こういう姫もありですね。
かがりもいつもならいい展開になろうとすると足引っ張るようなことしていましたが、今回は大人。
こりゃあ雷蔵もしっかりしていないといけません。
なお、この巻ではこの海賊王女編は終わりませんが、覚悟の決め方が尋常じゃないつなみ姫なので、次巻の決着はきつい終わり方にならないことを祈ります。

乱飛乱外 5 (5) (シリウスコミックス)
乱飛乱外 5


海賊王女・・・この字面だけだと「怪物王女」のサブタイトルですね

「ソウルキャリバーⅣ」、コミックでの説明は健在です
「ソウルキャリバー4」、コミックにヨル操作説明やキャラクタークリエイションの解説が行われています。

CYNTHIA_THE_MISSION (8) (REX COMICS)CYNTHIA_THE_MISSION (8)
の高遠るいさんがカラー4Pを2本、「接触編」と「立志編」。紹介しているGameSpotさんの記事では「今回は」とありますしHPのタイトルからもわかるとおり、まだまだ発売までに出てくるのでしょう。
しっかし高遠さんとは、いいトコついてきていますねぇ。
このままヒルダとカサンドラのコンビでいきそうかなぁ。

さて、これは最終的にはどこに掲載されるものでしょうか? 3の時は説明書にこんな感じでコミックがありましたので、今回も説明書に入ってくるのでしょうか。ただ、2回3回とあるとなるとかなりのページ数ですが・・・は、もしやPS3版とXBOX360で入ってくるコミックが別、とか。

GameSpot 【ソウルキャリバーIV】マンガでわかるソウルキャリバーその1

ソウルキャリバーⅣ公式HP

ソウルキャリバーIVソウルキャリバーIV

ソウルキャリバーIVソウルキャリバーIV

でも、ここで高遠るいさんを起用ということは、まだ隠された高遠さんデザインのゲストキャラがいるのかもしれませんね、期待しよう。

「咲-Saki-」4巻、東横桃子さん、見つけた
「咲-Saki-」4巻です。カラーページも8Pとたくさんあります。表紙もそうですし、このカラーもそう、そして毎回の扉絵も大体そうですが、のどかな風景にキャラが居るという光景は和みます。いずれ画集でもないものですかね。

さてようやく、和の登場、彼女がのどっちの強さ、つまりネットでの強さをいつ発揮するかがポイントです。
特訓のかいもあり、ネットの調子が出てきたところで、卓を囲む4人のうちに妙に出てこない人が、現れてきました。

この巻では、鶴賀の東横桃子さん、彼女の試合開始後随分と経ってからの、ようやくの登場です。まあ鶴賀自体、他の高校と比べると影が薄かったのですが、その中でも飛び切り影の薄い彼女。登場シーンとかからまたなにか憑いている人かと思っていましたが薄すぎて透明になっているという、演出なのですね。この作品では麻雀は神がかって打つものですから、彼女もまた飛び切りの影の薄さをほこっていました。
こりゃあ彼女の薄さにリーチも気づけずに振り込みまくるかと思っていたのですが、のどっち覚醒の前には消えることかないませんでした。でも、それでものどっちと対等にやりあうわけだから、東横さん強い。
目立ちすぎていた透華も結局は脇役な今回の試合でしたねぇ。

咲 -Saki- 4 (ヤングガンガンコミックス)
咲 -Saki- 4


次巻はそしていよいよ咲の出番、そして神がかっているという点では最高の位置にいるのでしょう、衣との激突です。
巻末の番外編は衣エピソードでいい感じに彼女を盛り上げてきています、いい対決になりそうだ。

なお、カバー外して本体の表紙ではタコスの物語が続いているのです。「タコスもまた然り!!」なのですよ。

「クイーンズブレイド」第10弾、逢魔の女王アルドラと戦闘教官アレインの感想、これでシリーズも終了?
「クイーンズブレイド」第10弾、届きました。
いつものごとく、見ていきます。

「逢魔の女王アルドラ」、隠しテーマはキスという事前情報を得てしまっているので、そのイラストからキスくささを必死に探してしまいました ま、それはさておき、帯がついていますね、アニメ化、いやTVアニメ化です。いまどきOVAをしてくるかもという変な期待は裏切られました。
また、投げ込みの広告も多く、いつものキャラシートをなくしそうです。投げ込み広告以外にも「まるわかりBOOK」という豪華オールカラー8Pものクイーンズブレイドシリーズの遊び方やキャラ紹介が満載の非売品冊子が入っていました。これはいいですね、しかも2008年6月版と書いてありますね。ああこりゃあシリーズ再開もあるのかも。それともクイーンズゲイトがじゃんじゃん展開するのでしょうか。
はい、ではカバー外すと本体表紙は例のごとく2Pカラーです。シックに色合いは黒を基調としたものになっていますね、しかも後ろのデルモアの衣装が白基調となって、渋いです。表紙見返しはこれまでは闘技場イラストだったのが、ここでの予定(?)される惨劇なイラスト、そうアルドラの石化邪眼によって石像となりかけなクイーンズブレイドの戦士たちのイラストです。うわー、彼女強すぎだ。
はい、ようやくイラストな本編ですが、思ったよりもおとましい、これまでのように景気よく防具が破損はしていません。ただ、特殊な攻撃(ミニオン召還とか、くちづけとか、邪眼や秘剣やオーブ)、回復もキスだし、妙なダメージもある(股間に痛打・・・)、だからポーズがこれまでのシリーズとかかなり違っています。そこが売りでもあるのでしょう。また、君の後ろにいる、で剣に映る彼女の姿が真の姿なのでしょうか? 裸っぽいのでそうなんでしょう。
さて、戦い方としては、防具なしで体力点は15。身長が3と低いので、かなり不利に見えますが・・・。どうでしょう?
5点以上ダメージを敵に与えて石化邪眼が成功すると、敵は石化して戦闘終了、当然アルドラ勝利。ボディを負傷すると殺人技が使用できなくなるものの、石化邪眼は殺人技ではないというのも大きいし、体力回復も2点回復だ。
そして最後は裏表紙見返し、ここはおなじみ対戦前の会話集です。当然アルドラ絡みが多いものの、彼女はかなり病んでいます。なお、メローナは誰にでも変化できるのですよね? となると意味深な会話でしたが・・・。

クイーンズブレイド 逢魔の女王アルドラ
クイーンズブレイド 逢魔の女王アルドラ


「戦闘教官アレイン」、彼女もTVアニメ化の帯つきです、ちゃんと自キャラの帯になっています。投げ込みも同じです。
本体表紙の2Pカラーは緑が1Pだから2Pは当然(?)赤です。髪やマントは白っぽくなっています。ポーズや表情に違いはなかった、どうせなら彼女の場合はノワ用(?)の表情とかでもよかったのに。
表紙見返しは人物相関図、これで全キャラの相関関係がはっきり(?)したようです。ただ、これも一例という説明があって、自由に考えてもいいのです。うん。やっぱ沼地の魔女、シルエットはなかったのでキャラ造形はされていないのでしょうか。
さて、イラストは武器が杖とボーラという投げつけたり振り回したりする特殊な武器です。杖はさすがにノワの師匠ですから躍動感も増しています。はい、ここで気になるのは、ノワとの類似性ですね、特に武器じゃなくって 木の葉が張り付いて? いや木の葉で作ったのでしょうか? これは謎の下穿きでした。
あと、思った以上に表情がきつい、ノワを思って密かにでれっとする人なのできついばっかりです。やられ表情もなんというかそれほどやられている感がない。もっと大慌てという表情が見たかった。ま、凛としてかっこいいのもいいけれども。体力回復はチェリーを食べて回復ですが、さすがエルフだ。これも絵になるシーンですよ、ソーセージ喰うエリナと対戦させたい
さて、対戦するとして戦法は、やはりボーラかな、飛び道具としてもダメージ重視か命中重視か選択できるし。でも特殊行動な杖の上に立つ、これは一度は決めて余裕を見せたい。当然下段はよけられますが、上段攻撃には だけどそれだからこそ、私は狙ってしまうな。あと、受け流しつつ指導とか、ネタの多いキャラだな。
彼女もアルドラ同様防具なし、しかも体力点は12です。チェリー食べての回復も1点だし、華麗にかわしてついでに指導もしつつで、果たして勝ち進めるのでしょうか? あ、身長は4です、でもエルフだったら5にしてほしかった・・・そうなると。デザインがだいぶ変わっちゃうけど。
裏表紙見返しはこちらも対戦前会話集です。点数をさくっとつけていくところがいいですね、でも、ノワとの会話がひとつしかなかった、どうせなら半分くらいノワとのでれ会話集にしてもよかったのに・・・。

クイーンズブレイド 戦闘教官アレイン
クイーンズブレイド 戦闘教官アレイン


クイーンズブレイド公式HP

DELL 2407WFP、またしても故障したので交換
DELL 2407WFPのいうディスプレイのお話です。
昨年11月に電源が上がらなくなり、まだ保証期間内でしたのでサポートに連絡したところ、交換対応となりました。

その後、ぼちぼちとPSPつないで使っていたのですが、ここのところまた使わずにいました。
それが先だってのPC新調で、旧のPCからデータコピーや設定確認にと2台並べて動作させるために久々の起動・・・で、またも電源が上がりません
またもサポートに電話、ありがたいことにまた交換ということになりました。
電話して翌日の夕方には届きました。当然、動作していますが・・・、なんかまたしばらくしたら電源上がらなくなるのかなぁ?
なんだろう、使わなくてもコンセントにさしておくべきなのか、それとももっと毎日使用して通電させておくべきなのか? 謎だなぁ。

なお、結局旧のPCはお正月に買った三菱リアルにつないでみました。三菱のPC用ディスプレイは以前使っていたことがあるので安心してつないでみましたが、液晶テレビはやっぱり液晶テレビです。ちょっとPC用として使うには大きいからにじみが目立ったりして、使いづらかった。

Vistaのタスクスケジューラは、難しく変わったようです
PCをGateway FX7028jにしました。
OSもXPからVistaへ。
これまで自作のC#のプログラムも引越しでしたが、タスクスケジューラでネット接続して情報収集しているものだから・・・いろいろはまりました。

取りあえずは開発環境はVisualStudioExpressEditionのC#です。XP時代は2005でしたが、特に問題なく自動移行できました。
Exeを直接起動してみてちゃんと動作することを確認しています。
このプログラムは単純にネットでWebサービスのAPIをたたいて情報を得て、蓄えるようなものです。ログとか稼働状況見るのが好きなので、システム起動でスタートしますがログインすると画面が見られるというもの。
よって、現在入れているファイアウォールPC Tools Firewall Plusが最初のネット接続時に確認してきますが許可設定を覚えさせておきます。

これをXP時代はタスクスケジューラで起動していました。
Vistaでもあるのでそのまま設定しましたが・・・まず、いきなりタスクスケジューラの画面から起動するとエラー。画面すら表示せず、です。
おかしいななにか設定ミスったか・・・とチェックするとそもそも「デスクトップとの対話」がない。いや、実際はありました。セキュリティオプションの「ユーザがログオンしているときのみ実行する」これにしておかないと画面に表示してくれません。
ログオンしていなくても実行してほしいものの、これにしないと画面表示ないなら、仕方ない。設定。

さあこれでOKか? いえだめです。なぜかカレントディレクトリがsystem32です。「作業フォルダ」がないからだ! いやいや、これも実際はありました。操作の開始画面の「開始」がそれにあたりました。
ただ、これには後で気づいたので最初はPGMでフルパスを固定打ちに直してました。なにかこれっておかしいよと思いつつ。こうやってPGMを結構ちょこちょこ変更しているのが後で問題にもなります。
取りあえず、「開始」は名前は微妙すぎます。そこに作業フォルダでExeのフォルダを指定します。

ようやくこれで動きました。でも、タスクスケジューラの画面から起動についてだけです。実際にPC起動時に動くでしょうか。早速、再起動。
・・・はい、まだだめでした。ログインしても画面出てきていません。裏で動いているわけでもない。タスクスケジューラの画面からログを確認すると、有効なネットワークがなかったから停止したとのこと。
ううう、PC起動時にはまだネット接続が有効になっていないので自作のPGMでちゃんと起動してしばらく時間待って、そしてちゃんとネット接続できるか確認してだめなら何度かリトライするようにも組んでいるのに。
タスクスケジューラはPGMがネット接続することを接続すらしていなくても、どこかをチェックしてわかっているようです。まあC#で組んでいるんだから、MicrosoftのOSがわからないほうがおかしいか。
とにかくこれはまずいので、スタートアップをログイン時などに遅らせようかとトリガの設定画面を見ていると、詳細設定に「遅延時間を設定する」の項目がありました。ここに1分待ちと設定して、再度再起動です。
再起動後、ログインすると、遂に画面が見られました。ちゃんと起動しています。
ほっとしてお風呂に行ったのですが、上がってくると、とまっています。
そう、PGMでの待ち時間経過後、いよいよネット接続を開始する段で、ファイアウォールが「バイナリが変更されました」ということで接続の再許可を求めてきていたのでした。
最終的にこれを許可して再度再起動からの動作を確認で、なんとかうまく動いたようです。

ただ、しばらく様子見が必要ですね。でも、ファイアウォールも結構堅いようだとわかってある意味安心?

Vistaで動かないときはセキュリティの確認がうるさいくらいかと思って権限の昇格とかの勉強していたのですが、どうもそれ以外にもたくさん問題があったようです。
かなり、変わっているのですね。

なお、PGMの動作自体はやっとQuadCoreの実力を見たようです。劇的に速いです。よかった。

Gateway FX7028jを買いました、最初の感想
Gateway FX7028jを買ってしまいました。今年に入ってから液晶TVやらブルーレイを買ってこれまでのものから世代交代してきましたが、遂にPCも世代交代。

現在、最低限にセキュリティ関係やブラウザ、テキストエディタ関係などを入れて、この新PCで早速ブログを書いています。

経緯:
前のDELLのPC(Dimension 8250)もがんばってXPをSP3までにアップしましたが、いかんせんメモリが512Mしかない。これがなによりのネックで、重い、ブラウジングするだけでも重い。だけどメモリを買い足そうにもPC1066のRDRAM、メモリが高い。
よって買い替えたいと昨年くらいからチェックしていたのですが、OSがもうVistaが主流・・・XPで十分なんだけどなぁ。
そんななか、ちょっと気になるCPUはQuadCore以上、これが安く載っているPCでと探すとさすがにDELLもあるけれども、カスタマイズしていくとどんどんお高く
カスタマイズ方針としてはCPUはQuadCoreでメモリたっぷり、ビデオカードは3Dゲームするわけではないけどモニタ2台ができるもので両方DVI接続でと探していく。HDDやDVDなんてついていればいいという割り切りなのですが、うーん、基本的に一番高くなるところにばかりこだわっていますね。
なんかあきらめ気味で時間が値段を下げてくるのを待っていたら、このGateway FX7028jがなんか私の要望に合っていますよ、お店でじっくり眺めて決めました。
DELLの前はGateway2000だったのですが使っている途中にGatewayになったり日本撤退したりしたので、なんか思うところありますが、このお得感には逆らえませんでした。

カスタマイズ:
もう今のGatewayはBTOじゃないので、お店で買う際にバルクのメモリを1G×2枚買い、差し替えです。512M2枚をさくっと抜いて。これで4G、ただ、VistaはSP1でも3.3Gくらいしか認識しないけど・・・いいです。メモリ5000円くらいだったし。メモリ多くしてカスタマイズ気分というか将来どうせきっとメモリ足りなくなるんだろうし・・・運がよければSP上がってメモリ認識してくれるとか、RAMDISKみたいな使い方とかできる素敵なツールが出てくるかも、と

導入ソフト:
遂にセキュリティ系をフリーにしてみました。avast!と、PC Tools Firewall Plusです。入れたばっかりですが、avast!導入後の再起動で応答しなくなったから強制電源断! とかやっています。その後取りあえず通常起動したのでそのまま使っています。
ブラウザはSleipnirのまま、DELLPCでの設定ファイルを持ってきましたが、場所変わりましたねぇ。Vistaなんて父のPC買ってちょっと設定で触った程度なのでそこらの流儀がまだわかりません。お気に入りを適当に追加してファイル名検索して置かれた位置を見つけて、コピーしました。これでブラウザは完了、跡でFirefoxも入れてはおく予定だけど。
後はテキストエディタはApsalyとTeraPad。これもVista用ということもなくコピーして完了。
Office系はこれまでPC買うたびにPersonalを買っていたけれど、たまにExcel使う程度だったので今回は買わなかった。替わりにOpenOffice.orgです。
その他、開発屋な人なのでVisual Studio 2008 Express Edition、C#とWeb Developer、一緒にSQL Serverは2005で。VBは最近使っていないので入れなかった。
圧縮解凍ツールはこれまでNoahだったのですが、Vista版ないようですのでLhaplusにしとこ。
それにしてもVista、導入プログラム起動するたびに確認させられるし、Program Filesにコピーするだけでも確認あり。ネットワーク先のPCからコピーできなかったりと、セキュリティが堅いというより、うるさい。ちょっとだけ安心感あるけれども、どうなんだろう? 慣れてしまうとダイアログ上がってもとにかくOKしてしまいそうです

ネットワーク:
はーい、このマシンの問題点として大きそうなのがギガネットじゃないことですね、100Mbpsしか出ません。旧のDELLPCからデータコピーしていますが、時間かかりますね。
インターネットにつなぐ分には問題なし、光も100Mbpsだし、そもそもセキュリティソフトがもっと絞り込んでくるんでしょうし。

フォント:
Vistaになって嬉しいのはフォント。メイリオが使えるのもいいけれども、標準のMSゴシックもなにげに読みやすくなっている。とは言え、テキストエディタやVisual Studioはなにかもっと探してみるつもり。これまで使っていた某フリー版フォントがなぜかVistaではちょっと微妙だし。フリー版じゃなく、買うべきなのか。

パフォーマンス:
これは単に起動だけでいうなら電源ONから使えるようになるまでは早いけれども、劇的に早いとも言えない。ブラウジングがきびきびしているかというと、それなりにというところ。思っていたQuadCore幻想よりもかなり重い
後は自作のPGMとか走らせてどうなのか、これはまだツールが入っただけでそこまでは試していない。
でも、ちぇんとスレッドプログラミング組んでいるから、ある程度は速さを実感できるんじゃないかと、またも妄想中。

GatewayR FX7028j公式HP

Gateway デスクトップパソコン Model FX7028j FX7028JGateway デスクトップパソコン Model FX7028j FX7028J


「ヴィンランド・サガ」6巻、クヌート王子がいいトコ持っていった
「ヴィンランド・サガ」6巻です。
前巻終わりからのトルフィンとトルケルの一騎打ちが延々と続きます。
トルフィンも強くなったけど、やっぱり親父さんはもっともっとだったことがわかるトルケルの大サービスな昔話の方がおもしろかった。異常な強さを誇るトルケルよりも強かったトールズのエピソード。そしてトールズの見ていた先を見たがるトルケルがまだ子供なトルフィンに失望するのがよくわかりました。

ただ、ようやく彼らの流儀というか生死に関するところがわかってきたところで、遂にまさかのクルート王子の覚醒です。
おかげで、トルフィンのガキなところがますます目だってしょうがないけれども、主役はトルフィンだからそんな簡単に成長されてもおもしろくない・・・か。
なんにせよ、人の上に立つオーラをまとったクヌート、そして瞳がトールズのそれと同様になったクヌートに、トルフィンがどうつきあっていくかが次巻での見所でしょうか。

ヴィンランド・サガ 6 (6) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 6

「コミックリュウ」2008年08月号、「女鹿の学校」はある意味よかった
「コミックリュウ」2008年08月号です。
今回は第3回の龍神賞の発表でした。うーーん、銅賞のみでしたがその中での「女鹿の学校」、すごいの載せましたね。いやでもリュウだからこそなのか、よかったと思いましたが、重かった。奥川気化さんの次回作への期待は高いです。

「ひなぎく純真女学園」、樫宮さんの夢続く(?)今回も江戸時代篇です。
時代だけは変わってもキャラの性格付けとかはほぼ同じだったのですが、肝心の木成さんがちょっと違う。樫宮さんへのいつものちょっと冷たげというか、なんか意地悪っぽいところがないのです。この点に樫宮さんも気づきました。・・・彼女の夢のはずだけど? というところでまたも来月へ・・・

「フルイドラット」、ネズミ系ヒロインなミズキさん、彼女のことはやはり世間では胡散臭いものとして扱われています。主人公は彼女のためなのか、自分のためなのか、世間に知らしめるべく活動を始めました。やっぱり自分自身のためのようです。これがいずれは段々とミズキさんよりの考えに変わっていく過程が描かれるのでしょうか。
とりあえずミズキさんのネズミ化したところはかわいいですね、言葉が通じないので筆談するところもいい!
でも考えてみれば彼女はネズミになれるけど、それ以外の特殊能力がないようです。これって、今後ドタバタしだしてくると一気に生死の危機じゃあないのかなぁ。

「ゆるユルにゃー!!」、新キャラのラテさん、今回もまたも登場です。すっかりヨークに気に入られたようです。
ただ、人がたくさんくることがピンチな彼女ですけど。しかもこれって性格とかいうんじゃなくってそういう一族だからこその性格のようです。こりゃあ今後もずっとラテさんの性格はこのままっぽい。
さて、今回わかったこの世界のおきて? というか眼鏡のこと。確かにそんなネコミミな人は眼鏡をどうやって安定させているのかという疑問への回答。はい、単純に鼻眼鏡だったのですけど。

「青空にとおく酒浸り」、ひろりんの衝撃の素顔が今回明かされました! いやー美人でした。なぜあーいうメイクになってしまうのかが、疑問だ・・・ 小朝親父とも対等に渡り合う(?)あの態度もさすがです。やはりシノさんの周りはすごい人だらけだ。
で、ひろりんをモデルにMMのケイソンさんの性格が決められているとかいう展開から久々のMM話、小朝のMMのジンさんの性格付けの話題が思わぬ方向に。
ううう、そんな内緒話にしてシノさん泣かせるだけなのはやめて欲しいなぁ。それともこれってこれからのストーリーの方向性に意味あることなんでしょうか?
そういう作品じゃないと思っていただけに、びっくりしつつも期待しています。

「うちゅんちゅ!」、きいとロッコもご近所さんになり、なにより宇宙人の謎を探ろうとしていた記者もお父さん(?)として、なじんでいます。いや、世間の垢にまみれています なお、総理もなじみすぎています。
さて、あーちゃんはボタンを押すことに興味を覚えています。こりゃあ危険状態ですねぇ、なんせ飛べますからどこにあっても押せる。ただ、ここでの男のボタン愛(?)が熱く語られてお父さんから総理までみんな熱かった。今回の主役は彼らだった。

「ネム×ダン」、読みきり作品でしたが、続きが読みたいとの思いがありました。復活です。
問題ありありの宇宙刑事と身体を共生しているネムが、宇宙犯罪者逮捕のために、なぜか必ず憧れの先輩の前で恥ずかしい目に遭う羽目になる、というお約束の展開。でも、このお約束がテンポよく展開されていってあっという間の32P。
地味に先輩が味のよい動きをします。変人とも言うかもしれないけど
今回は<グリース人>篇、とありますので、また読みきりで奇妙な犯罪宇宙人を成敗することでしょう。
次回の登場を待っています。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2008年 08月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2008年 08月号


「コイネコ」5巻、遂にワカバが未知の世界に
「コイネコ」5巻です。
ワカバにナオの秘密が知られたことから始まる物語でした。この秘密をいつものようにうまい具合にごまかすことができるのかどうかが前半の山場。
果たしてどうなったのか・・・まあ結局はこういうところは男ではうまくいかない、という少年誌の王道ですね ナオに頑張ってもらいましょう。

さて、そのワカバ篇もそれなりに落ち着いたらまたも新キャラ、例の如く人になれるネコなのですが・・・それがなぜか人間嫌い、その理由や結末はいかに?

でしたが、そこからこれまでものほほんと人やっていましたミイコの問題が発生します。
彼女達(ワカバの過去には彼、も出てきていますけど)、人になれるネコがなぜ人になれるかのテーマがこれほどまでも重かったのを知り、いい作品だと嬉しくなりました。

さて、ミイコの物語は引きづったまま次巻です。それにしてもワカバの過去のネコはやはりミカヅキなんでしょうか?
あ、ミカヅキと言えばこの巻ではボスの座とナオに奪われたりと散々です やっぱ彼でないとかわいそすぎる。

コイネコ 5 (5) (サンデーGXコミックス)
コイネコ 5


さて、今回はナオの背表紙のセリフは「フム」でした。カバー外した本体表紙は尻尾でぴたーんぴたーんでしたが、これがなにを意味するのか、なにかも求めているようですが、あんまり深く考えなくてもいっか。

「クイーンズブレイド」まさかのアニメ化・・・
「クイーンズブレイド」公式HPをご覧になりましたか!

アニメ化なんて、思ってもいなかった。・・・うーん、今はTV局がBSもあって多いから(?)、一応はTVアニメ化なんでしょうけど、まさかのOVAとかだったらクイーンズブレイドらしい一昔感がありますが・・・それは、こっちも大変なのでBSあたりで緩くやってほしいものです。

でも独立UHF系なんてなると私のとこじゃほぼ視聴が不可能になるのですよ、はい。
観られますように。

クイーンズブレイド公式HPアニメ化決定告知

「ジャジャ」10巻、大台記念?のイタ車違い
「ジャジャ」10巻です。
ミヤギくんとレナさんの微妙に進展しない関係もそこそこ進んできました(?)
でも、そこはそれ、油揚げな二人ですのでカナさんばっかり胃を痛めています

バイクの話がちゃんと中心にあるけれども、うまい具合に人間関係が熱いです。今巻ではそれのバランスがとってもよかったです。
特にヒロコというカナさんと因縁深いキャラが登場し、彼女の濃い、いかにもな悪役がよかったです。ただ、そこはそれ、もっと悪党(?)な青田もいますしね。ヒロコに対して漠然と感じていたイヤな感情もカナさんとの過去が明かされて一気に爆発・・・したのはミヤギくんでしたが、読者もレナさんもなんか一歩ひいてしまった。その後の展開もなかなか役者な青田さんの策もあり、ヒロコさん、ちょっとイヤな感じが消えました。
このままゴブリンに居つくキャラになりそうですねぇ。

さて、珍しくもバイクではなく車(4輪)をレナさんが購入するという回がありました。トランポとしてですが、初めての車ということで・・・結果は・・・イタ車のお店らしい塗装がされましたが・・・痛車な塗装に 今後、これは本編に登場するのかすぐさま塗り直されたのか。今後に期待です。

ジャジャ 10

さて、10巻ということで連載のGXも買っての全プレがあります。これがフィギュアとかだったら遠慮していたのですが、コミックなのです! 「ミニじゃじゃ」特製本、単行本化していないものなので、欲しいなー! でも、昭和30年代のイトーさんの物語だけっぽい。

2008春季情報処理技術者試験「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」結果発表
2008春季情報処理技術者試験「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」、これの受験結果が今日、わかりました。
これを逃すともうこの資格はなくなるので是非とも受かりたい。でもこれまで2度も失敗、しかも最初は午後2がもう10点というところだったのに去年はもっと悪くなり、そして今年・・・。

ううう、不合格でした。

午前は705点、午後1は620点、そして午後2は530点。

午後1で際どかったことからもうダメダメ感もありますが、午後2、悪かった。
原因は結局セキュリティについて広く深くわかっていなかったから、広く浅くでもなにかひとつに絞って深くわかっておけばよかったのか・・・。

はい、毎度のことなので気を取り直し、秋に向けて進みましょう。やはり国家試験は難しいですね、秋までにはなにか簡単な試験(ベンダーか民間か)をひとつ入れて自信をつけて望むべきでしょうか。
なお、秋はやはり昨年同様アプリケーションエンジニア、これはもう過去3回も落ちています。うーん、結局は午後2、なんですよ

PMP資格維持のためにまたネットラーニング、これで次回更新OK・・・予定
一昨年秋にPMPに合格しました、昨年はネットラーニングで35PDUを取得しました。

PMPは合格後もその資格を維持しておくための活動をPMI本部に報告していかないと3年で失効してしまいます。3年で60PDU必要ですので残り25PDUです。

昨年は会社でも講座するということでしたが、集合演習での2日間=16PDUだったので、これじゃあ中途半端な上に足りないし、仕事も忙しくってその講座に参加はやめました。
実は今年も昨年と同じネットラーニング講座でいいかと思っていたのです。うちの会社のPMOもそんなこと言っていたもので

ただ、最近チェックするとその「ネットラーニング」のFAQでは同じコースIDでは1度だけしか認定されませんとのこと、うーん、年度が変われば番号変わるかと思っていたのですが、それはPMBOKのバージョンが変わらないことには変わらないようです。
でも、その「ネットラーニング」では別のコース、ちょうど25PDUの私にぴったりな新設コース「PMBOK第3版要説(25PDU取得)」が開始されていました。・・・いや、冷静に考えれば35PDUは試験受けるためにもぴったりなものの、私のように資格維持で受けている人が多かったのかも知れません。去年も受講後のアンケートに目的がなにか訊いていたのでその集計結果からそうなったのでしょうか。

今年も春の情報処理技術者試験後、講座の学習を開始しました。今回は25PDUですので7章とちょっと少なめ、内容はIT系のPMを念頭に置いています。PMBOK第3版の概説ですので、当然PMBOKの最初から最後までです。
やはり各章半分で択一式のテストがあり、章終了では択一式+記述式のテスト。
択一式は講座の章をしっかり読んでいればわかります。記述式の部分も用語の説明を求められますが、その章の内容をしっかりわかっていれば問題なし。
また、チューターの方がついており、その方の採点があり、必要に応じて質疑応答も掲示板形式で可能なのも昨年受講のものと変わりありません。
もうこの25PDUということから試験を受けるためにこれを取る人向けじゃあなく、資格維持のための受講者、しかもIT系PM向けです。IT系特化した内容ですので私にとってはとてもわかりやすく、PMPを理解しなおせたと思います。
でも、どうにもIT開発をPMPでやり遂げるのは辛いと感じる今日この頃。確かに変更管理することが重要ですけど、ITって変更の度合いが大きくなりすぎる? EVの計算結果が信じるに足るものにならない・・・ (単に私の予測がまずいだけなのかなぁ)

ネットラーニングHP

なお、この講座受けた後、PDUの申請は自分で行わないといけません。こっちのが妙にややこしい。とは言え、昨年もやったことなので(すっかりどうすればいいのか忘れていました、けどメモは残しておいた)、今年も同じに申請しました。ひと月ほど確認作業に時間がかかります。無事、申請がとおりますように。

「ゲロルシュタイナー」500mlペットボトル、遂にコンビニ以外で発見
「ゲロルシュタイナー」500mlペットボトル、近所のスーパーに行ったら売っていました。
バナナが切れたので買いに行ったら売り切れていて(その後別のスーパーに探しに行って3軒目でようやく購入)困ったのですが、ゲロルシュタイナーを見つけてラッキー
コンビニよりも10円安かったし、今後も置いておいてくださると、助かります。
でも、バナナ探しついでに他のスーパーでも探したけど、どうもどこにでも入るような状況じゃないみたいです。

ゲロルシュタイナー公式HP

ネットショップでも扱いが始まったようです。映画とのタイアップもあるからでしょうか。
■2ケース以上【送料無料】■GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)500mlPET 24本入

去年はコンビニでちょこちょこ買いためていたのですが、今年は箱買いできそうで、嬉しいです。

「ソウルキャリバー4」はPS3で買おうか・・・
「ソウルキャリバー4」の発売も近づいてきましたが、今のところ悩みはPS3かXBOX360かのどっちで買うか。買わないという選択肢は3の時にセーブデータでえらい目にあったりしたけれども・・・ない。

でも、今度はメモリーカード一枚じゃなく、最悪HDDごとなんてことになったら・・・目も当てられないので慎重に・・・
発売してすぐに買わずにひと月くらい様子見てからのほうがいいかも知れませんね。

でもって買うのは、ここはやっぱりPS3かな、ダース・ベイダーとヨーダではダース・ベイダーの動きがどんなか、気になるのですよ。
ま、エイミにストーリーがついたからそれが一番嬉しかったのですけどね

ソウルキャリバー4公式HP

さて、Amazonの画像もでっかくして見てみましょう。
PS3版とXBOX360版で思いっきりパッケージが違いますね、ゲストキャラのダース・ベイダーとヨーダが目立っています。
2の時のパッケージのようなぱっと見よく似ているものじゃなく、雰囲気かなり違います。

ソウルキャリバーIV
ソウルキャリバーIV
ソウルキャリバーIV
ソウルキャリバーIV


ソウルキャリバーIV
ソウルキャリバーIV
ソウルキャリバーIV


「ギャンブル・フィッシュ」6巻、熱かった
「ギャンブル・フィッシュ」6巻です。
今巻は主人公の杜夢の持ち味発揮です。いつものように口での作戦も生きてきましたし、また、身体を張る様も凄いです。
彼が戦う原因として父のこともあるようですが、まだ詳しくはわかりません。でも結局はずっと阿鼻谷が敵として立ちふさがっています。そしてまだ直接彼との対戦がないところを見ると、彼は最初からほぼラスボスのような存在なのでしょうか? だったら、すごいな、ずっとラスボスを目前にその部下と戦い続けるという展開も。
うん、ここまできたら阿鼻谷の後に続く黒幕とかはいらないな、ひらすら阿鼻谷をジャッジに置いた不利な戦いを切り抜けてほしい。

GAMBLE FISH 6 (6) (少年チャンピオン・コミックス)GAMBLE FISH 6

花咲さんも結局は杜夢と丸く(?)収まったようですし、徐々に仲間を増やしていくと、敵もますます大人数になってくるので杜夢の出番が少なくなる。
やはり、杜夢が戦ってこそがこの作品の持ち味だと思うので、五木島再登場でもやはり直接杜夢と戦って欲しいなと思うのです。でももうビリヤード勝負は終わったから、別の勝負がいい。

「コミックフラッパー」2008年7月号、長田佳巳さんの読みきりがよかった
「コミックフラッパー」2008年7月号です。
新装刊3号連続特別企画も終わり、通常に戻ったようです。でも、表紙はokamaさんではなく、盛り上がっている「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」のミナ姫です。
うーん、新刊も間もなく出るのですが、これが表紙かなぁ。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、「京劇」との対決、そして浜警部との対決・・・いち早く結果がわかったものの、浜警部との決着がどんなだったかとか詳細は次号でしょうか。アキラが姫様に対して珍しくかっこいい、いやー、強くなった。
でも、この盛り上がりなのにまだまだ続くようです。よかった。

「スコペロ」、まだまだ世界の説明、キャラの紹介状態です。次号くらいでそろそろ主要キャラもでそろい、意味合いがわかるのか。それともまだまだ近未来考証によるスペースコロニーの説明が続くのでしょうか。
正直、もっとこまごまとした説明が欲しい、けど多分それもこの作品のネタのひとつなのでしょう、主人公(?)のイタい性格の先生とともにまだまだ五里霧中です。

「数学ガール」、今回は久々に行列計算しました。すっかり忘れていたけれども、時々計算したくなる(?)のですっきりしました。うん、業務でそもそも最近PGM組まないし、回転なんて扱うこともないし・・・。

「BRAVE10」、三好青海入道、なぜに若い頃(というか子供の頃)とのギャップがこれほどまでに・・・
伊佐那海の兄貴分という関係なのですね、頼もしい兄を持った伊佐那海です。
そして、いつぞやの付録画集で一足速くお目見目していた石川五右衛門の登場です! なるほど、そういうことだから五右衛門はそうだったのか・・・!! (ってまあ見てみてください)

「あねとむち」、この姉、恐いわ・・・。ムチ持って学校行くのですよ、そしてしっかりと飴も完備 今回はネコミミも装備しています。アホ毛もあるから、なんというかおなか一杯なのですけど。でも、それらが霞むほどの彼女のエキセントリックな行動が、・・・よかった! 特に彼女の罠を乗り切ったご褒美の飴が、いいのですよ。
次回はもっとページが増えるといいですね。

「ランダムフライ」今回は、サバイバルキットがないという最悪な状態で飛んだユミです。
でも、それでも彼女には知識があります。さっさと位置を見極め、水着一枚だというのに怪我してもちゃんと応急手当します。そして人助け! これが毎回のポイントですね、人を助けるタイミングでなんとか帰れていますから。

「70億の針」ヒカルが取り敢えず話しかけられないという、まごまごした展開が、妙に熱い。
また、彼女もそうやって人とかかわりあえないようになったきっかけも、深刻そうだ。このところを向き合うことで克服するならよくある話なんでしょうけど、別の方向から解決してほしいと期待。
・・・あ、でも友達できてしまった。いや、まあそれはそれでいいことなんでしょうけど。

「スペシャルアビリティ」、Webコミックで高名な長田佳巳さんの読みきりです。ヘッドホンしている主人公は女子高生って思いっきり「70億の針」とキャラかぶってるーとか思って読み始めましたが、意味合いは全然違った。
実際はこの桃子と桜子との二人が主役。桃子主観でいくけれども、メインは桜子かなー。彼女かっこいいわ。このふたりは特殊な能力者で、その能力があるが故での悩み、を解決するお話。
桜子の身体の半身に秘められた力からくる形状の変化は、画が綺麗な作者なだけに、ぐぐいっと引き込まれるよさがあります。
でも、地味ですけど、普通のなんの能力もない桜子の友達の柿崎さん、実は一番すごいんじゃないかと思ったけど、なんか扱いが・・・。これだけが最後に気がかり。

「ふたつのスピカ」、「退魔針」、今回お休み。予定されていたこととは言え、読めないのは残念。

コミックフラッパー公式サイト「FLAPPER.com」

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 07月号 [雑誌]COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2008年 07月号

さて、今回も公式HPのアンケート後のおまけカラー劇場は、書き下ろしがきました。「豊田アキヒロのフラッパー不謹慎劇場」第3回、4コマ2作品です。
今回はまたも「二十面相の娘 うつしよの夜」ネタでした。ますます飛ばしています

ほたるの時季ですね、今年はどうでしょう
さあ、ほたるの季節です。
蒸し暑くって雨の降り出しそうな風のない日、近所のいつものとこに行ってみました。
が、まだ時季が早かったです、ちらほら・・・いつもいうほど多いわけでもないのですが、それでもまだ多少は見えるのが、捜して5匹くらいだった・・・少ない。
でも、大きい光だったのでゲンジボタルでしょう。
これだけはよかった。また今週末くらいにでも見に行ってみます。

「ロザリオとバンパイアseason2」1巻、青年誌掲載となったことで・・・
「ロザリオとバンパイアseason2」1巻です。新装開店で、カラーページもあるけど、お値段高め・・・ 物価高の影響でしょうか?

さて、いきなり略称についての作者の言からカバー見返しは始まりますが、「ロザバン」か。私はここを読んで初めてこの略称を知った。うーん、確かに略すとなるとこれが妥当だけど・・・。他にはどんな候補があったのでしょうね?

第2シーズンということで、初めてのお客さんでもわかりやすく始まりました。メインキャラの説明がなんとなくこれまでよりもこってりとありました。なんか、なんか紫が変です。なんでこんなに色ボケなキャラに・・・って途中でおいおいわかってくるのですが、いやあとがきマンガですべてぶっちゃけていました。
シーズン1は月刊ジャンプでしたが、これは少年誌だったのです、これが今回はジャンプSQ、ぱっと見雰囲気変わりない雑誌だと思っていたのに、青年誌だったとは
ということでモカさん、特に裏モカさんのアクション、蹴り中心のあのアクションが紫の願いどおりのことに!
・・・っていつもよりガードが堅いように思えますが・・・ただ、他のキャラが青年誌の恩恵(?)を受けています。
やっぱ主役だからね、モカさんは。

でも、今巻では今まで以上に裏モカさんのS的なとこが増しています。やっぱりこれがモカさん向けの青年誌的解禁? また、微妙なとこお約束なモカさんの妹も登場です。4姉妹で、あと上に二人いますから、ここらへんはまだまだネタは尽きませんね。
妹はこの裏モカ限定のシスコンです、これがまた微妙にあの凛々しい裏モカさんにすら汗かかせるパワー持っていますから、今後も楽しみです。

ロザリオとバンパイアseason2 1 (1) (ジャンプコミックス)ロザリオとバンパイアseason2 1

ロザリオとバンパイアseason 2(1)

「クイーンズブレイド」第10弾のアレインとアルドラの壁紙が期間限定で配信中
「クイーンズブレイド」第10弾でいよいよクライマックスです。
いつもの如く壁紙の期間限定配信も始まりました。
今回は「逢魔の女王アルドラ」と「戦闘教官アレイン」、二人まとめての壁紙です。

2008/06/05から2008/07/02までです。

とれたて!ほびーちゃんねる - ★【きゃらズバッ!】戦闘教官アレイン&逢魔の女王アルドラ降臨!QBスペシャル壁紙を限定配信

なお、報道機関向けのプレスリリースもチェックしておきましょう。

対戦型ビジュアルブック「クイーンズブレイド」第10シリーズ『逢魔の女王アルドラ』&『戦闘教官アレイン』 6月20日 ホビージャパンより2冊同時発売 - DREAM NEWS プレスリリース配信&ネット記者会見&企業アライアンス

わかりやすくこの第10弾の二人を紹介しています。「売り」はここですよってことですねぇ・・・。

それによるとアレインは
「ノワのことが大好きだが、厳しく接してしまうツンデレ鬼教官。いそうでいなかった正統派エルフ戦士キャラ。」
で、
アルドラは
「ヤンデレ気味のロリ女王。身体の成長が止まっているだけで実際は20代。闘技会2連続制覇の最強の闘士でもある。キャラクターの隠れテーマは"キス"らしい。」
とのことです。

そっか、アルドラはキス絡みのイラストが多いということでしょうか?

クイーンズブレイド 逢魔の女王アルドラ
クイーンズブレイド 逢魔の女王アルドラ


クイーンズブレイド 戦闘教官アレイン
クイーンズブレイド 戦闘教官アレイン


「すのこタン。」、新キャラの「すのこタン。A4」は大きかった!
「すのこタン。」、公式HPのWebコミック第4回ラストの意味深な謎のキャラのシルエット。
これは新キャラ、すなわち新製品の予感だったのですが、夏を待たずにこの梅雨をなぎ払うかのようにもうこの2008/06/09でデビューです!

その名も「すのこタン。A4」です! つまりはまあ大きさがA4程度(とは言えこれはあくまでA4サイズノートPCに最適というサイズでA4というサイズではないです)あるという、「すのこタン。」からみたら2倍弱の面積です。大きい、ノートパソコンに最適との触れ込みです。
また、名前はそのまま「A4タン」かと思ったら「あるみさん
」、公式のWebページもあり、Webコミックもあります。
ああちょっと大人なキャラなのですね、でも口癖は「A4ですからっ」・・・
また、キャラデザも変わりました。藍圭さんです。
なお、お値段はそんな彼女の単色イラストありの3800円、イラストなしで3500円ですが・・・まあイラストありでしょう。
すのこタン。はイラスト入りで2100円だったから、大きさはほぼ2倍だけど価格は1.5倍弱でいい感じです。
あ、「すのこタン。A4」はメール便でなくても(というかメール便という選択肢がない)送料無料です。案外お得かも・・・。

すのこタン。バナーピュアアルミニウムすのこタン公式HP

「あるみさん」のバナーも欲しいところですね。なお、彼女の壁紙などのダウンロードサービスも2008/06/06現在、準備中なようです。

なお、絶対領域は安くならずにまだまだあります。うーん、A4は大きいので、今のところ使う予定がない。買うなら絶対領域なんですけどねぇ・・・。

でも、FAQ読んでいくと特注で自由なサイズも割高だけど作ってもらえるようです。これにも当然、イラストが入るならおもしろそうですよ。

紫堂恭子さんの「王子の優雅な生活(仮)」という作品をついさっき知りました・・・
はい、紫堂さんの「聖なる花嫁の叛乱」2巻の感想を書きつつAmazonでチェックしてたら・・・「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に見慣れぬものが・・・!

王子の優雅な生活(仮) 1
王子の優雅な生活(仮) 1


知りませんでした うーん、この出版社の作品って入らないのかなぁ? とりあえずうちの近所のなんでも取り敢えず出版されたら1冊は入れる本屋さんで気がつかなかったのはきっと、目ざとい人が先に買ったからなんでしょうか。
うーん、今週末は本屋さんめぐり・・・かな。3月頃の作品なので再販もそろそろ入っているだろうし。

「聖なる花嫁の反乱」2巻、ヒロインはヒロインと言うよりもむしろヒーロー
「聖なる花嫁の反乱」2巻です。
とにかくまずは捕われのエリセ、そしてまた別途捕まっているリオン。なんだよ主役はふたりとも捕まっています。
でもってヒロインであり、聖なる花嫁であるエリセは、とっとと自力で脱出・・・ 行動するヒロインだなぁ・・・ 逆にリオンは人買につれられて、そして意味ありげな貴婦人に買われてしまいました。ピーンチ!
もうどう見ても、リオンの方の危険度が高い

エリセを高く売ってやろうと近づいてきたヴァンも、いい具合にエリセに振り回されています。海千山千のヴァンに、エリセならほっといても勝手にリオン探し出して追いかけてくるって確信されてもいます。なんとたくましいのでしょうねぇ、表情もヒロインらしい表情からじとーっとした目の表情まで激しく変化。こりゃあほんとリオンを救い出すシーンはエリセが彼をお姫様だっこでもしてそうです。

展開は以上のような展開、他にも謎の身体の痣、があるキャラが複数確認されました。これはストーリーに深くかかわってきますねぇ。
・・・あ、影薄かったザディアス、今回はエリセをだました商人再登場で彼とのやり取りくらいが見せ場・・・いや孤児のシエナをかいがいしく世話してあげるとこもあった 血も涙もなさげな印象でしたが、意外でした。シエナもちょっと意味がありげなキャラでしたし、今後もいいところで登場しそうですね。

聖なる花嫁の反乱(2) MiChao!KC (KCデラックス) (KCデラックス) (KCデラックス)
聖なる花嫁の反乱(2) MiChao!KC

うーむ、表紙は薄幸のヒロインっぽいけど男、なリオンです。ああ、やはり彼がヒロインなんだと表紙で気がつくわけですよ

なお、あとがきでは珍しくも作者がこの作品の世界観、ファンタジーと神との微妙な関係なトコなど、それなりに踏み込んで語っておられます。

どんとこいってエリセも言っていますので、どんと構えて次巻を待ちましょう。

物価高・・・
高い高い、地元で買うと高いので通販で買っていた黒烏龍茶も遂に地元で捜した方が安くなってしまった。
ガソリンも6月に入って13円くらい上がったようだし・・・仕事先の内部の売店ですら毎月のようにパンとかアイスとか牛乳とか値上がりしている。
コンビニで買ってもたいして変わらないように思えるから、恐い。

節約していかないといけないですね。

PanasonicのブルーレイDIGA DMR-BW800を買っての感想
PanasonicのブルーレイDIGA DMR-BW800をGW頃に勢いで買ってしまいました。
しばらく使ってみての感想です。なお、これまで使っていたDMR-EX350との比較が前提です。

購入理由:
これまでもDIGAを使い続けているので、いずれはブルーレイにしようと思ってはいたものの、地上波デジタルが受信できて録画できるDMR-EX350で事足りていたはずでした。
でも、幾つかの不満点、2番組同時録画はデジ×アナのみ、1番組録画中には再生くらいしかできることがない、HD画質で録画できてもこれを他のメディアに移すことができない、など。Rec-POTもあるのですが、i-Linkもないのでなんの連携もできません。
そんな折り、いきなりハイビジョンTVが壊れました そこで急遽買い替えで電器屋さんを巡っていると、欲しくなったのが最後のポイント。
上記の不満点もあったので、最近の廉価ブルーレイは2番組録画もないので却下、i-Linkでの連携もできて今後ブルーレイディスク買うとなると綺麗に再生もしたい(PS3で再生という手もあるけど)、となるとプログレッシブ再生もできるBW900、BW800あたり、タイムシフト視聴が多いのでそれほど容量を気にしないし、値段のこともあるので500GのBW800に、というところです。DMR-EX350の時もよく似たこと考えているのでいっつも最上位機種は買わないのです。

外見:
DMR-EX350よりもスリムです。DVD・BRのトレイを出し入れするボタンがなぜかトレイのある左側でなくて右にあるのが気になるけど。ちなみに左側、トレイのすぐ近所にあるボタンは電源ボタン

端子:
まだブルーレイとして廉価版になる前のものなのでそれなりにあります。HDMIは当然としてD端子もS端子もある。当然i-Link端子があることが購入基準です。デジタル音声出力に光と同軸があるのも地味に嬉しい。
LAN端子があるものの、未だに家電でのインターネット接続に疑問を感じるので使いません。ただ、これが無線でAOSS接続などができるのなら、絶対つなぐんですけどね。

リモコン:
DMR-EX350の頃の思い切ったボタンの少なさのリモコンから、多少は増えた。いや、カバー内に入っていたボタンがやっぱり出てきたというところ?
使い勝手は・・・再生系のボタン配置が一部変わって悩んでいます。慣れたらしっくりきそうです。

再生:
1.3倍再生が今度はDR録画(DMR-EX350ではできなかった)でもAVCREC録画でも出来た。これで見ることが多いので、ありがたい。なお、再生中の早送りボタンでの倍速表示は1.3倍速再生と同じようです。1.5倍くらいで微妙に聞き取り辛い音声での再生でもよく見ていたので、ちょっと残念。
また、各録画番組ごとに再生中に止めたポイントを記憶しているようです。これまでは最後に再生した番組のみでしたから。・・・でも、録っておいてエンディング見終わったら止めるので、普通は次見るときはエンディング後のCMからの再生になりますねぇ・・・ やっぱここは最初から見たいのですけど、贅沢は言えないか。なお、録って未視聴だとマークが表示されます。

録画:
やはりAVCRECでの録画モードが気になります。HG、HX、HEで元のDRと見比べるとやはりHEはなんとなく違和感がある。とは言えHD画質での再生にはなるのでこれまでのXPでの甘い感じとは全然違う。これでXPよりも容量使っていないんだからやっぱりHEを基準で録っていこうか。ただ、HEは字幕があるとその周辺のモアレがすごく目立つので、ブルーレイに残すつもりならHXくらいがいいと思いました。正直、HGとHXでは画質の違いがわからなかった・・・ もっとスポーツなんかで激しい動きのもので見比べるべきか? あ、実際DRとHGもそんなに違いを感じなかったけれども
早くブルーレイディスクがもっと安くなってほしいのと、AVCRECの対応機種の増加が後は気がかり。ま、Panaばっかり買い続けるだろうけど、せめてPS3も対応してくれないかなぁ・・・。(2008/06/01現在、PS3だと番組タイトルとその録画時間まではわかりますが、再生はできません)

また、番組録画はデジ×デジで片方はDRモードとなりますが、DRからAVCRECのモードへの変換は電源切り後にするなどの機能があります。これは便利ですので、とりあえずDRで録って綺麗に見て、残すならHEとかHXに変換という手も使えます。
それに、1番組録画中の他録画の編集や削除ができるようになったのは、タイムシフト視聴には便利。今放送中のものでもそのままだらーっと見ないで後で録画したものを1.3倍再生や、CMスキップなどして見ますので。2番組録画中の動作はどうでしょうか、DMR-EX350だともう録っているものをそのまま見るしかなかったですけど、いかんせんチェックしていない。

番組編集:
部分削除は結構使うのですが、今回は1番組内で削除部分を複数箇所指定して、一気に削除できます。これは便利です。でもDR、AVCRECは編集中のスロー生成中の逆方向再生ができない(これは普通にスロー再生中いつでもだけど)ので、ちょっと細かい削除作業は面倒。
分割は変わりないです。

i-Link、というかRec-POTとの連携:
Rec-POTとBW800だけではどうしようもなく、間にi-Link対応のテレビが必要です。今回は新しく買ったシャープのアクオス LC-37DS3を使っています。
とは言え、LC-37DS3はi-Link危機としてRec-POTとBW800を接続して認識させること、及びRec-POTの管理画面を表示する役目のみです。
Rec-POTの管理画面から、BW800をD-VHSとしてムーブさせるだけです。逆もできると思いますが、Rec-POTで取り貯めていた番組をブルーレイディスクに落ち着かせるのが目的ですので試していません。
Rec-POTというよりもD-VHSでのムーブの問題ですけれども、複数番組を一度に選択してムーブするとBW800側では繋がって一番組になってしまうこと、当然番組名も先頭の番組名となってしまいます。さらにムーブは1倍速・・・。
でもそれにもめげずに、ずっと残っていたエマ一期を一度にムーブしました。はい、1番組になりましたが、BW800で番組を分割して番組名を直した後、ブルーレイディスクに移動しました。ほっと一安心。
他にはムーブでBW800が受け取っている途中は録画予約は1番組でも不可、これは一気に大量のムーブ時は気をつけないといけません。

番組表、及び番組予約:
番組表は最新機種にある同チャンネルを一週間分並べて表示させる機能はありません。でも、HD画質対応なので多少細かい文字にはなりますがたくさんのチャンネルを同時表示させてもそれなりに番組を把握できます。
番組検索は今回もやはりフリーワードでの検索はないようです。残念。
また、予約はこれまでどおりに番組選んでその後画質や毎週録画などの設定ができます。変わりないけど、もひとつ便利にならないものか。
新番組自動録画という機能ができた、ドラマとアニメに限ってのようですが、新番組と認識された番組を自動的に録る機能です。DR画質で録画して、録ったものを再生して止めた後にこれを毎週録画などにするか確認されます。地味に見逃し番組が減ると思います。なお、新番組と認識されるのは番組表で新マークが出たもののようです。
予約して録っておくと同じ番組はまとめ番組となります。再生ナビ表示でまとめ番組としてまとまってくれますが、最近録ったのがどれか捜しにくい。まとめずに表示すると最新は最後になるのですけど、まとめだと最初に録り始めた日時順のようです。まとめでも未視聴はわかるのですけど、まとめ番組ごとに順番は最後にはまわらないのです。

その他:
ポイント込みだけど約13万円くらいの価格で買いました。5年保証もつけました。DMR-EX350は発売直後に12万くらいだったから、案外ブルーレイレコーダーも買いやすくなったものです。

DVDレコーダー DIGA(ディーガ) | 地上・BS・110度CSデジタルチューナー&HDD内蔵タイプ BW900・BW800・BW700 | Panasonic

500GB HDD搭載ブルーレイディスクレコーダーブルーレイDIGA 2番組同時録画/4倍録画 DMR-BW800-K [DMRBW800K]

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。