情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バンブーブレード」5巻、東さんのための巻でした
「バンブーブレード」5巻です。なんとも発売日に買い逃してしまっておりました。今の通勤途中にある本屋さんでは微妙な入り方でした。もっと入れてほしい 結局週末地元で買いました。

さて、表紙は東さん、5人目の戦士となるかどうか微妙な雰囲気のままこの巻に到達です。メガネに泣きぼくろ、とこの表紙の雰囲気だけでももうなんていうか委員長というか会長というか・・・なオーラがあるのですが実際はどじっ子なのです このギャップにもうぐっと来てしまい、ここんところバンブーではタマちゃんと並んでお気に入りです!
しっかし表紙もそうですが、いちいち彼女のきっと結んだ唇と真剣な表情のシーン、これがかなり出てきます。かっこいいですねぇ、絶対これなら頭もよいキャラのはずなのに・・・実際頭いいのは一見ぼーっとした(しかしオマケまんが劇場でその時彼女がなにを考えていたかがわかり慄然としますが)キリノだとかダンだとかする世界です。
頑張って勉強を教えてもらって賢くしっかりなってほしいです。
ただ、もうすばやく都に目をつけられているし・・・今後どうなるの? せめて剣道では活躍してください。なんたってタマちゃんが高校入ってから戦った女子の中では一番強かったということです。つまり最近出番がない横尾さんよりも東さんのほうが強いのか・・・。
あ、東さんって言うのもなんだかな、やっぱしみんなが検討している愛称のうち、小さいときから言われていたさっちゃんなのかなぁ。

そして最後はIHへの予選が始まったとこまで。なにやら恐そうな糸目の新キャラが現れています。その糸目が開いたとき、普通は恐いんだけどこの作品では裏かいてくることもあるし、注目です。
他にも細かくもっと先を見越した伏線も張られています。細かくいろいろ見ていかないと。

それにしても東さん、私はやっぱりかなりツボに入って気に入ってしまった。ので表紙をでっかく・・・。

BAMBOO BLADE 5


あ、あとは都が東さんにちょっかいかけているものの、案外面倒見よいのかも。意外。とは言え竹刀を持つと人が変わるのは相変わらずで・・・恐いです。
スポンサーサイト

「ちょこっとヒメ」2巻、やっぱくっきーがいい
「ちょこっとヒメ」2巻です。
ぼちぼちヒメとにいちゃんとの日々も安定してきたかと思っていたのですが、まだまだふたりとも慣れていない?
それに較べてしろこの安定度はどうでしょう! 例の如くストレスためてはいるものの、いつものおすまし具合はさすがです。ただ、なんか頭のはげが人間的描写されているときもなんだか目だって来ているような・・・
今回はくっきーの出番が微妙に少なかった。でもこの作品では一番好きなキャラです。特にオスの大人ネコが登場した関係で遂にくっきーの怒り爆発! 威嚇、そしてそれに付き合って恐がるヒメとしろこ・・・つまり威嚇になっていない。
この3匹はいい仲間です

そして今回は遂にヒメが最初逃げ出した飼い主が登場。ここでヒメを取り合う修羅場には・・・まあならず、遠くからそっと眺めておられました。そしてヒメのもともとの名前は・・・慶喜。「ちょこっと慶喜」、戦国4コマっぽい印象

ちょこっとヒメ 2

スリムワゴンコミック本3個と収納ボード1個、組み立ててスリムワゴンは9連となりました
今日は朝からスリムワゴンコミック本を3個組み立てました。途中雨が降ってきて避難したものの、すぐに上がったのでなんとか組みあげてしまいました。

もう毎度のことなので組みあげるのは大したことじゃないかと思っていましたが、やっぱり3つと収納ボード1つだと午前中では終われませんでした。途中弟が手伝いに入ってくれた3つ目のワゴンの作成速度はやはり平行してできるので速かったです。
ここであらためてわかったこと、このワゴンの棚の部分を組んでネジを締めていく作業は実は案外短いことです。電動工具を使っているのでとにかく早い。そして底板に3連キャスターを2本つける作業、これが時間がかかります。ネジを8本締めるだけですが、キャスターの奥なのでうちにある電動工具ではちょっとしか届かずこれは手作業。しかもここはしっかりしておかないとうまく動かせなくなるのでしょう、ネジ穴が小さいのでネジ締めるのに力がかかります。
キャスターつけるのと棚をつけるのとを平行していたら、棚をつけ終わってもう底板待ちになるとこでキャスターをつけ終わるという具合でした。うーん、こりゃあ今後はキャスター部分の取り付けのためになにかいい手を考えないと。
とは言えこのために狭いトコにも届く電動工具の部品を探すよりは次回も2人でやればいいだけなんですけどね

結局組み上げて倉庫に置いて出たごみの後始末をしたものの、そこまでお昼を我慢していたのでそこで今日はもう終了、ご飯食べた後コミックを詰め込もうかと思っていたけど。いや、これから倉庫に入って深夜に頑張ってもとか思ったけど、眠い。GWといえどもあんまり睡眠時間をおかしくするのは後々響く。

明日はコミックをさっと入れて9連となったコミックワゴンを堪能しよう。
いや、きっとコミック入れるトコで読んでしまうんですよ・・・時間かかるかも。

スリムワゴンコミック本
スリム収納ボード3連

取り敢えず9連休の初日に9連スリムワゴンを実現した!
よかった。

今年のGWはどうやら9連っぽい
明後日からGWに突入ですが、どうやら今年は出先の休みに連動して休みがもらえそうです。
出先がGWで休みにしていても平日だと自分の会社の方に出社、なんてことも予想されたのですが現状、休みがもらえそうです。
ただ、明後日はもしかしたら急に出勤になるかもなぁ・・・

取り敢えずGWに組み立てる予定のスリムワゴン、今週初めに注文して、なんともう今日届いてしまいました。
廊下にででーんと置かれています。
結局買ったのは前回と同じく住まいるさんとこで、これまた前回同様のスリムワゴンコミック本です。いやビデオ用は買わずに3つともコミック用にしました。そして3連の収納ボードですね。
土曜日が休みになり、かつ晴れていたら家の前で作ろう。具合悪ければ順延だ!(邪魔なので早いトコ作ってコミックを整理してしまいたいけど)

スリムワゴンコミック本
スリム収納ボード3連

クイーンズブレイド、第7弾のもうひとり、帝都の聖女メルファがシルエットから解禁
クイーンズブレイド公式HPのキャラ紹介でシルエットだったキャラの素顔が明かされました。
「帝都の聖女 メルファ」です。
公式トップ絵にありますとおり第7弾キャラになるようです。2007年6月予定です。 一応「もう少し待つのじゃ」でおなじみになってしまっているユーミル姫が入り込んでくることを期待してもいたのですが、ユーミルさんはなんかやっぱりまだっぽいですね

さて、僧侶系のキャラですので当然武器は鈍器! フレイルです。ただ説明によると武僧とかいうわけでもないので、ディヴァインパワーによる回復、及び天罰でパワーを発揮するのでしょう。盾も持っていますし兜もある。つまり防御系だ。
なんていうか最近のクイーンズブレイドらしくもない普通なキャラですが、どうも秘密はそのディヴァインパワーを行使する際の聖なるポーズにあるようです。むう、聖なる・・・か。なんか聖なるって名づくとクイーンズブレイドでは一気に色物になってしまうような
つまり彼女も嫌っている聖なるポーズ、滑稽なとありますが、どんなポースなのでしょう。
なお絵師はズンダレぽんさんです。

クイーンズブレイド公式HP

クイーンズブレイド 美闘士列伝 「武者巫女絵巻」の表紙で喜ぶ
クイーンズブレイド 美闘士列伝 第一弾「武者巫女絵巻」の表紙がいつの間にか見えてきています。
遅ればせながらおっきく表示、やっぱえぃわさんのイラストはいいですねぇ。

クイーンズブレイド 美闘士列伝 第一弾「武者巫女絵巻」


小説も間もなく発売されますがこっちもえぃわさんがイラストですので、買おう。

クイーンズブレイド ソード・オブ・ユニコーン


・・・こうなってくるとやっぱりえぃわさんが最初に担当されたキャラ、リスティさんがもうちょい出てこないのが淋しいなぁ。

「コミックリュウ」2007年6月号、ネムルバカをもっと推すべきだと思うのですが
「COMICリュウ」2007年6月号、毎回、今回で買うの最後にしようしようと思いつつでしたが、今回は買うのが楽しみだった。そう、「ネムルバカ」があるからです。表紙くらい描いてても・・・ということはコミックリュウの場合ありえない(龍をモチーフにしたなにかだから)のですが、せめてタイトル、いや作者の石黒正数さんの名前をもっと大きく扱ってもよかったんじゃないかなぁ。なんでゼオライマーがそんなにでかく・・・

ピンナップは毎号力が入っているようですが、今回は藤原カムイさん、ここには私はテーマを感じないのですが、アリスインワンダーランドなイラストでした。ピンナップって必要なのかな。高めな値段設定なので、こういうとこ削って300円台にしてほしいなぁ。

「冥王計画ゼオライマー」最終章前編です。3回の短期連載でこの作品のけりをつけるようです。説明のページが3ページほどありますので読む気ならついていけそうですが、なんで今ここでこの雑誌でやらなくてはいけないのか・・・読者層がこれを理解できそうだからでしょうね・・・ 私はゼオライマー知らないので淋しくチェックしときます。

「ゆるユルにゃー!!」、前回はネコ侍、ネコ侍でした。今回はあのマフラーになったうさぎが・・・! なんともあのニャポネの塔、すごんでした。
今回はそのうさぎマフラーが大活躍です。
とは言えストーリー的にも遂にボス達とヨークが再会します。案外近かったということでヨークの生活圏が広がるだけで別れが伴うことではないので、次回からキャラ入り乱れて楽しくなりそうです。

「ネムルバカ」、やっと第3回です。なんとなくこれまでは単発を意識した完結したお話でした。でも今回はもうすぐに(再来月)掲載が予定されているのでちょっと連載っぽくネタが散りばめられています。
つまりメインキャラはこの表紙の4人、と。いやコウハイ入巣とセンパイ鯨井の女子二人がメインで男子の田口、伊藤はサブメインな感じか。今回気になるのは伊藤、神秘性を保つためのアレとか、味のあるようでないようなものいいがよい感じ。
主役だろう入巣は相変わらずおもしろい妄想というか言動なのでそのテンションに引っ張っていってもらうと、こっちまで元気になります。
このまま入巣田口鯨井の一方通行な思いが空回りする展開なのか、それともこれは実はどうでもよくって伊藤から始まるなにかがあるのか(・・・いやないだろう)。
絶対普通なラブコメにならない、いやそういうジャンルにならない匂いがするので、8月号が期待大です。

「君がスキだと酒浸り」、「青空にとおく酒浸り」がまたもタイトル変更だというフェイントで、今回限りのタイトルです。もはやこれは単に連載のその回のタイトルでいいんじゃないんでしょうか?
さあこのところひっぱってきたしのさんのMMの進化。遂にようやく一気に進化させようということでこれまでの回で示されていた通り、接触面積を増やしてのやり取りを行った、そう行っただけの回です。
ですがまあ想像通りの行為によってMMの情報伝達を行うことになったので、人払いした場所を準備した割にはあとはまあ想像通りの惨状・・・
高等な百合用語(?)なシムーン用語が投入され、なにがなんだかわからなかったのでインターネットで調べてしまった私でした
次回からはタイトルもいつもどおり、しのさんのMMの変貌が楽しみです。

「陽だまり少女紀行」、前回まで北国でしたが今回は一気に南下して尾道です。うーーん、ここまら有名な場所がいくつもあるので背景にばりばり出てきておもしろいかなと思っていたのですが思いのほか学校シーンが多くって残念でした。
また、楽器、特にサックスがよく出てきたのですがなんでか持つ位置もあるけれども描かれる向きが変わり映えなくてそれが気になってしようがなかった
前編でしたので次回も尾道、もっと外での風景が登場してほしいです。

「ひなぎく純真女学園」、今回は樫宮さんの夢話はスーパーまつりの売り上げクイーンでした。
バイトの給料がもらえたのでこれでお世話になった人にお礼をと考える樫宮さん、いい人ですねぇ。だからこそです、木成さんのバイトで売り上げが少ないだろうから頼んだという言動が気になります。木成さんってやっぱり実はあんまり性格よくない人? とかいう疑問を感じます。樫宮さんはそのことでひたすら苦悶していましたが、私もまあ一緒に苦悶していました。
今回、樫宮さんは木成さんが単に深いこと考えない性格だって気づいて納得したようです。まあ、なんに対してもおおざっぱなんでしょうね木成さん。でも、ちょっと木成さんに対して樫宮さんも印象が悪くなったような・・・。
今後はもう少し夢の内容が変わるのでしょうか。

「RIVIVE!」、小此木さんはなんと栄転という展開です。が本人は受けないかもということで家族との溝。なんだもう行き着く先なくなって荒野に踏み出すわけではなかったのか・・・。でもこうなってくると安定した生活を捨ててまで荒野に踏み出すのでしょうか? いやあ踏み出すのがおもしろいけど、それだとどうもリアリティがない。なにかもっとスパーンとくる止めの一撃がありそうですねぇ。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2007年 06月号

体調低調
うーん、情報処理技術者試験に合わせてそれまで引いていた風邪を治して万全の体制で試験を受けたものの、試験が終わってほっとしたのかまた風邪がぶり返しました。
今週はずっと風邪気味のまま無理して仕事していたので金曜日終わってどっと疲れが出ました。
またも結局今日はお医者さん行って薬もらって安静に・・・。
栄養つけないと。

スリム本棚、GWに向けてチェック
さあそろそろコミックもまた溜まってきています。
コミックケースに叩き込んでいますが積み上げると10段限界、読みたいもの捜すのも苦労だし・・・ということでスリムな本棚をこれまで2回、毎回3つずつ計6個も買っています。

「スリムワゴンコミック本」
スリムワゴンコミック本
コミック用2個とビデオ用1個を組み合わせてスリム収納ボード3連に入れていました。ビデオ用は大きめのコミック(A5版)を入れるためです。ちょっと横にはみ出ますがなんとかぎりぎりスリム収納ボード3連に収まります。
でもそんなに大きいコミックはもうないので今度は全部コミック用でいいかなぁ。
でもこのコミックワゴン、出し入れがちょっと気をつけないと左右のワゴンや収納ボードに擦れてしまいます。収納ボードとワゴンは引っ張り出しすぎないことを防ぐ目的のベルトでつないでいますが下はレールもないし、上もそのベルトでつながっているだけでこっちもレールはない。ま、ビデオ用でコミックの背がちょっとはみ出ているので左右にぎりぎりですからレールで左右位置まできっちりすると逆に困った事態になっているのですが

でも今度は全部コミック用、つまり横にはみ出ない予定なのでレールとかできっちり位置が決まって出し入れしやすいスリムワゴンはないものか。
いつの間にかスリムワゴンも種類豊富になっていますね。幾つか気になるものがありました。

「1台4役 AVワゴン(スリムワゴン)」
1台4役 AVワゴン(スリムワゴン)
まずこの「1台4役 AVワゴン(スリムワゴン)」なのですが、ワゴンの上にピンが出ており、そこが外箱の天井部にある溝に合わさり、スムーズな出し入れができそう。
また、高さも1835mmか1850mm(なぜか同じページ内で異なる表記)でちょっと他のよりも高いし、棚は15mm単位で調整できる可動棚です。小説やCD、コミックB6、A5、DVDなどたくさんの種類が置けますが、私としてはコミックB6のみで9段いけるかどうかがポイントです。8段ならこれまでのスリムワゴンでいいのです。せっかく背が高くなったのですからたくさん入ってほしい。デフォルトで6枚しか棚がないので追加で2枚買って底の固定段と合わせて9段にはできます。
ざっと概算、棚の厚みはわからないのでを10mmとしますと、
(1835mm-キャスター50mm-天井10mm-可動棚10mm×8-底板10mm)/9=約187.2mm
B6コミックの縦は182mmくらいだからなんとかなるけど、15mmピッチで棚を設置するわけだし、そもそも棚の厚みを10mmとしているけど写真ではもう少し厚みがあるようにも見える。ああ、こりゃあ微妙だ。出し入れのスムーズさだけでこれにするか、ですね。

レールが下にあるようなのがいいのですがそうなるとごっつい本格的な本棚になってしまうようです。ひとつ1万円以下で買いたいです。

「省スペーススリムワゴン DVD・コミック・ビデオ」
省スペーススリムワゴン DVD・コミック・ビデオ
これも上にピンで出て収納ボードの溝に合わせるタイプです。
ただ、これは高さが1770mmということもあり7段しかなく、可動棚も追加できないようですし、底板以外の6段の棚のうち4段のみが可動で残りは固定棚。可動ピッチもわかりませんし、そもそも固定棚があるので仮に追加棚があっても自由度は低い。惜しい。

うーん、こりゃあやっぱり今までどおりのスリムワゴンしかないかなぁ。

「スリムワゴン奥行50 コミック本用」
スリムワゴン奥行50 コミック本用
他にレールとかではないけど気になったのは、これです。奥行きが長いので実は無理なのですが、これのいいところは
スリムワゴン奥行50 伸縮式収納ラック
なのです。収納ラックの幅が調整できるのでちょっとはみ出るものを入れたりできそうですねぇ。ただ、画像の通り天井がないので上にも置きたい私はなにか板を載せないと

・・・しかも結構どこも売り切れが目立つ、やっぱり春、新しい生活で収納グッズを置くんでしょうか。私みたいにGWに頑張ろうと思う人も案外多いのかはわかりませんが

スパIIXのHD版、うーん、それよりもストIIIでHD化してほしい
なんでもスパIIXの高解像度のものが欧米では出るようです。ダウンロード販売系でXBOX360版、PS3版とマルチに出ることは嬉しいですね。
また、単に16:9になっただけで1080pなのにキャラは荒いドットで表示かと思いきや、ちゃんとキャラも綺麗に書き直しています。ちょっと期待します。アニメーションが滑らかになるのかとか新技が追加されるのかとかネットワーク対戦以外のモードがどうなのかとか、よくわかりませんが。
が、やっぱここはストIIIじゃないのかなぁ、当然サードストライクで
例の如く日本での販売はわからないということです。
遠いなぁストIIIがハイデフ化するのは。

コミックビーム2007年5月号、表紙はメルダース家メイド勢ぞろい、エマ番外篇はウィリアムとハキムの出会い
コミックビーム2007年5月号、アニメのエマの2期に合わせ拍子はメルダース家メイド勢ぞろい、エマも居る時期のようです。

さて今回の番外篇、アニメ第二幕のメルダース家攻撃が続かず、ウィリアムとハキムの出会いinインドです。
ハキムはやっぱり子供のときからハキムでしたが、なんだかウィリアムはコリンっぽい感じ。そうそうちょこっとだけ登場した子供時代のグレイスもほんとヴィヴィアンそっくりだ。
でもあっさり一日で言葉の壁を乗り越え友達となり、以下そのままの関係が長く続いているようです。いい関係ですねぇ。
気になるのはその時の通訳のメガネさん、現在ではどんな渋い方になっているのかなぁ。

さあ久々にコミックビームの表紙をエマが飾りましたのででっかく見てみて毎度の如く喜びましょう

コミックビーム 2007年 05月号


英国戀物語エマ第二期公式サイト

ああ今晩にも始まるところはアニメの第二期始まります。いいですね、うちでは始まりません 第一期の時のようにBS-iでの放送をしてほしいです!

またアニメの開始などを受けて全国各地の本屋さんでまたエマ特大パネルが設置されるようですが・・・これまた地元にはないようです 今回はなんかエマに浸れないなぁ・・・

2007春季情報処理技術者試験テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)受験の感想
はい、ひとっ風呂あびてきているうちに混雑も解消されてきたようで、なんとか午前の解答例を見ることができました。

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の午前ですが、やっぱりここのところまいどのことで、初見の問題が多かったです。
思ったよりもネットワーク系が突っ込まれていなく、テクニカルのネットワークとの差がはっきりしています。データベース系の問題が逆に思ったよりも突っ込んでいて、悩みました。2層コミットとか直列化可能スケジュールとか、間違えました うーん、直列化可能スケジュールは初めて知った言葉でした、勉強してないなぁ。
なお、計算問題は少なめで、出ても計算が軽いものが多い。とは言え初見問題が多いので悩むトコ多いので結局時間いっぱいくらい使いました。
解答例で採点して44/55でした。80%、よかった午前は突破です。

午後1は地震もあったものの、セキュアプログラミングの問1に手を出し途中でわからなくなり断念して15分くらい無駄にした。C++だけどコメント多かったしstrncpyにすればいいだけなのではと甘いこと考えていたのが問題でした。
後はもうどの問題も焦りつつなんとか埋めることを主体にして回答です。ああ、午後1、通過できたかどうか微妙です。恐らくC++わかっていれば簡単だったんでしょうね問1、点数稼げずここで落とされるかも。

午後2は問1を選択、解答欄からして問1の方が解答する量が3割減くらいで楽かも? とまた甘いこと考えての選択・・・じゃなくて問2のIPsec-VPNの用語がわからないので避けたのです。
問1はDBのテーブル列をわける問題が最後にあってこれにえらく悩みました。暗号化しなくっちゃいけないのは品質要件以外にも情報セキュリティ標準にもあったのでした。うっかり忘れていて見直して気がつき修正しました。
なんだか簡単な印象の問題でしたが、問2はどうだったのでしょうか。

はてさて、午後1の結果次第で合否がわかれそうです。
結果が判明するのは予定では2006/06/11です。取り敢えずほっとしておいて、明日からは通勤時間に買いためておいた「かりん増血記」を読もうっと

ただ、ここのところ定期的に受ける試験は情報処理技術者試験のみで年2回です。せめてその間に夏と冬とになにか試験を入れておかないとだらけてしまうなぁ。なにかIT系で有用な試験はないものか。

2007春季情報処理技術者試験テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)受験
帰ってきました。情報処理技術者試験2007年度春、受けきってきましたよ。私はテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受験しました。昨年にひき続き2回目、受かりたい!

終わってすぐ帰ってきて、うーん、今回からもう既に午前の解答例が出ているはずなのですが・・・情報処理技術者試験センターのトップページすらなかなか出てこないほどの混み具合です。もう1時間くらい経つのですが解答例にはまだたどり着けません。

さて、試験と言えば午後1の試験開始してすぐくらいですね、地震です。京都なのでなんかなかなかごっつく揺れ、すぐあった余震も感じました。
ま、試験的にはそれはなにもなかったの如く淡々と進んでいき、特別に試験時間の延長やなにか試験官からの問いかけなどもなく、いつもどおり時間がなかった

午後1は1問目にC++のセキュアプログラミングがあり、途中まで解いてから「駄目だ!」と思いパス、問2,3,4を解答しましたが、最後は時間がなく・・・いつもどおりてんやわんやでした。Javaがくると思っていたのに・・・来年はJava?

でも実は私としては一番ショックだったのは立命館の衣笠キャンパスで受験したのですが、西口側に昨年まであったコンビニが閉店していました
ううう、次回からは朝に買い込んでから行こう。

初期は予約できなかったけど一応二次出荷分はまだ予約できそうな西村キヌコレクション不知火舞
久々に不知火舞フィギュアでぐっと来たのですが、知ったときには既にもう予約はどこも終わっていました。
でもある意味遅すぎてラッキー(?)にも既に二次出荷も決まってその予約が始まっていました。
うーん、初期出荷よりも3ヶ月くらいの遅れになるようですが、予約しちゃおうかなぁ。

取り敢えずAmazonさんで大きな画像を出して喜んでみたものの、今日2007/04/13現在、売り切れています。

西村キヌコレクション 不知火 舞 (1/6スケールPVC塗装済み完成品)


うーん、あみあみさんは一度買ったことあるのでここにしようか。

西村キヌコレクション CAPCOM VS. SNK2 不知火舞 完成品 マックス版(11月2次分 予約)


なお、おっきい画像のあるお店はインフィニティワンダーランドさんです。

西村キヌコレクション 不知火 舞 (しらぬい まい)【CAPCOM VS. SNK2 / マックスファクトリー二次予約 / 11月】

うう、このでかさはすごいなぁ

「天使のフライパン」3巻、ピラミッドハンバーグ食べたい
「天使のフライパン」3巻です。
キッズ・バイキングへの出場資格、及びメイン厨房残留を賭けたハンバーグ勝負の決着が冒頭でつきます。
2巻でいいとこで終わっていたのでやきもきしていたのですが、この冒頭シーンでまたあのおいしそうだったピラミッドハンバーグを想像してしまいました。

この作品では子供にもわかるおいしい料理を中心に料理が選ばれているのでこの巻でも冒頭にハンバーグが出てきて後はスパゲッティ、お子様ランチという展開です。
その分誰でもわかりやすい、説明要らずで画でそのおいしさが想像できるものが多い。ごちゃごちゃ細かい薀蓄も控えめでストレートに伝わる食欲が・・・ああもうたまりません。

タイトルなどの料理のイラストよりも本編でのモノクロでの料理の方が光って見えます。いた実際ぴかぴかした調子で書かれているのでなんか油多そうにも思えますがそれはきっと気のせいだ

天使のフライパン 3

本編で出てきたポテトのパスタ、うまそうでした。そしてピラミッドハンバーグも・・・。

「めっちゃキャン」3巻、もはやサービスカットというよりもネタになっている
「めっちゃキャン」3巻です。
これまでは気がつかなかったのか、目だっていないのかカバーを外した本体の表紙側のいちごの素肌率が多めです。・・・でもなんかこう普通な感じ。

本編が本編ですからねぇ、料理マンガですが必ずお約束のサービスカット、・・・なのかなぁ? どうももういちごのはくパンツは見せることを前提になっている怪しい柄が入っているので・・・
お正月の時の賀正パンツはさすがに

ということは置いておき、やはり料理シーンと人情シーンでどんどん突き進んでいたこのコミックもいちごの知らぬ間になにやら大きな流れが発生しております。
御前から放たれる刺客との闘いです。ただ、これが表立っては別の件の料理勝負として進んでいくので料理トーナメントみたいな感じではないのがいいです。あくまで別の物語の裏で結果こういう勝負になる、というとこがいいです。なんで毎回勝負になってしまうのか、というとこも相手は密かに御前様からの指令で勝負したいのだから、で納得です。

めっちゃキャン 3

なお、今回は乱れることでおなじみの料理評論家綾小路さんがあんま乱れていません、いや全体的に料理食べた後の味の表現方法がおとなしくなった・・・なぜ?
また、登場人物紹介にメアリーが載っているのですが、出番なし! むう学校出てこなかったしなぁ。

「かりん」11巻、いろんな杏樹が見られた(主に妄想内だけど)
「かりん」11巻です。実は新刊で買えたのは今巻が始めて。
なんせこれまでずーっと気になっていたのに買わなかった。2年も前から気にしていたけど、買った途端に終わりそうな感じがしていたので漫画喫茶で読めばいいやという状態でした。
でもどうにもこのコミックは入り辛い、アニメ化したんだからもっと入っていてもいいのに結構捜して1店舗、しかもそこも見つけた時に出ていた新刊までそろっていないし、それ以降も全然新刊追加なし。多分アニメ化の時に入れただけで止まっている模様でした
そんな状態でいずれ買う予定の作品としてマークしていたもののいつでも買える分いつでも後回し、というこれまたいつものパターン。
結局この2月になってちょっと買うコミックがなくなった時期と仕事のストレス解消(これ多いなぁ)でその時の既刊10巻まとめ買いです。
はあおもしろかったぁ、その後先週の風邪でも読み返したりと充実しています。

で11巻、杏樹メインの珍しい巻です。これまで大概のイベントにちょこちょこ絡んでいた杏樹が中心です。もう少し私は杏樹がよくわからなかったのでこの巻で彼女をよく知れるかと思いました。はい、よく知れました。でも果林とは全然違う冷静さが災いしてかもう少しおもしろさがなかった。初めての吸血の後の淡々とした処理がさすがです。
でも彼女と果林との思いのすれ違いは悲しいです。果林も果林なりにいたわっているから、つらいです。
杏樹の巻ですから彼女のこれまでにない表情が多く見られたのですが、やはりタバスコスープ後のブギー君による暴露の時の表情、衝撃的です。ま、大きく目を見開いたってだけですけど、これまでこんな表情なかっただけに杏樹の衝撃の大きさが覗えます。
後はあんじゅちゃん同盟の二人による想像の杏樹、この表情はもう今後もきっとないんでしょう。貴重です。

物語はこれで杏樹の覚醒も済み、遂に果林の増血鬼としての謎に話は進んでいくのでしょう。ああ、終わりに向かっているのですねぇ、小説も次で終わるし、連載誌では作者が読みきりを平行して描くようだし・・・。ちゃくちゃくと終わり、そして次の連載への布石が敷かれているようです。
そうなんだ、ジンクスのように結局こうなるんだけど、いずれ終わるのはどの作品でもそうなんだし、ここはすごいハッピーな展開を期待して次巻を待ちます。

かりん 11

この夏の炭酸水は硬度高い「ゲロルシュタイナー」か安めな「山崎の天然水で作ったソーダ」がよさげ
ローソンで「ゲロルシュタイナー」を販売していました。500mlのペットボトルで150円程度だったので買いやすい。これはこの夏に向けて新たな炭酸水開拓か。

飲んでみると当然匂いはなし、味は硬度高いというだけあってちょっと苦い感じがしますが炭酸が効いているので問題なし。いやこれは炭酸の苦味でしょうか。飲みやすいです。でもぐびぐび呑む感じじゃないですね。

炭酸水はここのところだいたいどこでも手に入るので「クリスタルガイザー スパークリングレモン」くらいでした。これはレモンフレーバーとか最近はライムフレーバーもコンビニで見かけるようになったようです。いいんですが、炭酸が後から入れてある分抜けやすい。
「ゲロルシュタイナー」は天然炭酸だからか抜けにくい感じ、単に元からの炭酸が濃い目なだけかも知れませんけど。炭酸味わいたいのでこれはいいのですが硬度が高い、ダイエットに有名な「コントレックス」並みの硬度がありますからたくさん呑むとおなかにきそうですけど。

ゲロルシュタイナー公式HP



さて、それ以外に目をつけているのは「THE PREMIUM SODA 山崎の天然水で作ったソーダ」です。うーん、これはお酒のコーナーに炭酸水割りのために置いてある炭酸水です。これのみを所謂嗜好品な炭酸水として楽しめるかというと、充分楽しめます。
炭酸割用だと塩分が入っていたりして独特の味付け(?)があることが多いのですがこれはそんなことはなく、普通においしい口当たりよい水にきつめの炭酸です。ただ、ビンに入っているので取り扱いがちょっと面倒。容量が350mlしかない分ちょっと飲みたいとか、安い(100円強)とかいう利点もあるし、途中の呑み残しも蓋すれば多少は炭酸が抜けにくい。

THE PREMIUM SODA 山崎の天然水で作ったソーダ公式HP



実は最近ペリエの缶が見当たらなくなったということもあり、この夏は「ゲロルシュタイナー」中心になりそうです。

コミックフラッパー2007年5月号、スピカ、物悲しい
「コミックフラッパー」2007年5月号です。
表紙はOKAMAさんです。謎のサヤエンドウ? がとにかく印象的ですが張るらしい若草色がベースの表紙。うーん、今回も本屋さんで多分1冊しか入っていなかったらしい発売日だというのにもうぼろぼろな裏表紙のを買います。(書棚にはビニルに入っていたので多分配送中の傷。はあ、冊数多いと選択肢もあるけど少ないとこんなもんだ)

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、巻頭カラーで気合入ったのか生徒会長さんの・・・。さて、ヒステリカ一派のテロの全貌がつかめてきて姫さん側から先手です。
緊迫した展開が引き続いていますが、ヴェラさんの思いとか、生徒会長やユヅルとかの事情とかもわかってきていますが、こりゃあどう転がったところで丸く収まらないだろうなぁ。ただ、相変わらずの自信満々な表情の姫さんが素敵です。当然皆を引っ張ることもあってそんな弱気な様を魅せるわけもないのですが、それにしても堂々とした様が板についていてよいです。今回も姫自ら身体張ってきていますので熱い展開ですが、その分おもしろ展開がない。それが残念

「BRAVE10」、堅いオッサンこと筧十蔵と一緒に、伊佐那海と才蔵で出雲に旅立つことになりました。伊佐那海はいつもの調子で才蔵にべったりで筧さんはふしだらだふしだらだってことで才蔵が疲れる展開です。ただ、案外才蔵もこれまでの話でいくと強いわけでもないのでこれからのピンチにはどう筧さんが活躍するかがみどころです。・・・と、その前に早くももうピンチ、でもって活躍した?のは伊佐那海。彼女の謎の力が判明する旅になるのでしょうか?
私は筧さんが伊佐那海に振り回される旅を希望します(ってもう既にだいぶ振り回されているけれども)

「退魔針」、なんと楽しい家、なのか恐い家なのか、「ワライガオ」の家系、気になります。

「ふたつのスピカ」、秋の死亡が使えられるところで前回は終わりました。今回はそれを知った皆の動揺を描くわけでなく、彼の最期への展開がたんたんと描かれていっております。なんていうかページ数も少なめに感じたし、もしかして次回もこの続きの重いところが続きそうですね。
仮にアスミ達の話にしたところでお葬式とかなんとか悲しいことばかり続きそうです。

「クリスティ・ハイテンション」、作者急病・・・

「アトリ抄」、天主の手料理を食べるアトリのシーンが少なめで残念。たくさん食べたって天主も言っているのですが、そこが魅力なアトリ(と私は思う)なのでもっとその楽しいシーンが欲しかったです。
天主とアトリが会ったからと言って物語はいい方向に展開しているわけでもなく、ただ天主が永の別れになるかも知れない闘いに赴く決意が語られています。
アトリにはこれ以上面倒に巻き込まれないようにと天主やナナセ達がなにやらしておりますがぁ、面倒なこと起こしそうな方も最後に出てきた。
あ、土地神のカクさんがなにげに無事でよかったです。

「うみんちゅ」、忘れないように書いておこう。ありませんでした。

コミックフラッパー公式サイト「FLAPPER.com」

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2007年 05月号

「ナチュン」1巻、イルカの映像からなにが始まるのか気になるものの
「ナチュン」1巻です。
天才数学者が発表した論文としてのイルカの映像、世間からは全く相手にされなかったものの、それからなにかを感じた主人公がその謎を解いてその理論から一攫千金を目指すような話です。
海もんなお話で、帯に「SF×沖縄=・・・」(=の後が実は正解だと読んでわかる)とか書いてあるので南国な楽しい展開でかつ謎解きもの? とか思って買いました。また、連載がアフタヌーンだから取り敢えず展開鈍くてもなんとか続くかなぁという淡い期待もあります。

ただ、読んでみてSFなとこは水中で長時間活動できるような人口鰓肺技術が開発されていることとそれに伴う海洋作業の変化くらい。
結局主人公が沖縄の小さな島で漁師の手伝いをしながらイルカの生態調査をしつつあのイルカ映像論文の謎を解く話です。そこに謎のイルカと仲良しの女性が今後ヒロインになるのかちょろっと出てきています。これだけ書くとなんか眩しいコバルトブルーな海とイルカと女の子ってわけですがぁ、読むとそんなんじゃない。
帯の文言にある「SF×沖縄=オッサン!?」の「オッサン」が非常に大きい、これはつまり主人公がやっかいになるわけありな漁師のオッサンが印象強い、半分以上は彼に主人公が振り回されている展開です。
全然イルカ映像の謎解きなんて展開でない漁師の話ばっかですよ、今のところ・・・
だるい展開かというとまあそれはそれ、なにげにおもしろかったりするのでいいのですけど。

ナチュン 1

1巻最後のとこでなにか事件の起こりそうな予感がしていますが、慌てずじっくりタネ蒔いてお話を育てていってください。

「ちとせげっちゅ!!」4巻、ありゃ
「ちとせげっちゅ!!」4巻です。
今回は「コイネコ」の新刊も出てすぐです。

今回は毎度の最初の4コマがこれまでのようなちとせのダイブから始まるパターンでなくなって新鮮です。実はもうネタないのかと思っていたのですが、まだまだいろいろありそうで楽しみです。
とは言えなにかある程度のパターン化が図られているようで今巻ではちとせがあさこ先生に頬つねられるコマから始まるのが何度かありました。うーん、でもなんかおんなしパターンで始まるのっておもしろいのかなぁ。

さて、この巻でもちとせと柏原さんに進展があるといえばあった。でもあさこ先生と柏原さんとにも進展があったような。でもこのコミックでこれらの進展があるとある意味おかしい、毎度おなじみの展開をいろんな見方で楽しませてほしいです。

あ、最近ちとせ母の出番が多くなってきた。顔出さないスタンスだけどものすごい存在感です。ちとせへの影響を懸念する今日この頃です。

ちとせげっちゅ!! 4

今回、あさこげっちゅ!!がおまけになかったのがとっても残念です。次には復活してください。
なお、背表紙ではちとせは「ありゃ」です。微妙・・・。

風邪ひいてまた風邪ひく
さて、今週は週初めから風邪気味でした。
水曜日にはなんとなく薬飲んで症状抑えて徐々に直しつつ仕事しようとしていましたが・・・悪化。
その後昨日まで寝込んで薬も飲んで医者にもかかっているのにもかかわらず熱が上がりまくってもうへとへと。
今日午後になってなんとか熱も下がり、全治までもう少し、気を抜かず養生しよう。

で、なぜかこの風邪で寝込んでいる間ぼーっと「かりん」を読み返し続けていた。なんか小説(増血記)まで読みたくなって今日は弟に買ってきてもらったりしているし・・・。さーて、小説読みまくりつつ休もう。

「びんちょうタン」2巻、これも力尽きて通常版買い・・・
「びんちょうタン」2巻です。1巻に引き続きこの2巻も限定版がありました。発売日も早かったのですが結局買いませんでした。コミックだけでいっぱいいっぱいでもうおまけとかをどう整理つけていいのかよくわかっていないので、1巻限定版のフィギュアは箱に入ったままだもんで2巻も同じ運命を辿ることがわかりましたので

さて、内容、うーん結構アニメで観た話のもとって感じです。でもアニメよりもこっちの方がたくさん情報があります。あろえが普通って言われまくっていますから、アニメの時に占いでレンたんが「普通の人生」とか言う意味がようやくここにきてわかった! なるほどあろえの悩みはそれなんですねぇ。一番気楽で普通な生活っぽかったけど、だからこそ普通が厭、なんかわかります。

びんちょうタンの健気なお仕事の日々が中心ですが、お祭の話はアニメはいっぱい話が広がっていたので、コミックは結構あっさりで残念。でもとにかくここでびんちょうタンがちくタン姉妹と知り合いになれた、これはでかい。今後アニメのようにもっと仲良く遊んで欲しいです。

今回の最後はびんちょうタンのおばあちゃんとの話、アニメでもあったけど、泣けます。やっぱ泣けます。びんちょうタン頑張れ、私も頑張ろう、そう思わせられます。

びんちょうタン 2

作者のあとがき、なんだかしみじみ読めます。こういうこと感じて描いているからこの作品はこんなにじんわりくるんだとわかります。

「ARIA」10巻、表紙はグランマ現役時代?
「ARIA」10巻です。結局限定版は買わなかった・・・ついでにいうと見かけもしなかった。見かけたら勢いで買う可能性もあったのですが、と言い訳(8巻くらいで限定版買い逃してしまってもうそのへんの意気込みが・・・)

さて、表紙、アリシアさんですか・・・? いやなにか違和感、カバー外して本体の表紙や裏表紙、中のカラー表紙などをみるとなぜかグランマ多し! これはやっぱ表紙もグランマ・・・伸縮自在!? は本体表紙の4コマですね。 とにかく表紙もグランマでしょう、そういうことで納得して本編です。

今回は火星での暦がはっきり紹介されていました。なるほど太陽一周は地球の2年分かかるので24月まであるものの、地球からの観光客向けにウンディーネ業界では地球風な暦に変換している。でも季節は2年で一巡するからややこしい。夏のクリスマスとかありえる暦なんだ。でも火星の公転周期は地球2年分よりは40日ほど少ないから実際の公転周期には準じていないんですね。むー、ああそりゃあサラマンダーとかが気候を調整しているんだからそういうことは可能か。
私としては独自の暦な方がおもしろかった。とは言えそうなるとあんまり地球の暦ネタを引き連れないからおもしろくなるか。

さて、常にちょっとむつかしく考えてくれるアリスのお話。アテナ先輩ってもっと無口だと思っていたけど、優しい人だ。ただ、ちょっとずれているところはやっぱりいつもどおり。ある意味よかった

トラゲットの話では、しっかりキャラが立った新たなウンディーネが3人も登場。シングルからプリマになるための大変な様や、だけどそれに向かう心意気というもの、杏をして語らせる作者の思い(だった筈)はよかったです。いっつも前向きにさせてくれるARIAですが、この話もほんとポジティブな生き方の見本というかなんというか青春なのでした。
また、灯里の操船技術がかなりの域に達していることもわかりました。逆漕ぎならすごいだけじゃなくなった彼女、プリマへの昇格も近い。でもプリマになっちゃうと作品終わりそうなのでまだまだシングルでいてください

怒ったとこをみたことないという灯里の話からアリシアさんの監視に入るアリスの話もある意味どきどき、実はなにげないとこでアリシアさん怒っていたり、実は怒っているけどそうは見えないだけってことかと思っていた私です。がそうではなくって明確な思いがあっての彼女の行動だったのです。これもまたいい話ですねぇ、こうやって人に当たって生きたいものです

暁さん登場の灯里との占話。こういうのって占いが当たる展開をおもしろく読むものなのでしょうか。ただ、それだけではなく、灯里の意外な一面を知ってしまって惚れ直したのは暁さん。そろそろ暁さんもアリシアさんではなくって灯里に気があるんだって自分で気づいたようで、これからの彼の言動に注目です。


ARIA(10)


クイーンズブレイド、第7弾、遂に魔法使いが登場予定に!
クイーンズブレイドの公式HPでは今後のシリーズのキャラ紹介が徐々に増えています。

「炎の使い手 ニクス」は遂にやってきた魔法使いです。むー、見た目は派手な印象で女王様キャラですが、実はそういう外見で威圧しているだけ。実際は気弱な小市民、しかも魔法が使えるのも意思を持つ杖の力で、逆にその杖にいいようにこき使われているようです。でも彼女自身もこれまでの復讐のためにこの杖と力を欲しているわけで、ある意味ギブ&テイクなのかもしれません。
取り敢えず、見た目と攻撃されたときの弱弱しい表情のギャップを楽しんでくださいってキャラなのでしょうか。
なんにせよ魔法使いです、これで対戦の幅も広がりますので楽しみです

クイーンズブレイド公式HP

あと今日2007/04/03現在でシルエットなキャラひとり、これは武器が鈍器系だ、これは僧侶系かも?

取り敢えずこの二人で第7弾なんでしょうか。以下の記事によると、少なくともニクスは第7弾で2007年6月発売予定です。

とれたて!ほびーちゃんねる - ◎『クイーンズブレイド』の第7シリーズ デザイン画初公開♪

で、おなじみ鋼鉄姫ユーミルさん、「もう少し待つのじゃ」とのコメントがあります。待ちましょう。

「拝み屋横丁顛末記」8巻
「拝み屋横丁顛末記」ももう8巻、なんだか気がついたら次の巻が出ていて焦って買っています。
なんていうか期待していないわけでなく、買ったらすぐに読むし、読み出したらもう一気に全部読んでしまうし、うん、おもしろいんだな。

今回は帯にもあるとおり爺萌えな巻、いやほぼどの巻でも中心は三爺のうっかりから始まる展開ですが、倦怠感もなく毎度毎度とにかくおもしろい。こんだけ同じような先の見える始まり方が多いのに(なにか曰くありげな物件を三爺がいじって問題発生)、展開は怒涛のおもしろさと最後の落ちは同じようで同じでないような・・・いや最後は大家さんのお仕置きだから一緒?
一話ごとに読みきりで読みやすいのがいいのかも。

さて、今回秀逸だったのは大家さんと徳光さんが入れ替わる話と、正太郎+三爺での双六の話。
知られざる徳光さんの日常がわかったり、双六はオチが素敵だったし。

拝み屋横丁顛末記 8

情報処理技術者試験、模試の結果
さあ4月に入り試験まで後2週間を切っています。
受験票は会社の団体申し込みしているので会社経由で渡されるので今のところまだ手元に来ていません。場所はともかく、受験する試験が間違っていたら速攻で変更届を出さねばならないので早く手元に届いて欲しいです。

さて、先だって3月の中旬に受けたアイテックさんの模試ですが、結果が届きました。
テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受験しますが、去年は午後2で10点足りなかった・・・
午前B、午後1C、午後2D、総合でCの評価。合否ライン上にいるのでラストスパートが必要とのことです。
うーん、やっぱり午後進むにつれ悪くなる傾向だ。
どうもメールのセキュリティについての知識が弱いようです。頑張らないと。

ただ模試でも昨年初めての試験でもセキュアプログラミングがPerlだったもんだからでしょう、Perlしかない。
私は今年はJavaが来そうな気もするのですが・・・。

試験まであと少し、過去問模試問の午後をさらっと見直しつつ、学習本も併用で試験を迎えます。
今年こそ受かりますように

「ユーベルブラッド」5巻、ピーピ達がピンチになると現れそうになるケインツェル
「ユーベルブラッド」5巻です。
やっと敵である7英雄のうちのひとりを倒したケインツェルですが、先はまだまだ長いです。
どうも今度の標的はバレスター砲台伯です。でも、今度もまたケインツェルが躊躇なく斬って捨てることができそうな感じの状態のお人です
いや、この巻の感じだけではどうにもこうにも次が自分らしいとわかってびびってしまって精神状態がおかしいだけで、これまでは普通にその地域を治めていたのかもしれないけど。
とはいえ、結局最初は裏切った側の7人ですから性根は腐っているのでしょうか。

そんな敵討ちの旅を続けるケインツェルはもう結構有名人、当然国中多くの人が暴虐無尽な悪人として。この段階でもう結構面も割れてしまっているので今後の旅はどうなるのか気になりますが、ピーピやアト達との旅は闘いに巻き込んでしまうので一人旅。地味な旅ですが、なにげにピーピ達の近所に居て様子も見ているというマメさです。(彼女達がケインツェルの跡を追っているってこともあるけど)

今回のメインは例のケインツェルの事情を知って最初のひとりの英雄を倒したときに密かにケインツェルを賞賛してしまったロズンさんの思惑により呼び寄せられた表紙に登場の4人、彼らとの戦いがメインです。
特にエルサリアが選帝侯の娘ということもあり、高潔というかプライドが高いというか・・・これはやはり群を抜く強さのケインツェルにいいように打ち負かされて・・・ということを期待していたのですが、アトが・・・アトがぁ・・・ 結局アトが足手まといってことが残念だった。人数的に不利でもあったし実は彼女はもっと強い筈と信じて今後の再登場を願います。
それにしてもロズンさんはいい人だ。この人からなにかもっとケインツェルの状況を打破する支援をしてもらいたいけど立場的に無理なのかなぁ。

そしてもうひとり気になる存在、グレン候の奴隷騎士イクフェス、ついでにしっかりロズンさんの知り合いでもあるのでこれはまたケインツェルとイクフェスの闘いにはロズンさんも立ち会ってくれるのでしょう。そして独り涙して闘いを見守るのか。

ユーベルブラット 5

しっかしアルテアさんの提案、「ピーピがピンチになればケインツェルが助けに現れるかも」はあながち間違いでないので、ピーピはピンチになるべきかも
いや、でもまたアルテアさんは乱闘をイクフェスに血を見ずに治めてもらったあとこうも言っています、「ケインツェルなら全員血祭りで大事になっていた」と。
ピーピ、やっぱ下手にピンチにはなれませんね。
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。