情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エマ」8巻DVD付き特装版をフォーク(!)と一緒に予約する
Amazonのキャンペーンギフト券が届いたの早速待望のエマ8巻DVD付き特装版を予約しました。
よかった、売り切れていなくて・・・。

ただ、この「エマ8巻DVD付き特装版」はお値段が微妙なのです。これを書いている2007/02/28現在、単品で買うと送料が発生してしまう、あともうちょい、もうちょいプラスで送料が無料に成るというのに・・・

エマ 8巻(DVD付き特装版)

結構よく知られていることですが、こういう時に一緒に買って送料無料の価格に満たすちょいとした小物があるのです。

キャプテンスタッグ プリンクフォーク
キャンプ用フォークですね。買うときは色を選択してショッピングカートに入れないと入りません 入らなくて悩んだ私
また、
キャプテンスタッグ プリンクナイフ
ナイフもあったりするのです。

が、フォークもナイフもなにげに便利で人気商品らしいので入荷に時間がかかる状態かもしれないので、一緒に予約するなら今のうちかも。(というか一緒に予約しないと意味ないか・・・)
スポンサーサイト

「乱飛乱外」3巻、お師匠の鋼体合(※愛なし)が、泣ける
「乱飛乱外」3巻はかがり達のお師匠様が出てきて葉っぱかける話からなのですが・・・。
やはり最初にいきなりかがりの神体合に対する鋼体合(※愛なし)が泣けます。普通にそういう術だとして流せばいいのにかがりの説明の「ある意味さみしい術」なんてあるからインパクト多すぎでした。
でもわざわざ(※愛なし)なんて書いてあるのは、鋼体合(※愛あり)もあるのかな? うーん、お師匠様カムバックです!

さて、話は相変わらず逆玉狙いな展開です。もう今回の姫も雷蔵とのお似合いなところの歳です。ようはちっこい姫です。ヒロインであるかがりのライバルになってくれるような年頃の姫が出てきて欲しいけど、やっぱ出ないか。

ただこの巻でついに雷蔵にも必殺技発動、というか隠切の太刀をときどき使えるようにもなり、そろそろ彼が守られてばっかりじゃあなくなってきています。
だから逆にかがりの神体合のインパクトも低めになってきている。
「乱飛乱外」はかがりの神体合があってこそだし。神体合の時のかがりの表情が好き。

乱飛乱外 3

ここ2,3日は花粉症の症状がかなりきつかった
金曜日がいきなりもう最悪でした。
1週間の疲れ貯めつつちょっと睡眠不足で迎えたのが悪かったようですね。
最初風邪かと思っていましたが、どうにもみずっぽい止まらない鼻水とか、目のかゆみ、うーん、最後は寒気もしてもう最悪でした。
土曜日は起きたらなんとか治まっていたのですが、外出したら途端にくしゃみの連発、ううう
日曜日に今日は家に閉じこもろうかと思ったけど、なんかやっぱ家に居るばっかはヤなので結局外出してしまい・・・。
ただ、金曜日が最悪だっただけで土日は結構落ち着いています。
今日は早く寝て明日に備えて体力をつけないと。

クイーンズブレイド第6弾、「武器屋カトレア」のプレビュー
クイーンズブレイド第6弾、「武器屋カトレア」のプレビュー、ホビージャパンゲームblogです。
ナナエルのプレビューで変わったキャラだと予告されていたのでとにかく楽しみしたが、うん、やはり特殊なキャラでした。

・・・裸エプロンの人妻キャラが発売当初から企画されていたとは・・・ 

さて、とにかく気になるのは子供のラナです。彼は結局彼女の足枷なだけなのか、なにか精神的な支えになったりしているのかと思っておりましたが・・・どうもとにかく足枷なだけだとわかってかなり残念。彼女の身体に張り付いているのでとにかくえらいことになっているラナなようです。

そして戦法として気になる2種の武器です。イラストでおなじみの大剣と、ジャベリン。モードを切り替えながら戦うということなので武器替えの隙があるのかなぁ。
ジャベリンは万能と名がついているだけのことがあり、投げっぱなしではない。普通の槍のように使えるのか。

あとは特殊なこととして子供を生んだ女性は恐怖感を感じにくくなるという科学的根拠から、カトレアさんは恐怖系の攻撃が効かないのです! おお、これは凄い。
となるとやっぱしこれはラナが単なる足枷でない・・・ということにしておこう。

ホビージャパンゲームblog クイーンズブレイド 第6シリーズプレビュー第2回


クイーンズブレイド 武器屋カトレア


で、最後に必見情報として間もなく発売のMegami MAGAZINE Creators (メガミマガジン・クリエイターズ) 2007年 04月号でクイーンズブレイド特集があるそうです。全キャラ紹介やF.Sさん書下ろしピンナップも、と。チェックしておこう。

Amazonでエマ8巻特装版の予約が始まったけど
やっとAmazonでもエマ8巻の予約が始まりました。
アニメの第1期と第2期の間になる1話が入ったDVDつきの特装版も予約開始!
面倒なのでAmazonで予約するとしたいところですが・・・1月に液晶ディスプレイ(ナナオのFlexScan L997)を買ったのでキャンペーンでAmazonギフト券がこの2月末に届く予定、そしてこのギフトはたったひと月しか有効期間がないのです。
だからここはぐっと我慢して2月末を待ちましょう。
とは言え、特装版が売り切れる可能性もあるしなぁ・・・たくさん確保されていることを願います。

エマ 8巻(DVD付き特装版)

Amazonギフト券は10%だから15,000ポイントの予定、これ以外はクイーンズブレイドとか様子を見てからガンダム無双を買いたい・・・。

「コミックリュウ」2007年4月号。ゆるにゃーカラー
「COMICリュウ」2007年4月号、表紙はまたなんか当初の感じに戻ってきました。暗色系の渋い絵柄。前回3月号の淡い色彩の方が好きだったのですが・・・、まあ内容とあっているといえば渋い方が合っているかな。
・・・でも、表紙めくるとピンナップはokamaさん、むむ、どういう方面に向かっているのですか、コミックリュウ!? 

「ひなぎく純真女学園」、カラーです。でもカラーだからかいつもと違う展開・・・いつもの4コマをカラーにしてもらうだけでいいのに・・・ ヒーナーズ、樫宮さんがかわいいのでいっか。
で、通常の4コマはカラーでないちゃんと連載されていました。
でもってこっちはやっぱり樫宮さんの夢話から始まりその夢に現を重ね合わせて独り苦悶する樫宮さん・・・。これを基点として彼女の行動が決まっている。今回はとにかく樫宮さんすごく頑張る! よかった、でも次回に引き継ぐ風雲急を告げる展開です。木成さん、そんなこと言うキャラなのですね? うーん、誤解であってほしい。

「青空にとおく酒浸り」、おお、今回もしのさんの過去の話をある意味しっかりやって物語が進んでいますよ。MMを絡めたなんか正統的な展開です。それでいて安永節なとこもあって楽しいし。こりゃコミックなんとか出そうだなと淡い期待を持ちます。

「夜討ち朝駆け朝ぼらけ」鬼魔あづささんの読みきり。垢舐めのお話・・・でいいのかな(多分違う)。とは言え垢舐めがかわいかった。この主要キャラで連載・・・にするとよくある妖魔討伐ものになってしまうようなしないような。でもなんかこの垢舐め、再登場願いたいです。

「RIVIVE!」、なんかゆっくりと話は進んでいますが、結局脱サラものになるのかなぁ。なんともわからない。

「ゆるユルにゃー!!」、さあカラー、待ちに待っていました。なんとヨークの昔話、最初から天涯孤独ってわけじゃなかったんですね。でもヨークの移動というのはいつも唐突に起きますが・・・かわいい展開だけど、残酷な流れだ・・・ 「そして はじまる」って最後の4コマのタイトルがなんか泣けます。

「子はカズガイの甘納豆」、特別篇、あんまり子供話でなかった。のでそれほどおもしろくなかった。

「陽だまり少女紀行」、函館でクリスマス後編です。夕方から夜へと徐々に暗くなっていきます。最初の一枚絵の空の色、冬で雪がちらつく夕方、空はもう青みを失って白くなってきています。・・・ああ、今日も終わり、なんか物悲しい色。それとももう空はうっすら雲に包まれているのでしょうか、雪降っているしそうなのかな、ヤだな。
と、今回はとにかく背景の空の色の移ろい見ているだけでいろいろ思うことあって楽しかったです。
多分実際の写真から起こしているんでしょうけど、こういうの、好きなんです。(ジャンルは違うけどFOGの実写背景ゲーム(みちのく秘湯とか風雨来記とか)が好き)
次回は遠野、どこが出てくるかなぁ。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2007年 04月号

今後も今回のような読みきりが多かったら買いです。でもやっぱり石黒正数さんの復活、そして連載化が待たれます。

花粉、飛び始めましたね
先週の途中から急に調子が悪くなったのは、当然花粉の飛散が原因でしょう。
ただ、ここのところ毎年多少は症状が軽くなっていると思います。
去年も今年もずっと1月からもうマスクして、風邪予防もしつつ花粉症へも対応です。
去年は少なかったからとても楽でしたが、今年はそこそこ飛びそうだという予報なので、しっかり予防しておこう。
ただ、鼻に塗るという製品はなんかきつそうでいやですね、マスクし続けよう。
ところでヨーグルト食べると花粉症に良いというのはどうなんでしょう? 普段に食べているのでその影響で症状が軽くなっているのなら、願ったり叶ったりですね。

クイーンズブレイド第6弾、「光明の天使ナナエル」のプレビュー
クイーンズブレイド第6弾、「光明の天使ナナエル」のプレビューがいつものようにホビージャパンゲームblogに登場です。・・・うーん、トーナメントはどうなっているのやら

さて、これまで彼女に勝つには例の聖乳をビンから全部こぼせばいいってことでした。しかし今回のプレビューで訂正があり、彼女は通常の武器で傷つかないわけでない、普通に傷つきはするが死にはしない、でも体力-5になると天界に帰ることになって扱いは一緒。なんだ普通のキャラですね。
それよりも負ける条件が聖乳の分も追加されていて弱いキャラ? ではないようですね。
空を飛べるし、体力も16もある。飛行モード中は身長が6扱いになるのも有利です。でも飛行中に打ち落とされると墜落して追加ダメージもあり。どうなんだろう? 体力があり余っているので後は防御がそれくらいかでしょうけど・・・。

イラスト的にはやっぱり聖乳こぼれ絵ばっかりなのかと思いきや、念動力で武器扱うので攻撃中に全然関係ないことをしているようでそれが見所ですね。
というわけでちょっと(?)変わった本となるそうです。

でも私としてはやっぱり当初の説明のように通常武器では傷つかないっていう設定がよかったなぁ。となるとダメージ画面は常に聖乳こぼれ? それはそれでちといやだけど、攻撃受けても平然としているイラストってのも新鮮でいいかと思っていたのです。

ホビージャパンゲームblog クイーンズブレイド 第6シリーズプレビュー第1回


クイーンズブレイド 光明の天使ナナエル


そしてもっと変わった本になるというカトレアさん、早くプレビューしてください。

コミックビーム2007年3月号、エマ番外篇はエーリヒとテオ
コミックビーム2007年3月号、アニメのエマの2期情報も少しずつ展開しています。
アニメ第二幕の公式HPも最近では森薫さんの部屋が始まっており、なにげに更新頻度も高めなのでチェックしておかないと。

今回の番外篇も、やはりアニメ第二幕のメルダース家にちなんでそこの息子のエーリヒとペットのリスのテオの話。
ほぼ、テオの活動が中心のセリフのない話でした。動物マンガでした、たまにこういうのがあるのもおもしろい、でも自然は危険がいっぱいです。
コミックビームのほかの連載では「八福神」がおもしろかった。半井大暴れ。

コミックビーム 2007年 03月号

英国戀物語エマ第二期公式サイト

そうそう、ようやくコミック8巻の情報が出てきました。なんと今度はDVDがついた特装版があるようです。
でもってDVDは第一幕と第二幕の幕間な話でタイトルそのものの「幕間」な1話がまるまる入っている。うーん、「幕間」って放送はあるのかな? とか言っててもとにかく特装版は手に入れないといけないですねぇ、特装版のみの書き下ろしカバーイラストもありますしね
特装版「エマ (8)巻」<DVD付き>(3月26日発売予定)
今日2007/02/15現在・・・既に上記星野書店コミックステージでは売り切れか・・・Amazonはまだ商品情報がない。
週末に地元の書店で予約するか。

シャープのBDプレーヤー「BD-HP1」、気になります
今日発表されたシャープの初のBDプレーヤー「BD-HP1」ですが、これはAQUOSとi.LINK接続で録画します。
i.LINKってことはHDDレコーダに録ったデジタルハイビジョンがそのままムーブできるのでは・・・むむ、シャープ製なら可能とのこと!
Rec-POTに溜まった(とは言っても「エマ」くらい)番組も移動できるのかな? むう、TVとの接続で録画ができるのは他社製品は動作確認できていない・・・つまりできないらしい。
でもRec-POTはそういう意味合いではないので、AQUOSに接続してならもしかしてムーブができるのでは・・・とか気楽なことを考えております。

結局問題は「BD-HP1」はチューナーはAQUOSを使用する形でAQUOS以外なら単なるBD再生機、また再生は片面2層できるものの録画は1層のもののみってことも微妙だ。
とは言えRec-POTからのムーブが色々制限ありつつもできるなら・・・考えてしまいます。

「コンシェルジュ」8巻、なんか純菜さんが違う
「コンシェルジュ」8巻はなんだかだいぶこれまでと毛色が違いました。
これまでもホテルのお客さんへの要望に結構踏み込んで対応しておりましたが、なんか妙にメッセージ性が強まってきています。いや、作中の話というよりも読者に対するそれがきつい。
おもしろいながらも、なんか含んでいるのかなぁと思いつつ読んでいると、ちょっと・・・
とは言え、それを差し引いて余りあるおもしろさですけど。

さて、今回は表紙の真ん中で主役っぽい扱いの純菜さんでしたが、こんなキャラだったのでしょうか? もっと落ち着いたお姉さんキャラだった筈なんですけど今回は川口さんと喧嘩したり恐がりだってことがばれたり・・・。それはそれでおいしいところ持ってってますけど
ただ、やっぱり私は純菜さんのコンシェルジュの制服に違和感あり、バンケットの制服のがよかった。
そういえば金城さんがこれからのコスプレ要員? 今回はバンケットの制服がすごく似合っていた。営繕の時の作業着でもコンシェルジュ制服でもどれでも無難に似合っていますけど。地味に本編の裏でちょこちょこでてくる表情が好き。かつての小姫さんみたいに。

制服といえば及川さん、なぜに彼女のバンケット姿が3段抜きで・・・前巻だったかでもコンシェルジュの若い子の制服着た想像が登場したり・・・うーん、数少ない眼鏡キャラだからそういう方面向け? バンケットの石和さんの登場を増やして眼鏡成分を追加したほうがいいと思います

コンシェルジュ (8)

ところで最後のコラムって誰のコラム? 単純に考えると原作者なんでしょうけど・・・今回の食の安全に関する話は読後感もうちょっとだった。

「世界樹の迷宮」を始めました、長く遊べるといいな
「世界樹の迷宮」、買いました。
「三国志大戦DS」の直前に発売だったのでおもしろそうだったけど、「三国志大戦DS」があるからと買わずにいました。が、予想外に「三国志大戦DS」をクリア(結局Wi-Fi対戦は勝てないし勝てそうでも切断されるのでストレスたまるしひとりで遊ぶモードが少ないので・・・)してしまいました。
でもそこで買おうとするとお店で売り切れ・・・いつものパターンですね。欲しいときにはない、そしてそれで所有欲が煽られてなんだかわからないうちに必死に買っているのです・・・。というわけで先だってようやく手に入れました。

まずはキャラメイク、ギルド名から始まってキャラの名前まで全て自分で考えなくてはいけないので、面倒くさがりの人にはハードルですね。デフォルトで勝手に名前付けてくれてもいいのに、とか思いつつも小説書くのが趣味だったこともあって名前のストックはあったりするのでとっととつけてそれだけで悦に入る私。職業選択して外見が複数から選べるのも同一職業で複数キャラ準備するのにいいですね。

初期で作成できる職業を各1キャラつくり、迷宮へ降りていきます。スキル振りが重要そうですね、やり直し効かないのならここはまず全然振らずに突入・・・でも、少し進むとスキル振りましょうと説明が入るので、振ります。
うーん、1レベルで1ずつしか振れないし、キャラ育成を考えて使えるものから・・・いや、このスキル表は全部のスキルが見えているしそれぞれ前提スキル条件もわかる。じっくり先を見据えてがいいか? というわけで後衛職には敢えて即使用できない振り方をして始めます。だから回復もできない魔法攻撃もできない・・・ まだ最初だし力押しで進んで行って疲れたら帰って宿で回復で行こう。

さて、迷宮はマッピングさせられるの最近のオートマッピングに慣れた身としては面倒だなぁと思いつつも最初の面を書き込みつつそのおもしろさがわかってきた。結局この手の3D箱庭なマップは壁に向かって正対しないと状況が得られません。オートマッピングだと勝手に書き込まれてちゃんとその部分を確認したらわかりませんがこれだとそっち向いて壁の確認、なにかあったりしたら書き込みすればいい。なにもなくても確認した証として壁のラインをひく。わかりやすい。
さらにメモも残せるのもいいですね。宝箱開けた確認にその内容物を書いておいたりして、使い方工夫できそう。

でも早くも最初の面で回復ないときついとわかります。さらに堅い敵も出てきました。魔法もいるなぁ。むうパラディン、ダークハンター、メディック、アルケミスト、バードなパーティで攻撃力は低めの防御高めな安全パーティにしたつもりでした。が、早くも全滅も体験。
じっくりやっていきましょう。
ちなみにレンジャーは草刈系要員予定でしたが、強いですねぇ、育てたくなってしまう。
あとは敢えてつくるだけつくっただけのソードマン、斧使うってとこが妙に気になりますが・・・ブシドーやカースメーカーが作れるようになってからのセカンドパーティーに置いてみようかな。

とかいうわけでまだまだ3面くらいまででFOEに追いかけられているとこです。

通勤途中にぼちぼち遊びましょう。

世界樹の迷宮(特典無し)

かつてはこういうゲームは情報なしでやっていたものですが、最近は時間もないので2度目3度目できないかもってことで結局攻略サイトを調べてしまいます。
特にスキル割り振りはもう、調べないと恐くって割り振れない・・・

クイーンズブレイド第6弾、表紙も見えてきました
クイーンズブレイド第6弾、「光明の天使ナナエル」と「武器屋カトレア」、表紙がAmazonでも見えてきました。
例の如く喜んで大きく表示してみましょう。


クイーンズブレイド 光明の天使ナナエル



クイーンズブレイド 武器屋カトレア


まあナナエルはいつものイラストのまま変更なかったのですが、カトレアは変わりました。あ、武器がない。
これまでの慣例でいくと武器がなんとなくわかるように持っていたり見えていたりするのですが、今回カトレアはあの圧倒的な巨大剣がありません。うーん、せめて後ろに突き立てておくとかしてほしかった・・・。
! もしやカトレアの本当の武器はこの表紙に印象的に存在している息子のラナなのか いや戦う理由とかモチベーションとしての存在は大きいだろうけど、それはないか。

さて、そろそろ予約しよう。このところ通勤途中にいい感じの本屋さんがないので、地元の本屋さんで予約してその週末に受け取るか、ネット書店か。ただ、どっちにせよ発売日に手に入らないのは、ネットの状況見ていたりするともどかしい思いをするから嫌なんですけど。(答えは地元の夜遅くまで開いている本屋さんで予約して発売日の仕事帰りに受け取りに行く・・・かな)

コミックフラッパー2007年3月号、ようやく購入
「コミックフラッパー」2007年3月号です。
通勤の途中に買えなく、ようやく今日のお休み土曜日コミックフラッパーのある本屋さんに行けました。
表紙はOKAMAさんです。ああ、そう言えば表紙のイラストも多く含んだ画集が出ているようですが・・・ま、そりゃコミックフラッパー本誌が見つからないのですから、推して知ってください。まだ本屋さんで見てもいません、今回買った本屋さんでもフラッパー1冊だけだったし。

「ふたつのスピカ」、遂に秋が宇宙飛行士となることが公になり、周りが騒がしくなってきました。2週間の健康診断がみっちり行われますが、彼の健康状態、ほんとのところはどうなんでしょう? 健康診断でやっぱり駄目でしたという展開になるのがスピカっぽいのですが・・・
ただ、これを契機にアスミ達の中では終わったマリカの話がマスコミ側から焚きつけられてややこしいことになりそうです。
宇宙飛行士を目指すアスミというばかりでない周りのこと、気になります。
あと、原稿が・・・休載にならずに頑張って欲しいです。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、生徒会長さんは姫さんをおびき出すための駒だったようです。お隣のユヅルに対する未練があるのか、ユヅルの今後の行動が彼女のバンドへの復帰のキーになりそうです。
そしてここで生徒会長の裏にいたヴァンパイアが出てきました。相変わらずアキラがひとりで踏ん張るのかと思っていたら出てきました人狼部隊8人、こら安泰ですね。次回はさっくり勝つんでしょうが、ユヅルが追いかけてきたからなぁ・・・

「クリスティ・ハイテンション」、次の事件までの間のお話。前回の事件の時の登場人物グレースさんが再登場。クリスティの家庭教師になってしまいました。かわいいキャラ(クリスティはかわいいというよりもかっこいいキャラ)というのがいなかったのでこれで揃ってきたのでしょう。
ホームズさんがあんまり出てこない今回でしたが次回からは赤毛連盟のお話になりそうです。さくっと「赤毛連盟」復習しておくと先が読めつつもクリスティの絡みで変わる展開も楽しめそうです。

「アトリ抄」、遂にアトリがお母さんと会いました。
次回以降母子の話が楽しみです。
ミヤコがアトリのサポートを見つからずにするとこがミヤコらしいのですが、アトリはミヤコにわだかまりなんてないので普通に姿見せればいいのにねぇ。
ナルミとムカウという組み合わせで普通にナルミが接しているのとか、さらっとナルミがアトリがどうあっても友達だ、とか言うのがよかったです。ナルミってもっと最初はいろいろ尖がっていたのに。でも結局ムカウと一緒で友達のままでいいのかい・・・やっぱほんとヒーさんの方がいいの?

「具幻絵師からくり奇譚」、読みきりですが2回目の登場。初めての時は具幻絵師というものについての説明が必要だったのでもうひとつ物語は具幻絵師中心でしたが、今回はさっくりと具幻絵師のことはわかっているものとして物語に身が入っています。具幻絵師の能力の使いどころがどうとかいうよりも、人情もののお話は好きです。

「うみんちゅ」、今回もなかった。残念。アンケートに復活してもらうように書いておこう。

コミックフラッパー公式サイト「FLAPPER.com」

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2007年 03月号

okamarble

最近あったかいので、違和感
うちの家はこの時季だと雪がどこかに見えるものです。でも今年はとっても暖冬、1週間ほど前に久々に降って積もった雪も2,3日で消えてしまいました。
今日も雨、なんだか春のような雰囲気。
このまま春になるのかなぁ・・・いや、例年だと2月末頃にもう一度雪が積もるのでまだ気を抜けません。
ただ、妙にあったかいので体調が・・・いいですね
寒いと家の中でも吐く息白い場所があったりするので、気温が高いということはそれだけでありがたいことなのです。

「ちとせげっちゅ!!」、買った。番外編の「あさこげっちゅ!!」がいいなぁ・・・
「ちとせげっちゅ!!」を買いました。
「コイネコ」の真島悦也さんの作品ですが、これまで全然気がつきませんでした。
ただ、かつてはなにかひとつおもしろい作品のある作家を知れば、もう初期作品集から短編、ついでに画集までなんでも買ってしまっていたのですが・・・疲れました。
いや、正確にはその最初におもしろいと感じた作品はおもしろいけど、他の初期の作品ははずれが多いし、そもそも画集も高いわりにはそれほど満足感が得られない。
最近では同一作家の別作品を過去にさかのぼってチェックすることもなくなってしまいました。新作で出ていると気づいてチェックするけど。
そいったわけで真島作品でしたが、4コマはノーチェックでもありましたので、まだ連載続いていますが知りませんでした「ちとせげっちゅ!!」、結局知るのは最近Amazonのお薦めです
3巻まで出ているのでやっぱり1巻だけでチェック。最初はほんと初期の作品なので絵柄がなんだか違う。けど1巻途中からがらっと変わりました。展開もなんというかちとせが柏原さんにダイブって展開の4コマ目がもう少し・・・というのが多くて悲しかったのですが、なんか慣れた! いや、最近はオチが読めてもちゃんとおもしろい。
ただ、お気に入りのキャラが麻子先生です。微妙な楽しみ方になってしまっているな。

ちとせげっちゅ!! 3

2巻からは麻子先生の4コマが巻末にあるのが嬉しいです。カバー外した本体の裏表紙の麻子先生のイラストもちっちゃいけど、ポイントだ

コミックフラッパー2007年3月号、仕事帰りに見つけられず
今日はコミックフラッパー2007年3月号の発売日です。
いつもなら会社の近所の本屋さんで1冊か2冊しかないんですがほぼ確実に買えるのです。
が、現在別天地・・・駅はそこそこ大きいもののそこから現在の仕事先への交通機関が少ないので行きも帰りも駅で時間つぶしが必要です。
朝は早すぎて開いているのはコンビニくらい、帰りはちょっと遅れると一斉に閉まってしまうもののなんとか閉店直前くらいには間に合う本屋さんが2,3店舗ある。
けど・・・品揃えが微妙 よっぽど会社の近所のいつもの本屋さんの方が小さいしコミック売り場も狭いというのになぜ、全然なんだろう? 駅前の商店街の本屋さんは昔はあったのに今はないし・・・。郊外型の大型書店ができてしまっているから、そっちに行きたいけど無理、駅での時間つぶしに30分あるものの郊外まで出て帰ってこれる時間でもない。
ほんっと、フラッパーやばいなぁ。増刊であるコミック三国志マガジンはあったりするから、逆に悲しいし。

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2007年 03月号

買えるのは今週末に地元で、かな。残っているかなぁ・・・

「ぴよぴよ」、早くも2つ目の短編集
水上悟志さんの短編集の2つめです。1つ目の「げこげこ」も出るの早いと思いましたが、この2つ目も予想外。本屋さんに並んでいるの見て存在知って慌てて買ったという状態です。
今回は「げこげこ」よりも短編じゃない、シリーズものがあって読んでいて落ち着いた。1話ごとにリセットすると読んでいて大変、設定とかわかってきたらさっさと終わってしまうから。
でもなんていうか、短編向きなのでしょうか水上さん。・・・いや、なにか根底がおんなじな世界? 水上世界だって思って読むと短編でもわかりやすい。

今回良かったのが、「百鬼町」シリーズ、なによりもくろがねが出てきた・・・いや黒天女・・・でっかくなったなぁ、また「散人左道」読み返そう。
「百鬼町」シリーズ、連載にならないかなぁ。

ぴよぴよ

今日は風呂三昧
昨日は休日出勤でした。
今日は休みで明日は出勤、今日は疲れを取るしかないですね。
起きてお昼過ぎにはちょっと遠めのスーパー銭湯に行きました。
うーん、やっぱスチームなサウナは気持ちいいです。さらにそこにあった例のぶるぶる震えるマシーン(コンビニフィットネスなやつ、以前仕事帰りに行ったのとはまた別の機種だ)で5分300円。ちと高いか。さらにマッサージも20分ほどしてもらってきた。目が疲れているので肩も首筋も凝っています。
その後だらだら(と言っても普通に車運転して)帰ってきました。
そいでもって夕方、また別のお風呂に行きました・・・。
むう、こんな日に2度入るなんて温泉に湯治に行っているわけでもないのに・・・けど、なんか冷えてきていたので行ってみました。
むう、やっぱスチームサウナは・・・。
しかし、こっちのお風呂もコンビニフィットネスのまた別の機種のんがある。これはさすがに2度もするのは逆に疲れそう。しませんでした。
今日は風呂三昧、明日からまた頑張ろう!

クイーンズブレイド「美闘士列伝」春から刊行
クイーンズブレイドのキャラごとのストーリーブックが出ます。
32ページ全編描き下ろしフルカラーイラスト、微妙にクイーンズブレイドのキャラ商品が私の求める方向とは違う方でしたが、これは私としては結構正当な方向です。
やっとそれぞれのキャラのストーリーの一部が紹介されるのですから。
ついでにドラマCDがついてきます。このストーリーブックの内容に沿ったもののようです。いたせり尽くせりですね
第1弾は「武者巫女絵巻」、トモエさんです。当然イラストはえぃわさんです。ポイントは新キャラが登場するということ、甲魔忍軍頭領シズカ、ライバルです。おおう、ストーリーブックで人気あるキャラのゲームブックが出る、というとてもわかりやすくて嬉しい展開もあるかも知れません。
またドラマCDにはボーナストラックとしてゲームブックに対応した音声が入っています。うーん、これって昔のゲームCDの効果音集に入っているようなもんになるんでしょうか。

クイーンズブレイド公式HP

そうそう、つい昨日まで私は公式HPのリンクを旧リンクのままブラウザにブックマークしていたのです。一見普通に表示はされるのですがニュースと更新履歴のリンクに飛べずに悩んでおりました。というわけで「1月29日 鋼鉄姫ユーミルに関しまして」が非常に気になっていたのです。発売中止とかだったら・・・なんて思って。実際は2007年内には出す予定だが未定という連絡ですねぇ、いやはや結局なんとも言えないもどかしさ
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。