情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光興業の液晶フィルタ SD8W-240SLZ/bを買う
DELLの液晶ディスプレイ2407WFPを買ってから、ビデオボードを換えてDVI接続にしてみたり、フィルタを買っては貼ってみたりといろいろと対策を続けていました。
結局上記の設定と輝度調整(ま、ほぼ0にしていたのだけれども)をすることでなんとか見られるようにはなっていました。
でも最近ちょっとプログラミングしてみたりするともう格段の目の疲れ、特にディスプレイに白を表示させるとどんなに暗くしても粒子状のぎらつきが目立ちます。
結局フィルタをもっとよいものにするか、ディスプレイ換えるかです。

色々と高そうなものから検討に入りますが、少し調べてわかりました。24ワイドって選択肢がないってことに

光興業の液晶フィルタのSUPER DESK8の24型のもの。ハイグレードとエコノミー、大きく2種あります。エコノミーでも結構なお値段ですが、こういう時ってもういいのにした方がいいでしょう。いくとこまで行ってしまえば駄目でも諦めがつくってもの。
透過率は70%のものもありますが眩しいのをなんとかしたいんですからそんな緩いことは言いません、ノーマルに50%のままで。
後はDELLのディスプレイに合わせて色は黒(他にシルバーがある)にします。

これでAmazonから注文です。うん、例のショッピングカード買い集めの9割がたはこれ購入に使いました。
Amazon注文すると在庫がないので取り寄せになるようで、ひと月以上先に納入予定となっています・・・。うーん、もうちょっと早くしてほしいと思いつつ待つ。
すると注文から10日弱、突然発送しましたメールです。案外早く入った、ラッキー。

翌日に届きました。・・・しかし入ってくるダンボールがでかい! フィルタ本体をふたまわりくらい大きい本来のパッケージ、それをさらにみまわりよまわり大きくAmazonダンボール。これだけ厳重ですから当然フィルタに傷もない。

ディスプレイへの取り付け方は平べったいゴムバンドです。単純にフィルタ両側にゴムバンドつけて裏側でディスプレイ本体を挟むだけです。
フィルタの枠は金属製です。そこの両側にゴムバンドとつなぐアタッチがあります。上下に移動するのでディスプレイの形状に合わせて適当な位置を選べます。
私のDELL2407WFPでは左側中央部にはカードスロットが並びますので上から5cm降りたあたりではめました。
取り扱い説明書によるとゴムバンドは調度の長さから左右3cmずつ計6cm短くなるように切って伸ばしてはめるように書いてあります。
このディスプレイの場合ゴムバンドの初期の長さが調度の長さから1cmくらい短い程度です。とりあえず面倒なので切らずにそのままはめてみました・・・安定した。いいやもうこのままで。
なお、フィルタの金属の枠はディスプレイの枠に調度収まります。色も黒なので違和感なくすっきりです。
あ、右下の電源ボタンやディスプレイ設定のボタンが隠れますが、私はディスプレイは本体電源連動にしているので問題ない。ま、ゴムバンドなのでちょっとずらして押して元に戻すことも簡単ですが。
ディスプレイに接する側の枠裏にはパッキングがついていますのでがたついてボタンを押したりはありません。あるいはパッキングがきつくって押しっぱなしにするわけでもないです。ゴムバンドきつくしたらどうなるのだろう? でもこのディスプレイは結構押す必要があるので直接そのあたりにゴムバンドを持ってこない限り大丈夫でしょう。

さ、そして見た目です。これまでの真っ暗のような輝度ゼロの世界や色調整なども一旦初期化して見てみます。
おおう、見やすい、輝度100だと言うのに眩しさが違う(眩しくないわけではない)。目に焼きつくようなぎらつきは治まりました。まあこれくらいの変化がないとね。
色合いもちょっとデフォルトの青みを押さえて輝度も50まで落として暫く使ってみます。

そうそう、せっかくですからディスプレイに張り付いているフィルタは貼ったまんまです。

光興業の高輝度大型モニター専用フィルターHP

光興業 液晶専用 SUPER DESK8 SLZ ハイグレードタイプ (24.0型ワイド)ブラックフレーム SD8W-240SLZ/b

なお、どうにも公式HPのHIKARI博士・・・いや、まあなんです、ねぇ・・・
スポンサーサイト

冬の中辛、大辛、激辛 カレー味
ジャパンフリトレーの「冬の中辛カレー味」、「冬の大辛カレー味」、「冬の激辛カレー味」です。中大劇の順に辛くなっていきます。
パフ状に揚がったコーンにカレー味なスナックです。まあカールっぽい食感。
カレー好きだし、カレー味なら辛くてもまあ食べられそう。

中辛は、うん、よくある辛いお菓子です。普通にカレー味でおいしいです。
大辛は、うーむ、大して中辛と変わらないと思っていたのですが、ぱくっと一個口に入れ、見事に大辛を体験です。私ではこれを複数連続で食べるのは危険です。
では、と恐る恐る激辛です。うわー、ひりひりと口中に広がる辛さ、カレー味はもう関係なく、ハバネロの辛さです。当然一個だけでこの辛さです。むむー、なにか飲み物と一緒がいいのかなぁ。ただ、辛さが引いてくるとまた食べたくなります。ぼちぼち食べていきましょう。

しかし、ジャパンフリトレーって公式HPないんだ。

Panasonic VIERA TH-37PX60を買う
うちはこれまでハイビジョンはブラウン管26型のみでした。
結構古いので地上波デジタルチューナーはありません。当然HDMI端子もないのです。

さ、そろそろうちにも地上波デジタルが飛んできました。HDD+DVDレコーダには地デジチューナーがあるので時折チェックしていたのですが、急に届き出したようです。でも公式にはまだNHKくらいしか開始していないようなので、民法はテスト波のようです。とは言えほぼ問題なく最近は入るようになっています。(ついひと月前くらいなら、日によってブロックノイズだらけの日とかあった

そろそろいいでしょう。というわけで地デジ対応テレビ購入です。そうそう、屋根のアンテナも古いので換えたい、地デジ対応にしたいこともあるし、うちの地域はまだほぼデジタルは公式に始まっていない。なんとかアナログをよりよくしたいです。(大概ゴーストやノイズが乗るので
そんな絡みもあり、うちの行きつけの電器屋さんがPanasonicなお店なので、ついでに初HDD+DVD+VHSレコーダも買いましょう。これで多分父が取りためたVHSをDVDに移行するようだ。(最初はVHSなしで従来のVHS機とDVD機とをつないでダビングするつもりだったけど、店で父が+VHS機を見てこれに決定)
そのへんまとめて今回はそこにお願いします! アンテナ交換に大屋根上がれない私は高所嫌い。

そんな経緯でアンテナ交換してもらった上でやってきましたプラズマTVは「Panasonic VIERA TH-37PX60」、37型と言えどうちの普通の部屋ではこれを置くのが精一杯。お店で他の50型なんかと並んでいるのみると小さく感じるけどうちではもうこれで凄く巨大です。普通にこれまでどおり部屋の真ん中から見ると近すぎて困る。
ちなみにこの部屋にはブラウン管の20型ワイドTVがもともとありました。
地デジもおかげさまでしっかり入るのでゴーストもノイズもない画面、そしてハイビジョン番組が案外多いのでこれまでの地上波はなんだったのかと思います。
買ってから1週間くらい経ちますがやはりもうこの地上波のクリアさは魅力的です、ブラウン管のハイビジョンTVの部屋からこちらのプラズマTV部屋への大移動が始まっています。
ま、おかげで私はブラウン管TVでPS2やってますけど。

でもぼーっと観ていて気になるのはモスキートノイズ、HD画質でも結構気になる(SD画質では諦めているけど)。ただブラウン管TVでのHD画質ならそれほどでもなかったように見えるのです。
まあ単純に画面が大きくなったから目立っているだけなのかなぁ。

あと気になるのは安いの買っているので地デジチューナーは1個だけはいいとしても、i-Linkなし! Rec-POT接続できませんね・・・。

なお、買ったレコーダはDMR-XP20V、ポイントはVIERAリンクですね。
VIERAリンクといえども結局はプラズマTV側のリモコンにビデオ用のボタンがついているだけかと思っていましたが、違いました。
予約がTV側の番組表でそのまま可能、レコーダの電源が落ちていてもONして予約入れちゃいます。ま電源ONまでの時間待たされますけど(これが結構長い)。とは言え、一体化して予約できますし、当然ビデオ観るのも簡単です。サブメニューから少な目のメニュー階層でたどり着けます。ま、レモコンの下にレコーダ用のボタンもちゃんとありますが、それ使う必要ない。ボタン少ないので逆にメニューが深くなって大変になりそうなとこですが、父も直感的に操作して問題なく録った番組観ていました。
後は地味に電源切断の連動がいい、TV落とすとレコーダも落ちます。

さて、HDMI端子がもうひとつあるので目下これになにをつなげるか・・・ブルーレイ? それともPS3? 

Panasonic PX-60シリーズHP

そうそう、アンテナは電器屋おまかせ、PanaのW板な感じのあれかなと思っていたら弁当箱な形のちっこい箱になりました。DX ANTENNAのUDA-700です。
DXアンテナ UHFオールチャンネルアンテナ(地上デジタル放送対応) UDA-700
アナログ放送のゴーストとノイズ、やはり軽減しました。地デジと較べるとさすがに負けますが、映りの悪かった局ほど効果が顕著でした。
むー、あとノイズを取るのはもうケーブルとブースターしか残っていないなぁ。(地デジ移行も近いのでさすがにもうこれ以上はノイズ対策はしない予定

遂に地元の本屋さんにも「クイーンズブレイド」一式入荷!
買い忘れていた「月詠」を買いに本屋さんに行きました。すると、発見してしまいました。コミックの画集棚に「クイーンズブレイド」が入っているではないですか!
なお、ゲームブックコーナーはないのです・・・。
さ、一式あるのかなと見てみると・・・レイナ、リスティ、ノワ、イルマ、エキドナ、トモエにエリナが1冊ずつ・・・。! メナスだけない! まあこれは全種1冊ずつで入って、メナスだけ売れたということでしょう。画集として買われたのでしょうね、もう1冊買って遊んでください。
いや案外ロストワールドを持っているのかも・・・。可能性低めだけど。

取り敢えず、地元にも入ってきた「クイーンズブレイド」、徐々に売れてきているのですね、よかった。

クイーンズブレイド公式HP

クイーンズブレイド 古代の王女 メナス

「それでも町は廻っている」2巻、紺先輩がかわいい
それこそ何度読み返したか知れない「それでも町は廻っている」通称"それ町"1巻でしたが、待ちに待った2巻が発売です。
帯には小原慎司さんの描く歩鳥とともにオススメコメントです。でもこの歩鳥はなんか違う・・・いや探偵モードな時はそんな感じ?

今回も内容充実、久々に声を出して笑うコミックでした。それも笑うシーン多し、お得だ。

1巻はマップがついていました。今回は歩鳥の親族の家系図です。推理もののような妙に細かい家系図です。まあ今回の話の中でも異色の作品に絡む重要な役どころが叔父さんですからこの家系図は必要・・・ということにしておこう。

さて、1巻と同様、登場人物はほぼ変わりありません。紺先輩が本格的に絡んできてシーンが多い分、森秋先生の出番が減った気がします。歩鳥は先生に恋心を抱いていたんだっけ? なんか今回はそういう展開はなかった。けど補習はやっぱあった
2巻になっても歩鳥のバカっぷりはいい感じです。天才的なものがありますね、天然以上に計算されたなにかを感じます。テンションが高くっておもしろいのかと思いきや、今回はかなりテンション下がったりしつつ、天国に行ったり宇宙人に襲われたり、うーん、天国話は珍しくシリアスなトコもあったけどやっぱちゃんとオチがついている。ただ、結局タイトルどおりの「それでも町は廻っている」なシーンがなかったのが残念。後書きではその点に言及されていますね。

歩鳥以外では今回の準主役は真田くんですね。温泉でのマンガ的対応、また自室に歩鳥&タッツンが来るとこでも見事にマンガ的展開を引き起こしてしまっています。でも結局その後歩鳥との関係も正常に戻っています。良くも悪くも、ですね。ただ、歩鳥が好きな真田くんが、天国篇の時に1コマたりとも登場しなかったのが・・・。彼ならきっと壮絶な水垢離でもお百度でもきっとやっていたろうに、そういうシーンが欲しかったなぁ。これではサナダ記念日の印象ばかりが・・・

紺先輩関係、風邪ひきでダウンの時のかわいいうわごと、その後の現場に居た歩鳥とタッツンへの恐ろしい思考展開と行動がぁこれまたかわいいのですが・・・。すっかり紺先輩のファンです。普段はひねくれ者なんですけどね。
さあそして毎巻ひとつあるのが恒例なのかな宇宙人ネタ、歩鳥と紺先輩がメインだったのですが、これはどういうオチ? 番外編として考えるべきなのか・・・。
そうしておまけ書き下ろしでの紺先輩、うわーもうなんだツボ入りまくる言動の人ですねぇ・・・。たまりません。

それでも町は廻っている(2)それでも町は廻っている(2)

帯の裏には石黒さんの初短編集が発売される予定が載っていますが来春ってことですので、気長に待ちましょう。

「成恵の世界」9巻、なんか久々です
久々の新刊です「成恵の世界」は9巻でした。
日常SFな日本的なジャンルは好きですが、最近はすくなくなったような・・・。
こまごまとSFが散りばめられていることで、この作品世界がよくわかります。連載が月刊誌だから刊行ペースが遅いので毎回忘れそうになっている登場人物や設定ですが、説明がないんですよねぇ・・・ううう久々に読み返して整理しないと謎が多すぎます。
今回は惑星日本やアバロンや合星国や銀連やら機族やらたくさん組織や地域が出てきて私はこんがらがっています。で、鈴ちゃんアパートの大家さんはすごく泰然自若感があるのですが、一体何者? そもそもこれまでに登場したことがあるのかどうかも忘れています。 あー気になる。

でも今回は和人と成恵の二人が誘拐されるという豪快な展開です。しかも誘拐先は惑星日本、うーん盛り上がっています。
この騒動でちょっとずつ世界の謎や惑星国家や組織間の関係もはっきり見えてきたのかもしれません。
でもって戦闘機械な機族が結局一番のほほんってしているのが印象的でした。

成恵の世界 (9)

最後に印象に残らなかったこと・・・というか出番がないので印象に残れなかった丸尾くん、オマケ劇場でもその話題・・・
他にも彼には八木さんとの仲とか、一般人なのに成恵側の人々とのかかわりを自然な大人な態度でそつなくこなす様、とか見たいことが多いのに。ほんと出番を増やしてください。

コミックビーム Fellows! 2だけ買った!
待ちに待った「コミックビーム Fellows!」です。
朝本屋さんに立ち寄るとVolume1と2が1冊ずつありましたが、私は表紙を確認の上、Volume2のみ買いました。

取り敢えず表紙をでっかく見ておきましょう。

コミックビーム Fellows! Vol.2


はい、表紙はシャーリー&ベネット、むう相変わらずシャーリーはちっこくってもこもこした感じだ。
大きさはわかっていましたが厚さは予想以上、分厚いですね。でも持ってみると見た目よりも随分と軽い。うーん、紙の質、普通の雑誌のよりはまだいいものの、もっと予想していたA5版単行本なみのそれじゃなかった。ちょっと残念。
しかもカラーページはなし、表紙のカラーで我慢だ。表紙含めて全472ページですが、A5のコミックと較べるとボリュームたっぷりでお得な定価ですが、雑誌だと思うと結構高いですね。500円くらいだったらVol1も買うのに・・・。

さて、内容の感想です。

「シャーリー・メディスン」、これを読むためだけに買ったと言っても過言ではありません。うん、充分これだけでも満足できた内容でした。主人であるベネットさんとの日常がじっくり書き込まれています。ベネットさんがいいキャラなので、ちっちゃいシャーリーのが落ち着いて見えます。もっとこの日常が読みたいです。

「聴こえてくる歌」、うーん、上杉さんだけしっかり描かれていて、それでなんだか見入って読んでしまった。こういう切ない話って読むと結構こたえますが、でも最後まできっちり読んでしまった。つまりおもしろかったんだなぁ。次作も読みたい。

「日本のかわいいメイドさん」、おもしろかったけど終わりが気に入らないなぁ、こういうのはなんかハッピーエンドでない方が・・・って「聴こえてくる歌」との感想と自分の意見が合わない・・・。

「夏の前の帰りの道の」、不思議な展開、でもなぜか理解できてしまう。うん、これは夢のような、悪夢のようなそうでないような。確かに夏休みの前の日、つまり終業式の日の帰りは荷物が多かった。結局彼女は植木鉢ごと朝顔を道に放ったけれども、うちに帰りつけた。うん、よかった。共感度が高い物語でした。こういうのは短編ならではですね、好きです。

「ヒゲと撫子」、モデルで美人だけど普段は全然違うパソコンおたくな姉・・・なんかすごいとこを突いてきたキャラですが、違和感なく読めた。なお、これも夏のお話。もしかしてこのFellowsって夏ごろに出版予定だったのでは・・・ ま、それはさておき、むきになってヒゲと対立する姉のボディブロー、すごい

「夏のさかな」、人魚姫のお話がベースです。・・・ああこれはタイトルに夏がある。やっぱこの本は夏出版が遅れたんだな・・・。読みきりだからかむつかしくなくどれも読める。これもすっきり読めた。これの終わり方は好き。

「もっと もっと・・・!」、ヒロインの髪型が好みでぼーっと読みつつ、この話の落ちも途中からわかってしまったけれども、この落ちも私の好きなタイプな幕切れになっているので、たった16ページなのに充実しました。これも次作が楽しみです。

「ヒマワリ、走る」、これも夏・・・ってもういいか。なんだろう、読んじゃう魅力があります。おもしろかったようなそうでないような、でもなんか読んで得した気分になった。

「大好きのたからもの」、小説ですが挿絵がよかったんです! この小説の原作もしている方なのでどうせならコミックを描いてください。

「剣姫」、最後にこれです。ビーム本誌の続きですが、もともと読みきりだったのでこれも読みきりとして単体でおもしろい。内容充実、剣のシーンもそこそこあってよかった。ただ、茶汲み女シーンの後の殺伐とした情景描写がなんか場面展開としては気になる。また鈴が風邪ひくとこも微妙に強引? 80ページもあるのにたくさん詰め込んでいるのでおもしろかったけど慌しかった。ラストシーンは大空広がっていいんですが、鳶に・・・でもまあこの展開には疑問はない、これを描きたかったんでしょうねぇ。 このままシリーズ化してほしい剣姫でした。

コミックビーム Fellows! Vol.2

むう「シャーリー・メディスン」以外にもたくさん読めました。というか、コミックビーム本誌よりも私はたくさん読むトコありました。うん、Vol.1も気になってきた・・・。

履修不足かぁ
全国各地の高校で履修不足が発覚していますが、うーん私の高校は進学校っぽかったけど、大学受験向けになにもしていなかった。逆に大学受験に向けて他の高校は授業をしているのを横目に、敢えて普通に受験向きでもない教科をきっちりやって、ここの高校を出たということに意義があるよんてな矜持を持ったとこだったです。
おかげでじっくり理科も社会もやりましたよ。
大学受験の時に思いました。受験科目に理科は生物、化学、物理に地学、社会も地理、日本史、世界史、政経、倫理全部入り、な受験科目のとこを捜したのですが、なかった・・・ あったらかなり有利だったのに・・・。
ま、おかげで大学の教養過程は高校の知識にちょい足すだけだったので楽でしたけど。
大学ももっと受験科目増やせばいいのに、とか未だに思う私でした。そしたら履修に必要な科目を行うだけで受験対策になるのになぁ。

COMICリュウ2006年12月号、パワーダウン感
「COMICリュウ」創刊2号目になります。
創刊号は非常にいい印象を得ていたのですが、なぜかこの12月号・・・弱い。

あー、値段かなぁ、前回は創刊でDVDもついていたので特別価格でそこそこ高くてもまあね、って思ったのですが、今回は通常の定価です。400円を越えているのでなんだか高く思うまま読んだのが悪かったのかも。

表紙は岡崎武士さん、なお、もう次号の表紙もできているようです、巻末の次号予告では表紙イラストと作者が紹介されています。なお次はCHOCOさんです、毎回表紙絵師は変わるもののテーマの龍をイメージしたイラスト、ということですね。こういうテーマがあるのって好きです、次はどんな龍が描かれるのか予想する楽しみもあるし。
ピンナップに前回表紙の中澤一登さんが居残り、ずっと居残ってください。

「ゆるユルにゃー」、前回のボス達も出てきている、キャラはこれでいくみたいですね。
しっかし恐がりだけど純粋なヨークはいい感じです。野良っぽくないとこがいいですね。
イジワルのミルがの紙袋被っての脅し、これは定番化するんでしょう。いちいちヨークはじょーってやってしまうし・・・ ただミルはヨーク好きだからちょっかい出すタイプですね。
今回よかったシーンはヨークのおうちの話、3コマ目のぽややんって自分のうち(ダンボール箱)を気に入っている様子、ケナゲでいい!
なお、今回の問題のシーン(?)はボスにヨークから送られた伝書鳩(?)が・・・すげーやっぱ野良は違うな。
今回も一番おもしろかったのはこの作品でした。

「銀河英雄伝説」、多分止まったままになっていると思うコミック本編の続きじゃないです。番外編。

「子はカズガイの甘納豆」、伊藤伸平さんの読むのも久々な気がする。もっとページがあればいいなぁ。

「陽だまり少女紀行」。陽だまり・・・ですが今回は星空です。オールカラー、でも夜なので地味目・・・。色遣いは好きなので次に期待。

「ひなぎく純真女学院」、おもしろかった。ページ数も増えてお話充実!
やっぱし樫宮さんの夢に出てくるおにぎりが幻想的ですね。なんでかおにぎりが実る(?)森+木成さんの組み合わせ。
現実でも木成さんは謎だらけ、早く樫宮さんが仲良くなればいいのにね・・・でもお話のテーマとしてはきっと二人は微妙なすれ違いが続くのでしょう。この焦燥感を樫宮さんと一緒に味わうしかないのです。
さて、今回気になった点、のりが安いスーパー「まつり」でかかっているBGM、わかりやすいどころか直接的過ぎる歌詞でした。なんだかとっても印象に残ってしまいました。

「青空にとおく酒浸り」、タイトル変わってしまった安永航一郎さんの作品です。むう、扉絵からして今回もまたフルスロットルな感じです。でも・・・ああああ安永成分200%って感じです。小朝父、キツすぎます。前回の連載開始時にひどい親という設定でしたのでまあそんなもん()でしょうけど、今回だけでもうこの惨状を止めてほしいです。でも考えてみればこの作品の根幹を成すMM(マイクロマシン)による攻撃を受け付けないという重要なキャラです。今後もでてくるんだろうなぁ。ちと憂鬱。
小朝以外のMM(ちとしょぼいけど)保有者の篠さんがきっとすごいことを企んでそれに小朝が巻き込まれていく展開を予定していたのですが、上記のようなことで小朝父に篠さんが・・・
そういや小朝のMMは今回活躍していないなぁ。
さて、次回もタイトル変わるかな。

「REVIVE!」、どんどん深みへとはまっていく主人公です。本人は一時の気の迷いでちょっと昔を懐かしんだだけだったのですが、もう周りに認識されてしまいました。
途中から吹っ切れて趣味復活! とはならないでしょうね。そうなりたいけどやっぱ社会的にそうはなれないという葛藤からくる悲喜こもごも。おもしろくなってきました。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2006年 12月号

でも4コマ系をお気に入っているので、なにか買った分には物足りない気がする。安彦良和さんの作品がないからかなぁ。とは言え、「ゆるユルにゃー」が気になるので次回も買う予定


Amazonショッピングカードを買い集める、5,000円カードは各店1枚以下・・・
Amazonショッピングカードでの買い物は便利でした。今回もちょっとした額の買い物をしようと思うのでAmazonショッピングカードを使うことにします。幾つか買うので計35,000円分必要です。

100分の1でのサプライズが5,000円カードの方がお得になるのでこっちを買います。いやサプライズがないなら35,000円なんて、ばらでカード買うんじゃなく支払方法はコンビニ払いにするのですが・・・。

7枚もあるから1枚くらい当たるかもねぇ・・・と近所のローソンに行きます。
「Amazonショッピングカードの5,000円のを35,000円分ください」
「そんなにありません。まだ販売し始めたばかりで様子見ているので5,000円は各店1枚くらいしかありません」
・・・
最低7店舗巡ること決定・・・って、そんなにうちの近所にローソンはあるのか? 一旦うちに帰り、インターネットでローソンの位置検索です。むむむ、まあ田舎とは言え半径10Km圏内には15店舗くらいある・・・そんなにあるんだ。他にも別の系列のコンビニもあるし結構コンビニあると思いつつ、スタートです。

が、8割のお店でAmazonショッピングカードを知らない店員、まあだいたい入り口にポスターがあるのでそれを示せば話は通じます。
ただ、売り切れのお店もありますし、それどころかまだ登録されていないのでカードはあるが販売できないという店も2店舗ありました。
ただ、その場で登録作業をして売ってもらえたお店もありました。さすが店長が居ると対応が違いますねぇ。
結局12店舗巡って7枚確保できました。つまり7店舗で買ったのです。むう、田舎だけど光も来ている地域だしインターネットショッピングをみんな多用していると思ったのですが、それほど使われていないのでしょうか。

さ。この7枚のカード、当たりはあるかなぁ。



なかったー!!

普通に買い物に使いました。

AmazonショッピングカードHP

むう、インターネットでAmazonショピングカード買えたら便利・・・待て待て、なにかがおかしい、本末転倒だ。

エンジェルお悩み相談所
水上悟志さんの「エンジェルお悩み相談所」、全くノーマークでした。本屋さんで見つけて即買いです。

エンジェルはごついおっさんであり、悩みの相談は受け付けるが、解決をしてくれるわけではない。
雰囲気のためにしている頭に被っている天使の輪の被り物が胡散臭さを爆発させていますが、本物のようですね。

で、なんの役にも立たない天使に相談した人間が憤る話かろいうと、一見最初はそうでもその悩みをカウンセリングしてそっと背を押す。それが彼の役割、そして相談者は悩みからちょっと解放。
案外、癒し系ないい話の作品でした。表紙からは胡散臭い天使だとしか思えないのですがねぇ。

エンジェルお悩み相談所

ポイントは連れている羊、これがすごい技を繰り出すのですが、基本はこれで問題を解決しません。問題が解決されるシーンはなんとなく地味めです。表紙で一番目立っている見習いの天使の女の子(ただし年齢はすごいようだけど)が、水上作品なので予想通り・・・ブラックです

クイーンズブレイド3DCG版!? いやそれよりも第5弾、またキャラ変更かも?
アキバblogさんに載っているコラムによると、「クイーンズブレイド」第5弾に予定されている二人、ユーミルとアイリの同時リリースはないかもしれません。
キャラが被っているからということですが・・・
そろそろユーミルは出して欲しいですね。もともと第4弾でしたのが変更されているのですし。
なお、製作は順調のようでほっと安心。でもまだ発売日は不明だ。

まあでもそこの記事の中心のネタはこの話題じゃなく、クイーンズブレイド3D化! ・・・て最初フィギュアな話題かい、なんかユーミルはフィギュアのが先に出たら本末転倒だーとかいう話題ではなく、ゲームブックでのキャラが3DCGによるものになるということです。
まずはレイナということでCGが載っています。が、贈り名が違いますよ! 「流浪の戦士レイナ」じゃなくって「高貴なる戦士レイナ」、戦闘データも違う。これはこれでちょっと期待してしまう。
うーん、こうなってくるとPC版とか製作してオンライン対戦できるようにしてほしいなぁ。

アキバblogのコラム「クイーンズブレイド3DCG版

なお、第6弾情報もちらっと出ていますね。新たな絵師の方による衝撃のキャラ・・・毎回衝撃な気もしますけど

さらっとHTMLでコミック発売カレンダーつくる
まああれです。せっかく情報取得してiCal形式ファイル作成しているのですが、googleカレンダーで見ると綺麗には出ますが、かなり重い
そこでさらっと軽めのHTMLを目標に、さらっと作成してみました。

実際、自分の今日明日あたりに買うコミックのチェックに使えることを目標に作っています。
AmazonWebサービスの規約上必要な免責条項へのリンクなどもありますのでちょっとにぎやかだけど。
ちなみに、サムネイル画像を表示すると華やかになるのですが、行間が開いてしまって一覧性が損なわれるので取り敢えずなしです。結構重くもなってしまいますし。それに来月の情報なんてほぼまだ画像ない。

コミックカレンダー(暫定版)をさらっと軽めのHTMLで見る

コミック発売カレンダー、かなりいい感じに
googleカレンダーにAmazonでの情報を基にしたコミックの発売カレンダーを公開してみました。
やっと大概のコミックの情報を取得することができたと思います。
まあ結局出版社から検索するのと作者から検索するのとで補完しておけばどっちかでヒットすることでしょう、という方式。ま、適当な元情報を入れて検索してそれで返った情報を元にどんどん取っていく形です。

結局出版社は100社もないのですが作者って1000人を越えています。AmazonWebサービスの現在の規約だと最短1秒の間隔で、24時間で10000回が最多のリクエストってことだから、地道に作者で検索するだけで一日の許容量の1割費やしますし、当然1000秒かかります。出版社も数は少ないけど量は多いのです。10件ごとにページ変えてリクエストし直さないといけないのでこれもまあ結構な数。
とは言え、こういうのは毎日することもないのでそれらを適当な間隔の日ごとにやります。
日々必要なのは現在カレンダーに取得している情報を最新にすること。今日の段階だと今月の前後の月まで取得して1800件。結構取得できていると思います。これらはキーがわかっているのでそれで10件ごとにまとめてリクエストかけられるので思ったほど時間かからない。

コンピュータはそういう繰り返しとか得意だし頑張ってもらいましょう。
で、その処理経過をログ吐かせるようにしてその様子を見ているのも楽しいんです・・・

ときおりのコミック カレンダー(暫定版)

なお、googleカレンダーに外部カレンダーとして登録されるなら
http://www.eonet.ne.jp/~tokiori/ical/cc.ics
を見るように設定してください。設定方法は下記。

googleカレンダー設定方法:
左ペインの「カレンダー」エリア内の「他のカレンダー」の右にある「+」をクリックします。
すると「他のカレンダーを追加」画面が表示されます。さらに「公開カレンダーのURL」のタブをクリック。「公開カレンダーの URL:」の入力欄に上記リンクを入力して「追加」してください。

そうそう、年齢制限つきのコミック(ようは成年向け)はカレンダーに入れないようにしました。最近のAmazonWebサービスのバージョンだとこういう情報もあるんだなぁ・・・。とは言え、必ずしもそのように登録されていないものもあるので、そこがまた考え物。取り敢えずは全年齢向けのみにしようと努力しているということで

でも結局書籍扱いのコミックとか、文庫のコミックとかは判別のしようがない・・・これが次のテーマかも。

ソイジョイ新味、マンゴーココナッツ
さあ今日も残業時のおやつとして食べました。
ソイジョイ、「マンゴーココナッツ」、想像通りおいしかったです。
マンゴーの甘い香り、そしてココナッツの甘さ、微妙に残るココナッツのシャリっとした歯ごたえ・・・。
あーもっともっとココナッツが多かったらよかったのに、かみ締めたらシャクシャク言うくらいココナッツがあった方が他のソイジョイと差別化できたのにぃ・・・。

基本はどれもねっとりとした食べ応えのある歯ごたえのソイジョイです。昨日食べた「アップル」、今日の「マンゴーココナッツ」、名前からしてもっとさくっとした歯ごたえを期待していたのですが残念です。

SOYJOY公式HP

SOYJOY マンゴーココナッツ 12本入

でも、これでソイジョイの種類が増えたので飽きずに食べていけます。

ソイジョイ、新味追加
むむ、会社の近所のスーパーでソイジョイがなぜか扱われなくなってショックを受けつつコンビニに行きました。
おおう、なんと種類が2種類増えて6種類になっています!

「マンゴーココナッツ」と「アップル」です。
ココナッツ好きだー!
取り敢えず1本ずつ買い、今日は「アップル」を食べました・・・。

甘いけど、くどくはない。ちょっぴりの酸味があります。
が、どうせならもっと瑞々しくあってほしかった。
ただ、薫りはたっぷりアップルです。

SOYJOY公式HP

SOYJOY アップル 12本入

さあ明日は「マンゴーココナッツ」を食べましょう。

AmazonでPS3の予約が始まった・・・終わった
Amazonでどうも今日PS3の予約があったようです。というのもサイト見てみたらもう・・・終わっていました。
初回出荷が減った分、盛り上がっているようですねぇ予約。
私はPS2の時は発売して買ったけど、今回は見送り。
THE EYE OF JUDGMENT」が出るのを待とう。

ああ、そろそろXBOX360も買いたいけどコアシステムは結局ハードディスク買ったりして一緒にするなら、もっと待つべきでしょう。アメリカじゃとっても売れているので、集積化も進んでいずれ安くなるか、CPUの発熱が減ったりしたモデルになるだろうし。

PLAYSTATION 3(60GB)

Xbox 360 コア システム 発売記念パック

IPAの2006秋期情報処理技術者試験解答発表・・・
翌日に午前の解答が公開されるのはいいものですねぇ。

昨日の段階では41/55でしたが、IPAの正式な解答から点数合わせすると・・・39/55! がーん! 下がっているー!
正解率70.9%ですよぉ、ううう、こりゃあぎりぎりです。なんとなく難しい問題には当然のように間違えているので、項目応答理論(IRT)方式の配点だと点数が伸びない筈。

やばい・・・久々に午前で落ちる? いや試験の点数が発表されるようになってからって一度も午前で落ちたことなかったから・・・。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター HP

2006秋の情報処理技術者試験、受けきりました
2006秋期の情報処理技術者試験を受験してきました。「アプリケーションエンジニア」です。

なんとか仕事も落ち着かせ、ついでに体調も落ち着かせ(こないだまで風邪気味だったが直前で復帰! もしかして単に秋の花粉症かも)て受験です。

今日は気持ちの良い秋晴れでした。
朝早くに試験会場の近所のモスでちょこっと食べつつアイテックの模試問題を読んでから受験しました。

午前、今回は最初の計算問題が手間取るものが多く、非常に出足不調。ただでさえマークシートは苦手で塗るのに時間かかります。試験時間内に受験番号や生年月日もマークするのでそれだけで5分近くかかる私・・・。
解答欄は3列あって、20問20問15問です。それぞれ30分ずつを目標としますがまず最初の1列目、40分近くかかりました。特にマルチプロセッサの高速化率、これは経験ある問題ですが、全部回答選択肢検算しました。きっとうまく解けるんだろうなぁと思いつつ。
これで焦りつつ2列目20問、これは時間的には20分程度でなんとかペースを取り戻しました。
そして最後の15問です。ここはさっさと回答できます。でもわからないからもう考えても無駄という感じで答えているのですが・・・
アイタックさんとこの解答例で答え合わせすると、手間かかった計算問題はあっていますが、最後の方のわからなかった問題の悲惨なこと・・・。それでもなんとか前半の正答数で持ちこたえ41/55です。正答率74.5%です。よかった、7割越えなので午前は無事通ったと思います

お昼は昨年はビール飲んでいる受験生に遭遇した公園に行ってみます。天気いいですがなんだか手入れがされていない・・・うーん、銀杏の樹のたもと、すごい数の実が落ちていて、そして腐敗していました 臭いが・・・
食欲も失せ、メロンパンとバームクーヘンの欠片でお昼とします。
なお、アルコール入り受験生は発見できず、ちと残念

午後1、今年は必須の2問は各20分目標、25分で未解答あっても次の問題に行く覚悟で受けました。
1問目、途中から頭真っ白になっていきます。眠いとかでなくってなんだかよく理解できない。そう時間ばっか気にして焦っているからです! 結局30分かかった段階で回答が出てこない未解答を1項目残しつつ2問目へ行きます。
焦らないよう気を取り、やっていきます。が、ここは最初からいきなりわからない問題が 深く考えるとはまるのでさっとスルーして次の項目へ・・・結局未回答ありつつも20分でこっちは突破。残り40分で選択問題です。去年の印象では30分では全然足りなかったので40分でもぎりぎりです。必須2問の未回答は最悪空欄と割り切ります。
選択問題はさっと問題に目を通すべきなのですが、時間が惜しい。解答欄を見て決めました。ポイントは文字数制限のない解答欄(文言だとか問題文中のシステム名とか、計算問題結果とかな解答欄)、ここが多いほうが最悪だだだっと問題分から拾った文字などで埋められます。これが3問目に多くありました。またシステムの処理図のようなものがあります。これはここに書き込むことになるものですが、私はこういう図を描くものを回答した時なんとなく受かっているようなので(DBとかネットワークの時はそうだった)、もう3問目を選ぶしかありません よーし、久々に定規が活躍するぜ!
3問目、企業合併に伴うシステム結合です。変にA君やB課長やCさんとかが出てきてストーリーが始まるものでなく、システムの機能の列挙や統合時の仕様の列挙が問題分に多く。長い割には設問との整合性が取りやすく、ラッキーでした。なんと30分で全部回答できました。
こうなると10分の残りがあります。残した未回答を見直すと、落ち着いたのでしょう。くるくるぽんっという感じ(?)で回答が浮かんできます。さっさと回答し、今回は午後1取り敢えず全項目に回答できました

このままの勢いで午後2です
これも目標は設問Aが30分、残りでB,Cです。
・・・がやっぱろ設問Aで手間取ります。40分かかりました。焦ってはいけないと思いつつ設問Bです。セオリーどおり番号を振り、箇条書きを使いつつもなんとか流れっぽいものを見せつつ書きます。字数は設問Bで規定文字数に達しました。後は時間との戦い。設問Cに入ったとこで残り10分です。評価と改善点をものすごい勢いであっさり書き、計2,800文字で終了。
うーん、やっぱ後半の字の汚さが危険。また掘り下げが浅いと思う。去年の方がよかったかも・・・ そうなると今年は午後2はC評価か!?

以上、試験を受けきった感だけはあった私でした。

それにしても試験官が時刻合わせしていないので午前、午後1、午後2と微妙に試験の開始時間が規定の時刻と合いません。ずれが一定ならいいのですが主試験官(?)な人が交代するのでそれぞれずれが違う。なんか落ち着かない感じだったです。
他、妙に机上に上着だとかお茶だとか筆箱だとか置いている人がいましたが、全然試験官は注意しない。もしかしてまた試験官レベルが低下してきたのかな?

明日は秋期情報処理技術者試験
明日ですね、いよいよです。
もしかしたら仕事が忙しくなって受験できなくなるんじゃないかと思っておりましたが、なんとか先週できる分予定通りこなせましたし、他のトラブルもないようです。
よかった、受験できる。まあ以上のような状態からして受験勉強がもうちょっとどころではないのですが・・・。
10月上旬のPMP試験まではPMP試験のための勉強に優先されていましたもの。
さあ今日は早めに寝て、明日の論文中に眠くならないようにしよう!

コミックビーム2006年11月号、「シャーリー」新作情報あり
コミックビーム2006年11月号、相変わらず「エマ 番外篇」目当てに買いました。
以下、ネタばれありです。読んでいない方は注意してください。





遂に来ました。本編ではどうにも憐憫の情を誘ってしまう悲しい結末だったエレノアさんの登場です。しかも水着! でもヴィクトリア朝は禁欲主義です! ・・・というわけで一見水着に見えませんが水着でした。さて、エレノアと言えば、御付のアニーさんとお姉さんのモニカさんですね、当然ふたりとも登場。なお、時期は本編終了後です。まだ深く傷ついたままの彼女ですが、海水浴は結構楽しげ。
アニーの「ドバ」(効果音だけど)とかエレノアの「がぶっ!!」とかなかなか海ではどたばたあっておもしろかった。エレノアってちょっと動きのあるシーンが少ない感があったので。
まあエレノアの「がぶっ!!」で、出会った新キャラのアーネストさん、美形ですねぇ。中性的な面持ちです。彼がこの番外編の当然もうひとりの主人公です。ありきたりにエレノアといい感じになっていくのでしょうか。エレノアの幸せを見たいのでそれでも構わないけれども・・・。後編が楽しみですね。
ところでモニカさんは相変わらずエレノアにべったりです、夜会でアーネストがエレノアに話しかけた時に割ってはいる時の笑顔、含みがありすぎて、私は恐かった そして初登場のキャンベル長姉のソフィアさん・・・モニカさんと似ているようで似ていない。モニカさんよりもクールです。でも私としてはもっとおっとりした人が三姉妹的にはパターンだと信じていて期待していたので、ちょっと残念です

さて、他の作品についてはまあおいておいて、やっと「シャーリー」新作がどのような形でお披露目されるかが判明です。
コミックビーム初の特別編集企画として「コミックビーム Fellows!」が創刊されます。なんとVol.1、Vol.2の2冊が同時に発売です。そして待望の「シャーリー」はVol.2の方です。表紙にもどんと居ますし、「待望。」の文字もあるので間違えて買うわけないですがVol.2のみに「シャーリー」はあります。他にも湯浅ヒトシさんの「剣姫」もあるようですし買うならVol.2で決まり! A5版ということで本誌よりも小さい、でも価格は本誌の倍くらいする・・・。紙質の良い通常コミックのような形のようですね。でも、高いなぁ。「シャーリー」は表紙に38ページって書いてあるのでほぼそのためだけに・・・。カラーでもあればいいのだけれど・・・ごちゃごちゃ言っていますが「シャーリー」読みたさにきっと買います(Vol.2のみ)。あ、Vol.1に三部けいさんが描いている・・・読みたい、けどまあ私にとってはこれだけなのでやっぱVol.1はぁ・・・。

コミックビーム 2006年 11月号

コミックビーム Fellows! Vol.1
コミックビーム Fellows! Vol.2<シャーリー載っているのはこっち

「シャーリー」が単行本化されるのはこの調子だとまだ先になりそうですしね。コミックビーム Fellows!が売れるとVol.3移行が発行され、そこでぼちぼち「シャーリー」あるいはそれ以外の森薫さんのメイドもの(だろうなぁ)が連載されるんだろうし。

googleカレンダーでコミック発売カレンダー、公開方法修正
googleカレンダーにコミックの発売カレンダーを公開してみましたが、どうにも削除が面倒。Amazonで公開されているデータをWebサービスで取得してical形式にしたりとなかなかおもしろいのですが。
まあAPI使えばなんとかなるのかと思いながらも・・・全然わからん!
公開方法を変えて、ical形式のファイルを置いてそれを参照することにしてみよう。
するとファイル再作成して古いの消せばいいので削除問題解決!

これまで公開していたカレンダーは廃止し、下記のものにしました。ま、内容は一緒です。

ときおりのコミック カレンダー(暫定版)

もし奇特にもこのカレンダーをgoogleカレンダーで見ていてくださる方がいらしたら、今後は
http://www.eonet.ne.jp/~tokiori/ical/cc.ics
を見るように設定してください。設定方法は下記。

googleカレンダー設定方法:
左ペインの「カレンダー」エリア内の「他のカレンダー」の右にある「+」をクリックします。
すると「他のカレンダーを追加」画面が表示されます。さらに「公開カレンダーのURL」のタブをクリック。「公開カレンダーの URL:」の入力欄に上記リンクを入力して「追加」してください。

livedoor 天気情報」を登録されている方ならそれと一緒の方法で登録できますね。

んーで、Amazonから11月分も取得してカレンダー再作成してみましたが、まだ早すぎますねぇ。なんだか月のみ確定しているデータが多いです。あいかわらず取りもらしもあるようだし。まだまだ機能をいじれますね、楽しみです。(プログラム組むのが好きだなぁ、私)

10月10日は「萌えの日」
むむ、3連休日出勤の代休で取り敢えず今日だけお休みをもらい休んだ今日は10月10日・・・旧体育の日だとか、目の愛護デーとかは有名ですが、「萌えの日」だったとは・・・。

Garbagenews.comさんとこの記事で知りましたが、記事の日付を見てください。なんともう昨年に「萌えの日」を提唱(?)されておられました。うーん、去年は気づかなかった なお、なぜ10月10日なのかも非常にわかりやすく解説されています。うん、私は納得だ!

なお、日本記念日協会にはまだ登録されていないようですね。
それとももう既に申請済みなのでしょうか。

コミックフラッパー2006年11月号、「トランスルーセント」最終回
コミックフラッパー2006年11月号、むう今回も表紙はOKAMAさんじゃない! 映画化は強いなぁ。

さて、最近のコミックフラッパー、新連載が多い、ということは終わるものも多いのです。

「トランスルーセント」、終わっちゃいました。大河内さんがどういう形で終わるのかが特に気になることでした。が、まあ納得したようなしてないような・・・私。でも彼女の性格なら「解決だ!」の一言が象徴していますね。うん、解決。実際最終回は白山・唯見の二人よりも目立っていました。すっきりした最終回、よかったです。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、前回の引きではもう由紀もヴァンパイア化されてしまうしかないのか、それとも助けが入るのか。
今回は基本的には姫様名誉挽回なお話でした。ただ、ヴァンパイアの長としてのやるべきことをやっているだけですが、冷酷なとこが本性じゃないことがわかってよかったです。
でもって、このところシリアスだったのですが次回はなにか期待できるような展開ですね。由紀と姫様とアキラが一堂に会する予定。

「BRAVE10」、新連載です。コミックフラッパーお得意な戦国もの。タイトルからわかるように真田さんとこのお話のようですね。フラッパーは基本は主人公は女性であるべきなので、主人公は出雲の巫女の伊佐那海でいいのかな。いや霧隠才蔵視点が主だから彼が主人公かも(実は女って設定、なわけないな)。ま、とにかく彼女も十勇士の頭数に入っているようなのです。これは妥当に三好伊三入道の代わり? 名前に海もあるから兄の三好清海入道も合わせているのかも知れないですね。
これから10人そろっていくまでが結構楽しいと思いますが、その後どうなるのかが不安ではあります。10人も居ると結局みんな動かしきれなくなるだろうし。

「アトリ抄」、トバリ大暴れ・・・にはならず。
でもってやっぱし夜仰、怪しいようです。よかった思ったとおりで。
でもって人間界、久々な感じのするナルミにミヤコ、そしてとっても久々な神楽。ミヤコと神楽の絡みがあったりして今回はアトリ以外の今だ謎なことを気づかされました。
神楽ってなにもの? ミヤコの所属する魅影衆についても謎だらけ、そして斬られた左手が生えてきてブイサインなミツルギも。
神楽の元気のなさはどういうことなのでしょう。そろそろ彼女達の話も進めてもらいたいです。

「ふたつのスピカ」、ちょっと休憩、な感じのお話です。
夏の日の夕方の雰囲気が気持ちよかった。他、いうことない。

「クリスティ・ハイテンション」、やはりみんなきになる特殊なメイドさんのノーラ、彼女の話題です。なんだかんだで彼女も頑張っていました。でもこのままため口メイドもいいですね。
なお、ページ数少なくってノーラについて割かれていますが今回はまた新たな事件の始まりです。
「ソア橋のたもとで自殺」・・・あ、これって・・・ホームズにこんな話が・・・。
どういう解釈でどういう具合に違ったり一緒だったりするのか、興味は尽きません。クリスティが華麗に謎を解き、ノーラが大活躍するのを楽しみにしましょう。どーせならノーラが主人公ならよかったのにと思う私。

「具幻絵師からくり奇譚」、久々に読みきりがあった。フラッパーは読みきりが楽しいので、これもしっかり読みました。
主人公の春夜さんよりも絵の人な美音子さんの活躍がもっとみたく思ってしまいました。この大正くらいの時代感っていいですね。

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2006年 11月号

しっかしやっぱし今回も「うみんちゅ」、「邦立グリパニア学園」、谷澤史紀さんものもなし。うーーん、せめてどれかひとつでも読みたいです。

「コンシェルジュ」7巻、新キャラも登場です
「コンシェルジュ」7巻、またも表紙に初めてのキャラです。
新キャラの金城さんです。
この巻の途中から登場なので冒頭のキャラ説明一覧に居ません。気になりつつ読み始めます。

でも途中からはそれよりももっと気になることが・・・コンシェルジュ部門、拡充ですよ!
なるほど、それで表紙の金城さんが期待の新人として補強されるのだとばかり思っていたのですが・・・。補強されたの他の部門からのまあ想像通りの人選です。
うーん、純菜さんはバンケットのお姉さんな感じのほうがほんわかしていてよかったです。コンシェルジュに異動して化粧ばっちりして、そしてちょっとサイズが小さくって合わないコンシェルジュの制服を着ていると・・・雰囲気違います。いやかなり性格も変わったのじゃあないの、と思うような金城さんとのやりとり・・・。ちょっとショック。

その金城さんのコンシェルジュになる経緯は読んでください、これはネタばれしないほうがいいと思う。
金城さんのポイントはとつとつとした喋り方(これがいい)、そして手袋。小姫さんとのコンビでこれからの活躍を期待したいです。

登場人物が多くなってきていますので当初大活躍だった涼子さんや貴梨花さんの出番が少ないか・・・と思いきや今巻では貴梨花さんは結構多い。シュールストレミングを買ってくる話はコミックでやっても微妙だと思っていたものの、今回で一番たのしい話でした。で、涼子さん、すっかりコンシェルジュとしての場数踏んできているので新人だということからくる当初のようなトラブルも少ない。結構登場しているのだけれどなんだか空気のようになじんでしまっている・・・最上さん共々居るのになんだか記憶に残らない。いいのだろうか、まあ仕事をするという話で言うと当然そういう空気のような透明感を持つ、つまりそつなくこなしているのでいいのでしょうが

小姫さん、マンガ家有明さんに大してどうやら特別な感情があるようです。印象的に今巻では彼との絡みで屈託ない笑みを見せていますね。気になる今後の展開。

コンシェルジュ 7

というわけでコンシェルジュも増えました。コンシェルジュの制服での表紙登場が待たれる純菜さんです・・・。(いや他にもいらっしゃいますが、やっぱ、ねえ)

「ネコサス:シックス[完全版]」と「エクストラ・イグジステンス」を読む
塩野干支郎次(辞書登録した!)さんの「ネコサス:シックス[完全版]」と「エクストラ・イグジステンス」です。ようやく読めました。

順番はネコサス、エクストラの順。やっぱ発表順で追いかけます。

「ネコサス:シックス[完全版]」、絵うまい! 古い作品だからきっと表紙と中身は別物だと信じていたのですが、いい意味で裏切られました。
うーん、最初の頃のなんだかふわふわしたお話はなんだか一気にシリアス・・・にならない。でもってどんどん物語の舞台は大きなとこに向かっていくのですが、打ち切りな終わりが残念。どうせなら最初の頃の雰囲気でほのぼの進んで終わりなき話な方がよかったです。
まあ、打ち切りだからという思い切った最終話が入っているのです。必見? いや、まあなんだ、やっぱ打ち切りだったんだなぁ・・・。

「エクストラ・イグジステンス」、人類に謎の侵略生物が押し寄せる終末感漂うSF。シリアスな展開が主ですが、だからこそ花の微笑み、笑顔が映えます。うかつに笑顔を出せないという彼女の設定はよかったです。最初はまたツンデレさんか・・・それもいいけど、と思っていましたがそうじゃなかった。最終的には当然彼女の心からの笑顔が決めてになるだろうことも容易にわかっていたし、そういう展開になるだろうことはわかってしまったけど・・・。
でも、それでも読ませる展開、そして彼女の最後に見せる笑顔のシーンが印象的でした。また次のシリーズあればいいのにと思います。

ネコサス:シックス―完全版

エクストラ・イグジステンス

読む順番はやっぱしネコサス、エクストラの順でよかった。逆だとネコサスがきついと思う・・・。

Amazonショッピングカードを買う、そして利用する
Amazonショッピングカードをローソンに買いに行きました。

ただ発売直後だったので買うまでが困難でした。レジで言っても「?」でわかってもらえず、「ロッピで検索してみましょう・・・ないですね」という展開になってしまいました。
でも、ローソンでは全店で発売されているはずなので私も「カードの形になった「モノ」があると思うのですが・・・どっかにポスターとかありません?」と捜していたら、見落としていました。入り口に「Amazonショッピングカード」のポスターがあり、それを指差して「これ、これです」。
ここからは早かったです。ないわけがないので奥からカード、及びラッピングシート(ま、台紙なだけですが贈り物に使うならちょっぴりかっこつく)なども出てきました。

早速5000円のカードを買い、うちに帰って即使用!
いつもどおりに買い物して決済画面でカード裏面のスクラッチ部分を削って出てくるコードを入力。
問題なく注文は完了です。でも、その買い物中にも完了したときのメールにもこのカードの残高表示はないのです。どこでわかるのかなと思ったら残高はアカウントに紐づいていました。アカウント・サービスから残高が確認できました。
さー100分の1の運試し! ・・・はずれ! 普通に5000円分から買い物した金額引かれていました。

さて、ここでひとつ気がついたことがあります。
なぜかAmazonショッピングカードのオンラインのヘルプからは見つかられなかったものの、重要な記載がカードの裏面にありました。
アカウントにチャージ(明示的にチェージするか、買い物に使用したら自動的にチャージされる)しないと、購入後6ヶ月で無効になるのです。
うーん、これだと金券ショップが買い取りできませんね。いつ期限が切れるかはカードからはわからない。買った本人でもわからない。
チャージしたらそこからは6ヶ月で無効、ということはないようですのでそこは安心。とりあえずは自分で使うなら買ったらすぐにチャージ、人からもらってもすぐチャージ、ということですね。

また、チェージしたらその瞬間にもうそのカードの番号は使用できなくなるのです。次からはエラーです。結局残高がアカウントの方に移ったということでしょう。つまりWebマネーなどのようにその番号自体に金額をまとめるということができない。アカウントにチェージしてまとめる形です。でもチャージしてしまうともう他のアカウントに移動することはできません。

普通に個人に使う分ならコンビニ決済にするよりも手軽だし、手数料も要らないのでAmazonショッピングカードはよい選択肢だと思います。今後も使おう(今なら100分の1の夢も見られるし)。

Amazonショッピングカード

なお、今回なにを買ったかというと・・・
Moleskine Pocket Memo-Pockets (ハードカバー)です。
有名な手帳ブランドですが、これは一見手帳ですが中身は6つのポケットに分かれたフォルダーです。14cm×9cmの大きさ(小B6(500円の)サイズのコミックの半分のサイズ)ですので最近たまっているポイントカードなどをがばっと入れて持ち歩く予定です。

「ロザリオとバンパイア」7巻
最近シリアスな展開が多い「ロザリオとバンパイア」です。
この巻も前巻からの緊迫した事態から始まっています。

むう、最近は月音が強くなってきたのでピンチも減ってきたかと思っていたのですが・・・萌香さんの方がピンチです。
バンパイアな萌香さんは非常に安心して見ていられるのですが、ロザリオ外していない彼女は物語初期よりも弱弱しいです。
でも今回の見所はこの弱い方の萌香さんの活躍ですね。表紙にて構える槌がサイクロプスに決まったシーンが・・・よかった(すごくちっこいけど)。

それにしてもおまけ4コマでの月音・・・ああ、そうだった、月音ってば人間だったな。やはり今後の彼の変化に目が離せません。

ロザリオとバンパイア 7

「パンプキン・シザーズ」月刊マガジンで連載開始、これは保存版だ
「パンプキン・シザーズ」が遂にこのハロウィンの時季に合わせて一気呵成に進撃してきました。
アニメ化(私んとこでは多分見られない・・・)、及び月刊マガジンへの引越し新連載(とは言えお話はこれまでのマガジンGREATの続き)です。

これを記念して久々に月刊マガジンを買いました!

さて、連載は引き続いているので月マガ読者はついていけないか、と思っておりましたがそんな無茶はしませんでした。
なんと8ページにもわたるこれまでの情報をまとめた「既出データファイル」が本編開始に先立ち掲載されております。
連載長くなってきて複雑になってきた人間関係、また組織情報もしっかり図示されております。これは非常に便利です。
これ、コミックの方にもいれてもらいたいなぁ・・・でも字、細かいです。これでもこれまでの情報のみですから、もっと裏にある設定は膨大なのでしょうねぇ。なんにせよ保存版ですね。

本編内容は新連載ということで、陸情3課の全員のキャラがほぼわかるように登場させつつこの1話でまとまったお話になっています。それでいて最後は次回へ引継ぐ事件を臭わせています。うますぎる展開ですねぇ あ、でもステッキン曹長が影薄かったか・・・マーキュリー号の号が目立っている

月刊 少年マガジン 2006年 11月号


PMP、合格しました
PMPの試験に行ってきました。
大阪は中津のアールプロメトリックです。

余裕を持って早く行ったらさっさと受付されてしまいました。開始30分前までにはこなくてはいけないのできっかり30分前になったら説明とか始まるのかと思い、確認しました。
すると私の準備さえ良ければ40分前くらいから始められます、などという説明です・・・。
私はぎりぎりまで粘って最後の確認をしたいので、なるべく遅くしたいとの旨伝えましたところ、順にひとりずつ呼ぶのでその最後にしていただけました。よかった。
でも結局呼び出しを受けたのは30分前です。

なぜひとりずつ呼び出されるかというと、最終確認のようです。身分証明書と登録された名前、住所、電話番号のチェックです。そして丁寧に試験の説明がありました。
特に4時間もかかる試験なので、途中試験室から出て休憩ができます。これの方法や注意点(カメラで監視されているよ、とか、休憩中も時間経過していきますよ、とか)です。待合室でロッカーから飲み物出して飲んだりお菓子食べたりできます。試験室内へは当然持ち込めません。なお、待合室は禁煙だったのですが、聞くところによると外部の喫煙可能エリアで喫煙可能らしいです。私は喫煙者ではないので詳しくは知りません。なお、トイレに行くことも可能です。

さて、試験開始、最初にチュートリアルが15分(15分で勝手に試験開始になるけど、普通はNEXTボタン連打であっという間に終わって試験開始が多いかな)ありますが、全部英語、これは試験時間に入っていないので最初に渡されるメモ帳には直前に覚えてきた短期記憶を書き出すなど、有効に活用しましょう。公式なんかを書いておくのもいいですね。

さて、試験、240分で200問です。1問1分で行こう! と心に決めていきましたが、無理でした。1時間で最悪50問済まさないと危険だ、というプレッシャーがのしかかる回答速度でした。ま、1時間なんとか55問くらいのペースにはなったと思います。
で、私は1時間50問以上回答できていたら休憩をする算段でしたので結局きっかり1時間ごとに2,3分ずつ休憩しました。出て行くときには試験官(?)立会いの下、名前と退出時刻を記入します。
休憩はなにをしたかというと、伸びをして、お茶を飲んで、チョコを食べました。糖分補給は頭使う時には必須です。
トイレは2時間目の休憩で行きましたのでこの時は休憩時間は5分くらいになりました。
入るときも名前と入室時刻を記入、及び試験官による身分証明書の確認があります。
最後、15分くらい残して全問回答できたので、マークをつけておいた問題を見直します。ここで回答変更したの多かった・・・でもそれで正解になったかどうかは・・・結局マークしたってのはよくわからなかった問題ってことですからねぇ
マーク問題の確認も終わって残り5分、終わっても良かったのですが最後の5分も粘りました。問題1から見直しです。20問くらい見直したところでタイムアップ!

結果が出るまでの時間が長く感じました。いや感じただけでなく実際処理中画面も出てきたのでちょっとありました。とは言っても多分30秒もなかった?
画面には最初にCongratulations、とありました。でもその画面はじっくり見る間もなくなんだか切り替わったと思います。そして試験結果の詳細画面です。各分野の正解率が表示されますが、全体での正解率は出ません。ダミー問題も含んでいるのですが、それでいいから出してくれてもいいと思うのですがねぇ。上のほうにPassって文字があるのが合格の印です。
また、試験室退出時にこのスコアレポートが印刷されたものがわたされます。これにもPassという文字が上に小さくあります。また、圧印も押されます。これが合格の印だとはその印刷されたスコアレポートをもらって会社帰ってから去年の合格者の人に教わりました。落ちたときは圧印はない。当然passの文字もない。

スコアレポートを見るとぞっとしないですね、なんたって一番出題数の多い「プロジェクトの実行」が48%しかできていなかったのですから・・・問題数の少ない「プロジェクトの終結」は8割以上できていたのですが。他はまあ6、7割できていましたからそれでなんとかなったのですね。
なお、スコアレポートと公表されている問題出題割合から正解問題数を算出すると130問正解。ぎりぎりだー。ダミー問題25問を省いた175問中106問正解すれば合格とのこと。つまりダミー問題ばかり正解していたらぎりぎり不合格になっていたのです。とは言え、どれがダミー問題かなんてわからない。

以上、試験報告でした。よかった、合格できて

なお、このPMPのために勉強した時間は100時間弱です。おおざっぱに言っているわけでなく6月から始めた勉強した時間を積算していったらこうなりました。なお、35時間の講習時間は含んでいないです。会社の負担でもらった時間は講習時間とか試験の時間とかくらいなので・・・大変だったなぁ。つまり大半は休日に勉強した時間なのです。

あとは早くPMP資格証明書が届くのを待つばかりです。(8週間以内を目標に送られてくるのですが、この時期はPMBOK2000の駆け込み需要でたくさん合格者出ているから事務処理時間かかりそう)
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。