情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「耳かきお蝶」2巻
今回は帯に「エマの森薫さん大推薦!!」って書いてあるのでもしかしてたくさん売れるかもな感じがします。
ま、わたしもコミックビームで湯浅ヒトシさんの読みきりあったのを読んで「耳かきお蝶」買った口ですから、エマ好きと相性がよいのかも知れません。

今巻は1巻よりもますます展開がすごいことになっています。だいたい1話完結か2話完結、とは言えお蝶さん以外にも周りの準レギュラーキャラが多い。ゲストキャラの話がその程度でさっさとまとまって、いい感じに終わっていきます。
そう、なにがすごいことかというと、展開が早い、だいたい良い方向に物語は向かう、と安心してさくっと読んでいけるものです。
この点からして全然エマとは違うですねぇ

でも、よくよく見てみると1巻よりも耳かきお蝶の技が冴える展開が少なかった。そしてそれよりも2巻でいきなりかげ薄くなった日向さん、彼ひとりだけ変なファンタジー、でも彼のおかげで展開のご都合的過ぎるかもしれないいい方向への展開があるのです。でもやっぱかげ薄い。
まあだからこそ日向さんの動きをふわっと忘れて、ちょっと良すぎる物語の展開を自然に感じられるのかもしれません。

耳かきお蝶 2 アクションコミックス

若い女性の顔がみんな同じに見えて困っていたのですが、今巻の新キャラのおしずさん、アイラインが妙にくっきりしていて他のキャラとは完全に描きかえられています(だからメ元は妙にエジプシャン)。それだけ美人、ということを強調したかったのでしょう。
ただ、せっかくいい感じに印象付けられたのですが、3巻以降の登場は微妙です。(ようはいい具合に話が・・・)
スポンサーサイト

クイーンズブレイド、第4弾どころか第5弾まで情報が
実は期待しているホビージャパンゲームblogでのトーナメントは遅々として進展していませんが、公式HPではさらに新キャラが紹介されています。
この間先行して発表されていたドワーフ娘のユーミルさんは第4弾から第5弾に変わり、抜けた第4弾にまた新キャラ発表です。なお、第4弾、第5弾ともにもうひとりのキャラはシルエットで登場ですね。

さて、今回第4弾新キャラとして登場したのは「古代の王女 メナス」、王家に代々伝わる殺人格闘術の使い手だそうです。触れると命を蝕む呪いのオーラをまとわせた拳があるとのこと、じわじわ系?
彼女は遥か昔に滅びた王国の王女、つまり前回新キャラ紹介されたユーミルと同様お姫様。「沼地の魔女」により甦らされたものの、意見が合わず出奔 ということはいずれ「沼地の魔女」が登場するのでしょうね。
武器はリビング・セプター、魔法使い? でも殺人格闘術の使い手という説明からして、なんとなくモンクっぽい攻撃を期待してしまいます。

絵師はf.sさん、先だって発売されたエキドナを描かれている人。メナスもエキドナ同様に肌の露出の多い人なのですが、エキドナはそれでいて実は防御力高かったから、見た目に惑わされてはいけません(?)

クイーンズブレイド公式HP

なお、第4弾シルエットキャラは武器はランスっぽい。あと微妙に尻尾とネコミミのような形が・・・。でも尻尾は多分衣装、ついでにネコミミも冠かも。
で第5弾シルエットキャラは武器は麦刈り鎌・・・ま、死神の鎌ですねぇ。しかも浮いている・・・どう見ても尋常のキャラではありません。メナスが甦りキャラなので、死神キャラがいてもおかしくない。
それにしても今後のキャラはでかい武器のキャラが3人も居ますね、いい傾向です
しかし、メナスが魔法使いじゃなかったら、魔法使いの登場が待たれますね。第5弾シルエットキャラが死神だとして・・・うーむ、魔法は使わないか。

そうそう、待望の第4弾の発売日などの情報は、まだ不明です。かなり残念

月刊コミックアライブ創刊号は本日発売でした
「コミックフラッパー」のメディアファクトリーが新しいコミック誌を創刊、「コミックアライブ」、買いました。

手に取るとずしりと重いです。紙の質がよいのでしょう。ページもたくさんありそうです。

取り敢えずページチェック、600ページもありますねぇ。フラッパーは10円安くて450ページ程度(でも紙がふんわりしているのでフラッパーの方が厚い)なので、読んでいて、疲れました。重いし、たくさん読まなくっちゃいけないし・・・。

雑誌の傾向は、ライトノベルやゲームなんかの原作のコミック化作品をメインにして、その方面に沿った連載作品、というところでしょうか。
ただ、裏の目次見ると原作者の名前は載っていません。原作と言うよりも原案っぽいのかな・・・うーむ、一作たりとも原作を読んだり遊んだりしたものがないのでよくわからない。
「陰からマモル」が読みたいから取り敢えず買ったのですが、それ以外になにか面白いもの見つかれば、と・・・

残念ながら、私には合わない絵柄、内容、でした。

「コミックフラッパー」好きだから、明確に読者層を変えてきているんだ、ということにしておこう。

ただ、これから始まる新連載陣(9月号、10月号)では後の方ほどなにか楽しそうに見えます。石川マサキさんの「私立トアール学園2年星組物語」(星組の「星」は星マーク)が面白そう。
また、豪華執筆陣のテレカプレゼントページでは、「鉄板少女アカネ!!」が気になる有賀ヒトシさんや、「TRAIN+TRAIN」が好きだったたくま朋正さん、徳間時代の作品(「天晴れカッポーレ」「ぱらいそロード」)が好きな菅野博之さん、また、つぶらひでともさんなどのイラストが散見できます。
このあたりの人が一気に連載を初めていただけたら・・・買います。
でも、今はこれだけじゃあなぁ・・・。

というわけで素直に「コミックフラッパー」を買う人でいつつ、様子を覗います。

コミックアライブ公式HP

月刊 comic alive (コミックアライブ) 2006年 08月号

コミックフラッパー公式HP

「ヴァルキリープロファイル2」をプログレッシブに楽しむ
「ヴァルキリープロファイル2シルメリア」発売日に買いました。
そして綺麗なゲーム画面に嬉しくなってしまい、どうせならもっとも綺麗な525Pでゲームしたい、というわけでD端子出力のケーブルを購入しました。

買ったのは一番安かったホリのD端子ケーブルHGです。

これまではソニー製のTV(4:3)にAVマルチケーブルで接続でした(525Pにしてみたら表示できなかった)が、それをハイビジョンTV(16:9)にD端子でかつ、525Pでの接続として画面の変化を確認です。
なお、D端子接続は間にS端子セレクターが入っています。(DVDとXBOXとを切り替えていたもの、これにもうひとつ口があったのでそこに接続)

ムービー:
これについてはAVマルチ接続(今後「AVマルチ」と表記)であろうとも、ハイビジョンで通常(多分525i、なので今後「525i」と表記)でもD端子525P(同「525P」)でもたいして変わりません。
どちらも綺麗、変化がないのが実は残念ですけど。

ゲーム画面(町、ダンジョン):
ここが一番変化ありました。町で自然物、草木の揺れる村の方がわかりいいでしょうか。AVマルチや525iではざらつきが見えます。ただAVマルチは絶妙にフォーカスが緩んでいるので案外綺麗です。でも525iだと草木の詳細がドット感溢れるざらつきで揺れています。また、揺れていないものも、モアレでしょうか、ちょっと毛羽立つ感じで質感が失われています。
それが525Pだと草木の揺れも滑らかでざらつきは低減しています。また、揺れたりしていない固定物のモアレも減っています。詳細がよく見える、ということでしょう。TV側の調整でもっとよくなるような気もします。

ゲーム画面(戦闘):
AVマルチや525iで確かに敵や背景にざらつきがありますが、拡大縮小、動きが多いのでそれほど気にはなりません。525Pは確かに綺麗ですが、目に見えて変わったようでもないです。

マップ画面:
町やダンジョンを移動する全体マップの画面です。
ここはAVマルチや525iでは詳細がぼやけていました。が、525Pでは驚くほど詳細がよくわかります。なんか海にちっちゃく船があったり、さんご礁とかも綺麗にわかったりと、ここは差を感じました。

総括:
うーん、もし単にD端子でつないでいてプログレッシブにしていないなら、当然プログレッシブにするべきです。
S端子との比較をしていないのでS端子からD端子に変えるべきかは論ぜられません。
ただ、AVマルチ接続なら、敢えてD端子にするほどでもないかとも思います。

D端子ケーブルHG (新パッケージ)

ヴァルキリープロファイル公式HP

ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-(通常版) 特典 「VISUAL PROFILE 2」付き

ついでに5.1chサラウンドにしてみたところ、戦闘シーン終了時のセリフの聞こえる位置が画面に連動するので、聞きづらい たまに画面表示位置と声位置があっていないような時もあるような、気もする。
他の場面(移動やムービー)では問題ないのだけれど。

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」1巻、おまけページあり
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」1巻買いました。
連載も最初から読んでいたのですが、コミックフラッパーのコミックはおまけページが結構多めにあるので、それも期待して購入です。
で、内容はこれまでの連載での感想どおり(って、はしょりすぎ)、とにもかくにも、おまけページありました

おまけページ、「ダンズ with the ヴァンパイアメイド」・・・なんか最初からこういうおまけタイトルをしたいがための本作タイトルだったのか、とか思っちゃいますほど、普通にしっくりくるおまけ4コマのタイトル。
で、メイドっていつ出ていたのかですが、当然ですがこのコミック読めばわかります。第1話で出ていた3人組(?)です。偽メイドとかもいたのでメイドは3人しかいないわけではないでしょうが。
この彼女達の4コマ、きっちり名前も決まっていますが、目立っているのはネリーです。本編ではアキラに着替えを渡そうとしたり、機関銃で蜂の巣にされたりと大活躍(?)しています。単純には他の2人、ネーラとネロよりも出番多いので作者お気に入りなのでしょうか。でも私はネーラにもっと出てもらいたい!
ヴァンパイアなメイドさんがいかに日々を過ごしているのか、というようなそうでないようなネタの4コマです。
うーん、ただ、メイドの仕事しているシーンがないけど。
なお、2巻に続きます。
本編と同時に楽しみましょう。


ダンスインザヴァンパイアバンド 1巻 MFコミックス


ブッカー君、今度はB6版とA5版を買う
以前コミック用の透明ブックカバー、「ブッカー君」新書版を買いました。使い勝手よかったので、今度は大き目の買います。
実際、新書版用はあまりそのサイズのコミック買わないのでまだ前回買った分全部使い切っていません。
逆にB6版、このサイズのコミックばっかり買っています。
長年使ってきた「ミエミエ」B6版切れたので遂に「ブッカー君」にシフトです。
ついでにA5版も買いました。
今回は多めに買って送料無料にしてみたのです。

なお、購入日付は2006年6月10日です。この日時点での価格や商品、サービスです。

購入店舗:
楽天の中央書店コミコミスタジオさん(なお、BL系のお店です 「ブッカー君」を扱うお店って少ないですが、充分安いです)

価格:
B6版は値段は10枚入りパック×10のセットを2つ、税込み924円×2、A5版は10枚入りパック×5のセット、税込み714円。2562円です。(送料はこのお店だと2500円以上の買い物で無料になる)

形状:
B6版、A5版でもやはり新書のものと同様です。ただサイズが変わっただけです。
「ブッカー君」の厚み、ちょっと厚みを感じて丈夫そうです。
B6版、「ミエミエ」よりも高さが1.5mm小さいです。うちにあったコミックではどの出版社(小学館、集英社、講談社、少年画報社、角川書店、メディアワークス、エンターブレイン、メディアファクトリー)でもOK。ぴったりなのでちょっと入れづらい時もありますが、上下ナナメにせずに入れていけば問題ないです。逆にあまりが上下にできないので本棚とかコミックケースとかにしまう際にすっきり綺麗。
あ、角川のコミックスのみ若干余裕がありました。つまり角川のだけ高さが少し低いんですね。
A5版、う、今カバーかかっていないのがない。A5版コミックって今度いつ買うのかなぁ。ただ、「ミエミエ」A5版と高さ較べると、これはたいして変わらない。

意匠:
そう、これがないので左右どっちを袋にしてもいいので便利ですね。
ま、これがお気に入りの理由としても大きい。
新書版の時にも書いたことですが、完全に透明です。意匠が入っていると、その向きで入れないと気持ち悪いですからね。9割がたの日本のコミックは右から読み出します。そして作者のコメント欄があるのは右の方が若干多いです。ここにのりで貼り合わせた部分があるとちょっと淋しいかな。ま、両側折り返しにいろいろ書いてある気合の入ったコミックもありますが、少なくとも「ブッカー君」なら張り合わせる位置を左右変えられるので、嬉しいですね。

製造元:
「ブッカー君」の製造元は株式会社ダイワハイテックスさんです。直販はないみたいですね。

総論:
「ブッカー君」B6版で200冊分カバー買いましたが案の定しっかりしていてよかったです。さっき既に20冊カバーかけた・・・案外次回買うのも早いかも。

楽天「ブックカバー:コミコミスタジオ」

なお、B5版って使うこと少ないのか「ブッカー君」にはありません。大きいのは絶対カバー厚めな方がいいので是非ともこのサイズも作ってほしいです。

ヴァルキリープロファイル2、楽しいのでもっと美しく楽しみたい
「ヴァルキリープロファイル2シルメリア」発売日に買いました。限定版です。
そしてやっと2番目のボス倒したあたりです。
ちょこっとファーストインプレッションです。

限定版:
化粧箱仕様、地味な箱かと思いきや表シルメリア裏アリーシャの胴部分が描かれたカバーがかぶっていました。
開けると、「アーティファクトは基本的に主神オーディンの所有物云々・・・、献上しますか?」の前作おなじみの文言が描かれています。「はい」「いいえ」の選択肢まで印刷されています。ま、心の中でここは「いいえ」を押しましょう。
で、フィギュア、うーむ、顔が・・・。リングアクセサリー・・・なんか地味。特製ブック・・・半分は予約特典の内容が入っています、残りはレナス関係・・・微妙。
でも、ボーナスゲームカバー、上質の煌く紙にヴァルキリー3姉妹が印刷された表紙のものでした。これよかったですね、ゲームカバーや中身のDVDは通常版と同様のものが入っているようでした。
「ヴァルキリープロファイル」の時ってCDはカラーのピクチャーレーベルだったし、懐中時計とかカレンダーとか、なかなかよかったのですがねぇ。
せめてカラーのピクチャーレーベルにDVDするとかしてほしかった。フィギュアやめたらよかったのに・・・と思う展開。

3D:
というわけですがゲームを始めると3Dです。でも、町やダンジョンでの移動、前作の2Dくささを残しています。背景も3Dですが、移動に応じて角度が滑らかに変わっていきます。前作の嬉しくなるような多重スクロールの趣を残していますねぇ。3Dだから当たり前の滑らかな角度変化ですが、綺麗に細かく作りこまれているので妙なのっぺり感とかもなく、奥行きを実に感じます。

ダンジョン:
前作を思い出しつつダンジョンを進むと、今回の新アクション「光子」をばりばり使います。これが最初は敵を凍りつけさせるだけで簡単に戦闘回避できるようにするシステムかと思っていました。が、ダンジョン進んできてわかりました。パズル的アクションのためにあるのです。重要で、やり込み甲斐のあるものだったのです。とにかくこれを使って敵の位置と自分の位置を入れ替えるのが熱い、ジャンプして入れ替わったり、ナナメに打って上下位置入れ替わったり。また、反射させて当てることや、入れ替わった瞬間のジャンプでの位置移動を利用しての下の敵を自分もろとも上に持ってくるアクション、大変だけどおもしろい。
やりこみましょう。

町:
前作では町は1本道というかそれほど入り組んでいなかったのですが、今回はなかなか楽しくいろいろ行けます。っても基本はやっぱり横移動なので3Dで描かれているわりにはなにか不思議な感じです。背景がなんとなく回るように動いていくので一本道でも直線じゃなく曲がって行っている感じです。だから不自然さを感じにくいような気もする。
まあ、なによりも今回はお店ができたので町は重要です。たくさん買ってお得意さんになって、指定された材料を敵から集めてきて新たなアイテム作ってく、これも楽しいです。

戦闘:
敵に接触で戦闘開始は前作どおり。でも戦闘開始で戦闘マップ内の移動がまたあります。これ最初うっとうしいかと思ったのですが、全然そうじゃない。おもしろいし、なにより爽快。基本はダッシュで近づき敵に攻撃される前に攻撃、撃破です。1回の戦闘での撃破が無理ならダッシュ2本とかで裏に回って反撃受けないように攻撃。
最初のボスもこのへんを使うと楽に攻略です。
また、何体か敵居てもリーダーさえ倒せば戦闘終了でかつ全部の敵の経験値が入ってくる。これがいい、基本はダッシュでリーダーのみを撃破です。
ま、材料集めとか、スキル成長とか考えるとリーダー以外も倒すべきかもしれません。それはやりこみ好きかどうかで切り分けられます。私はやり込みしちゃいそうです。(最近忙しくって時間ないのにねぇ

ほか:
スキルが装備のルーンのつながりで発現して、しかも戦闘していって経験値(?)MAXでやっと使えるようになるのとかも面倒ですが、まあこれも戦闘することに意味づけされていいですね。戦闘がおもしろいゲームですから、いろいろ付加価値あっても問題ないです。
あと、敵が何度でも復活してくれるので前作のような厳しい経験値管理は必要なく、存分に鍛えられます。うう、やりこまなくては!
エインフェリアは多いのですが、影薄い。あっさり仲間になってくれるのですが、ランダムなのですね。2周目3周目と遊ばなくてはいけないのかも・・・でもまあ、エインフェリア固有のイベントが少なめ(っていうか今のところ主要キャラ以外はなにもない?)なようなのでそれほど頑張らなくてもいいのかなぁ。どうも因縁あるキャラでパーティ組むとちょっとしたイベント(喋り出す)あるみたいです。

ヴァルキリープロファイル公式HP

ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-(通常版) 特典 「VISUAL PROFILE 2」付き

お城に入ったら大理石の床のキャラの映りこみが美しかったです。うーむ、今ソニー製TVのAVマルチ接続なので充分綺麗、でもまだまだ綺麗に映し出せます。
そう、コンポーネント出力でプログレッシブ(525P)にできるのですよ!
問題はうちにはハイビジョンTVあり、プログレッシブ対応なのですが、入力端子がD端子のみ・・・。D端子ケーブルを買うか、コンポーネント端子をD端子に変換するケーブル買うか。さらにそこまでしてプログレッシブが大したことなかったらショックだし・・・。
まあさらに言うとそのハイビジョンTVは居間なのでゲームできる時間が厳しく限られることもある。

忙しい日々だからこそ、より一層ゲームが楽しい。悩ましい今日この頃です。

なんだか最近忙しい
やっと「ヴァルキリープロファイル2シルメリア」発売の22日に完全なお休みの日が取れました。
なんだか2週間+α、休みなかったのですが22日は「ヴァルキリー2」楽しかったぁ・・・ちょこっとだけして昼間なのに眠たくなったもののやっぱ遊んでしまった。
とは言え、翌日は名古屋出張 なんだかんだと忙しいので夜はとっとと寝たのです。
むう、名古屋行って、きしめん食べて天むす食べて帰ってきましたが、さて、明日は・・・。

「ヴァルキリー2」のクリア、だいぶ先になっちゃいそう。うん、完全攻略本出るまで余裕でクリアできないだろうなぁ。

メルティブラッド、やっぱ買うだろう
あんまりゲームセンターでは遊ばなかったのですが、逆にあんまり遊んでいないからこそ買おうかとも思う「メルティブラッド アクトカデンツァ」です。

実際のとこ、試験なんかで大学が会場だと近所に普通はゲームセンターがあるので、試験終わった後とかよく遊ぶことにしているのですが、そんな時、なんどかした程度です。

動きはよくってよくつながるコンボが印象的なゲームでした。ドットがネオジオゲームみたいに、というか近年のギルティ以外の傾向で粗いのがたまにちょこっとする者にとっては・・・。その割には動きが妙に滑らかに感じられますから、慣れたらこれでいいのかも。
ま、これでロード時間が短いならそれでいいのです。家庭用格闘ゲームでなにより重要なのはロード時間だと私は思います。(だからネオジオROMって大好き)
ま、NAOMI基盤だったとは言えいまさらドリームキャストに出るわけもなく、PS2ですから移植でロード時間をどうしたのかが気になる。普通にゲーム部分は完全移植だと思うから。

メルティブラッド アクトカデンツァ公式HP

メルティブラッド アクトカデンツァ

モード的には普通の格闘ゲームのものくらいでしょうか。なんか変わったものがあるといいな。

パンプキン・シザーズ5巻、そろそろこれも1巻から読み返そう
「パンプキン・シザーズ」5巻です。
前の巻でのオーランド伍長のいいところたくさんでアリス少尉はでれでれなとこで終わったのですが・・・(ってなんかこれだけ書くと変だ)、今巻では少尉の見せ場です。
て、また読んだ感想書いてしまうので読んでいない方はお気をつけてください。

さて、場面は決闘、でも少尉の迷いが消えると同時にもう相手は敵ではない、そんな一気な情勢の変化。
少尉の長年培ってきたものがここに来て花開いたのでしょうか。そしてもって最後のビンタ、うーむ、気持ちいい終わり方。
そしてその後の今回の悪役パウロと平民との決闘もいい感じですよ、パウロ侯爵のいい意味での貴族の誇りや義務というものを見せ付けられ、すがすがしかったです。
でも、このまま気持ちよく終わらないのが「パンプキン・シザーズ」のいいところ、と言うか熱くて深いところ。やっぱこの平民の暴動に対してクレイモアが突撃する予定だったのが裏事情だと思っていたら、もうひとつ裏があったのですねぇ。「結社」、と言われる謎の組織がさらに絡んでいたとは・・・。

ま、物語としてはおもしろいですが、なんだかあまり事情を知らないままの少尉や陸情3課の面々が…て今のトコかぎつけているのは課長だけか、なら気にせずみんなはすっきりしているのか。だったらいいか。

で、この巻ではここで別の展開、表紙の2人のお話ですね。でもってセッティエーム姫、マーチス准尉の言うようにアリス少尉にちょっと雰囲気似ていますが、次回登場したらマーチス准尉、小間使いどころかもらわれてしまうかも、とか思いますねぇ。
早くまたセッティエーム姫登場しないかな。

Pumpkin Scissors 5 KCデラックス

最後にまた次巻に続く形でお話が始まっています。しかも陸情3課の話題じゃなく、「第1の大剣」の物語。ううむ、副長が3課相手に負けた話って、どうだったかな。こりゃあそろそろ1巻から読み返さないといけませんね。ちと楽しみです。案外忘れていること多そうだ。

あ、なにげにちょこっと書き下ろしで物語が補完されていますのはいつものこと。嬉しいおまけですね。
特にマーチス准尉の後日譚、ウェブナー中尉って彼とどういう関係だったか・・・? むむう忘れていますね
やっぱ1巻から読み返さないといけませんね

空調ベッド、欲しいかも
空調シリーズ、遂にベッドですか!
確かに、確かに中空で自分の下に空気の流れがあればこれは涼しいですねぇ。
クーラーよりも電気代かからないし、でもって一晩中つけて寝ると、気温が30度くらいないことには冷えすぎて体によくないらしいなんて・・・これはよく効くってことですよお。

気化熱での冷却だから乾燥してしまうこともないだろうし、当然タイマーもあるので冷えすぎもなんとか大丈夫。まあ温度管理して動作制御はまた来年、か。
有償試作品ですもの。
とりつけはベッドのみだし、ベッドも形状に制限があるなど、まだまだ確かに試作品だという感じですが、これは動作させなくても中空なのでそれだけでも涼しげです。

欲しい、第1回販売は30分で売り切れ、Yahooトピックスにも取りあがられたし、メルマガ登録して待つのか・・・こりゃあ買えないだろうなぁ・・・。
ていうか私は布団でないと駄目でした! でも、単にこれを敷いてその上にタオルケットでもかぶせれば・・・なんとかなるのか・・・?
まあ来年まで待って今年のフィードバックなどから改良されたのが出るのを待つのも手です。

これからの展開や、実際の使用者の感想など、要チェックです。

空調ベッド公式HP

世界初!!空調ベッド 風眠 K-BED世界初!!空調ベッド 風眠 K-BED

来年には空調布団をお願いします。

新フォーチュン・クエスト12 クレイの災難<下>
待ちに待った下巻です。
今回は表紙からだけの妄想でいろいろ語りにくいなぁ・・・。

というわけで普通に感想です。ネタばれなので読んでいない方はお気をつけあそばせです。

さて、今回はなんだかとんとん拍子にお話が展開していきました。
ま、クレイの災難もこの下巻ではあまり描かれていませんでしたね。ていうかあまり登場できなかったのが災難ですね、活躍してレベルアップもしているのに、その活躍をパステルが見ていませんからねぇ・・・。

災難はトラップとルーミィ、とは言え二人ともレベルアップしているし、微妙だ。

うん、やはりシロちゃんでない大人のドラゴンが敵対せずに出てくるとさすがに最強、知識についても豊富だから、展開が一気に早まります。基本的にドラゴンと友好的なここのパーティ、シリーズタイトルにあるだけのことはあります。幸運です。
でも、今までなら幸運があれば不幸あり、という感じでなかなか幸運を感じられなかったのですが、今回は差し引かれる不幸が少なめだと思いました。
なんだろう、結構みんな戦い慣れしてきて強いし、また数字的にもレベルアップもするし、クレイも二人の兄に認められてきました。特にパステルが機転を効かしたり、ピンチになんどもひらめきを見せ、すごく活躍していました。マッパーとしては相変わらずだけど(お約束か?)

しっかし、これまでだったらきっとあの奇跡の花、ルーミィー救った後に一度枯れています、トラップ倒れて大変! そこでこの巻は終わる。そして次巻はトラップのいないまま、久々になんだかセンチメンタルなパステル、自分じゃ原因よくわからないけどってなお話を期待してみたかった。

新フォーチュン・クエスト〈12〉クレイの災難〈下〉電撃文庫

そうそう、トラップといえばこの下巻で一番印象に残りました。やはりバクマンを乗りこなしているシーン、いいですね、すっごいトラップらしいです。

今日も仕事、明日も仕事・・・あさっても
なんだか、急に忙しい。今日もなんだかんだと結局仕事しちゃいました。
まあ明日あさってと乗り切ると、きっとひと段落、のはず。

ぼちぼち行きましょう。

そう、乗り切ったら「ヴァルキリープロファイル2 シルメリア」発売だし・・・でもPS2はFFの攻略本出てうきうきしている弟が・・・

じっくり行こう・・・どうせ続いて「ザノサーガ3」もやってくる。でもこう待ち行列に溜まってくるとクリアせずに過ぎてしまう可能性も・・・。

ま、これもぼちぼちだ。うん。

今年、初蛍
うちの裏の川では鯉が元気にばしゃばしゃやっています。
つまり、蛍の幼虫も、また餌のカワニナなんかも・・・

最近は見かけませんでしたが、今日、なんとなく見てみたら、ひとつ、光っていました。

うーん、どっかべつのとこからの出張さんかもしれませんけど。
なんにせよ、初蛍。

トロピカーナソフトキャンデー マンゴー&アップル
名前はトロピカーナですが、明治のお菓子です。
期間限定で発売されていますが、トロピカーナは飲み物として好きです、そしてマンゴー味も好きです。こりゃあ多分おいしいだろうと思い、買いました。

さ、ソフトキャンデーです。見た目はなんともねっとりした質感でマンゴーっぽい? うまそうです。
口に入れます、うーんこれは森永のハイチュウに似た食感、ハイチュウも好きですから、後は味・・・。
甘い、濃厚なマンゴーの甘み、そしてアップルの酸味っぽい粒がちょこっとあります。そのアクセントがいいですね。濃厚なばかりでないので飽きません。そしてなにより、この味はトロピカーナな味です!

・・・しかも12粒もあるのでたっぷり食べられます。

さあて、また買うぞ。

トロピカーナソフトキャンデー マンゴー&アップルHP

Sleipnir2、2.4正式版にする
さて、タブブラウザSleipnir2のバージョン2.4正式版が発表されました。
私は2.4ベータをちょろっと試してみたもののもう少しわからなかったので2.3に戻して様子を覗っておりました。

導入削除再導入とかやっているうちにお気に入りが消えたり、設定情報がどっか行ってしまったりとなんかいろいろあったのですが、今回はきっちり現状の情報をバックアップしてから再導入。
でもなんのことはなく、2.3を削除せず導入しても問題は出ませんでした。
いや、問題はあったかな、これまでいじっているうちにエクスプローラバーの左タブがなくなっていました。これをどう戻そうかと悩みつつ再導入で綺麗に戻るかと思いきや、設定をちゃんと引き継いだのですね、なかったです
諦めて、一旦2.3削除して、2.4導入しました。お気に入りはファイルでバックアップから戻し、後は手で再設定。(バックアップのファイル群を全部上書きしたらまた左タブ消えたから ってこんなんばっか)

で、変わったことといえば2.3よりは高速起動です。最初は設定で高速起動オプションが外れていたのですけれども。
また、IE7とかでも標準にあるタブブラウザ全ブラウザを並べて表示する機能、全部並ぶか重ねるかですが、これをカスタマイズするともっと使い勝手よくなる予感。ワイド24型な私の画面では2つずつ左右並びにして表示とかしてみるとおもしろげです。
プラグインでRSSリーダープラグインのHeadline-Reader Pluginを入れてみました。気持ちよく動いています。これはカスタマイズできないのかな? 記事リストの位置変えたい。
あとは落ちにくくなっているということですが、これは今のところ落ちていないので・・・というかそんなに日々落ちていたわけでないので、より安定した、ということですね。
そうそう、SmartSearch機能、これはなかなか優れもの、文字を選択して各種検索にそのままいけます。なにげに私がよく使うものがリストアップされています。これも今後カスタマイズできるのでしょう。


タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)


テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)受験結果
2006年春期の情報処理技術者試験、高度も合格が発表されました。
私は今回から新設されたテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受験しました。

早速結果を見てみましょう、どきどきします。

午前695点、おおう余裕だ!
午後1、610点、むふうぎりぎりだ!
そして午後2、590点・・・

不合格でした。

いいとこというか非常に惜しく、なにか1、2問うまく回答できていれば…とか思うのですが、当然後の祭り。
情報処理技術者試験センターの統計情報から、今回の合格率が6.8%なのを知り、かなりびっくりしています。
ざっと見て他の試験区分でも最低の合格率の時が6.8%程度なのでこれはつまり、一番絞り込んだ合格率、ということです。
難易度は一応高かった、ということですね。
最初の試験なので少し簡単にしてくれないものかと思っていましたが、うーむ、セキュアドの時は最初合格率高くて徐々に低くしていったのですが、こっちのテクニカルの情報セキュリティは今後どうなるのでしょうか。

セキュリティ技術の試験なので、難易度高く設定されている方がいいのでしょうね。合格者への心象よくなりそうだし。
しかし、もうちょい合格率を増やしてもらっていたら・・・とか、あー、惜しかった。

アイテック模試の時はD評価だったのでよくぞここまで迫ってきた、と自分をほめようにも、やっぱなにか引っかかっています。

さて、気を取り直し、秋期の情報処理技術者試験ですが、昨年初受験で午後2の小論文がB評価だったという、これまた惜しかった、アプリケーションエンジニア、再受験です。
なんか惜しいのが続くと、つらいですね。
ただ、午前が非常に安定しているので、午後の勉強に日々地道に取り組めば、なんとかなる、なってほしい!

最後に、合格された方、おめでとうございます。特にテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)合格の方、たくさんおめでとうございます。少ない合格者なのでレア度高し、いろいろ有利なはずです
不合格な方(自分自身にも言い聞かせる)、秋で挽回ですよぉ

PMP、まずはPMBOK第3版を流して1回目
PMPの勉強ですが、
PMBOKガイド第3版
をこの休みを利用して、ざぁーっと最後まで「流し」読み終わりました。

読み終わっての感想。
うーん、わからん、意味がわからんこともあるがよく似た略語やカタカナ語が多くてついていけない。

でもまあいいでしょう。部分的にわかる部分もあったし、なにより最初はこのPMBOK世界の空気になじむ、それが目的です。
よく出てくる用語や、記法、言い回し、それらからなんとなく重要っぽいものとか、理解していくための光明とかを感じ取るのです!
・・・感じ取れたかはまあ置いておいて・・・ちょっと匂いをかいだ程度でしょうか。

取り敢えず巻末の用語集だとか、たくさんのITOを整理したいです。
結局、そのあたりを丸覚え・・・か

ま、取り敢えず問題集にも取り掛かってみましょう。
PMP試験 完全研究 なるほどナットク!
うーん、PMBOKの後だと問題集の方がページ少ないし量も少ないしで、大丈夫か不安になりますね。
この問題集を通勤途中にやりつつ、PMBOKも隙見てまとめていこう。

先は長い、焦らず頑張ろう。

おまけで、烏龍茶は・・・
今回のキャンペーンももう6/15までですよ! 終了間際は混雑して反応鈍るかもしれません。まだ余っている人はとっとと挑戦してください。

さて、なんとかもう1本手に入れ・・・ることはできなかったものの、PCのテーブル端にいつぞや取っておいたキャンペーンシールがぺろっとおりました。よかった。端数なくラストチャンスに挑戦です!

はずれです!

おしまい、多分来年もきっとあるだろう次回キャンペーンまで待ちましょう。

サントリー烏龍茶の公式HP

エレベータ雑感
最近はエレベータ乗るのも気を使う日々です。仕方ないのでもう階段ばっかで大変です・・・てそれは健康のために階段使っているだけですけど。

エレベータと言えばいつでもどこでも待たされます。このアルゴリズムってどうなっているのでしょうね。普通は何台もあるのでそれらの連携もあるし、複雑なもののようです。

私の通っていた学校でも、いっつも待たされました。1階から上を押してもなぜか2階に止まっていたエレベータは5階まで上がってそこの人拾ってから降りてきたりしていました。嘘か誠かこのエレベータのアルゴリズムはうちの卒業生が作ったとか・・・
そして今勤める職場のビルでもエレベータの呼び出し応答に疑問あり! なんだかんだ不満言っていると同じ学校卒の先輩が言いました。これもうちの母校出身の人間がプログラム書いているらしい、と。
なんで! メーカーちゃうでしょ! うちはそんなにエレベータ業界に人材を供給していたのか!
ま、都市伝説みたいなもので、IT系だとどこでもおんなじような話なのかもしれません

さて、件のアルゴリズムですが、TVで見たのかうやむやな記憶から言うと円の動きなんだそうです。
単純に1台だけ、1階から5階までのエレベータを例にすると、1階->2階->3階->4階->5階->6(4)階->7(3)階->8(2)階->1階へと戻る。1方向向いたループ、単純です。
最初に私が疑問していた動きもそれで説明つきますね。2階で止まっていたのは8(2)階の2階ではない2階なので、そこから順に見ていくと一番近くで呼んでいるのは5階であって、1階で呼んでいるのはもっと遠いのです。

ま、ほんとのトコ、乗ってから行きたい階を指定されるんだし、アルゴリズムはものすごいことになっているのでしょう。もしかしたら上記の考え方自体おかしいというかTVで言われていたくらいですから意味のないものかも知れない。
ふーん、ま、そういうものかと勝手にアルゴリズム考えつつエレベータ待っていても、複数台あるならなんか適当に気を利かせてほしいですね。
なんて言うか、うちの職場のエレベータはどこからも呼び出されていない時にどこか一箇所で呼び出しを受けると、全てのエレベータが一斉にそこに向かって動き出すという…
これはぁなんとかして欲しいですねぇ。
おかげで一瞬遅れて呼び出しかけた時は悲しい展開が待っています。エレベータの階の点滅から動きを理解し、私はおもむろに階段へと歩を進めるのです。

さて、ちょろっと調べると謎の技、エレベータの裏技があるそうです。主に指定した階のキャンセル技です。
これまた嘘か誠か・・・メーカーによって違うのはいいとして、ダブルクリックでキャンセルとかあるみたいですが、私よく焦って連打することがあるのですが、キャンセルしてしまったためしがない。これも都市伝説? でも試した動画もあったりしたり・・・む、複数ボタンの同時押しとかもあるみたいだ・・・恐くて試せないですけど。

そして、烏龍茶は・・・
今回のキャンペーンももうあと数日でお仕舞です。(6/15まで)
私は既に100本分挑戦し、音楽ギフトカードが1回当たっておりますが、やっぱり当然使うことなくiPod nanoを当てる気満々です!
さあラストチャンス! とお店に買いに行くともうこのキャンペーンのシールが貼ってありません。
お店を巡ってちょっとずつあるだけ買いあさって18本、あ、通勤途中に買って飲んだのが1本分あった・・・ううう1本端数。
というわけであと9回分チャレンジです。

あたれあたれあたれー!!





はずれ。はずれ、はずれ・・・、そして、最後。
はずれ

2位が多かったのですが、結局はずれは、はずれ。
うーん、結局当たらないなぁ。

どっかで1本買えばぎりぎり間に合うかもしれないけど・・・。

サントリー烏龍茶の公式HP

「アルフォンス・ミュシャ展」に行ってきた
はじめに:
堺市政令指定都市移行記念 日本経済新聞社堺支局開設記念「アルフォンス・ミュシャ展」を観るために、堺市立文化館に行ってきました。

きっかけ:
ずっと前からミュシャのポスター系の絵柄は好きでしたので一遍本物でも観てみるか、と軽い気持ちで出かけたのでした。
ま、TVでミュシャの作品が堺にたくさんあるってことを最近知ったのですが。ドイ・コレクションだったのです。

場所:
JR堺市駅で降りたらそのまま2階の高さのまま、屋根あるままに文化館に行けます。歩いて5分もかかりません。駅からも案内が出ているので迷いはしないと思います。
マンションの2,3,4階くらいを使っているので文化館って名前で一個の建物を想像していると戸惑うかもしれませんが。

文化館:
大雑把に2階が受付とギャラリー、3階は与謝野晶子文芸館、4階がアルフォンス・ミュシャ館です。

料金:
ミュシャ館、晶子文芸館どっちも入れて一般500円、学生だともっと安い。特別展の時は高くなることもあるらしい。
ちなみに「一般の方ですか?」と訊かれたのでもしかしたら堺市民とかだとさらに安いのかも、買い物帰りでビニル袋持った人がさらっと見て廻って帰っていったのを見たし。
なんにせよ安い。美術館の常設展示とかとおんなじ感じ。一応今は特別展だったりするのでもっと高いかと思っていた。

会場:
そこそこの広さ、作品数も結構あった。TVで見た時はなんとなく狭そうに見え、また作品も少なそうに感じていたのだけれど、そんなことはなかった。じっくり鑑賞して廻って1時間でした。
ちょっと照明が抑えられているのは絵画の美術館展示とかと一緒、外からの音が入り込むこともなくBGMが流れるでなく静か、空調の音が少ししました。
2箇所、座れるとこがあったのでじっくりしっくりしちゃえますね、私の好きな作品の前には椅子がなかったのであんまりじっくり座らなかったけど。

混み具合:
午前中に行ったので少なめです。私含めて2、3人。順路どおりに自分のペースで鑑賞していけるのでいい感じ。

作品:
当時のものなので、ポスター系は色がくすんでいます。照明が抑えてあるのもあるし、もともとはんなりした色合いの作品なので大して気にはならないものの、作品集などで見るものとはかなり違って見えるものもありました。
でもやはり本物の大きさはいいですね。連作のもの(4作品で1連作)がずらっと並んでいるのは壮観です。
リトグラフやポスターが代表的なのでそれが多いのですが、油彩や立体もちょっとだけありました。「蛇のブレスレットと指輪」がよかったです。
晩年の作品もかなりありました。

解説:
ギャラリートークは残念ながら中止になっていました。ただ解説コピー紙が作品の脇に置かれていました。
また、作品の横に板張りなどでしっかり解説がついているとこは少ないです。基本的にタイトルと製作年度しか説明ないです。
解説コピーは近くの展示作品に関連あるものが多く載っていますが全部網羅しているわけではありません。とはいえ、たくさん解説(両面10枚程度)あるのでしっかり読んでいけばじっくり鑑賞できます。

おみやげ:
私は作品ポスターとか買うのが好きです。解説の本だとか作品集とかは高いので買わないのですが。
ポストカードは妙にたくさんあってよかったです。でももともとがポスターなものが多いのでポスターを期待していたのですが10種類程度でした。大きいのは「夢想」くらいで後は縦長のとかA3版くらいのとか。
ううう、もっと大きいのが欲しかった。ま、今でも刷り直したりでリトグラフが出ていますから、なかなか難しいものがあるのでしょうが、安くて薄い紙のでいいから大きいのがほしかった。
そう言えば縦長の作品が多いからスティックポスターサイズでたくさん出してくれればいいのに。
あと、栞買ったです。正直言うともうちょっとです。印刷にうまく線が出ていない。ま、これから普通に使う予定だし、だんだん薄くなるんだからいいか。

お気に入りの作品:
連作系。あと、対になっているのとか。

おわりに:
明日からちょっとお休みで展示が変わるみたいです。
なにが変わるのかはちょとおわかりませんが、近所だったら安いしもう一度行ってみたい気もしました。

堺市立文化館 アルフォンス・ミュシャ館HP

コンシェルジュ6、作中のコミックの絵柄が気に入った
「コンシェルジュ」6巻です。
5巻ラストから珍しくも引っ張って、冒頭はその後編部分からです。
バンケット部門廃止の流れに揺れる中、5巻でいつ始まるのかと思っていながら始まらなかった昨今流行のメイドサービス。
またもや小姫さんのメイド姿が見られましたものの、作中でも言っているとおり、浮ついたものじゃないホテルとしてのしっかりしたサービスになっているようです。うーん、純菜さんが長身なことがなにか関係してくるのかと期待していたのですが、なにもなかった 残念。しかし部屋の掃除などメイドが働く姿を敢えて見せるというところが、本格的なメイドやないやんって思ってしまう私は、「エマ・ヴィクトリアンガイド」読んで即席英国メイド通なのでした。本来、姿見せずにホテルの部屋の掃除など行う、まあ普通なホテルのサービスってのがメイドさんがやってたのと同じなわけだと・・・とかどうでもいいや、それにしても話し相手とかすると接客から接待になって風営法だとは・・・

さて、この巻では小姫さんの出番がまたも復活してきました。ホテルに缶詰な人気漫画家有明光成さんの話ではなんでもできる小姫さんでもできないことが判明します。また、感情変化の少ない彼女でしたが、はにかむ程度だった笑みでない笑顔や涙顔や怒った顔など、喜怒哀楽いろいろ出てきました。ヘアバンド外すと感じ変わるなぁ

そうそう、人気漫画家有明光成さんですが、今回はいきなり表紙に抜擢ですね! つまり一発キャラじゃなくってレギュラー、ホテルが定宿・・・じゃなくいっつも締め切りに追われて缶詰にされているというなんかかわいそうな感じでレギュラーになるのでしょう
彼の描く原稿が作中にちらちら出てきますし、おまけページにしっかり載っています。しっかりはっきりした気持ちいい画です。コンシェルジュ作画の藤栄さんが自ら描くにはタッチが違うのでアシスタントの方の画かと思っていました。が、違いました。すいません、プロの方がしっかり描かれていたのです。
たみさんです。たみさんの公式HP
作中で使われていた何作品もの中では青年誌用の絵柄が好きです。この絵柄でのコミックをたみさん描いてくれないかなぁ。

コンシェルジュ 6 BUNCH COMICS

さて、次巻予告では純菜さんがでかでかと載っています。純菜さんの長身がなにか意味を成す日が来るのか、それが楽しみです。(多分こないみたいだけど)

夏になり、コニビニのサプリ売り場も少なめに
ここのところずーっとビタミンCのサプリメントを摂っております。
風邪にかかりにくくなったし、ひどくもなりにくいし、治りも早い・・・筈。
ま、実感としてはふんばりが効いていますね、「やば、風邪っぽい」てな時もそのままずるずる悪化するのでなく、だましだまし仕事して日々すごしているとなんとなく快方に向かっていってしまっていますから。
ただ、やっぱ風邪に完璧にかかってしまうといくら飲んでもたいして効き目無し。医者さんかかって薬もらった方がいいです。
そんなこんなで好きなのがFANCLの「ビタミンC アセロラ配合」、コンビニで買えるのでいいのですが、ここのところなんだかコンビニのサプリの場所が減ってきているような気がする。あるいはビタミン類がなくなってダイエット系になっていたりとかで、何店舗か捜して見つけては買っています。
買いだめしとくとどこにしまっておいたのかわからなくなるのでなくなる度に買っていますから、次は夏真っ盛り、あるかなぁ・・・

FANCL HP

ファンケル ビタミンC 270粒(徳用)ファンケル ビタミンC 270粒(徳用)

クイーンズブレイド第3弾、買った
買いました、「クイーンズブレイド」第3弾、「歴戦の傭兵エキドナ」と「武者巫女トモエ」です。
買ったのは京都の談ですが、各10冊以上ありました。他のキャラ4種も全部10冊程度はあるようですが、ロストワールドのものが全然ない・・・、パーシバル卿とかユニコとかちと欲しいのですが・・・。

さて、購入した2冊、まずおもむろにカバー外してみます。
むう、エキドナは可能性としてあったとおりの肌の色青系バージョン、色違いキャラ・・・というかちゃんと2Pカラーって書いてある。となるとトモエももしかして・・・あうう2Pカラーです。対戦格闘の色違いのキャラと同じような法則で赤が紫系になって細かくは鉢がねや瞳、刀の鞘の色が変わっています。ふたりとも持ち物や表情などの変化はなく、単に色変えでした。ちと残念。
そうなると旧4キャラも最新の版だと同様に色変えになっているのかなぁ。レイナは一時期公式HPのトップに色変えキャラが居たし。とは言え、さすがにそれを確かめるべく買い足したりはしていません

はい、カバーめくって一喜一憂した後は中に進んでいきましょう。見返し部分が表も裏も闘技場イラストになっています。おっきい! さすがにクイーンズブレイド!
そして1ページでいつもどおりの説明解説がモノクロであって後も同様、カラーイラストで戦闘の状況が描かれています。

「エキドナ」、彼女はダガー使いですが、3本持っています。弟子のイルマって1本だけじゃなかったっけ? さらに刀も持つし当然盾もある。それらを組み合わせて持てるので二刀流だったり剣と盾とかダガーと盾とかの装備状況に応じてできる行動やダメージ計算などに影響が出てきます。おもしろいけど、だんだんややこしくなってきました。
攻撃手段は当然ダガー投げもあるのにダガー3本あるから遠距離でも選択肢がありますね。そもそもキャラクターシートの行動欄全部なにかしら書いてありますから。
また、剣なくっても何気に足払い強め、当たったら相手は2ターン移動だけ、自分も1ターン移動だけになる。むむ、取り敢えず1ターン自由行動できる。これってダガー拾いとか盾拾い(二刀持ちした時、盾は自動的に落としてしまうのです)とかに使える。
イラストの話をすると「君の後ろにいる」、とかもちゃんと剣に映り込んでイラスト描かれているし、「体をかわす」も遠距離だと残像効果がかかっているなど工夫があっていい感じです。また、イラストの表情、不適な笑み系と涙流して泣いてる系とに2分されている感じです。思った以上に泣きまくりです、弱そうに見えますが、多分強い。
57ページの「基本の構え」、これが最初から恐ろしくもかっこいいですから。
後は蛇のケルタン君に注目ですねぇ。

「トモエ」、キャラクターシート見て、行動欄の空白が多さ(7つも空白)に泣きそうです。さらに、下段攻撃という風に書かれている攻撃もヒノモトの武者なのでそれは足ではなくボディーへの攻撃です。なお、上段攻撃は全部頭への攻撃・・・。攻撃位置が限られるし選択肢も少ないし、がちがちに固められるときついなぁ。フェイントもないのか・・・。やっぱ兜割り一筋? ま、上段で頭に当たるとダメージたくさん出るのでそれに賭けての闘いなのでしょう。
防御面では神札が防御なので壊れることはないようですが、あんまり防御力ないみたい、イラストでも防御は神札がしているのではなく剣で受けているし。
そう言えば和風系は蹴りが強めという話・・・若干強めですが、エキドナのような特典はない。それよか自分の次の行動に制限が・・・使えるのかな。なにかいい感じのはないのかと捜すと、「回転斬り」、これは相手が当たったときに場所がボディーだったら頭部への変更措置があります。当然ボディよりも頭の方がダメージ大きいので、これをうまく織り込めればいいのかも、なんかうまくいけば相手の攻撃をかわしもするし。
イラストは、一戦終えると絶対衣装はぼろぼろですね・・・ また、神札があることにはあるのですが意味のあるあり方がない、びしっと相手の攻撃を抑えたり、トモエが倒れそうなのを支えたりとかなにかとサポートしてくれるのを期待していたのですが、基本的に周囲を飛んでいるだけだったのが残念。
彼女も「君の後ろにいる」は刃に映り込んだイラストがあります。「体をかわす」は遠距離だとちょっと引いた同じ画だったのが残念。
なお、3ページと5ページの見開き、「上段スイング」「下段スイング」がバランスよい。「上段スイング」の笑みがちょっと彼女らしからぬけど。
そうそう「回転斬り」の時のみ彼女の刃に青白い炎が宿ります。このイラストもかっこよくて好き。

公式HPもこの第3弾発売に合わせてリニューアルです。
壁紙も1枚追加です。

クイーンズブレイド公式HP

クイーンズブレイド 歴戦の傭兵エキドナ
クイーンズブレイド 武者巫女トモエ

公式HPの壁紙なんですが、そろそろリスティさんも登場してくれないのでしょうか。

ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]、やっぱ限定版はないのか
駄目もとで予約しておいたゼノサーガ3の限定版、まかり間違って発売されないかと思っていたのですが、残念、予約してお店から「限定版ないです、通常の予約となります」ってな連絡がありました。
考えてみればあとひと月もないのですねぇ。
予約特典はDVDか・・・エピソード2の時も予約してDVDもらったけど・・・観てないんだなぁ・・・

今回エピソード2での不評に応えてでしょう、戦闘時の読み込み時間の短さや、データベース資料閲覧の復活、キャラクタやESモデルの鑑賞の復活、お店も復活、戦闘時のキャラ固有技の復活、ミニゲームも復活、とまあ大体問題だった部分が改善・・・いえいえ元に戻っています。
今のところ、ミニマップとHDD対応は、復活していないようです。戦闘前の読み込みは短くなったもののムービーシーン前の読み込みは長いかもしれませんね。
まあ復活以外のとこで新たなトコってのを捜すと、メッセージイベント、表情の出る顔グラフィックとテキスト、声優さんの声も入っているイベントが追加のようです。これは通常イベントの多くがこうなるようです。おまけシナリオなど本編と関係ないイベントでもこれだと結構楽しいかも。
で、逆になにか消えていないか捜していますが、今のところエルデカイザーもあるし、コスチューム変更もあるし、ES戦闘もあるし、ないのかなぁ。
なんかいいゲームな感じがします。ああ、やっぱ限定版があればなぁ・・・1も2もちゃんとうちにありますから、限定版。

Xenosaga.jp(2006/07/31迄期間限定サイト)

ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]

チョコレート効果板カカオ99%、の効果
ほんとにお気に入りになってしまい、週に1度はおやつにしています、明治チョコレート効果板カカオ99%です。
これを食べ始めてからというもの、どういう効果が出たのかでしょうか。

はい、他のチョコを食べづらくなりました。特に、ブラックチョコレート系の甘めでないチョコにいたっては食べられません。普通に甘いチョコ、ミルクチョコなんかは別種の食物としていただけるのですが、ブラック系は苦さがあるのでこの99%の方を舌が想起してしまい、そこにある甘さが異常に感じられるのです。
そしてまた苦味や渋味がかなり違うのも困り者、実は99%の苦味渋味は案外マイルドです、えぐさがないと言えましょう。でも、一般のブラックチョコは甘みもあるのでそこのとこがかなり残されているのでつらいのです。
というかブラックチョコってこんなに甘かったのか! と逆に感動してしまいましたから。

とまあもうお店になくてはとっても困る「チョコレート効果板カカオ99%」です。他のメーカーも同様の甘くないシリーズのチョコを出してほしいですねぇ。
今は季節モノで消えていってしまわないように祈りつつ、買い込む日々です

チョコレート効果板カカオ99%HP

甘くないついでに、甘くないコーラとかないものでしょうか。炭酸珈琲やコーヒーコーラとかではなく、ダイエットコーラでもなく、単に砂糖不使用、甘味料不使用のコーラ、飲みたいなぁ

コミックフラッパー2006年7月号
コミックフラッパーを発売日に買ってしまうほど炭素氷見にしている今日この頃です。
さて、今月も表紙はOKAMAさんでいい感じです。コミックフラッパーの顔、で安定してきました。

「ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド」、今回は姫さん絶好調です。やっぱ当然なのですが、長命なのですね。やっとアキラも学校に帰ってこれましたが、ミナも来ました。いや、ミナが学校で学ぶことにしたからこそ従者である彼も帰ってこれたのですね。これで暫くは学園もののお約束な展開かと思っていたのですが早速問題起こって終わっています。普通に学園ものにはならずにあっさり学校篇終わり?かな。

「ふたつのスピカ」、待望の訓練合宿篇がスタートです。でもまだ始まったばっかりで、どんな展開が待っているかはわかりません。アスミの出番はまだだし。

「アトリ抄」、ヒーさんが登場してナルミと頑張っています。ま、ヒーさんアトリ変化だけど。前回までちょっと間話っぽい感じで一休みでしたが、今回からは動きが見られます。が、アトリの方は一気に動きすぎ! ミツルギも再登場しました、また闘いが始まるのですねぇ、つらいなぁ。

「神様家族」、これまでなんとなく読んでいましたが、今回から主人公が人間になった。ということで予想通りどころかそれ以上に散々に悲惨な展開です、これはこれでこれから先の展開が楽しみです。急に次回からが楽しみになってしまったです。

「二十面相の娘」、おおう、なんとそうだったのか! けどどうなんだろう、やっぱさらにドンデン返すのだろうか・・・。という感想。

「トランスルーセント」、白山さんよかったですね。でもそうなのか透明病って気の持ちようでなんとか踏ん張れるものかと思っていたものの、大変だ。唯見くんの天然もいいし、今回おもしろく、またよかったよかった。で、最後に大河内さんも出てきてよかった。最後のコマがなんか幻想的です

「うみんちゅ」、よーし連載していますね。読みきりだけど連続しているのでもう連載にしてください。新キャラも登場・・・いや今回は喰われていないからこのまま居つくに違いないです。そうか、今後ハーレム系漫画に・・・ならんだろうな。取り敢えずおもしろいので来月も休まず載っていますように。

と、気になったトコの感想でした。

コミックスラッパーHP


COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2006年 07月号 [雑誌]


2006/06/06、略して書けば06/6/6、だから666なわけで冷麺食べた?
むかしむかし、ある中華料理屋さんで夏の季節、その1シーズンだけでしたが、O麺(読みは当然オーメン)という名前の冷麺が売られていました。値段は当然666円。

説明するのも憚られますがアルファベットのOと数字の0が見た目そっくりなので冷麺->0麺->O麺でばんざーいなわけでした。

今年は映画もリメイク版が全世界同時の0666日に公開ですから、きっとさがせばこのネタで冷麺をO麺にして売っているお店があるに違いありません、うん。当然値段も666円(税込み)でないといけませんよ

映画「オーメン」公式HP

ちなみに私はうっかり昨日冷麺食べてしまったので今日は二日続けて食べるのもなんだというわけで、すいません食べてないです。

オーメン〈特別編〉/オーメン2 ダミアン

DELL 2407WFP、DVI接続にする
目が疲れるので、調べていくうちにこのデルの2407WFPではVGA接続で残像がきついことが判明してしまいました。
じゃあDVI接続にするか、というわけですがうちのPCでは微妙な古さでDVIでWUXGA(1920×1200)出力できるものが見つからない。
なお、PCはDELL DIMENSION8250です。OSはXPProSP2。メモリは512MB。問題は電源が250WなこととAGPは2.0だということです。

ま、いろいろ調べていくとELSAのGLADIAC544 AGP 128MBがいけそうです。でも、発売元のELSAのサイトだとなにか微妙、というかDVI表示への対応は空白、駄目なのか不明なのか微妙。
ただ、EIZOのFlexScan S2410W-RだとこのビデオカードでデジタルOKとなっています。モニタは違えど少なくともWUXGAでDVI出力可能だとわかりました。
誰かうまい具合に動作報告ないものかと捜したのですが、見つかりませんでした。

私のインターネット検索技術ではこれ以上は無理なので素直にお店に言って訊いてきました。

一応他社でもWUXGAでDVI出力が確認されているなら後はモニタの問題。多分大丈夫、だけど保証できない。という玉虫色。
たまたまDELLのリアルサイトもあったのでそこでも訊いてきました。DELLとしてはモニタのビデオカード対応リストは作成していないものの、ビデオカードからWUXGAでDVI出力されているなら表示されるだろう。でも保証はできない。やっぱ確証は得られません。
WUXGAでDVI接続を確実に成功させるならPCI-Expressにしよう。マザーボード換える? ってな話、電源交換どころかという話になってしまいました。

ううう、悲しいですね。まあ結局は目の疲れがひどいです。これをメインのモニタでうちで使う以上、現状のままではかなり辛いので一縷の望みを託して・・・GLADIAC544 AGP 128MBを買ってしまいました。9,975円。約1万円か。これで駄目だったらきついことに

さて、うちに帰り、おもむろに交換です。
ま、このビデオカードは電源要るほどのものでないので単にAGPのとこ差し替えるだけ。後はモニタ2407WFPとDVIで接続。なお、もともとGeForceだったし、2407WFPを縦画面にする時にドライバは最新になっているのでドライバでもトラブルなし。
恐いのでVGAで先に表示してからDVIに切り替え・・・。

映りますように。そして滲んだり残像出たりしないように・・・。

おおう、あっけなく表示。一見VGAと変わりないけど、やはり鮮明な感じがする。
ブラウザ(スレイプニールのIEエンジン)でスムーズスクロールにして表示スクロールさせてみてもぶれる感じになっりしないので気持ち悪くない。文字の表示に目がついていける。ただ、やっぱスムーズスクロール自体が自分に合わないのかな、その設定は外してみます。きびきび文字が切り替わっていい感じ。
スクリーンセーバの伝言板で文字を流して見てもつっかかりつつ残像残しつつ流れていたのがつっかかりは微妙にあるものの残像も減った。
よかった、無事DVI表示できて、残像も減った。
モニタの輝度その他の設定も接続変えても残っている。コントラスト設定がなくなってしまったので微妙に輝度を上げて現在使用しています。

なんとか、ビデオカード変更作戦、成功したようですね。

ELSAのGLADIAC544 AGP 128MBのHP
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。