情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック大量所有の同僚の野望とは
さて、明石に来ての仕事で一緒になった他支社の同僚。
高校時代には家に3,000冊のコミックがあり、家族で被った買い物をしないようにリストを作って管理していたそうです・・・<汗> で、そのうちの自分での購入分は当然ですが、お小遣いで買い揃えたのですからすごいです。

私は高校時代なんて家族あわせて100冊もなかったと思うです。ていうか親はコミック買わない。

で、今は就職し現在は一人暮らしだから被りまくっているらしいとのことです。実家には親きょうだい合わせて少なくとも5,000冊。(親も買い集めているところがポイントですね)

私が今1,500冊くらいだと言う話をしたところ、一人暮らししている部屋に1,500冊くらいある・・・って。

で、夢は図書館のように可動式書架を導入して分類することなのだとか・・・図書館司書資格も持っているからそれを有効活用したいのだそうです。

むう、すごい、私ももっと精進せねば・・・。
やはり自分でお金を稼げるようになると買う量が変わったということですが、私はあんまり変わっていない。それになるべく買わないようにもしているし。
っていうか買ってそれをそこまで置いておけるスペースがあることがうらやましいです、うん。
スポンサーサイト

「それでも町は廻っている」1巻、メイドもの・・・なのか
「それでも町は廻っている」は表紙からしてぐるぐるしているのでこれはまたきっとメイド喫茶な話に見せかけて、実際廻っている町、という突飛なSF作品だと思っておりました。
が、実際読んでみるともう全く違いました。SFのS・・・くらいはなぜかあったりしますが基本的にはドタバタコメディ、とっても楽しいコミックです。

普通の町の普通の商店街、そこに普通の喫茶店がかつてはあったのですが、時代の潮流に乗り遅れるなとばかりにそこの店長のお婆さんがメイド喫茶とした喫茶店があります。
で、主人公はそこでメイドの格好をしているだけの店員、歩鳥です。だから、メイド喫茶の正統を楽しもうと思って読むと期待を裏切られます。が、それ以上に歩鳥の愛すべきおばかっぷりに笑えます。こんな楽しく読める作品は久々です。こういう感じに力抜けて気楽に読んでいけるのって最近なんかなかなかないので。

廻りには友人や商店街の親父達、学校の数学の先生など、まあありきたりな配置ではあるもののなかなか侮れないいいキャラ出しています。特に歩鳥が好きな真田くん、真田くんが好きなトシ子さん、そして一番のポイント、歩鳥は学校の数学教師に恋しています。この関係も話の中心線ではないのですが、この微妙な関係が数々の物語を彩っていきます。
なお、トシ子さんはなぜか正統派メイド喫茶に憧れているので、時々微妙に所謂メイド喫茶な展開・・・があるようなないような。なんせ作者もよくわかっていないとのあとがきもあります。でもだからこそ既成概念にとらわれることなく、異常な面白さがかもされるんでしょう。

そうそう、主人公歩鳥は女子高生探偵を目指しています。探偵もののような気分の味わえる回もありますが、そこはやはり、歩鳥さんの見事な推理が冴え渡り(いやほんと冴えているなと思う)、更なる笑いの渦へと巻き込まれていくのです。
推理ものな話、1巻にひとつくらいあるといい感じ。2巻も期待です。

それでも町は廻っている 1 ヤングキングコミックス

最後に、通称は「それ町」、これは確定です。なんたって表紙に書いてあるくらいですから。

やまとの春麗スタチューって微妙に発売日延びている・・・
そろそろ予約したお店から入荷メールがきてもいい頃だと思っていましたが、もう発売予定の1月の末だというのになんの音沙汰もございません。
やまとのHP調べたら、いつの間にか来月、2006年2月に延びています。まあ、この手は伸びまくることだってあるのでひと月くらい延びるなんて気にしてはいけません。

ただ、仕事で忙しいから入荷メール着てからとっとと振込みしないといけないものの、できるか? あ、コンビニから振り込めばいいか、よかった。

ポリストーン製 春麗スタチュー (1/下 発売予定) <送料無料>ポリストーン製 春麗スタチュー

ま、まだまだ延びる可能性もなきにしもあらず、ですが

電波時計TWIN-PA SQ-650-Sを買う
明石に帰ってきました。

さぁ、先週の仕事が終わり一旦地元に帰っていたのですが、なんだかいろいろ地元で忙しく、休めていない
とは言え、先週のホテル住まいで足りないものと判明した目覚ましを購入です。

SEIKOの電波目覚まし時計TWIN-PA SQ-650-S、温度計、湿度計がついていたもの。
とにかく欲しかったのは温度計と湿度計でした。ホテルの部屋ってエアコンで温度の制御ができるのですが、設定した温度が表示されるばかりで実際の室温はわかりませんし、湿度なんてまったく表示されません。
だいたい乾燥しているのはわかるものの、どれほど乾燥しているのか知りたいです。また、タオルを湿らせて干すなどしておいて乾燥に対応しているのも本当にどれほど湿度を改善しているのでしょう。

さっそくうちの私の寝室では67%、ちなみに温度は6.1度・・・。寒いかもしれません。湿度はこんなもんでしょう、ちょっと乾燥気味ですか。

さあそして今日再び来ましたホテルです。エアコンを25度設定でぽんっと入れて3時間くらい経ちました。最初は14,5度だった室温も26.0度、あうう、エアコン止めよう。で、湿度は45%くらいだったのは38%になっています。最初から乾燥しているのでこれはさっさと就寝に向かって湿度を調整してみましょう。でもユニットバスのドア開けて湯気室内に誘導すると警報機が誤動作するから駄目だし・・・地道にタオル干しますです

セイコー デジタル電波時計【税込】SQ-650-S [SQ650S]

ちなみに電波感度は自宅でもホテルでも良好です。感度が悪いとすごい時間に修正されてしまったりするなんて話を聞いていたのですが、自宅では買ってからまる1日大丈夫でした。で、そのままホテルに持ってきた今も、大丈夫です。もう3時間くらい経ちます。(1日に8回チェックするので3時間ごと修正しているのでしょうから1回は受信したらしい・・・とは言えこれの受信良好表示は過去24時間以内に一度は成功している、ということだからまだわからない)

なお、電波を受信させないようにしてクオーツ時計として使用することも可能ですので最悪は電波受信止めましょう。

さらに言うと、電器屋さんなどの時計コーナーなんてとこでは全然電波が受信できないようです。電磁機器が多すぎです。

(ああ、エアコン止めてタオル干しているのに、これ書いているうちにさらに湿度は少なくなっていく・・・現在35%)

惑星のさみだれ1巻
水上悟志さんのコミックは、「散人左道」が好きでした。って他には初期短編集「げこげこ」しかないのですが。

ようやく新刊が出ました。全然連載を読んでいないのですが、私にとってはもうブランドですので、なんも考えずに買いました。

で、まあまあでした。まだ1巻だから今後に期待したいのですが、ちょっと1巻は鬱陶しい展開でした。
主人公がかなりきつい人生を辿ってきていることがその理由なのですが、一応これはその過去を振り切っていく方向に進んでいますので、もっと楽しい(?)展開になってくれたらいいのですが。
今後は「姫」の話がもっと中心になっていくのでしょう。「姫」こと朝比奈さみだれとそのお姉さんの関係はどうなっているのでしょうね。「姫」である妹についてはお姉さんは事情を知っていないような気もするのですが・・・飛び級の才媛だし、案外全て知っていて平然と暮らしているのか、時を待っているのか・・・。
主人公の雨宮くんの話は結構重かったのですが、やはりこの朝比奈姉妹も重い展開が待っていそうですね。
でも、さっきも書いたとおりで1巻はかなり鬱陶しいとこ多かったので・・・しばらくぼちぼち日常的な話をやってもらいたいです。

ポイントは元気で強い「姫」と騎士のトカゲ、姫は豪快な蹴り、トカゲは主人公に尻尾持ってぶら下げられるシーンがかなり印象的です。

惑星のさみだれ 1 ヤングキングコミックス

ひとつ解せないのは、主人公の夢、基本的に夢の内容を起きたら忘れてしまいますが、そこでは彼と「姫」が登場して問題の本質に迫るというか対処を見出す手がかりを見つけていくのですが、現実の「姫」と夢の「姫」、性格が違うと主人公は言うのです。が、どうにも私にはどっちも同じに見えるのですが・・・

パーソナルコンピュータ利用技術認定試験(PAT認定試験)、開催中止!?
突然のハガキが届きました。
ま、時折「パーソナルコンピュータ利用技術認定試験(略称、PAT認定試験)」は試験案内など1級に合格してからは届く数も減ってきたものの届いていました。で、今年の案内か、あるいは更に付加価値つけた新資格の案内とかかと思っておりました。ま、どんどん受験者数が減ってきているので、なにかやっていかないといけないから、なんでもかんでも資格のような認定のようななにかの案内かな・・・。
・・・が、受験者数の減少はもっと危機的な状況だったようです。

今年、平成18年度の試験が中止。

むー、受験者数が平成7年のピークと較べて6分の1にまで減っていることで試験を運営できない、のか。
一応平成18年度の、ということなので来年になったら復活する可能性もあるのかもしれません。でも来年度以降のことについてはなにも示されていません。
このまま消えていくのでしょうか。この試験を行う社団法人パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会自体は解散するわけでないにせよ、試験はもうなくなるかもしれませんね。

なんとか、今のパソコンユーズに対応した、抜本的な試験カリキュラムの変更を行ってもらい、復活してほしいものです。後は、試験方式をCBTにする・・・だけではまだ足りないのでしょうけど。

この資格持っているものとしては、試験自体が行われていなくなるというのはこの資格の価値がゼロになるのと一緒です。2級(現準1級)、1級あたりは開発系上位試験としてはいいテストだったので、基本情報処理技術者取って更に開発系の腕を測るによいと思うのですが・・・。

平成18年度におけるパーソナルコンピュータ利用技術認定試験の開催中止について

ちなみに、よく間違うのですが「P検」こと「パソコン検定試験」とはまったく関係ない試験です。この名前が似てるのも、結構損してるのです、かつてはパソコン認定試験という略称だったから・・・。

怪物王女1巻
本屋さんでぱっと手を取ったものの、しばらく考えて買うのをやめました。
なーーんか血みどろな感じ・・・でも多分この表紙のキャラが怪物王女なわけで、それはそれでおもしろそうでありつつも、やっぱスプラッタなだけだったら後悔する。

で、帰ってインターネットで月刊少年シリウスのHPで最初の辺りが試し読みできました。
うーん、言うほどスプラッタじゃない。彼女の血によって死者が生き返るのか・・・ちょっと変わったバンパイア系?
なんでかバンパイア系は好きなので結局買うことにしました。

で、結局彼女はバンパイアではないのです。さらにその上位者のような物言いですね。つまり、「怪物くん」と同じような立場? きっとそうなんだろうなぁ。主人公は怪物王女である「姫」ではなく、彼女により生き返させられたヒロくんっぽい感じなのですが、彼は結果的に彼女の血を必要とし続けるから言わばバンパイアだし、フランドルはまんまフランケンシュタインだし・・・。そしてハーフだけど狼女なリザ。これでそろったね。

まあ内容は次期王を決める戦いを繰り広げているとにかく闘い続ける話になっています。
で、問題はその「姫」が結構冷血っぽい感じがしつつも、たまにちらと見せる優しさがいい。そういうことです。
問題は多分主人公でいいと思うヒロくん、存在薄いですね。やっぱ「姫」が主人公でヒロくんはこの物語を分かりやすく語ってくれる傍観者の役なのかも。

怪物王女 1 シリウスコミックス

ニンテンドーDSLite、「メトロイドプライムピンボール」するために欲しいかも
ニンテンドーDSLiteが2006年3月2日に発売です。
最近のニンテンドーDSが足りないのは新型に切り替えるためだとかいうまことしやかな噂話を聞いていたのですが、やっぱ出るのですね。で、まあニンテンドーDS、欲しいのですがどうせ買うなら新型買いたいですね。

実はあるやりたいゲームがあるから、ニンテンドーDSがほしいのです。
したいのは「メトロイドプライムピンボール」、ピンボールは好きなのですが本物はしません。っていうかゲームでもリアル系は大してやりたいとは思いません。そう、わかる人にはわかる「エイリアンクラッシュ」や「デビルクラッシュ」系のギミック満載ピンボール。この系統がしたいのです。
が、最近はマシンスペックが上がってきたのでどんどんリアルに動くピンボールばかり出てきます。
最近のギミック系ピンボールはPS2の「SIMPLE2000 THE ピンボールX3」くらいしか知りません。なお、これはギミック満載にはかなり足りませんでした・・・半載くらい・・・。その他1画面でナナメに3D表示しているので奥にボールがいくともうよくわかりませんって状態でかなりストレス溜まったのです。

ただ、携帯ゲーム機はちまちましていて目が疲れるし、通勤途中に遊ぶことはないので遊ぶ機会がないのです。アドバンスだったらゲームキューブで遊べるのでいいのですが、今のところニンテンドーDSソフトはDSでしか無理ですから。

メトロイドプライムピンボール

しっかし、今まで携帯ゲーム機ってゲームボーイカラーとネオジオポケットカラーしか買ったことないのですが、どれもやりたいゲームがひとつあったかふたつあったかです。そのゲームだけして放ったらかしなので、正直携帯ゲーム機は買っても自分に疑問です。
でも、「メトロイドプライムピンボール」、久々に出たギミック系のピンボールだし、楽しそうだなぁ。

超常機動サイレーン2巻、偽サイレーン?
どうにもタイトルで損している感じのする「超常機動サイレーン」、久々の新刊ってまだ2巻目ですね。でも私にとってはとても期待していたので待ってましたの2巻なのです。

相変わらず悪のドクターMこと水凪さんの悪な作戦がものの見事にめるなの天然によって空振りしていくところが痛快ながらも徐々にラブコメ度が進展したかな・・・最後にちょっと進展しましたね。
とにかく情報を聞き出そうとして遂には催眠装置を出してくる水凪を、天然に交わしていくめるなはさすがです。そしてどうにも怪しげな行動多い水凪に、めるなの印象は悪化していきそうなのですがぁ、そうでもない。めるなの天然はそういうふうには捕らえていかないのです。ラブコメはすれ違いが基本ですが、このすれ違いは想像とはちょっと違います。
なんて言うか、この二人の仲を進展することを応援して読むべきなのかどうなのか・・・

さて、そんな二人の話が中心なんですがなんせタイトルが「超常機動サイレーン」なのでそっちのお話もしましょう。
とにかく1巻の段階でかつての「雪乃すくらんぶる」をさらにパワーアップした感のファンがついてしまっているドルフィンです。ま、めるなの仕事上でのコードネームですが、その人気のせいでストーカーが出てきたりして大変です。そこで広報用(とは言え公式には本物として発表)のサイレーン、ようは偽サイレーンで騒動を静めにかかりました。
で、めるなの替わりの偽サイ=ドルフィン、美人です。そして凛々しく強いのです。でも今後もっと本編に絡んではこないような扱いですね、今のところ。こういう系統のキャラも欲しいとこだったからもっと絡んでこないかな。

超常機動サイレーン 2 電撃コミックス

で、損していると感じるタイトル、「サイレーン」ではサイレーン部隊全体のことを意味していて範囲が広いです。なんだかぼんやりしていてつかみ所が・・・
やっぱサイレーン部隊全体を描いているというよりもめるなと水凪のことがどう見ても中心です。で、どっちかというか公明正大(?)に見てめるなが主役であるべきでしょう。
だから、タイトルに「めるな」入れてあったほうが読む際に誰を中心に捕らえて読めばいいかわかりやすいんじゃないかなぁ・・・。たまに連載ぽろっと読んでみても、めるなは地味なので目立たないこともあるしねぇ ううう。

かみちゅ!6巻、オリジナルは弟と妹の話
DVD6巻はオリジナル、TVで放送のなかったお話があります。
ゆりえ様の弟の章吉と、祀の妹のみこのふたりのお話。
最初から最後までふたりの出ている逃避行のお話です。

これまでの章吉の言動からみこが好きなので、きっと章吉のお話かなーと思っていたのですが、実はみこのお話、とは言ってもみこに非常に影響を受ける章吉です。章吉のお話でもありますね。

内容はやっぱ観てください、です。私としてはみこが意外な行動を取ったことよりも、このみこの行動に対しての祀の行動、意外でした。いいお姉さんです。そういう意外な一面を見せてくれた祀がよかった・・・ って祀好きな目で観ていますからそうなるんでしょうが、みこの行動もたくさんいろいろ見所満載です。ていうか、本来普通はみこのいろいろな面が見られたことを紹介すべきでしょうね

ここでこのお話が入ったことで後に控えるTVシリーズを見直してみると、きっと見え方が変わってくるんじゃないでしょうか。うーん、今後のDVDも楽しみですねぇ。

かみちゅ! 6

かみちゅ!コミック1巻
コミック出るの楽しみにしていました。
絵柄も綺麗でいい感じです。アニメが本編とするならば似ているようで似ていないようで、なんなんです。特に犬和尚とタマがかなり違ってなんか慣れないものの、取り敢えず祀がかっこいいのでOKです。

内容は最初はアニメとほぼ同じ内容をコミックにしていただけでちょっと残念かもと思っていたのですが、後半からは完全にオリジナルなストーリー。これがよかった。
こういうもっといろいろな「かみちゅ!」が読みたかったです。本編であろうアニメとも違和感のない新たな「かみちゅ!」が読めるのです。続巻が楽しみです。

特に最後の閑話、目線が違って楽しかった。

チームしやわせの出方が本編と違う・・・てことは火星人ちゃんの話はないのでしょうか。ま、地域密着系で進んでくれてもそれはそれで面白いですし、本編とどんどん違う話進めてほしいです。あ、でも本編もほぼ地域密着でしたね・・・

かみちゅ!(1) 電撃コミックス

明石な出張は週末は地元に帰る
日帰りはできそうない距離ですが、仕事の切羽つまり具合ではいつまで残業があるものかわからないこともあり、明石に宿とっているわけです。
まあまあ休日は頑張らなくてもいいそうなので、週末には帰ってきます。で、日曜日にはまた前泊しなくてはいけないので夕方、いや昼から出発ですね。
という感じなのですが、今週は他の予定も出張前に入っていたので既に昨日に帰ってきています。

さて、それとはまた別で、なんでか他の支社から私を名指して仕事の依頼があったりする日々です。嬉しいことですね、名指しされるのはありがたいですが、絶対忙しいときにこういう話はありますね、出張行っててどうにも融通利かない時ですからどうなるのかは上にお任せ。
今目前に迫っているモノに対処していくしかないです。
さあて、きっちり休んでおこう。

あ、そう言えばホテルの目覚ましが微妙に不安なので目覚まし時計を買わないと・・・温度計湿度計がついていてかつ電波時計が希望です。

明石・タコ検定は、かなりご当地検定
明石・タコ検定の第1回試験は2006/03/05(日)です。
せっかく明石に出張しているのでその話題で持ちきりかというと・・・うーむ。って私は朝早くホテル出て仕事場に行って夜遅く帰ってくるだけなのですから、きっと商工会とか商店街では賑やか、かも。

でも、準備はまあまあ周到な感じです。ぱーんとニュースに出たらすぐホームページもできている。書籍も2冊出版予定で、セミナーもあるようです。とは言うもののもう試験まで一ヶ月程度ですから、とっとと本も出て欲しいですね。

で、これはご当地検定というには限定されています。明石で取れるタコを初めとする魚介類についての検定試験のようです。
でも、町おこし目的としては間違っていない方向ですね。タコと銘打つことですごく印象深くなります。他のご当地検定とは一線を画すこと請け合いです。

明石・タコ検定公式HP

なお、公式HPの模擬実践問題はタコの問題ばかりでした。私は10/15でした。案外当たるもんだ
ちなみに合格には正答率80%必要です。

もっけ5巻は松永さんがよかった
「もっけ」はなんどもなんども読み返します。何度読んでもおもしろいし、新たに発見したりします。
4巻あたりは年代が前後して主人公の檜原姉妹がちっさい頃でもたくさんちっさかったりちょっとちっさかったりして、読んでてなんでこう順番が前後するんだー! とか思っておりました。
この5巻では年代は今、でいいのかな、最新の年齢のお話です。あ、なんとなくクラス替えの話題もあったので学年がひとつ上がったのですね。

だからでしょう、主人公二人も成長して少しずつこの難儀な体質との折り合いをつけ始めています。特に下の瑞生の方が修学旅行行ったり自分で厄を除けたりしてきました。
最後のカマイタチとの話は別に成長とか感じるものでもないですが、イズナの話と時のような和む話、よかったです。
なお、カマイタチは私、一度しか切られたことはありません。痛いねぇアレは

ただ、上の静流の方は折り合いつけるというよりも、自分の進路で悩み深いです。彼女の想いがまた妹の瑞生にも影響与えていますから、大変ですね。いつになく、今回の巻では静流がピンチになったりしていました。
そういえば六三って、なにか小さい時だかで読んだ本に載っていたからよく覚えている。というかなんだかこういう話は好きなのでよくこの手の本を読んだものです。「もっけ」は、昔読んだ時にはよくわからなかったそれらをうまく教え直してくれることもあり、懐かしく楽しいのです。

残念なのはこの5巻ではいつも出典について言及しているおまけのページがほぼないこと。あれ読むのもおもしろいので、次の巻からは復活してほしいものです。

一番おもしろかったのは主人公ではなく、静流の同級生の流行の不思議ブツが大好きな松永芙美、彼女の活躍が小気味いい、・・・やっぱお祭り行きたかったのですね

もっけ(勿怪) 5 アフタヌーンKC

平成17年度第2回電気通信主任技術者(線路主任)の解答発表
平成17年度第2回電気通信主任技術者試験、とっとと解答が発表されてしまいました。
私はその線路主任技術者を受験しているのですが、前回に「線路設備及び設備管理」を科目合格し、残すは専門のみだったのですが・・・。(他は伝送交換主任持っているので免除)

50点・・・残念。前回よりは多少点数稼げたものの、50点ではなぁ・・・。

ま、仕事に押されて圧倒的に勉強できていないまま受けたので、こんなもんでしょう。ショックは試験受けた直後でもう味わっていますので今はさばさばしています。次回は専門の選択科目変える? 通信線路なんとなくわかってきているので突き進みたい気持ちもあるけど・・・。

さあ、気分を切り替えてXMLベーシックを取りに行かねばならないのですが、出張・・・結構きついわ こりゃあホテルで勉強できるかと思っていたものの、時間ないですね。
春の情報処理もその後に控えているのでうまいことXMLの勉強を進めたいのですが、そうなると休みの日にする・・・ううう、休みの日に勉強しないようにしてきたし、今後もそうしたいので、時間がない。

平成17年度第2回電気通信主任技術者試験の試験問題と解答

冬は水道水でも静電気
昨年札幌に行っていた際もそうだったのですが、ホテルに帰ってきてユニットバスのとこの手洗いで手を洗おうと水を出します。すると、その水の流れに触れる瞬間、ぴちっとした、まるで最初に氷のかけらでも出てきたような小さくも鋭い痛みを感じるのです。

最初はそれがなぜなのかよくわかりませんでした。特に蛇口をひねるものじゃなく、手を差し出すとセンサーで水流が出てくるものでその感覚がつよく感じられました。だから、最初に出る瞬間だけなにか圧力のかかりが強いから痛みを感じるのかと思ってもいたのですが、それだったらその痛みを感じた後いったん水止めてまた手を出してみても痛みがある筈ですが、そんなことはありません。一度痛みを感じるとしばらくは手を洗う際にそんなことにはなりません。
これは静電気の症状ですね。外から帰ってきて金具触る時に小さいときから私はよくぴちっと感じていましたから。
人とすれ違いざまに耳と耳とで静電気が飛んだときはお互いびっくりしたものです。

ただ、部屋で金具、ドアノブなどを触っても静電気飛ばないのはなぜなんでしょう。
私の帯電ということもありますが、ユニットバスなどのホテル自体も帯電していそうです。なんたって乾燥していますし、一体化したプラスチック系のものですから。
だから、水に触るとき、ちょっと怖いです。なんかいい回避方法はないものでしょうか・・・

明石と言えば明石焼き
今日も結構遅く仕事から帰ってきたのですが、取り敢えず明石焼き買ってきて食べました。まあ、別段初めてではないのですが、最近とんと食べていなかったので妙によかったです。
特にこんな冬場の寒い時期です。あったかなだし汁につけていただくのはまさにばっちり、おいしかったし身体も温まりました。
晩御飯も終わり、後はお風呂入ってとっとと休みましょうか。
さっき明石焼き食べる前に本屋さん行って買った「ローゼンメインデン6巻」、これはまた明日かあさってか、楽しみにして読みましょう。あ、「初回限定版」があるのか・・・。ま、これはまあどうなんでしょうね。私は通常版買いました。

来ました明石、雪ないけど寒い
まあ、朝から仕事してようやくホテルにチェックインです。
朝は寒かったです。ま、家を早朝に出発しているので朝と言ってもこちらに着いたのはちょっと朝も過ぎたころですが、寒いですねぇ。

さ、取り敢えず、これから晩御飯。コンビニ行くか。

ARIA8巻、通常版でもやっぱ当然おもしろい
ううう、取り敢えず通常版を買いました。まあ、今後限定版を手に入れることはないでしょう。仮にあったらあったでそれを買えばいい。・・・まあ、ちょっと悔しくもありつつ、通常版を買いました。

が、ぱらっと表紙めくって読み始めるともうそんな悔しさなぞ忘れ、ARIAを楽しみました

さぁ、気も楽になったところで今回の巻の見所はどこかなーと思うと、やっぱし表紙におられるアテナさん、彼女のメインな回がよかったです。

テキパキ動いてドジのないアテナさん、別人のようです。それについても面白いのですが、よくできる後輩のアリスがあたふたするところもまた、珍しいことです。なんにせよアテナさんは凄い、さすがに水の3大妖精です。また、アリシアさんも凄い、というか付き合い長いことがわかります。

他には灯里の密会する相手・・・が意外なオチでヒットでした。また、その回では暁のビッグダブルもみあげ落とし(新技か?)も見られて面白かった

後は毎回絶対あるちょっと切ない感じのお話、古くなったゴンドラとのお別れと再会(?)のお話。また、過ぎ行く季節を惜しむお話。でも、惜しみつつも来るべき季節を迎え撃たなくてはいけないのです。いい表現ですねぇ。過ぎ行く季節を惜しんでばかりはいられないのですよ。


ARIA 8 BLADE COMICS


残念なのは・・・晃さんの出番が少ない! 「すわっ」が今回の巻ではなかったような・・・いや、そんなファンの期待に応えてか最後の最後に書き下ろし(?)な「すわわっ」があってよかった

2006春季情報処理技術者試験はテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受けます
このところ連続的に残念な結果の続くテクニカルエンジニア(システム管理)をひとまずお休みし、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受けることにしました。
向いていないのでしょうね、システム管理が・・・。
とは言え、セキュリティに向いているのかってまあ、そっちの方が今の業務に近いと言えば近いです。ネットワークとセキュアド取っている以上、向いていると言えましょう。

さて、初めての試験区分となりますテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)、略称はテクセ? やだなー
とこれはさておき、セキュリティ技術者としての資質が問われます。初めての試験区分ですが、セキュアドができた時よりは試験内容の予想が立ちやすそうです。
ただ、セキュアプログラミング問題が気になるところです。情報処理推進機構のHPにはサンプル問題があるけれども、あれがそうなんでしょうか。

そんなこんなで試験対策は午前はこれまでどおり、「一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題」を日々やるだけとしましょう。ちなみにやるのはネットワークとセキュアド。午後は対策本を買いました。
テクニカルエンジニア情報セキュリティ記述式・事例解析の重点対策
それとこの本を出版しているアイテックさんの公開模擬試験も受けることにしました。

でも、勉強の本格的な開始は相変わらず仕事忙しいので・・・しかも3月末までにXMLベーシックを終えたいし・・・で、3月初めから始めたいです。2月が出張で勉強できるかどうかわからないところがいろいろと響いてきそうです。

平成17年度第2回電気通信主任技術者(線路主任)受験終了
今日は午後から、電気通信主任技術者(線路主任)の専門(通信線路)のみを受験してきました。
センター試験と被る日程のせいかいつもの大工大での試験ではなく、関大天六での受験でした。初めてのところなので早めに行ってみたので結局ほぼ一日かかっていますね・・・。実際は駅から近かったので迷うことなく行けました。

実は昨日も休日出勤で仕事しておりまして大して勉強ができていないという悲しい展開ですが、受けないことには受かりません。いつも言うことですがまあ受けることも勉強のうちです。
今回の勉強手法は過去問重視です。でも言うほど過去問できませんでした。
でも問題の感じとしては、なんか見たことある問題、というかこの用語は知っている。どこかで記憶にある言葉だ・・・とまあちんぷんかんぷんではなかったです。前回試験では対策本やってたからでしょう。
ですから、もうこれは勘で答えるしかないってことはなかったのです。考えることくらいはさせていただけました。
覚えていなくちゃいけないことは覚えられていたのかというと・・・そこが微妙に厳しいところです。
あ、そういえば時代は光なんだなーと思いました。メタリック回線の問題が少なく、ほぼ光回線、光ファイバー絡みでした。一次定数二次定数とか頑張って勉強したのになぁ・・・ 今後は光関係中心に勉強しましょう・・・って次回受ける気満タンです・・・

ま、水曜まで待てば解答出ますから、それからゆっくり自己採点です。

女王騎士物語6巻、今巻も読みどころ多し
前巻で女王騎士入団試験は終了しました。この巻からは女王騎士になったエルト他新人女王騎士達の活躍が始まります・・・と思っていましたが、いやいやまだまだ新人なのでたまに盗賊退治がある程度で訓練訓練の日々でした。

でも、そんな中でもコミックスの帯に書いてあるとおり、王道を進む物語です。エルトは相変わらず猪突猛進ながらも着実に力をつけていっています。

この巻から前巻までの入団試験で残った新人女王騎士の仲間達の様子が細かく描かれ出していっています。というか前まではその他大勢っぽい感じだったキャラもだんだんとどういうキャラなのかわかってきて、楽しく興味がさらにわいてきます。
でも、なにげに存在感ありすぎなキャロル=ルナハイネン(表紙でも真ん中に居るし)とエルトの微妙な関係も気になるところです。今巻ではキャロルに大いに振り回されるエルトがよかったです。っていうかキャロルはツンデレキャラでしょう。いい感じです。でも、キャロルのお母さんがなにより凄いインパクトあったので、これは再登場あるでしょうね。
後半はクリスことクリエクレステル=C=クリスタニア(略すと多分C3なんでしょうか)、委員長キャラな彼女絡みなお話が始まっています。表紙等のカラーでは青系の髪ですが、コミック中では塗りがないので金髪っぽく見えます。金髪系のキャラが多いのでこれから徐々に髪の色がコミック中でもついてきてくれたら、私としては読みやすいです。
で、そうなるともうあとひとり表紙に居る女性キャラ、カズキ=チナンなんですが、彼女は女性版エルト的な性格でおもしろいです。まだ、もうちょっと彼女の中心の話がないようなので読んでみたいです。でも、作者お気に入りなのかこの巻でも扉画や裏見返しに見かけます。それに入団試験からなにげに目だっていたし。だから、きっとすごい面白い話があることを期待しています。

男性キャラでは、イージスがキャラに似合わない、いやある意味似合っているのでしょうか、薔薇の花束を持ってくるところが印象的でした。でも、全般的に今巻では男性キャラで目立ったのは主人公エルト、あと隊長王=道さん。
さあ気になるナガシゲはこの巻ではあまり活躍していないし、目立つが目だっていない(?)ナイアス・・・、ナイアスは性別不詳かな・・・女性っぽい感じがするなぁあの鎧とると最近消息不肖なあのキャラが出てきそうな感じもする・・・。そう言えばルカ、なにしているんでしょう。

女王騎士物語 6 ガンガンコミックス

最後に、ロイヤルガードの面々他よく出てくる女王騎士も、コミック冒頭にあるキャラクターファイルに追加してほしいです。そこではエルトのそのキャラへの思いというか人物評が語られているから。

新フォーチュン・クエスト11 クレイの災難<上>
実際のところ、さくっと読みました。そして早く下巻が読みたーい! な状況に今なっております。
・・・が、まずはちょっと戻ってみましょう。今回の文庫を手に取り、表紙を見たところまで・・・。

むむ、この表紙にいるのはどうにもこうにも金髪ロングながらもクレイ? いやクレイ、うんやっぱりクレイ・・・かな?
そもそもタイトルには「クレイの災難」とあるのですし、帯にも「今度はクレイが大変だ!?」とかこの金髪、誰?とか書かれています。
クレイがらみなのはわかります。
で、推測していきましょう。

1、クレイが女だった・・・なわけないので、女になってしまう。後ろのノルのほてり具合とその表情もそう感じさせます。で、なぜ女になるかと言うと、例の如くまたなにかしらのクエスト、いや単に通りすがりにでもトラブルに遭って呪いを受ける系。クレイだし

2、実はクレイは金髪だった。あるいはすごい成長を遂げ、ある状況になると金髪になってしまう・・・ドラゴンボールじゃあるまいし・・・。でも、さすがに青の聖騎士の曾孫ですからね、でも青の聖騎士ことクレイ・ジェダ・アンダーソンは金髪だったか・・・、違うなぁ・・・。でもクレイだし

3、女装する・・・ってなんか昔にそれに似たような展開もあったようななかったような・・・。でも格好からして髪だけの問題だから。女装じゃない・・・か。単なる変装? なぜクレイが変装しなくちゃいけないのか・・・、でも髪だけ金髪ロングにしてもなぁ・・・。クレイなりの抵抗

4、実はこの人物はクレイではない。クレイのそっくりさんでなぜか金髪ロングな人・・・ってそれじゃあそっくりさんではないような気もする。でも格好からしてちらと見えるのは多分例の竹アーマー+1・・・、これはなんらかの呪いで鏡から出てきた分身かも。なぜか髪だけは分身しきれず金髪とか・・・。で、当然クレイは鏡の中に閉じ込められる・・・うーん、クレイらしい不幸っぷりだ

5、これまたクレイではない、ただ、視点が変わります。見てみてください、表紙にパーティを構成する上で重要な人物が二人+1匹ほど居ないことに気がつきましすね! そうです、トラップ、キットン、シロ、この誰かがなんらかの呪い(こればっか)でクレイと入れ替わってしまいつつもなぜか金髪・・・。これは無理すぎるな、金髪の意味がわからん。でもこういう展開だとクレイが誰と入れ替わっても、基本的にクレイがひどい目に遭う。もしトラップだったらその美貌を武器にしこたま商売(詐欺系?)しそうだし、シロだったら当然大好物のもの(ワームっぽいなにか)をぱくつくとこをパーティメンバーには目撃されるだろうし、キットンだったら・・・ん、キットンならそれほど問題ないか・・・でもその口調と容姿のギャップにみな戸惑う筈。で、結局最終的にクレイの評判を落とすという…不幸すぎますクレイ

と、勝手な想像を膨らませた上で読み始めました。さあ今度はどんなクエストが待っているのでしょうね。最近クレイは活躍しかけてきているようにも思えていたのですが・・・。

・・・っと内容は語りません。まだ上巻だし、この表紙の理由は自分で読んで知ったほうがきっと楽しいです。
ほーーんと、下巻が楽しみですよ

新フォーチュン・クエスト〈11〉クレイの災難〈上〉

またも長期出張!
というわけでまたも急に決まります出張。
ようやく前の仕事が終わり、次へのあわただしい移行の途中にだというのに。当然次と思われていた仕事を外れ、今度の出張にシフトです。

結局は本来予定されていた人員が仕事の内容とミスマッチ、なんでかマッチしやすい私がまたも選ばれます。調度仕事の移行期だということもありますが。でも、なぜか私の移行期にばかり変にこういうことが起こるのです。
例年なら外部に業務で出張なんてほぼなし、長期なんてもってのほか。出張なんて他支社に行ったり教育でいくくらいだったのに。

で、今度もまあWeb系だ。なんでWeb系というかオープン系の人間が少ないのかなー。でも、レガシー系はレガシー系で忙しいみたいだし、結局は人手が足りていない。オープン系でも幅広いもので、その幅に微妙にアンマッチだった人員が私と入れ替わるのです。ううう、もう少しみんな幅広げていこう! わたしはなんだか勝手に広がってきてそろそろ幅を絞り込んでいきたいものです。

出張出発は来週、なんでこう試験が間近で微妙な時期にこうどたばたしなくてはいけないのでしょうね、しくしく、電気通信主任技術者試験線路主任の専門(通信線路)、大丈夫かな・・・。大丈夫じゃない。

なお、出張行き先は明石、今度はちょっと近いね。近畿だし。でも通えない。土日は帰れるのですが、日曜日夕方には前泊しなくっちゃいけない・・・休日出勤が積もっていきますよぉ。2月いっぱい行く予定なのでその他今月の休出時間を累積すると30時間にもなる。年度内に代休は消化しないといけないので3月に5日間も代休を取得する予定・・・って、取れるのか!?

「クイーンズブレイド」をまとめて買う
「クイーンズブレイド」を買おうか、と思って地元をぼちぼち見て廻ってみたのですが、案の定ありません。
地元ではゲームブックは当然、TRPG関係からしても不毛の地ですので全然見かけません。
なんでかインターネットでも売り切れだとか届くまでひと月くらいかかるような状態です。それにまがりなりにも本ですから、図書券、図書カードで買いたい!

で、仕方ないので仕事帰りに京都市内で捜そうというわけです。
まず、四条のブックストア談に向かいました。G-FIELDが上にあるしなんか可能性高し。ま、なくても最終的にイエローサブマリンに行けば(店舗があるらしいことしか知らないけど)、1冊や2冊買えるだろうと思いつつ、でもできれば本屋さんで買いたい。

談で店員さんに訊くとあっさり、「あの4巻ある本ですね」。コミックの2階には少ないものの上のG-FIELDにはあるようです。ていうか上も談系列だったわけでした。訊くが早いか店員さんは上から4冊持って降りてきて言います、「どの本を御所望でしょうか?」
じゃ、全部ください
というわけで4冊まとめて買ってしまいました。

ちなみに上のG-FEILDでは各キャラ10冊弱くらいありました。店員さんは積んだ本の高さがみるみる低くなってきていると話していました。

で、あっさり買えてしまいました。再販でも最近あったのかなと思いましたが。レイナもリスティも2005/12/15の2版で、イルマとノマは初版でした。案外余っているというか、あるところにはあるのでしょうか。

しっかしハードカバーでB5版ですから重い、4冊めとめて買ったのでずっしりです。ゲームブック系ってもっとぺらっとしたものが多いと思うので珍しいというか、ま、値段相応の大きさと重さだなとか思いつつ帰路についたのでした。

さて、家につくと弟が「モンスターハンター」で釣りしていたので「クイーンズブレイド」をしようと誘います。
ちなみに弟は「ロストワールド」も知らないので、じゃあ取り敢えず好きなキャラの本を取ってそこの3分でわかるというルールを読んでもらい、始めます。
弟はやっぱアサシンでしょうとか言って「イルマ」です。地味なのが好きな性分です。私は正統派(?)に剣士な「レイナ」で始めました。
で、いきなり本を相手に渡します、という部分で弟がクレームです。自分の選んだキャラの本を使わないの不満、でもこれはこういうものですね、自分がそのキャラであって対戦相手を見つつ戦うものなのです。納得するもなにもそうでないと始められないので始めます。弟はまだ「イルマ」本の表紙とルールくらいしか見ていないまま、戦いは始まります。

オープニングヒットは、突進するレイナに対しイルマのダガーが投げつけられまずイルマが先手を取らりました。しかしそのダガーを投げたのが問題でした。後は攻撃に幅がなくなりジリ貧になりつつあるイルマは再三ダガーを拾おうとするのですがそこにレイナの攻撃が面白いように当たります。イルマが必死に反撃したところをレイナの読みが当たり、飛びずさってかわしてレイナ有利な状態に。最後はレイナの強打がごすっとクリティカルにヒットしてイルマは昏倒。決着、レイナ勝利

とまあこんな感じに遊んでいたのですが、弟謂く、せっかく自分が選んだキャラの活躍する姿が見られないのがストレス溜まる。なるほど、確かにそうかもしれない。公式HPの遊び方なんかだと両者並べて説明されているからわかりやすいのですがねー。向かい合ってやるのではなく本を並べてやるといいのか・・・いや、微妙。
馬鹿みたいにもう1冊ずつ買ってきて自分のキャラの分も見つつやるっていうのもまさに馬鹿。弟のストレスを軽減させる方法はないものでしょうか。まあ多分普通にそのキャラの本を読む、というか眺めてどういう行動を取っているのかイメージをしっかり把握しておけば、手元に自キャラが見えなくてもいいのかな。
で、またこうも弟は言うのでした。勝った時の勝ちポーズ画はないものか、と。あーないですねー。相手が負けた画はいかにも負けたーって感じなのもありますが。

クイーンズブレイド公式HP

クイーンズブレイド「流浪の戦士レイナ」
クイーンズブレイド「荒野の義賊リスティ」
クイーンズブレイド「牙の暗殺者イルマ」
クイーンズブレイド「森の番人ノワ」

さ、今のところこの4キャラだけなのですが今後も増えていくのでしょうね。楽しみです。「クイーンズブレイド」で「ロストワールド」でのキャラ全部網羅してもらいたいものです。
ただ、弟はこうも言います。やっぱおっさんキャラでごつい武器を振り廻したい、と。うーむ・・・

雪除けしたのにまだまだ冬
先週、今週とまあまあ雪も一休み、昨日などはかなり暑く(?)なりました。

雪も順調に解けるかというと・・・解けないトコはなかなか解けないのです。
結局家の前がすぐに道じゃなくって場所のある田舎ですから、人の通るトコ以外には雪を除けて溜まった山があります。さらに屋根の下の雪落下ポイント(危険、だから家から出るときとか、屋根の下を通るときは気をつけます。ていうか屋根の下はなるべく通らない)にも山があります。この山は落下して締まった密度の高い雪です。これらはなかなか解けてくれません。少しずつスコップで除けるか、適当にスコップ挿して隙間を作るなどしておいて解けることを促進させます。

昨日はそういう地味な活動が目を結んで家の前の雪山はかなり凹みました。
天気もぽかぽかしていたので裏の雪、ここは屋根から落ちた雪で軒下に山脈が連なっています。別段とおる必要がない部分ですので切迫性はないのですが、家の影に入って冬場は日が差しません。これはまた次の雪が着たらもうエライことになってしまう(家の裏側は1階埋まるかも)のでその雪の山脈を切り崩しにかかりました。
幸い、裏には川(アライグマの足跡を発見した用水路)があるのでそこに落とせばいいのです。がっちんこがっちんこと雪山を発掘して雪を川に落としました。

おかげで昨日の晩から肩凝ったり腰痛かったりしていますが

さて、そんな冬の小休止ももう終わるようなのですね・・・。ま、例年ならこれからうちは雪が本格的に降り出すので当然の流れなのですが。

でももう普通の年の雪除ける分は充分に除けたと思います!
冷えるのもあんまりいいものではないけれども、雪だけはもう降ってもらいたくないなぁ。

ソウルキャリバー3、ナムコから大丈夫バージョン来る
さあ、送ったソウルキャリバー3、やっぱり予約して発売日に買ったものですので不具合ばっちりなヤツだったようです。
新品ですが動作チェックのため開封済みなソフトが送られてきました。

これで、他のゲームも同じメモリーカードでできますね。でもちと怖い。
ただ、なんかこういう不具合あった割には紙一枚の詫び状みたいなものが入っているだけです。もうちょっとあってもいいのに。できればメモリーカードくらいつけてくれてもいいんじゃないのーと思います。あ、メモリー壊れた人ならついてくる…わけないでしょうね。

ソウルキャリバーIII

AI・DD総合種の資格者証が届きました
今週の頭くらいに申請したのですが、今日になって届きました。案外早いですね。
ま、まいどのラミネート加工のものなのですが、しばらく工事担任者の資格者証の申請はしていなかったので、ちょっとこれまでのと変わっていますね。ちなみにこの前に取得したのはアナログ・デジタル総合種でこれは2年前でした。

変わったのはまず申請時にいくつか・・・多分収入印紙代が高くなっている、700円から1,700円になったような。ただし写真は2枚だったのが1枚に。
で、写真が以前は2枚のうち1枚が貼られていたのですが、今は台紙に写真の肖像が直接プリントされています。
そして台紙の色が黄色から白色になりましたが、これはAI、DD系になったから変わったのでしょうか。これはどうなのかちと不明。
ま、なにはともあれ資格者証も来てこれであとは謎の「情報通信エンジニア」、取り敢えず合格してから1年以内なので申請するだけで取得できるのですが・・・。いるの?

財団法人日本データ通信協会の情報通信エンジニア資格制度のお知らせ

びんちょうタン1巻限定版
さて、こちらの限定版はARIAと違いしっかり買えました。
ま、買うか買わないかは本屋さんにあるかないかでどうでもよかったのですが、あった上にあんまし高くもないので買うことしました。
限定版にはお仕事マスコット(七輪タイプ)がついていました。七輪タイプということは他のタイプのもあるのかと思いましたがどうにもこの限定版1巻では七輪タイプしかないようですね。今後2巻3巻と限定版が出ていくのでしょうか。

さて、内容はコミックブレイドの連載分と、メガミマガジンでのプロトタイプ版と設定資料です。
メガミマガジンでの「ぷろとたいぷ びんちょうタン」とコミックブレイドでの「びんちょうタン」はだいたい同じ内容のものが多いので、なんだかちょっと微妙感漂います。が、「ぷろとたいぷ びんちょうタン」はそれほどないのでまあ設定資料みたいなもんと思っておきましょう。「ぷろとたいぷ びんちょうタン」から更にお話膨らませたのが正統(?)なコミックブレイド版になっていることがわかります。

健気に生きるびんちょうタンの清貧な生活は何度読んでも心にぐっとくるものがあります。ときどきなんとも淋しさに心落とすびんちょうタンの姿が描かれる時があります。これは私も泣きそうです。元気になってほしいです。
でもちくタンやクヌギたんと知り合って、だんだん周りが賑やかになってきました。よかったよかった。

びんちょうタン(1) 初回限定版 BLADE COMICS
びんちょうタン(1) BLADE COMICS

ARIA8限定版が買えなかった・・・
ううう、通常版が発売されたので、限定版を探し回ったのです。でもありません。会社帰りに本屋を13店舗もはしごしました
なんでないんでしょう? ま、発売日は仕事が忙しくってチェックできなかったのですが、昨日の今日で売切れてしまうものでしょうか?

が、12店舗目で驚愕の事実を知ることになるのです。
「これは去年の12月に発売されていますね」
と店員さんから聞かされたのです!

あーそういえば7巻の時も限定版はちょっと発売日早かったわ・・・。こりゃぼけてましたね。
12月のいつだったのかわかりませんが本屋さんに貼ってあるコミック発売表なんかでも限定版の日付については記されていなかったし・・・まめに本屋さん通ってチェックしていなければいけなかったのですよ。
12月はずーっと仕事忙しくって本屋さんをぼーっと巡るようなこともしていられなかったし、発売予定表でチェックしていた発売日に必要なものだけ買うだけだった。年末年始も本屋さんは新入荷するようなものもないから全然行かなかったから残っていたものにも出会うことなく通常版の発売日を迎えてしまった。
コミックBLADE本誌を全然チェックしていなかったからなー。買っていてチェックしていれば限定版の発売日情報を載っていただろうに、と悔やまれます。
いや、予約しておけばそれでよかったんですけどね・・・7巻の時結構見かけたから大丈夫と信じていた私が馬鹿でした

インターネットで調べてみても時既に遅し、e-honに最後の一縷の望みをかけましたがやはり在庫がないそうです・・・。

ARIA(8) 初回限定版 BLADE COMICS

でも、なんだかくやしく通常版をまだ買っていない私・・・。


ARIA(8) BLADE COMICS

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。