FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

昨日、うちのブログになにが起こった!?
アクセス解析を見てみると、恐ろしくも恐れ多いことに昨日のアクセス数が300を超えていました。これまでは多くても休日に100を超える程度でした(平日は2桁です)のに、急に2倍以上のアクセス数です
昨日、恐らく一昨日に書いた内容でアクセス増えたのでしょうね。やはり・・・鵺の話かな。(ちなみのそれ以降、夜は静かです)あと、なにげにジャンル散らしてたくさん書いてしまったし・・・(なんか書きたいことが山ほどあったのです!)
気がつけば総ページビューも4000を超えています。
ううう、ありがたいことです。始めた3ヶ月程はアクセス0って日も多かったのに。



でも実はこのアクセス解析は微妙な感じです。以前プロファイルを変更した時に自分で何度もアクセスして確認しただけで、それがアクセス数にカウントされたので・・・。つまり、クライアントのアドレス確認してのユニークアクセス数でないようです。うまく表示しないからとかなんとなくとかでリロードをじゃんじゃんするとアクセスカウント進むようですね
まあ、それはそれとしても、たくさんアクセスあったのが、嬉しいです
スポンサーサイト




テクニカルエンジニア(ネットワーク)(3回目)
一言:テクニカルエンジニア(ネットワーク)に3度挑戦!
日付:2003/10/19(日)
場所:立命館大学衣笠キャンパス
試験:テクニカルエンジニア(ネットワーク)
認定元:通商産業省
受験料:5,100円
全体感想:
昨年は根性をなくして情報セキュリティを受験、そしてなんと一発合格してしまいました。そうなると同じ勉強手法をもってこのネットワークに3回目の挑戦をするのは自明の理です。
そろそろ電気通信の工事担任者でのネットワーク系の勉強も身につき、セキュリティ分野も情報セキュリティの勉強でわかってきました。
これはいよいよ究める時に違いない! ・・・と意気込みだけは極めていました。
問題感想:
午前は当然、ネットワーク関係、セキュリティ関係、その用語の知識まで深く広く問われます。なお、電卓が使えなくなったので計算問題は難しくありません。ただし、その計算結果を導出する式を求められるものが出てきました。そうです例のM/M/1待ち行列、前回までは全然駄目だったのですが情報セキュリティの勉強の時に公式、解法を会得しました。ばっちりです。
午後1からの事例問題は計算問題がないことはないのですが、電卓前提の計算はないので筆算で充分できます。例年通り3問を4問から選択して回答です。このところ図示させる問題が減ってきていますね。採点作業を楽にするためでしょうか。まあ、わたしにとってはネットワーク構成を書くのはそれほどおもしろくないのでいいのですが、せっかく定規を準備しているので活用したいです。
午後2は長文を読み、各所各所の設問に答えねばなりませんが考えて解くというよりもその用語や手法をしっかりわかっておかねばなりません。常識だけでは絶対解けません。未だ実戦経験がないのでこれまた苦戦、計算問題もまだ簡単ながらありますが、最初の計算を間違えると引きずって間違えるのできつかったです。セキュリティ絡みはきっちり答えられたです。
会場感想:
またもや衣笠校、知り合いにはこのところ会いません。
で、ルートもわら天神からのパターンです。試験開始前のお茶買いはコンビニで、会場入りしてカップベンダーで珈琲買って飲みのみ散策、むむー、完璧 安定していますねー。
交通:
往路はJR京都から地下鉄で北大路(15分)、そこからバスでわら天神(15分)、北大路バスターミナルで乗り場を間違えないようにしましょう。
わら天神で降り、東門から入ります。まあやはり東門までは10分くらい歩くことになりますが。学内での歩く距離が少ないのでこちらからですね。(大体試験会場になるのは西側の校舎)このところ、ここは安定です。
復路は東門から南に15分程歩くと京福電鉄北野白梅町駅、ここから京都市内を大回りしていきますが途中帷子の辻で乗り換え、四条大宮駅まで乗ります。途中路面電車になったりして秋の京都を楽しみましょう。で四条大宮で阪急大宮駅からひと駅烏丸駅、そこから地下鉄四条から京都へと・・・。(計90分くらい)これも定番です。バスルートは今回はやめました。
勉強方法:
さて、情報セキュリティアドミニストレータの時に倣い市販の対策本で対応してみることにしました。いい方法は踏襲していかなくてはいけません。
テーマは薄い本。かつて大学受験した頃に聞いた話で、分厚い参考書をひとつやるよりも薄い参考書を複数する方が、達成感を得やすいので勉強がはかどる、というのがありました。これです!
ネットワークはいろいろと書籍が多くていいのですが、微妙に薄いものがありません。やっぱ範囲が広いからでしょうね。仕方ないので午前午後合わせて1冊でいいやと、ネットワーク技術に強いと噂の日本経済新聞社から出ているネットワーク本にしました。
その本は通勤時間往復3時間で頑張りました。なお、勉強開始は9月から。医療情報技師の試験終了後ですから、たった1ヶ月程度・・・こいつはいつもどおりでした。(3ヶ月くらい勉強したかったです)
教材:「〈ネットワーク〉完全教本―テクニカルエンジニア試験 (2005年版) テクニカルエンジニア試験
なお、リンクは2005年度版です。
実はこれは教本です。つまり学習する教科書です。問題集もこの系列で別にあったのですが、1ヶ月くらいしか勉強できないので教本だけとしました。それに問題集は過去問中心です、ネットワークは技術革新が早いので、問題集捜すなら最新模擬問題が多くあるものをお勧めします。
合否:合格
不合格…、ううう、なにができなかったのでしょう。午前はいい感じにできていたのでやはり午後、事例問題もっとやらないといけないですね。
次は:春はあいかわらずシステム管理です。その後秋のネットワークを目指すのです。
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.