FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

パーソナルコンピュータ利用技術認定試験4級(現3級)(1回目)
一言:原点に返ろう
日付:2001/07/08(日)
場所:京都テルサ
試験:パーソナルコンピュータ利用技術認定試験4級(現3級)
認定元:(社)パーソナル コンピュータユーザー利用技術協会
受験料:7,200円(3級との併願)
全体感想:
情報処理技術者試験もそろそろ煮詰まってきていました。(簡単じゃなくなってきたって前回も書いたですね)
なにか情報処理をしている上で有用で、かつ簡単そうな資格はないのか。勉強した!、とかできた!、とか感じられるものはぁ…と捜してみると、会社の報奨金がでる対象資格にこのパーソナルコンピュータ利用技術認定試験がありました。
会社で私が入社前に受験が推奨されていたそうで、みんな受けていて、「簡単だ」、「3,4級は同時でよい」、「キーボードの配置を覚えろ」などのアドバイス?を受けました。
これはよくパソコン検定と間違われますが、全然関係ありません。
なお、最近の略称はPAT認定試験です。
夏(7月)と冬(12月)の年2回ありますが、夏は4,3級のみで、冬には4,3,2級です。1級は2年に一度冬(12月)にあります。
ユーザ利用技術なのでなんとなく初級シスアド系な感じしますが、開発者だってユーザです。範囲は結構広いですが、4級は初級シスアドのさらに初歩です。
なお、現在は4級は3級、3級は2級、2級は準1級、と名称が変わっています。
併願で3,4級同時受験できますが、4級不合格の場合3級合格ラインに達してもどの合格にもならないです。この試験は下の級に合格しないと上位の級の受験資格がないのです。だから順に受けていきましょう。
問題感想:
キーボード配置問題、キーボードのアルファベットのうち、10個抜けていました。それを答えるのですが、周りの他のキーは書かれていたので普通に使っていたのならだいたい推察できました。でもこれで100点満点での20点ありました。
また、IT関係でよくでてきる単位系での簡単な計算問題や、Web用語、表計算の使用方法についての問題がありました。
普段PCを業務に使っているなら十分試験に対応できます。
会場感想:
大きい建物です、文化施設という感じです。その中での研修や会議用の場所での受験。休みだからでしょう、他の行事での利用はまばらでした。
併願なので午前に4級を受け、午後に3級でした。なお、ひと部屋で3,4級ともに受験するので併願者の列、4級のみ列、3級のみ列にわかれていて午前午後で密集地帯が変わります。
4級のみの受験者も案外いましたが、やはり併願も半分くらいいました。
お昼は近所の吉野家で牛鮭定食を食べたです。
交通:
往路はJR京都駅から南へ徒歩(10分)九条通りの向こうに大きな建物が見えます。そこです、あっという間です。近鉄や地下鉄では駅が東西に離れているので微妙です。JRからならわざわざ乗り換えずとも歩きましょう。
復路も当然に逆経路で歩きでJR京都駅(10分)。
勉強方法:
キーボードを覚えようと前日にキーボードをアルファベット順に叩いてみました。なんとなく覚えていました。ってそれだけです。
教材:なし。
合否:合格。
報奨金:2,000円。できた実感を持ちつつ受かれて気持ちよいです。お進め試験です。
次は:3級も同時に受けているので受かればいいですね。冬に2級に挑戦できますから。
スポンサーサイト



Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.