FC2ブログ
情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

ネットワークスペシャリスト(現テクニカルエンジニア(ネットワーク))(1回目)
一言:まさに専門的!
日付:2000/10/15(日)
場所:立命館大学衣笠キャンパス
試験:ネットワークスペシャリスト(現テクニカルエンジニア(ネットワーク))
認定元:通商産業省
受験料:5,100円
全体感想:
秋で受けられる試験で一番簡単そうなものが、これになってしまいました。でもま、ネットワークってこれからますます重要になってくることなので、これを受けるにあたり勉強することでいくらか自らの力になるだろうと思い、受かる受からないでなく、勉強のつもりで受けた試験です。
だから、ちんぷんかんぷんなことも…
なお、ネットワークスペシャリストという名前では最後の試験でした。次回からはテクニカルエンジニア(ネットワーク)と変わりますが内容は同じです。できるなら名前変わる前に受かりたい。え?なぜって? ・・・「エンジニア」より「スペシャリスト」の方が名前的にすごそうじゃないですか
問題感想:
午前は今までの試験とは違い、専門的でした。ネットワーク関係、セキュリティ関係、細かい計算問題からその用語の知識まで深く広く問われます。問題数は50問のマークシート。
午後1からの事例問題は計算問題がかなりあるので良かったです。なんとなく答えがきっちりしているので。
午後2は長文を読み、各所各所の設問に答えねばなりませんが考えて解くというよりもその用語や手法をしっかりわかっておかねばなりません。常識だけでは絶対解けません。
会場感想:
春に引き続き衣笠校、学校の友人にも会社の同僚にも会いませんでした。なんか淋しい。
前回に引き続き、わら天神側から入ってきたので門の近くにコンビニあることを確認済み。お茶だけ買い、お昼はまたここで買うことにしました。
中は相変わらずです。初めてではないので余裕もって試験会場を目指せました。
交通:
往路はJR京都から地下鉄で北大路(15分)、そこからバスでわら天神(15分)、北大路バスターミナルはどの乗り場で待つか悩みます。ただ、同好の士がいるのでなんとなくそこに行けば後は同じバスに乗ればOKですが試験開始時間が近づくほどバスは混みます。第2種や初級シスアドが京産大、そこへの乗り場にも人集まっています、乗り場を間違えないようにしましょう。
今回は、衣笠校前ではなく、ひとつ手前のわら天神で降りました。そこからだと東門から入ることになります、まあやはり東門までは10分くらい歩くことになりますが。立命館大学前まで行くバスが微妙に少ないのと、こちらの方が広く知られていないので混まないので こちらを選択しました。また、学内での歩く距離が少ないのもこちらを選んだ理由です。(大体試験会場になるのは西側の校舎ですから)
復路は東門から南に15分程歩くと京福電鉄北野白梅町駅、ここから京都市内を大回りしていきますが途中帷子の辻で乗り換え、四条大宮駅まで乗ります。途中路面電車になったりして秋の京都を楽しみましょう。で四条大宮で阪急大宮駅からひと駅烏丸駅、そこから地下鉄四条から京都へと・・・。(計90分くらい)前回に引き続きここは気分転換にいい感じです。
勉強方法:
試験対策本は薄めのものを探しました。また、何年度版という限定的なものでなく、一般的なネットワーク技術の参考書籍として使えそうなものを探してみました。
まあなんとなく難しそうなのでいきなり高い本を午前本と午後本で2冊も買うのはやめたのです。ぼちぼち勉強していこうと・・・。その本を少し読みましたが・・・基礎技術部分で挫折。
教材:2000円程度の本でしたが、あまり役に立ったとは思えなかったです。
合否:不合格
ううう、予定通りの結果でした。次回に向けて得たものはなにかあったのかなー。
次は:春はデータベーススペシャリスト・・・これの方が業務で関係あるからいいかも。あ、そうそうデータベーススペシャリストはテクニカルエンジニア(データベース)になるのでした。これも名前変わっても内容は同じです。
スポンサーサイト



Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.