情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1種情報処理技術者試験(2回目)
一言:壁、壁です。
日付:1998/04/19(日)
場所:同志社大学今出川キャンパス
試験:第1種情報処理技術者試験(現ソフトウェア開発技術者試験)
認定元:通商産業省
受験料:5,100円
全体感想:
前年に無謀を知りました試験です。ただ就職したので・・・って就職したてだし、それによるなにか良い点もあるわけではないのですが、昨年はJ検に調子よく受かっていましたし、経験ある試験なので傾向もわかってきました。もしかして、と思って受験です。
学校の勉強は1種の範囲に入っているものもありますが、足りない部分もあります。
一応1種対策として本を購入しようとしたものの、どれも2000円から3000円したので、買うの止めました
問題感想:
たしかこの試験からでしょうか。午前が5択から4択、しかも回答は必ず1つだけ1/4、2/4なんてものがなくなり、試験中、むふふと思ったものです。でも、解答群に知っている言葉があればそれを目安に選択肢を絞り込めますが、SE用語がわからないと1/4は1/4です。まあそれでも確率上がったと喜んでいました。この頃は70%当たればよいのだと信じていましたし(でも実は項目応答理論に基づいて合否判断されていた)傾向は別に変わっていません。相変わらず午後はI、IIとわけてあり、IIは問題がストーリーが長くあり、読むのだけでも疲れました。まだ、得意な分野、というものがありませんでしたので、問題を選択できるのですが選択のしようもない、と・・・。
会場感想:
ここは京都の街中です。ほぼはす向かいに御所があるところです。地下鉄で着いたら5分もあるけば会場入り。お昼には付近にコンビニやらお弁当屋さんがあり、私はお弁当屋さんでお弁当を買いました。でもま、学生街なので学校休みの日曜日はお店の開店具合がよろしくないですね。
交通:
往路はJR京都から地下鉄で今出川(10分)、そこから北西に歩いて5分。相変わらず同好の士がいるのでぼんやりついていくとOKかな。学生に着いていくと御所北側の校舎に行ってしまうかもしれませんが。試験会場の校舎は郊外型大学とは違いすぐ校舎があり、学内でも歩き時間は5分で教室です。
復路も同様、地下鉄乗って帰りました。ま、実際は専門学校時代の知り合いに合ったので河原町行って遊んでから帰りましたが。
勉強方法:
学校の情報処理系の基礎授業で2進や16進やら、コンピュータアーキテクチャ、またシステム開発系の授業などで学習。また、学校の寮での平日夜の2種試験向け勉強会は2種合格で免除で…(1種対策講座はない)。その他、昨年の経験!
教材:これと言った教材はなしです。
合否:不合格
むむう、これは壁です。なにがどう壁なのかというと、午前も午後も自己採点で5割くらい。なにかしら勉強を必要とするようです。
次は:秋に第1種がない! 来春第1種に再々挑戦か!? 秋にはシスアドがあるが、これは技術系というより利用者系のようで受ける気がしませんでした。(当時は
スポンサーサイト

遂に相撲部
大阪に電気通信主任技術者試験を受けに行ったついでに日本橋でネオジオソフトを探してきました。
なんせ地元ではほぼネオジオソフトを扱う店がありません。しかもこのゲームソフトだけは新品で買うのは躊躇せざるを得ない価格です。中古ソフトでちびちび集めています。
今回はザ・キングオブファイターズ2000を目標としています。まあ、可能性が低いのですがサムライ・スピリッツ零や零スペシャルが程度な価格であれば(この適度がまた微妙です。零なら2万、零スペなら定価の3万8千以下・・・零スペはあれば買ってしまいそうですけど)買うのですが。まあ、これまでに94から1999までほぼ順に買い揃えているので、やはりここは順に2000です。きっとこれなら古いし人気作なのでそこそこあるでしょう。
日本橋で見にいく店はゲーム探偵団とソフマップ、結局ソフマップで特価9800円だったので買いました。零スペはやはり見ることも叶いませんでしたが。
そういうわけで遂に相撲の使い手が使用可能となりました

情報処理活用能力検定(J検)1級(1回目)
一言:なんかすごくよくできてしまった試験
日付:1997/12/14(日)
場所:京都コンピュータ学院鴨川校
試験:情報処理活用能力検定(J検)1級
認定元:(財)専修学校教育振興会
受験料:6,000円
全体感想:
学校の掲示板に試験案内が貼ってありました。専門学校の学生向けの情報処理試験です。端的に言うと国家試験の2種はある程度レベルが高いので、その前段階として受けていくべきものです。2級に受かり半年たったので今度は最上級の1級挑戦です。でもま、情報処理2種受かっているレベルだと大して変わらないだろうと思い、受けました。秋の情報処理はなにも受けていないのでこの対策をしていたかというと・・これまたなんにもしていません。
学校の勉強範囲内です、ただこれに受かってももう就職活動的には関係ないので趣味の世界に入っていたのでしょう。2種よりも簡単と言えば簡単でしたが、部分的には2種レベルを超えた問題もあったように感じました。やはり選択式でした、問題を解くのは・・・楽でした。
問題感想:
はっきり覚えていないです・・・。選択式で多少システム開発な内容もあったような感じですが、ほぼ2種範囲内でしたので難しいことはなかったです。
会場感想:
専門学校の教室です。これで3度目の受験となる鴨川沿いにある校舎です。机がよくある床に固定式のものではなく、折り畳める可動式のものでした。最初机の足の高さががたがたでしたので、試験開始前に試験官に申し述べ、机を交換してもらいました。こかげで試験には集中できました。やはり、試験前に気になることがあれば、解決しておけないといけませんです。試験問題解く以前に関係ないことで悩んでいては試験はぼろぼろですからね
交通:
往路はJR京都から地下鉄で今出川(10分)、今出川通りをてくてく徒歩で東に向かい鴨川を渡り、少し川端通りを下がります(15分)。3級と2級が時間をずらしてあったので受験者が集中することもありませんから、あらかじめ受験会場を知っておかないといけません。でもま、そんな難しいところではなくわかりやすいところですので、ちょっと早めに出るだけでいいのではないでしょうか。
川端通りからすぐ校舎です。校舎内で迷うこともありません。
復路も逆になぞります。今出川通りを烏丸通りに向かって歩く。そして地下鉄で帰ります。まあ、天気もよければ川端通りを歩いて、三条あたりから鴨川河川敷を散策しつつ帰るのもいいでしょうね。ちとJR京都までは遠そうですが・・・。
勉強方法:
特にしていないです。学校の授業やら2種対策の勉強で既に知識は蓄えられていると判断し、これの対策はまったくしておりませんでした。
教材:なし!
合否:合格
:(財)専修学校教育振興会理事長賞受賞。(副賞:置時計)自己採点の結果、100点満点中の93点だったのでこれは簡単だったんだろうと思っていたら、すごくよくできていたようでこの1級全体で3位以内だったようです。(HPの章受賞者一覧には3人しか載っていなかったので)
次は:J検はこれで終わったので、やはりやっぱり情報処理1種にいきたいですねぇ。

OutRun2
もうDead or Alive専用機みたいになっているXBOXなのですが、久々に買いました。
OutRun2 初回限定版
しかし、私はレースゲームはうまくない人だったのです。雰囲気で買ってしまいました。ううう
かつての初代OutRunは実は結構ゲームセンターでしました。200円入れてがんばったものですが、結局クリアできなかったです。その後コンシューマ機移植でやって楽しかった記憶がありますねー、メガドイブの奴だったと思います。
なお、アーケードではTurboOutRun、OutRunnersとその流れを組むものもしてきました。まあOutRunnersはだいぶ違いますが。他、セガ系のレースゲームはパワードリフト、バーチャレーシング、デイトナUSA、ラッドモビールと、実はやっていました。下手でしたが。
上記の中でゴールを迎えられたゲームはOutRunnersとパワードリフト、特にパワードリフトは全コースクリアできましたので今でもお気に入りのゲームです。
で、肝心のこれ、OutRun2、実は実際にやったことがあるのは一度だけ。近所のアミューズメントセンターでは入っていないのです。だからこそ、うちで楽しめるなら、と買ってみたのです。画面の綺麗さはアーケードもハイビジョンだったのでコンポーネント端子接続でハイビジョンTVにつなげば一緒のはずです。うん、綺麗でした、コンポジットでつながざる得なかったのですが・・・(ハイビジョンTVなのですが後ろに回りこむのが大変なので断念、薄いTVにしたいですね)。
問題は、ドリフトが有効なテクニックなのですが、これができない! パワードリフトは得意ですが、違うシステムです。そんなわけでXBOXで追加されたミッションモードの最初のミッションがクリアできません…
まあ、でも綺麗だし、音楽もおなじみの曲もあり、と。
ぼちぼちやります。
(でもこれからはイースVIシャドウ オブ ローマと、する予定だしなぁ・・・)

HPを作ったです
前のプロバイダ時代にもぼちぼちHPを手書きでやっとりました。
そろそろeoに移って落ち着いてきたのでこのブログのまとめサイト的に開始します。
まだ形だけですが、HPを気楽に作る方法なぞも書いていこうかなーと思います。
HPの名前は当然、「刻織の木の実」です。

バナーの字体は篆書だったりするのです。(これについてもいずれまたブログに書こう

ノイズを除去したい
現象:
TVがアンテナから遠いので特定のチャンネルの移りが弱いのです。ブースタも使っています。
なお、アンテナ近くで分配されているTVは綺麗です。
そしてTV周りの電気機器も多いのでノイズが多い。
特に特定の電気機器の電源を点けると発生するノイズもあります。
対策案:
そこで、ノイズフィルタなるものを試してみることにしました。
電源から入ってくるノイズは取り敢えず後回し、なんか機器が高めなので
ケーブルが受けたり発したりするノイズに焦点をあわせます。
対策:
フィライトコアをケーブルにつけることにします。
よく電気機器の電源ケーブルの本体側あたりに円筒形に膨らんだ部分、がありますよね。それがフィライトコアというノイズを吸い取るものが入っているところです。
NS-1630-N ノイズSTOPフィライトコア
・・・このあたりの製品です。ケーブルの太さに応じてサイズを選びます。
発生源:
電源入れるとTVに諸に影響を出す機器のケーブルには本体側、電源プラグ側と2個つけました。
これでその機器を点けることで出てくるノイズは多少マシになりました。でもまだなんともいえない縞に入るノイズは残ります。
受信系:
受ける方にも問題ありかと思い、TVのアンテナ同軸ケーブルの口、電源コンセントの隣にあるそこからの同軸ケーブルにひとつ。
これがもともとノイズが入っていたチャンネルに効きました。ぼやけた感じがなくなりすっきりくっきりしました。
そしてTVとの間にあるブースタから出てくるところにもひとつ、TV前でBSとUHFへの分波器、BSは問題ないので分波器入る直前とUHFへの出たところにひとつずつ。
更にUHFのケーブルは一旦ビデオに入るのでビデオに入るとこにもひとつ、ビデオから出てTVに入るとこにもひとつ。
結果:
これだけつけるとさっきの縞ノイズもほぼなくなりました。
ノイズ多かったチャンネルも見ていて疲れない程度にノイズは軽減されました。
経費:
8個、約3,000円の出費でした。いい感じでないでしょうか。
今後:
まだ残っているノイズはケーブル全体を被覆するとか、ケーブル横に備長炭並べるとか(実はこれが一番いいらしい!)、最初にパスした電源内からのノイズですね。

CG検定2級(1回目)
一言:カラーな試験
日付:1997/06/29(日)
場所:京都コンピュータ学院鴨川校
試験:CG検定2級
認定元:(財)画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)
受験料:5,000円
全体感想:
CG検定3級を受かった学校の知り合いから試験問題がカラーで楽しいから受けよう、と言われたので受けることにしました。3級は簡単だったとのことでじゃあ2級を受けることにしました。ちなみに1級は実技があるCG技術者向け試験です。2級までは選択式の筆記試験のみです。で、問題がカラーだからか、受験料はちょっと高めの5000円。
ちなみにこの2週間前にはJ検2級を受けていました。学校の卒業年度で資格取ってもちと就職活動には使えません。2年で卒業なので入学年度に資格に気づいていれば・・・とか思いましたが、逆に勉強できていないから全然わからなかったと思います。
問題感想:
カラーでCG画像が印刷されている問題はこのような状態がなにかを用語選択させるもの(モアレとかジャギーとか)。また色数と画素数からビデオメモリがどれだけ必要かを計算させるものとか。選択式です。また複数の大問から答える問題を選択できました。だから得意な大問を選んでいけばいいので楽です。
会場感想:
専門学校の教室です。前回受験したJ検と同じです。鴨川沿いにある別段これと言って特徴がないところです。机がよくある固定式のものではなく、折り畳める可動式のものでした。だから椅子も動かせるものです。大学とかだと机も椅子も床に固定で立ち上がると椅子がペンとはね上がって座りづらいは、というつらさはありませんでした。
交通:
往路はJR京都から地下鉄で今出川(10分)、今出川通りをてくてく徒歩で東に向かい鴨川を渡り、少し川端通りを下がります(15分)。2週間前に受けたところなので迷うわけありません。
川端通りからすぐ校舎です。校舎内で迷うこともありません。
復路も逆になぞります。今出川通りを烏丸通りに向かって歩く。そして地下鉄で帰ります。
勉強方法:
特にしていないです。学校の授業やら2種対策の勉強で十分対応可能です。勉強はこれと言ってしませんでした。
教材:なしなのです!
合否:合格
この合格で、他にも資格試験受けたくなってきました。でももう対してこれと言って私に合う試験が学校の案内にはなかったですが。
次は:CG検定はこれで終わり。1級は土台無理なのでやはり情報処理1種へ向かいたいです。
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。