情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad Pro 9.7インチ版、買いました。そしてMVNOに変更
iPadは初代、3代目(新しいiPad)、5代目(iPad Air)と買い換えてきています。
基本的に二年ごと、キャリアはSoftBankでちょうど買い換えるたびに2年間分の割引もあったのですが、昨年冬口からそれも切れており、さすがにでっかいiPad Proはなあ、と待っていた私にぴったりなこれまでと同じサイズのiPad Pro(サイズで見ると7代目)、もう買わないわけにはいきません。

ただ、メモリがでっかいiPad Proと違って2GBです。なんか3代目買ったときのようないやな予感もします。このときは半年後に4代目が性能アップして発売されたけど半年で買い換える気にもなれずのAirまで待ったのです。

Airは最近非常にもっさりしてきて大変だったのですが・・・あ、でもなんか最近のiOS9.2のとき、無事にアップデートもできたし、なぜかさくっと軽くなったしで今のところうちでのサブ機にする予定です。
な感じですが、Proは当然CPUもよいので2GBでまったく問題ない。とはいえ、買う前は不安だったので、3代目以降は毎回最高記憶容量を選んできたのですが、今回は128GBにしております。

カメラの性能がよくなってきていますし、デジカメはGPSつき持っていないので、なんだかメインカメラになる予感。うーん、写真のサイズもでかくなるし、LIVE写真面白いしで、残り30GBくらいでやりくりできるか。

なお、地味に気圧計がついたのがうれしくって、アプリ入れてチェックしています。気圧低いときはなんか調子が悪くなっている私なので、チェックするのです。にしてもアプリなしならSiriさんに聞くしかないのが面倒だった。

あ、そうそう、重さ、Airと比べると軽くなっているはずなんですが、変わらないかむしろ重くなった感。ケースが変わっているからでしょうか。スマートケースは金属部分もあるし。

そしてようやくMVNOもお安く多くの業者で始まったので、そっちに切り替えです。IIJMIOにしました。今のところ過去の実績から5Gのプランではじめています。
IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】
これを買って設定しました。なにが大変って、simを差し込む際にあの小さなトレイにどっち向けに載せればいいのかよくわからなったし、とっても載せづらい。

にしても純正のラバーケースはもうないのですね。本体をカバーし、スマートケースなふたまで一体化しているので安全で便利でしたのに。なお、3代目のときは純正以外のケースを使ってもうちょいしっくりこなかったので、Airは純正ラバーケース、そして今回のProは純正のスマートケースとシリコンケース、ただ、スマートケースは磁石で張り付いているだけなのでとっさの時にそれだけで保持できない(これまで代々1回は落としているけど、ケースやカバーによって無傷)。怖いのでAppleCare+、初めて入ってみました。

あと、保護フィルムもこれまでのフィルムから初めてガラスにしてみましたが、貼るのが一発勝負的で大変だった。フィルムならごみ入ってもその部分をぺらりとめくってテープなどでぺたぺたして取り除けましたが、ガラスなのではがすと全部はがすことになりますし、そもそも簡単にはがれないので・・・。
買ったのは、
WANLOK 2016 改善版 Apple iPad Pro 9.7-inch (2016) 9.7インチiPad Pro ガラスフィルム 【実機確認済】 保護 フィルム NSG 日本板硝子社 国産ガラス採用 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 アップル アイパッド 【国内正規品】 iPadPro 9.7WANLOK 2016 改善版 Apple iPad Pro 9.7-inch
です。今のところなんら問題なく使えています。

それにしても、キーボードとペンシルは、使わないので未購入。キーボードはソフトウェアキーボードでなんとかなっているし、ハードのキーボードもまた、ふた代わりになるだけで磁石で張り付いている。ねっころがって使ったり電車で立って使う際には邪魔っぽい。そもそもキー配列がUSだし。

あとは、現在のSoftBankとの契約が2年縛り更新したのが切れる夏前に解除して、完全にMVNO生活です。メールとか移行しとかないと。
む、Airってsimロック解除してもらえるのだろうか、QAによると・・・無理でした、残念。

Apple iPad Pro
スポンサーサイト

iPad Air Wi-Fi + Cellular 128G、遂に手に入りました。早速フィルムを貼ってみた
iPad Air Wi-Fi + Cellular 128Gを予約開始の2013/11/01にネットでsoftbankに機種変更で注文したのですが、結局先週中にお店に入ったとの連絡がありました。一週間以内に機種変更の手続きしないとキャンセルとなってしまうので、今日なんとかぎりぎり手続きできました。
なお、色はスペースグレイ、これまで初代、第3世代と黒系だったので今回もこっち、これまでは白系のほうが人気があったように主宇のですが、今回は違ったような様子です。結局ひとつき待ちでした。

それにしてももうiPhoneはsimフリー機がApple公式で販売されている状態です。docomoのiPad参入も年度内とのことなのでそれから半年以内にはiPadもsimフリー出そうですね。だから結構悩んだのですが、まあ悩んだら進む方向に舵を切ることしているので、機種変更しました。

お店での手続きは前回のようにsimを抜いて新しいものに刺すという作業もなく、とっとと手続きできました。ああサイズが変わったんですねぇ。差し込むところも目の前でやられたので見ていましたが、小さい。
ティザリングのオプションを今回からつけられて二年無料なのですが、敢えてつけませんでした。オプションつけて外し忘れたりとかよりもほんと、使わないから。(そう、恐らくsimフリーiPadが出たら出たらでその次の機種変更は途中解約してsimフリー+MVNOにしてしまうと思うし)
結局これまでよりも毎月1000円弱高い通信料です。これが痛いんですけど、simフリー待つのは待つので気を揉むし、海外のsimフリーを高いお金出して買うのも国内版が出そうな流れではやっぱり躊躇。

なお、変更前の第3世代iPadは下取りには出しませんでした。使い道あるというよりも、移行がうまくいかなくってデータがどこかに行くのは恐いので。移行できてから、量販店に売るかどうか悩みます。

さて、持って帰ってみて箱から出すとやっぱり軽い。なんかおもちゃのような軽さで不安でもありますが、まずはとっととフィルム貼りです。
あらかじめ買っておいた
OverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADAOverLay Plus for iPad Air 低反射タイプ 液晶 保護 シート OLIPADA
です。これまでは光沢タイプが綺麗だったので愛用していたのですが、外でよく使うので眩しいこと多いので試しにこっちに変更です。

貼り方は週刊アスキーPLUSの
iPad Airに液晶保護フィルムを完璧に貼る
の記事のまま、同じように貼りました。これのフチにセロハンテープを貼ってやるというのが見事に気持ちよく、今後このパターンを踏襲したいです。
実はこの貼る作業が携帯ゲーム機とかでも面倒で面倒で、お店で貼ってくれるとこあるのでそこまで行ってお金出して貼ってもらいたいくらいでしたが、このやり方は結構楽ちんでした。ホコリが入っても取りやすかったということと貼る時にずれなくさくっと貼れたことも嬉し受かった。

なお、低反射って結構思ったよりもぎらついたアブラっぽいイメージになるのですね。白い画面で目立ちます。これがちょいとショック。当然映り込みはないけど、その分乱反射させているのかざらっとしている印象。ただ、暗くはならないです。
しばらく外で使ってみて、気に入らなかったら
OverLay Brilliant for iPad Air 高光沢タイプ 液晶 保護 シート OBIPADAOverLay Brilliant for iPad Air 高光沢タイプ 液晶 保護 シート OBIPADA
を買うまでのこと。

後は公式の
iPad Air Smart Case - ブラウン - Apple Store (Japan)
のブラックをこれまたひとつきあるので既に購入済です。これにはめ込んで完成。フチが全然隠れないので、フィルム貼る時に画面外の外部分も綺麗に貼ったほうがいいですよ。
革製ですので軽いです。

ケースないのと較べると当然100gくらい重くなっていますが、これでも全然第3世代より軽い。第3世代も公式カバーは革ではなくまた、背面もサードパーティーのしっかりしたものだったので軽くなったことがはっきりわかるのでこれからの片手持ちが楽になりそう。

なお、その後、第3世代iPadのバックアップをPCにとり、そこからAirに復元してほぼすべてのアプリが戻りました。なお、PCにiTunesでバックアップする際に暗号化してバックアップしたのでパスワード情報も引き継がれています。
なお、引き継がれなかったのはMLPlayerDTV、当然と言えば当然ですね。これはもしかしたら機械に紐付いていて再課金かと思いましたが、普通に新規導入時扱いでアクティベートし直してプロファイル入れたら使えました。なお、これで私はPanasonicDIGAから番組持ちだしで通勤時に楽しんでいます。

他は、例の如くi文庫HDでコミックの読み比べ、この際、Airの方が液晶の色が白いことが判明。第3世代は若干黄色み帯びていたのは確か初代から移行時にも思っていたので、元に戻ったのかな。
ここで嬉しかったのは設定で画像補完をHighにして読んでいるのですが、これだと連続ページ送りするともたつく感じがこれまでしたのですが、今度はさくさく進む。CPUよくなった。思った感じに進むのが嬉しい。なお補完などの画像の解像度そのものは全く一緒の印象です。

さあ、これでこれまでほぼ使い切っていた64Gでしたからまた余裕が60Gほどできた。ますます自分で電子化した書籍が詰め込めて楽しいなぁ・・・。
そんでもって、simフリーiPad、来るなら来い! できれば、次の機種変更あたりがいいんですが・・・あ、でも来年初めには大きいiPadが出るとのうわさだった・・・。それ出たらどうしよう? さすがに持ち歩くには微妙かと思いつつ、MacBookAir持つようなものと思えばもてなくもないか・・・。

アップル - iPad

第3世代iPad、iOS7にアップデートした
初代iPadから昨年春に3世代目のiPad(3G+WiFi,64GB)にしましたが、半年後に第4世代がもはや普通に出回っていない第3世代を使い続けています。

今回のiOSのバージョンアップ、重くなるという話を聞いていましたので様子を見ていましたが、三連休最終日、言うほど大変になった話を聞かないので私もアップデート。

1.バックアップ
iCloudではなくPCにバックアップです。PCのiTunesを使いました。気がつけば電子書籍化したコミックばかり大量に入れていたので50G程度も使っています、そのままバックアップで40分。

2.アップデート
PCのiTunes経由でアップデート。なんでかアップデータダウンロード後にバックアップが始まりました。結局1時間くらいかかってアップデート。
ただ、アップデートは時間はかかったものの、特にトラブルなく終了です。

3.困った点と対処
まずはいきなり壁紙がアップになってしまいました。壁紙画面で縮小しようにも縮小できない。しかもなんか妙に重いというか反応が悪い。散々悩んでネットで調べた結果、設定>一般>アクセシビリティ>視差効果を減らす、をOFFにすることで通常通りの壁紙にもどりました。
続いて、これまでカレンダーに設定していたgoogleカレンダーが表示されないことに気付きます。自作のiCalendar版コミック、文庫発売スケジュール、及びRSSを設定して日々のコミック購入管理に使っていたので、これがないと困ります。
でも、設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウント内にある。紹介したカレンダー、にはきっちり入っています。どうして反映しないのか? 結局これもネットで調べたところ、一旦このカレンダー情報の詳細画面を出してアカウントを削除、としてもう一度、設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウント内のアカウントを追加、から追加でOK。途中でSSL接続できません、アカウントをSSLなしで設定していますか?と確認されますので続けるとすればよいです。もしかしたらアカウント削除する前の詳細設定でSSLを使用がONになっていたのでこれをOFFにするだけで解決したかもしれません。

4.しばらく使ってみての感想
まだ数時間しか使っていませんが、ロック解除のスライドは画面のどこでもいいのが便利です。がその後のパスコード入力のテンキーの数字の間が広くなって打ち間違いしづらくなったものの、指動かす大きさが変わってまだなれません。
また、下からスワイプして一発で出てくるコントロールセンター画面は便利です。輝度調整は外でマップ見るときには最大輝度にしたいし、室内では半分くらい、寝室で寝る前なら最低輝度と一日で結構何度も変更するので使いますし、カメラもよく使うのでありがたい。
とは言え、画面の向きのロックをオフにしてもこの画面を出したままだと向き回転しません。一旦閉じないといけないのがちょっと不便。
また、フラットになったデザインはiPadは画面が大きいので見にくくなったわけでもなく、かと言ってより見やすくなったわけでもない。
なによりアニメーション効果が入っているのが若干もっさりした感じ。このあたりはCPUパワーがないように思えます。とは言え、重すぎて使えないわけでもなく、アニメーション効果で流れ(?)がわかる分ストレスにはなっていない。
Safariを3G回線で使うことが多いのですが、これはこれまでより軽快になった印象です。タブごとに読み込みバーが出るのもいい。
最後に標準アプリのメモ、これがこれまでクリーム色背景で行ごとに線入りだったのですが、真っ白になってしまいました。これが見やすくない・・・。メモアプリを探すべきでしょうか。

5.終わりに
アップデートしても特に問題なく、危惧された重さもほぼ感じません。むしろよく使うSafariが軽くなったようなので嬉しい。まだまだ第3世代iPadも使えますよ。

とかいうものの、そろそろ発表になるであろう第5世代iPadに興味津々です。
うん、来月発売になりそうですので、今の第3世代も1年半使っているし、買い換えるかなぁ。物理的な重さも軽くなってサイズも横の額縁部分が小さくなる、という噂だし。

新しいiPad用本体カバーももう3代目、「Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代」購入、使用感はまるで純正品なフィット感でこれで確定かな
新しいiPadを購入し、表面は純正のお風呂カバー・・・スマートカバーです。
これに合うように本体背面の保護ケースをどうするかでこれまで悩んでいました。

最初に買ったものは発売と同時の商品で
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】ソフトケース ブラック BSIPD12TBK

でしたが、残念ながらこれをはめると本体表面の保護フィルムが浮いてしまうという重大な欠点がありました。

なお、保護フィルムは
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC

です。
Retinaの詳細さを損なわないクリアで光沢ある上に、気泡もさくっと抜けたのでこれをずっと使い続けています。
いまのところ傷も付いていないです。

さて、保護ケースですが、すぐに諦め買って1週間もたたずに
同じラインナップですがシリコンケースの
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) 【Apple純正SmartCoverと同時装着可能】シリコンケース ブラック BSIPD12SBK

に変えました。まあ、保護フィルムが浮くことはなくなりましたが、ちょっと軟らかすぎるので持っていてずれてくるところや、非常にほこりをつけやすくて常にざらついてしまいます。また、そのほこりが頑固につくので手で払っても取れません。通勤時以外には寝室で寝る前に電子書籍化したコミックを読んだりするのですが、やっぱりこういう居住空間だとほこりがはりつくはりつく・・・。
だけど、これ以外に選択肢がない。そう、スマートカバーとの組み合わせでいい保護ケースがなかったので、ふた月使い続けました。が、結局このソフトケースのほこり吸着は収りませんでした。

さて、そろそろなにかいいものが出てくる筈、と調べるとありました。
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3

です。
Amazonのレビューもよいし、なによりこれまでよりも凄いのがスマートカバーの磁力でくっつく部分もコーディングするという嬉しい仕様。スマートカバーってたまに力の入り加減でぽろっと外れることがあるので、これで一安心。
早速購入して装着。うん、このほどよいさらさら感がほこりを吸い付けません。若干手に滑る感じもありますが、普通に持っていて外れてくることもない。
また、画面部分にかかる部分が薄いので、スマートカバーを閉じた時にきっちり磁力ではりつきます。前述の保護ケースはひっつきづらかった。
あとは、スイッチ類に切れ込みがあって直接触れる。これは汚れとか気になるよりも、カバーされていると手探りで押し辛かったから、押しやすくなったというメリットが勝っています。
はい、スマートカバーを優しくカバーしてくれるところが純正品のような印象を受ける保護ケースです。

・・・、だけど、これを注文したその夜、はい、ありましたね。まさかのアップルが純正のスマートケース「iPad Smart Case」を発表するとは・・・。
iPad Smart Case - ポリウレタン製 - ダークグレー - Apple Store (Japan)
ねえ、初代iPadは発売同時にケースも発売で一緒に買ったし、iPad2も同時にお風呂カバーだったけど、iPad3はなくiPad2と同じくにお風呂カバーでOKなんてことだったから・・・今回のこのタイミングで発表とは・・・。
なにがどうって結局綺麗に全部包むし、裏のAppleマークもうらやましいし。
変えてもいいかもだけど、今回の
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3 (ラバーコーティングブラック)
Power Support エアージャケットセット for iPad 第3世代/iPad 2/iPad 3


もほんとぴったりフィットしていて使いたいことこの上ないし・・・。

はあ、これはもうひとつ新しいiPadを買うフラグか? って斜め上の解決方法だ。

東海道新幹線無線LANで帯域制限、iPadだけど最近むしろつながりやすかったけど
東海道新幹線だから新大阪から東京間ですが、無線LANが使えます。私はiPad持っているのでSoftbank系の無線LANが使えるのです。が、N700系のみです。
とは言え、この春からN700系が多くなりましたので特に問題ない。

が、こんなニュースが。

東海道新幹線の車内向け無線LANサービスで帯域制限――31日から - ITmedia ニュース

うーん、そんなにつながりにくかったり重かったりするかなぁ。ま、私はネット見るだけでムービー見たり大きなデータを落としたりしないから全然気にならない。
むしろ、新しいiPadに替えてから初代iPadと較べて特に接続の早さが違います。そして接続してからも安定しています。帯域云々よりももしiPadで重いというなら新しいiPadにしてみるといいと思います。

まあ、帯域制限はムービーや大きいデータのみらしいのでネットサーフィンしているだけならむしろ快適になるやもしれない、と淡い期待をもってその日を待ちましょう。

「新しいiPad」を購入して数日の感想、「初代iPad」を発売当初から使用していた私の。
「新しいiPad」を購入して数日経った実感です。一言ですと買ってよかった。
もう一声言うと、若干ケースまわりに不満があります。

なお、私は「初代iPad」を発売当初から使用していておりました。両方ともWi-Fi+3or4Gです。
使用の中心は通勤時と自宅でのWeb閲覧、主に自宅での自分で電子書籍化した書籍(9割以上コミック)の閲覧、及び休日遊びに出た先でのちょっとした調べ物程度です。
ということで使用シーンに合わせて実感を書いていきます。

その前に実際の使用状態:
初代iPadは純正のケースを使用しています。新iPadは純正のスマートカバー+サードパーティの本体背面を覆うカバーです。
新iPadの本体ケースは最初「iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能」を買ったものの、液晶に貼った保護フィルムがこれをはめるとはがれてくるので買い換えています。ただ、結局同じメーカーの「iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) シリコンケース ブラック BSIPD12SBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) シリコンケース ブラック BSIPD12SBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能」しかスマートカバーを同時使用できるいい感じのものがなかった。これの感想についても後述します。

通勤時と自宅でのWeb閲覧、及び休日遊びに出た先でのちょっとした調べ物:
具体的には通勤時は鞄のスリットものを入れるところに入れて持ち歩き、電車の中や健康の為に帰りにそれなりに歩いていますのでその際のWeb閲覧、いやながら見です。
当然新iPadを初代iPadと入れ替えたのですが、薄くなっているのは両方並べて較べるとわかりますが実際使ってみると薄いかというとそんな感じ? で、案外違いがわかりません。初代はバリがある分一回り大きめですが、新ではケースにはバリがないので若干小さい。でも、あのバリが邪魔なようで手によくかかって持ちやすかった。初代では2年ほど使って一度だけ落っことした時がありましたが、このバリがいい具合にクッションになって何事もなかったのが印象的です。
今回は上述のサードのシリコンケースなので初代の純正ケースと触感はほぼ変わりません。ただ、ほこりが初代ケースよりも付きやすく、さらにほこりを落としづらい。これがざらつく感じで滑り気味になってきます。歩きながら使うにはちょっと気を遣います。
電車で席に着き膝の上に載せたり、机などがあるならそこに載せる分には関係ないです。
また、重さも新が軽くなっている筈ですが、スマートカバー+シリコンケースを付けていますので初代のケースの重みも加えてのものと較べても、軽さを感じません。重さは変わっていないと感じますがケースがぴったりな分、密度が高く少し重いようにも感じます。
なお、肝心のWeb閲覧は解像度が上がっていますし性能も上がっているので見た目が綺麗だし、スクロールもするするといきます。そして輝度が外の明るさに応じて変化するので自分で変更しなくてもそのまま見やすさを保っています。これは嬉しい。
また、携帯電波受信も感度が上がっていますね、性能のせいかもしれませんが応答してからの表示が速いです。
Wi-Fiについては最近Softbankが頑張っているので多くなっているので帰り道歩いていたり、遊びに行った先での歩き(とはいえまだ遊びに行ったのは1回・・・)でもやたらと拾います。ま、歩く速度で使っていてもすぐに場所が変わって切れるのは初代も新も一緒です。
なお、よく新幹線使うのですが、東海道新幹線N700系でSoftbankのWi-Fiを使用できます。・・・が、これも初代と同じく混雑しているとなかなかつながらないし接続に失敗しまくります。特に変化を感じません。

自宅での自分で電子書籍化した書籍(9割以上コミック)の閲覧:
これこそがもともとiPadを購入したきっかけでもありますので、今回の解像度が上がったのの恩恵を十二分に受けています。特に横持ちでの見開き2P表示、これでも初代の縦1P表示よりも解像度が高いですから読みやすい。やっぱりコミックは横開きで読まないといけません。ルビがちゃんと横開きで見てもクリアに読めるのでストレスがなくなってありがたい。なお、コミックは基本300dpiでScanSnap1500でスキャンしています。綺麗なカラーページやカラー表紙は600dpiでスキャンしています。
また、外での使用と同様に夜間暗い寝室での読書の際、輝度が外の暗さに応じて落ちるので自分で変更しないで読みやすい。なお、輝度のバーの位置は変わっていないのでさらに暗くもできますが、初代の時は最低輝度でもかなり眩しかった。今回は真ん中のまま暗い部屋で読みやすい輝度、初代の最低輝度よりも暗くなっています。
なお、手動でさらに最低輝度までさげると暗い部屋ではちょっと読めない程度まで暗くなります。
また、コミック読むのにi文庫HDを使っていますが、新になって若干ページ送りが遅くなりました。ただし、画像補完をhighにした場合です。noneにするとページ送りは快適に早まります。
なお、解像度が上がっているので補完をnoneにしても縦表示ならジャギもモアレも目立つこともないです。初代なら全く見た目が変わるくらいにジャギが目立ちましたが。
なお、新iPadでも横開きで読むとnoneではトーンにモアレが目立ちます。lowにすると大丈夫です。よって、基本の画像補完はlowがいいかと思います。
また嬉しい悲鳴なのか、これまで特に目立っていなかった紙の細かなでこぼこが解像度上がることで見えてくるようになりました。紙の質が悪かったらスキャンした後加工がいるかも。

ということで、たった数日ですが、新iPadを使ってみての感想でした。

「新しいiPad」、保護フイルムやケースをつけ、「初代iPad」からの移行を行いました
「新しいiPad Wi-Fi+4G 64GB」、一日遅れですが朝一番にSoftBankショップに行き、買ってきました。
取り敢えず購入してうちに帰って「初代iPad」から「新しいiPad」へアプリや設定などを移行したので、それをざっとまとめてみました。

0.以前のiPadと移行の理由
これまでは「初代iPad Wi-Fi+3G 16GB」しか持っていませんでした。「iPad2」は解像度が変わらなかったのでスルーしていたのです。よって、今回解像度が上がったことが私にとっての購入の決め手となり、初代からの移行となりました。

1.購入時に行われた設定
さて、今回は機種変更なのでSoftBankショップでの手続きでSimカードが移動しました。さらにお店の人が奧で基本的な設定、Eメール(i)の設定とソフトバンクWi-Fiスポット設定。ようは「プロファイル一括設定」を行ってくれました。そして後は自分で移行してねということで、「新しいiPad」を受け取りました。
この際、購入時ですので前面後面に透明フィルムで覆われていますが、ドッグにつなぐためにちょっと裏側をはがされます。うちに帰って確認すると若干ほこりが前面のフィルム内に入ったり、指紋が付いたりしておりました。
初代の時は全部自分で設定したのでこの透明フィルムは全くはがしておりません。お店でものの確認のためにパッケージを開けましたが、Simカードすらささずにそのままもらってかえってきましたから。
ここらあたり神経質な人なら、自分で全部するし、と言って持って帰るのも手かもしれません。

2.保護フィルム
うちに帰るとまずはほこりの少ない部屋に行き、静かに箱を開けます。お店で設定されたので結構前面後面を覆っていた透明フィルムに汚れがあります。はがして前面下部のボタン周辺はちょっと指紋、なぜかディスプレイ面にも指紋汚れ、そしていくらかのほこり。
今回は
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCCSimplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCCSimplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
を貼るので購入済みです。
これの付属品のクリーニングクロスを使って汚れを拭きます。ただ、ほこりが若干ついてくるのでエアダスターなどで飛ばすとよいです。今日は雨だったので湿度が高く、ほこりは少なめだったから案外さっさとほこりは取れました。
保護フィルムは基本的に勢いで貼ります。慎重にやっても時間かけるほど自分の動きで舞い上がるほこりが入ってしまいます。多少の気泡は気にせず位置を上から合わせて貼った。カメラがあるのでそれを目印に保護フィルムのカメラ穴と一致させます。
気泡は付属のへらで押し出します。まだ前面には緑色の保護フィルムを保護するフィルムがあるのでそれを残したまま行います、この保護の保護フィルムには付属のへらで押し出すとはっきい傷がついて恐いのですが、保護の保護です、本来の保護フィルムには傷はつきませんでした。
気泡は小さいものは残っていても2、3日で消えるという仕様のフィルムですが、残った段階で上からぐっと押すとさっさと消えてしまいます。空気透すんですね。
ほこりは、残念ながら1箇所入ってしまいました。ただ、縁の部分だったのでセロハンテープ保護の保護はがした後、セロハンテープで端からちょっとはがして、保護フィルム付属の埃取りテープで綺麗に取れました。
これで見た感じはさすがに光沢フィルムですので「新しいiPad」の高解像度を損ねず邪魔しません。昨日お店で見たなにもフィルム貼っていない状態の感動のまま、彩度の高い画像です。
指の滑りも光沢だけど悪くなく、すっと流せます。さらっとしているとは言えませんが、特に抵抗ある感触ではないですし、iPadの感度も変わりありません。

3.保護ケース設置
保護ケースは
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能
を購入済みです。これにも保護フィルムがついていましたが使っていません。
さて、これがはめ込むのに難儀しました。案外軟らかいのではめるだけならはめやすいのですが、保護フィルムの貼った端の部分にこれの縁が当たるのです。すると保護フィルムが浮いてしまいます。結局、これは解消できません、浮いたままです。
また、上の電源ボタンが保護ケースの縁があって押しづらい。右の音量などのボタンは押しやすいのですが。さらに下のドッグコネクタですが前が若干かぶってしまい差し込みづらいです。ま、柔らかなので後ろから差し込む感じで押し上げながら差せばいいのですが。
あと、持った感じとしてはつるつるしています。ハードカバーに似た感触です。もっとざらっと抵抗があった方がよかった。
ということで保護ケースは取り敢えずこれをはめていますが、明日にでも他のものと変更を考える。お店にもっていって試用のものが出ているからそれを実際にはめて確認して良いものにする予定です。

3.スマートカバーの設置
これは純正品を購入済み。特に問題なくぱちっとくっつきいい風呂蓋感。ただ、この4つにぱたぱた折れるのが後ろに回して持つ際にちょい面倒。そう、左手で持って右手で操作する際に右側の方から下に垂れ曲がるのが鬱陶しい。すぐに蓋するなら便利だけど長時間片手持ちなら気になる要素です。
でも初代からの移行ですのでこの蓋を取るとすぐ使える(パスコードロックしているからアレだけど取り敢えずワンアクション少ない)のは気持ちいいですね。

4.いよいよ移行、その前に「初代iPad」のバックアップ
実は最初は「初代iPad」でiCloudにバックアップを取る設定にしていましたので、iCloudだけで同期してみたところ多少は反映した。Safariのブックマークとか。
そして、設定を初代を横に置いて並べて表示して手で設定を移していましたが、だんだんなにかおかしいと思ってきました・・・。特にメモの内容が直近5つくらいしか反映しなかったあたりから。そう、メモや購入アプリの設定や内容がかなり反映していないことに気付いて、自分の移行方法は間違いであることに気付きました。

はい、ここでネットで調べて、PCでのバックアップから復元で移行ということを知りました。

「初代iPad」をPCにUSB接続してiTunesでバックアップを行います。「初代iPad」ではiCloudにもバックアップを取る設定にしたままですが、特に問題なくPCにバックアップ完了。ここで私は「初代iPad」をPCから切断。1本しかケーブル使っていないので。

5.「新しいiPad」への移行
「新しいiPad」をPCに接続してiTunesでバックアップから復元します。はい、これで購入時にお店で設定してもらった設定は消えています。
でも、復元終了後はもう本体設定のかなりのところ、そしてアプリ設定は完璧に、アイコンの位置も同じです(これまでなかったカメラ系のアイコンが追加されてはいます)。
本体名称まで一緒なのでこれをまずは変更。
そして自宅のWi-Fiへの接続設定、これも引き継がれていないので設定。
プロファイル一括設定も消えているので、
iPad Wi-Fi+3Gへのプロファイルインストール方法 : FONルーター設定サポート | ソフトバンクモバイル
を参考にして設定します。
また、iCloudやStoreなど、パスワード認証して使っていたところはユーザ、パスワードとも消えていますので再設定です。
そして念のため、PCのiTunesからバックアップを行っておきました。

7.使用感
やっぱり綺麗、これにつきます。解像度が上がって彩度も上がって、初代と見比べると初代にもう戻れないと感じます。また、メモリも増えたしCPUもよくなったので反応速度が早くなって嬉しいです。
Webとi文庫HDでの自分で電子書籍化したコミックを読むのが大きな目的の私のiPadですが、Webは画面の切替えの速さと細かい文字の読みやすさが向上しました。
また、i文庫HDでは横向きで2ページ表示で非常に読みやすくなりました。これまでなら細かいところはズームしておりましたがその必要がない。特にルビがこれまでは若干つぶれ気味だったのがくっきりはっきり。これだけでルビ読まないにせよ見ていて感じるクリアさが変わります。細かい書き込みの多い作家さんの作品を横開きで読んで問題なくなったのは嬉しいです。
また、画像補完の設定をこれまでは「high」にしてトーンの粒状感を軽減させていた分、かなり甘い画像になっていたのですが、これを「none」にしても大して変わらない。つまりそこまで解像度が高いので画像補完するまでもないということです。なお、初代だと画像補完は「none」にすると表示できずおちる画面(600dpiでスキャンした画面)もあったけどこちらではそんなことはないのも嬉しい。いろいろ試して一番見やすいものにする楽しみが増えました。

8.まとめ
結局移行には自宅でPCを介すべきだということと、このバックアップと復元の時間を用意しておかないといけないことがわかりました。

自宅で開封して、保護フィルムなど貼るのは30分程度。
「初代iPad」バックアップに15分程度。(16Gで10G程度使用)
「新しいiPad」復元に15分程度。その後設定周りを戻すのに10分程度。
ただし、最初からわかっていれば、ですけど。なんだかんだで違うことして設定を手動で移したりしていたもんだから結局全部で2時間以上かかっています。

なお、「新しいiPad」ってお店で売っているいろいろな保護フィルムやケースなどには「iPad(2012年モデル)」って書き方が主流のようです。まあ、いつまでも「新しい」じゃないからなぁ・・・。

「新しいiPad」は明日買います、静まれ自分。
「新しいiPad」、遂に発売です。
私は案の定仕事が忙しくって仕事帰りに予約したソフトバンクショップに行けませんでした。

でも、電器屋さんには行けたので閉店直前にiPadコーナーで見てきてしまいました。遠くから見ると大して変わらないものなんですが、近づけばわかるあの解像度の高さ。なにこれ、アイコンがまるで鋭利なナイフで切り抜いたかのように画面上に並んでいる!

ということでおそるおそる触ったものの、あまりこの感動を実機購入前に感じてしまうのももったいない。

そこで明日購入してすぐに使えるように、保護フィルムとソフトカバーケース、純正のお風呂蓋型のカバーを買ってさっさと帰りました。
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC

iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能


明日が楽しみです。


「新しいiPad」、「あんしん保証パック」を省いてなんとか予約完了した
「新しいiPad」、昨日予約したのですが「あんしん保証パック」が必須だと言われて予約しておりました。
が、帰ってじっくりネットで調べると特に必須な必要はないとのこと。

さっそく、本日予約の修正に行って参りました。
が、そのヤマダ電機内のソフトバンクの担当者は「うちでは必須です、これに入ってもらわないと予約できません。入りたくないなら予約をやめてもらうしかありません」と、どうにもこのお店ではそのルールになっているので「あんしん保証パック」を外しての予約は不可能でした。

はい、諦めて予約はキャンセル。他のお店、昨日一番最初に行って16GBしか扱っていなかったの予約しなかったソフトバンクショップとは違う、もう少しだけ大きいソフトバンクショップに向かいます。うう、ここでも16Gだけとか「あんしん保証パック」必須とかだったら、これから京都駅周辺を巡るか、とかとか悲壮感漂わせながら予約の確認。

すると、「あんしん保証パック」なしで問題ないとのこと。
また、機種変更だから特に一旦旧iPadを解約することもなし。よって解約手数料も不要。そして現状のサポートが引き継がれるので「ソフトバンクWi-Fiスポット」の無料もそのまま無料、うん。いろいろあったけど、なんとかなった。

早速予約、「Wi-Fi+4G 64GB」、発売日には仕事休めないし夕方も仕事終わってからも閉店にはちょっと間に合いそうにない。だけど翌日なら買えるだろう。楽しみです。

iPad 2 for everybody:料金・割引 | ソフトバンクモバイル

「新しいiPad Wi-Fi+4G 64GB」予約してきました、契約内容に注意です
「新しいiPad Wi-Fi+4G 64GB」早速予約をしてきました。
iPad2は買わずに待っていた私。そう、このRatinaディスプレイ、これまでの1ピクセルの大きさに4ピクセル入る高解像度にならずば買わないって決めていましたから。

うきうきと最初行ったSoftbankのお店では予約できるのが16GBしかないって言われていきなりへこみ、ヤマダ電機に行きまして、確認。ここのお店ではすべての容量の予約を受け付けています。色をどうするか悩んだものの、これまでどおりなじみ深い黒、で予約です。
そう、もう容量については考えるまでもなく、大容量が決定していました。もし大人気すぎて64GBがないなら32GBにするくらいの妥協案でしたが、幸い64GBありました。

はい初代iPadは16GBだったのですが、自分で電子書籍化しかコミックが1冊100GB程度あるのでそんなに大量に保持できません。ほぼ電子書籍を読むこととWeb閲覧以外には使わないのでアプリで容量圧迫はないというものの、ちょっとは買う。うん、たちまちならミクフリックも買いたいけど確かそれって800MBとかあった筈、なんて考えると16GBではもの足りません。(だからまだ買っていない)さらに今後は高解像度でアプリの容量も大きくなる可能性が高いですので、思いっきり余裕を持ってみました。

なお、初代iPadからの機種変更で購入予定ですが、なにか解せないことがいくつかありました。

まず、「あんしん保証パック」が必須になったと言われました。今、ざっとネットで調べると全然必須ではありません。しつこく確認してもこれは必須ですって言われたのですが全然そうじゃないんです。

ゲームやりすぎ : 【新しいiPad】ソフトバンク「あんしん保証パック」の強制加入誘導に注意!

さらにソフトバンクWi-Fiスポットの使用料も有料になるみたいなことを言われています。ほんと? と確認しても「まだ無料になるかどうかわからない、詳しくは購入契約時にわかる」とどうにも要領を得ない展開。
でもこれって、普通に公式HPにキャンペーン中だから無料って書いてあるんだけどなぁ。

新しい iPad の料金プラン:iPad | ソフトバンクモバイル

不安になりながらも予約手続きをしましたが、とにかくこの「あんしん保証パック」は絶対入らないといけないわけではないので、明日予約を修正に行きます。また、なんかややこしくいやがられたらここで予約はやめて他のお店にまわって行くしかないのかも。

「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」、幸運にも買えましたので早速使ってみました
「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」、映画観に行った帰りに京都駅のビックカメラでダメ元で確認したら、今日入荷したとのことでそのまま購入! ラッキーです。

早速うちに帰ってセッティング、iPadの方はアプリをダウンロードしたのですが、問題はデジタルTVチューナーへのアンテナ線。

もう普通はアンテナ線が余っているなんてことはないし、うちも当然そう。台所に一番近い部屋のTVに引いているケーブルを分配です。ただ、デジタルTVチューナーは地上波、BS/CSに対応です。よって分配したケーブルをさらに地上波とBS/CSに分波して接続しないといけません。
その接続端子の具合を調べ、また近所の電機屋さんで分配機と分波機、さらにこれらを結合するF型接栓連結具も買ったら合計5,000円ほどもした。が、まあこれはこれで仕方もない。

で、物理的に接続関係済めば、後はiPadでの設定です。
SSIDはiPad用の5.2GHzのもの、特に問題なく接続し、チャンネル検索も地上波、BS/CS全部したのに早い。見るチャンネルだけチェックして後は視聴。

アプリを起動してからの最初の表示や、チャンネルを切り替えた時の待ちが1分以上かかる場合もあってそれだけは我慢です。が、つながると後の表示は特に画面が止まったり、乱れがあったりはしません。ただ、TVでの放送と較べるとかなりの遅れがあり、チャンネル切り替えでの待ちはこの分のキャッシュを取っているためのようです。

これで後はしばらく使ってみて、というか親に使ってもらうのが目的でしたのでその様子をうかがっていきましょう。

SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション) | iPhone/iPad/スマートフォンアクセサリーのトータルブランド

以下、Amazonから。
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー

「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」、買い逃した! 手に入るのはいつになることやら
「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」、iPadで家庭内でフルセグでTVが観られるんです。
なにが嬉しいかというと、アンテナ線を這わせる必要がないこと。だからどこでも観られます。幸い、うちには親に買ったiPadWifi版がもうちょっと活用されていないので、前々から希望のあったアンテナ線のない台所でのTV視聴に向けてこれを購入する計画をば、立てました。

で、
SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション) | iPhone/iPad/スマートフォンアクセサリーのトータルブランド
にアクセスすると出荷されるのはもう来年です。

AmazonのSoftBank SELECTIONを見てみても出てこないか出てきてもマーケットプレイスもの。

ならばと直接お店に行っても売り切れ・・・。

うーん、まあしばらく様子を見るというか、単に待ちます。待っているうちに黒とか出てこないものかとも期待しつつ。

以下はAmazonリンクからの画像です。出展者やお値段を確認して、注文しましょう。

SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー

iPad3の発売が近づいている・・・Ratinaディスプレイなら買うけど、iPad2miniとかだと考える
そろそろ、iPad2発売からも時が流れ、スケジュール的にはそろそろiPad3もしくはiPad2Sとかminiとかきそうな感じです。

現状初期iPadを通勤時のweb読みと就寝前の電子書籍化したコミック読みにつ買っています。

さんざんiPad2の時は解像度が上がりそうな話で期待していたのですが、変わらず軽く薄くなったりカメラついたり。それに秋にはiPad2Sだかminiだかなんて噂もあったのでスルー、後になって通勤時に持ち歩くから軽いだけでも買い換える理由になったと思ったりしたものの、やっぱり解像度待ち。

そんでもって秋にはなにもなく、iPhone4Sが出たのみ。うん、でもこうなるとiPad3かもしれないし、iPad2Sかもしれない。iPad2miniもあるか。

このところはRatinaディスプレイがiPadの次のに搭載されるという話題が多いのですが、歩留まりが高いとの話も一緒にあります。だから単純に考えると、次はRatinaだけど現行のサイズより小さいminiで歩留まりを少しでも低くしたものになりそうな感じもします。7インチはありえない、使えないという説明もかつてありましたけど、トップも変わったのでAppleの方針も変わるかもしれない。

解像度が上がって軽くて薄いなら当然嬉しいんですが、サイズがminiだと読みづらそう。やっぱりコミック単行本から電子書籍化しているだけのPDFですので、横にして見開きで読むのが自然だから大きいサイズのがいいんです。
なお、解像度がRatina(2048×1536で9.7インチなら270ppi)になっても大丈夫な300dpiで電子書籍化していますので、Ratinaどんとこい、なんですけど。ちなみにiPhone4や4Sのppiは326だからこの密度のまま大きくなると・・・悲しいかも。この調子だともうさらに2,3世代先には解像度が凄いことになるから電子書籍化の際の読み取り解像度も上げないといけないのかなぁ・・・。300dpiくらいでもう人間の見た目では問題ないとは思うけど。

なお、薄さの噂話だとiPad2よりも若干厚くなるようですが、それでも全然初代iPadよりも薄いので気になりません。

取り敢えず、
Apple Days | Apple製品の発売周期まとめ
を見て、時が満ちるのを待つばかりです。

「iPad2」、解像度が足りないので「iPad3」まで待つつもり
「iPad2」、発表されましたね。

普通に毎日活用して、外出た時にはWeb見たり地図見たりして、就寝前は自分で電子書籍化したコミックを読む、というのでとにかく大満足な初代iPadでした。
今回のiPad2で薄く、そして若干軽くなったのは嬉しいし、カメラもついたからiPhoneアプリでカメラ使用するARものとかも使えるようになるだろうしさくっと買い換えるか、とか思ったのですが。

うーん、解像度変わらず、か。

解像度が上がったら一も二もなく買っていたのですが、変わらないとなるとなぁ。日々持ち歩いているのですが重いと言うほどでもないから、劇的に軽くなったわけではないのなら買い換えるきっかけにならない。
また、iPad2の発表を前にして既にiPad3やiPadS?が秋頃にって声も聞きます。これって聞こえた以上これまでの感覚からあながち嘘でないようですし、取り敢えず待ってみます。

・・・でも、iPad3でまさかのサイズ縮小なんてことにならないことを祈ります。今のこの大きさのまま解像度を上げてくれないかなぁ・・・。iPadSがサイズ小の予感もしますが

iPadをiOS4.2.1にアップデート、わかりづらい新機能実現方法だったけど、ますます使えるようになった
iPadのiOSが4.2.1にアップデートしました。
早速アップデート・・・その前にバックアップ30分くらいあったけど
バックアップはいつもどおりだったけど、その後のOSアップデートは非常にあっさり済みました。あれ、もう終わったの? なんか見た目変っていないんですけど・・・です。

取り敢えず画面回転ロックだった部分を動作させてミュートになったり。画面内にGameCenterアイコンできていたのでアップデートした模様だということで早速新機能を使ってみようとして、はたと困った。
うーん、なんかわからん

ネットで調べつつ試した新機能の感想です。

マルチタスク:これはどうなったらマルチタスク? てな感じでしたがホームボタンの2度押しで下から他のアプリのアイコンが出てきますのでここから切り替え可能。切り替わり方が回り込む選出があるし、ちゃんと切り替えた方に戻るとその切り替え直前の状態で保持されています。Webで画面たくさん表示しつつも案外軽く切り替わります。
また、この下に出てくるアイコン群、これは全部のアプリじゃないようですね、これはどうすればもっとたくさんにできるのか? できないのかな。デフォルトアプリとあらかじめ下部に設定して置いたアイコンと、それまで動いていたアプリのもののみのようです。
他には左にスクロールさせると画面回転ロック切り替えアイコンと輝度、音量調節のスライダーが出てきて便利。私は画面回転ロックは常々画面内でソフト的にやりたかったのでこの変更がとっても嬉しいし、輝度変更もすぐにできる位置になったのもありがたい。

フォルダ:アプリをフォルダにまとめる機能です。さあこれがどこからやっていいものか、わからなかった わかってみるとまさにそりゃあそうだろうってことで直感的に扱えました。
でもってやりかた、アイコンを長タップで動かせる状態になります。ここであるアイコンを他のアイコンに重ねるようにするだけ。これでフォルダになっちゃいます。そのフォルダに追加するのもどんどん他のアイコンを持ってきて重ねるだけ。フォルダ名もそのフォルダタップで広がったフォルダ内にそのまま入力欄あるのでさらっと変更。うーん、すっきりだ

ユーザ辞書:これが入ってすこぶる嬉しい。やっぱりキーボードがちょっと打ちづらいのとカーソルを移動させるのが面倒なことからよく使うメールアドレスとかの長めの用語は登録しておきたかったから。ただ、これの設定位置がちょっと遠くて捜した。
設定>一般>キーボード>ユーザー辞書を編集...で辞書登録できる画面に行きます。

iPhoneを探す(iPadを探す):これで無料でできるようになったのが嬉しい。MobileMeには登録していないので今回初めて設定してみました。
最初に「iPhoneを探す」をAppStoreからダウンロード、インストール。
続いて設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加、でMobileMeを選択し、AppleIDでログインします。
確認メールがAppleIDのメールアドレスに届くのでそのメール内のリンクからまたAppleIDでログインして確認終了。
設定>メール/連絡先/カレンダー>MobileMeでiPadを探す、をONにします。
これでOK。
そして、当然無くしたときの予行演習、PCのブラウザなどからme.comにAppleIDでログインします。するとiPadの位置がマップ内に表示されます。そのアイコンからメッセージを表示させたり、音出させたりできます。案外音がでっかいのでテストするのは気をつけてください。

サファリのページ内検索機能:これまではリンク埋め込みのスクリプトをお気に入りに入れて検索機能を実現していましたが、公式に機能追加です。右の検索欄に入力していくと候補一覧が表示されますがその一番下に入力した内容を検索させる文言が表示されます。おお、順に検索結果を追ってもいけますし、この最初の位置がわかりづらいけど、便利です。

他にももっといろいろ大きな機能追加があったりしますが、今のところ私にとって有効な機能はこのあたりです。
なんかOSのアップデートとは違うかもなふたつの変更も加えてですが、さ、ますます便利で手放せなくなったiPadです。

フリースタンドMDB513 78078フリースタンドMDB513 78078
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。