情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かみちゅ!」Blu-ray BOX、発売決定、即購入決定!
待ちに待った「かみちゅ!」のBlu-ray化です。
DVDもしっかり買いましたが好きな者は好きですので、買います 当然ですがDVDのみで入った話も入っていますので安心です

収録内容 | かみちゅ!

ただ、気になるのが画面のアスペクト比、販売サイトをざっと見てみると4:3だったり16:9だったりして一致しません。
2010/02/10現在公式サイトでもなんとも不明で、公式サイトからリンクあるSony Music Shopだと16:9・・・。うーん、もともと16:9だったと思うのでまさか上下に黒帯でなんてないとは思うのですが・・・

かみちゅ! Blu-ray BOX
かみちゅ! Blu-ray BOX
スポンサーサイト

「かみちゅ!」2巻、最終巻、オリジナルがまたいいんです
「かみちゅ!」コミックス第2巻、最終巻。なんというか本屋さんでも入っている数が少なく、もう終わった作品なんだと思えて悲しいです・・・。
とは言え、この2巻、とても楽しめました。
1巻はどちらかというと導入部ってことであまりオリジナルもなかったのですが、2巻はオリジナル話が多数。

「神様ヘルプ!」一日市長、結局ゆりえ様張り切りすぎって・・・アニメでもそんな話があったけど、市長を初めみんないい人だ、そこがほっとしました。

「言えないひとこと」、妹と弟の話。アニメはDVDオリジナルでありましたが、これはまた別の話。ポイントは相変わらずタイミングの悪い章ちゃんではなく、祀の姉としての顔。

「トモダチの関係」、出雲編です。でもこれはどちらかというとゆりえ様よりも祀と光恵の関係が中心でした。なんとゆりえが居ない間にちょこっと仲が険悪になっていたのですねぇ。祀のまたもお姉ちゃんな一面とか五右衛門風呂とか、光恵の下の三つ子兄弟とかも出てきたし、見所満載な話でした。ただ、ふたりの仲直りへの展開はもひとつだったけど。

「学園天国」はそろそろ二宮君との関係をゆりえ様なりになんとか進展させようという努力はあるものの(神様としての喋りで文末が「じゃ」・・・ああこれアニメで観たかったです)、進展しないです。
また、光恵のおばけの格好が様になり過ぎています。ふけ顔というよりも大人っぽいですね。

「純愛カウントダウン」。弁天様が出雲編で登場しなかったのでちょっとさみしかったのですが、ここで登場です。しかもわざわざゆりえ様に会いにきてくれたのです。「新神賞」・・・大活躍だったんだ。

「神様のタイミング」「ほらね、春が来た」、この2話連続で一気に最終回なのですが、ここできよみ登場、書道部入部の話で盛り上がります。オリジナルではないようで結構オリジナル。最終話はタイトルこそアニメと同じですが内容は全然違う。王道な最終回でした。

かみちゅ! 2

・・・終わったなぁ、かみちゅ。少しこたえています。アニメ見直したいな。

「かみちゅ!」コミック2巻はまだかな
「かみちゅ!」コミックス第2巻、最終巻ですが、一応そろそろ発売ですねぇ。
ただ、表紙画像がまだ見えてこないのでねぇ、延びずに発売してほしいです。

地味ーにAmazonWebサービス使って発売情報集めているコミックリストなぞ作っていますが、それを日々眺めてチェックしています。

かみちゅ! 2

最近ほんとかみちゅ成分が不足しています。とは言えDVD観ている時間もない・・・

かみちゅ!8巻、最終巻
「かみちゅ!」も8巻、最終巻です。
TVでの最終話、そしてこのDVDでの最終話と最終話が2回続くという不思議な感じです。
っていうか2回も最終回感漂う話を見せられてしまうとほんと、終わったんだなと悲しくなってしまいます。

TV版最終話はゆりえ様の恋が成就するかどうかに焦点が絞られている、盛り上がっていく最終回。
DVDオリジナルの最終話はその後の後日譚な最終回。TV版と較べるとだらりと流れていく話。最終回っぽくないかというと、なんだか終わりを感じさせる言葉が多いので、やっぱ最終回でした。

DVD6巻目に収録されているオリジナル「恋は行方不明」でみこと章吉の話以来、二人の仲に注目していたのですが、こっちは進展できていなかったです。

でも、これだったら今後もぼちぼちオリジナルだけで「かみちゅ!」続けていってほしいです。
光恵の潤う話がオリジナルにほしいと思う。結局祀の話はあった、というかかなり多めに感じたのですが光恵さんの中心な話がなかった。

かみちゅ! 8

終わりましたねぇ、久々にDVDを継続して買ってみたのですが、よかった。毎月毎月楽しみだったです。次、なにか買うのかどうか・・・今のところ、なし。

余韻に浸れる「かみちゅ!」でした。

かみちゅ!7巻、ゆりえ様感謝祭
TV放映ではなかったオリジナルのお話、予告からクリスマスに対抗する来福神社でのイベントを多く期待していたのですが・・・イベントシーンはなかった。でもなんとなくかなり盛り上がっていた様子です。
で、これはそのイベントまでの基本的に祀のお話です。彼女にゆりえ様や光恵が振り回され、神社と教会の対立ではなく、神社と商店街との対立に至る・・・。あ、光恵さんと八島様との深刻な対立もあった、なにげにこれが一番厳しい対立だったような。
で、なんというか影薄い祀のお父さんが商店街との対立について収めてくれます。いいシーンですね、その後の祀、ミコのようにほっぺ朱らめるトコがよかったですね、いつもにない表情です。
でも祀の表情で言うと、冒頭のシーン、クリスマスセールなショーウィンドゥを見遣る彼女の厭そうな顔、これにつきますね
で、クリスマスに対抗するべきイベント「ゆりえ様感謝祭」は神社方向を遠く眺めるシーンくらいでした。「か・み・ちゅー!」っとゆりえ様以外にも多くのオーディエンス(?)の声も混ざって遠くにも聞こえるくらい盛り上がっていましたねぇ(その後神社から光柱が発していました)・・・その辺りの盛り上がりシーンを間近に見たかったです。

もう一話はTV放映で最高視聴率でした寝正月の回、こたつから出ないゆりえ様でした・・・。というわけでこちらもお正月の神社で頑張ったシーンは語られるだけで全然ないのです。見所はもちのようなほっぺたをこたつの上に載せるゆりえ様です、うん。
かみちゅ! 7

さて、次はいよいよ最終巻、こちらもオリジナルが当然あります。で、それが真の最終話になりそうですね。
かみちゅ! 8

かみちゅ!6巻、オリジナルは弟と妹の話
DVD6巻はオリジナル、TVで放送のなかったお話があります。
ゆりえ様の弟の章吉と、祀の妹のみこのふたりのお話。
最初から最後までふたりの出ている逃避行のお話です。

これまでの章吉の言動からみこが好きなので、きっと章吉のお話かなーと思っていたのですが、実はみこのお話、とは言ってもみこに非常に影響を受ける章吉です。章吉のお話でもありますね。

内容はやっぱ観てください、です。私としてはみこが意外な行動を取ったことよりも、このみこの行動に対しての祀の行動、意外でした。いいお姉さんです。そういう意外な一面を見せてくれた祀がよかった・・・ って祀好きな目で観ていますからそうなるんでしょうが、みこの行動もたくさんいろいろ見所満載です。ていうか、本来普通はみこのいろいろな面が見られたことを紹介すべきでしょうね

ここでこのお話が入ったことで後に控えるTVシリーズを見直してみると、きっと見え方が変わってくるんじゃないでしょうか。うーん、今後のDVDも楽しみですねぇ。

かみちゅ! 6

かみちゅ!コミック1巻
コミック出るの楽しみにしていました。
絵柄も綺麗でいい感じです。アニメが本編とするならば似ているようで似ていないようで、なんなんです。特に犬和尚とタマがかなり違ってなんか慣れないものの、取り敢えず祀がかっこいいのでOKです。

内容は最初はアニメとほぼ同じ内容をコミックにしていただけでちょっと残念かもと思っていたのですが、後半からは完全にオリジナルなストーリー。これがよかった。
こういうもっといろいろな「かみちゅ!」が読みたかったです。本編であろうアニメとも違和感のない新たな「かみちゅ!」が読めるのです。続巻が楽しみです。

特に最後の閑話、目線が違って楽しかった。

チームしやわせの出方が本編と違う・・・てことは火星人ちゃんの話はないのでしょうか。ま、地域密着系で進んでくれてもそれはそれで面白いですし、本編とどんどん違う話進めてほしいです。あ、でも本編もほぼ地域密着でしたね・・・

かみちゅ!(1) 電撃コミックス

かみちゅ!4のTV未放送エピソード、猫話
遂にDVDかみちゅ!の4巻目にしてTV未放送エピソードが入りました。
早速観ましたその未放送エピソード「野生時代」、うん! TVシリーズと変わらないクオリティで楽しませてくれます。
もうここのところますます猫らしくなくなっていっていたタマでしたが、このお話では大量の猫が2本足で立ち上がっています。一瞬ホラーのような展開かと思いきや、いやいやなかなか味のあるお話でした。
ゆりえ様も神様の力を使って猫になっていますし、全編ほぼ猫ばっかりなお話でした。

他のもう1話は「太陽の恋人たち」、夏です海水浴です。TVで観た時から思うのは、光恵の水着姿が妙にぽっちゃりしていること、着やせするのでしょうか? また、相変わらず憑依されやすい体質の光恵は、今回も大変な目に遭っています が、詳しくは描かれていません。頑張ってください。

かみちゅ! 4

「かみちゅ!4」はオリジナルあり
もうチェックされている方も多いでしょう。「かみちゅ!4」は遂にTV版では放送されなかったオリジナルストーリーが入ります。
計4話オリジナルがあり、この後、5巻はTV版のみですが、6巻7巻、最終8巻とそれぞれ1本ずつオリジナルストーリーが入ります。
まあ、オリジナルはどれも楽しみなのですが、やはり8巻の最終話が気になります。つまり、TV版の、いかにも最終回っぽいいい感じのお話は、最終回の前の回、ということになりますねぇ。いいんだか悪いんだか。
でも、TVも見て、DVDも買っていますから(自分的にはすごく珍しいことだ)、いいんだよと自分に言い聞かせつつ、まずは第4巻を待ちます。
また、公式ページの「SPECIAL」ページにはこのオリジナルストーリー、第8話「野生時代」の画像が大紹介されています! (・・・なんだか違う作品のようにも見える)願わくば、たくさん動く、TV版に負けない(ってトコが他のアニメと違いますねぇ、すごいですTVであれだけできるのですから)クオリティーを

オリジナルをまとめると・・・
第8話「野生時代」[DVD 第4巻収録]
第11話「恋は行方不明」[DVD 第6巻収録]
第13話「やりたい放題」[DVD 第7巻収録]
第16話「ほらね、春が来た」[DVD 第8巻収録]
です。最終8巻は順当に行けば来年3月です、まだあと半年近くも「かみちゅ!」は楽しませていれるので、嬉しいです。

かみちゅ! 4
ばいばいなパッケージだけど、この巻で終わりというわけでは全然ない。

かみちゅ!2巻を予約する
台風がちかづいてきたので「かみちゅ!1」を思い起こしつつ、2巻の予約をAmazonさんでしました。
2巻は第3話「そんなつもりじゃなかったのに」、第4話「地球の危機」が収録です。
観どころは3話では貧乏神にたたられる町の様子と、私もゆりえ様を祭りたくなるほど御利益あるゆりえ様が貧乏神を克服(?)した後の対比でしょう。
また、4話の「地球の危機」は全編とおして観どころです
神様はほんとみんなから頼りにされているのだと実感するようで、それでいてなにかないがしろにされていて・・・といろいろ考えさせられるお話です。が、なにはともあれこの回から「チームしあわせ」さんが登場です
あのなにかを思い起こさせる動きが、まあ3話の後の予告からもわかっているのですが・・・それ以上に神様をサポートするマスコット的存在ができて、ある意味落ち着いてきたところが嬉しいです
かみちゅ! 2

「かみちゅ!」は「かみさまでちゅうがくせい!」の略
早速見ました「かみちゅ!」DVDの1巻。
1話2話のとても綺麗でよく動く作画に改めて喜びつつ、お話を堪能しました。
ゆったりとした1980年代の瀬戸内のある町でのお話です。そこで突然神様になったゆりえさまの活躍をゆるゆると描くコメディ、なのかな?
町は尾道をモデルとした町、尾道取材が生きているのでそのものな背景や場所もあるようで地に足着いた感じ、ああ、こんな町なんだなー行ってみたいなーと思わせます。
さて、TV放送では1話の後半、台風「ゆりえ」を鎮める部分で予約録画の時間切れで見逃していましたが、なるほど1大スペクタクルでした。盛り上がっているなー。最後、台風の中心部分で不適な笑みを見せていた台風「ゆりえ」が笑顔になるシーン、よかったです、ほのぼのとしていて。
・・・まあ、全体ほのぼのとしたお話が続いていくので見るとほっとし、こころ安らぎます
そうそう、ほのぼのとゆったりと物語は流れていくのですが、見ていて細かい「お?」と思うシーンが多くて楽しいです。じっくり見返してなにが居るのか、とかなにしているのか、とか凝って観てみることもできるので、買った甲斐がありますね。お得感ばっちりでした
いや、それ以上にお得と言えばTV版ではカットされてしまったシーンがたくさんあることでしょう。どうも放送するに当たり時間が長すぎたのでカットされたシーンのようですが、これまたこれらシーンも見ごたえばつぐん(つまりは結構な長さカットされている)、DVD買ってよかったよかった
・・・あ、今はやりかどうか知りませんがオーディオコメンタリーがついています。画は本編を流しておいてそれにかぶせる形で監督やらスタッフがコメント入れるのですが、1話のオープニングから2話エンディング、3話の予告まできっちり語って裏話(曰く「飲み屋での雑談」レベルの話)を聞かせていただけます。まあ、これまで堪能するにはよっぽどこの作品が好きだとかこのスタッフのファンだとかでないといけないかも知れません。(ほぼ「R.O.D」のスタッフさんなのですねーって、私は観ていないので、また今度観てみよう)
で、取り敢えず私はこのブログ書くバックグラウンドで聞かせていただきましたが。結構面白かったです。むう、ますますコストパフォーマンスいいですね。
このオーディオコメンタリーでの中で聞いたところ、全16話、DVDには2話ずつ入って全8巻、でもTV放送は12話しかない。おおう、これはDVD買った甲斐があるというものです! このコメントにより、これからも継続して買うことが確定しましたよ
かみちゅ! 1
なお、パッケージは店頭で手に取ると縦横のサイズは一般のDVDパッケージと同様ですが、厚さが2/3くらいで薄いです。なんとなく安っぽさを感じつつも封を解いて見てそれは逆だったとわかりました。CDパッケージと仕組み同様なプラスチックケースです。一般のDVDケースよりもこれの方が堅くて丈夫だし、なにより手で持つ感覚がふにゃっていないのが嬉しいです。所有欲を満たしてくれる一品ですね。
基本的に毎月出るようですから、これから1年弱(ていうか半年強)、買う楽しみ、観る楽しみを得られたことに、感激しています

Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。