情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「星界の断章」3巻、エクリュアさんの親子関係がよくわかって納得
「星界の断章」3巻です。発売される直前になってあることを知ってなんだかすごく嬉しい。うん、星界って寡作というか間があいて発売されるものだとばかり思っていたので。
なんにせよ、作者が元気になられているから作品出てくるので嬉しい限りです。

ということで今回の表紙は真ん中にもう見ただけでわかってしまうスポールはペネージュさん、左が今巻ほぼ出番がなかったラフィールさんの父親のドゥビュースさんかな? この方もまた独特の性格だった、一緒に登場していた後の皇太子のドゥサーニュさんのほうが常識人だったり。そんでもって右はエクリュア、なんか妙にかわいい。

さて、そんな短編集の今巻はこれまで納められていなかったものがさくっと入って嬉しい。DVDとかの特典のものって手に入っていなかったし。そう、その各主要なキャラの皇族貴族士族としての立場の違い(?)による訓練時の突発事象に対するパターンを見せていただいた話、後のスポール大公爵となるペネージュさん、若い頃から全然変わりない性格でなにより。そしてやっぱり恐いわ、この人の後の副官になるクファディスさんの短編も後の方に収められていましたが、いつだって隣でペアになっている人は苦しんでいます・・・。
なお、そのクファディスさん短編、以前もスポールの傍流の友がいたようで、それに懲りて絶対もうスポールとは関わらないって決意していたからこそなんでしょうか? まさかのスポールの本流、当主大公爵のお気に入り(?)になってしまう運命にあったとは、スポールの扱いにそれなりに慣れていたふうだったからなのかも。

そしてエクリュア、彼女のやっぱりもって淡々とした淡泊に見える外面とは違って、内面は時にやばいことになっていますが、彼女もまた怒らせると恐い子でした。そんな彼女の両親の話、これがまた後半に入っていましたが、ああ、二人の遺伝子のいいとこというか特徴的なところを選んで受け継いだかのようなノールさんだとわかりました。本編での再登場を期待しています。そしてまた歌をきかせてください。

星界の断章III (ハヤカワ文庫 JA モ 1-13)
星界の断章III
スポンサーサイト

「星界の戦旗V: 宿命の調べ」、滅びの美学というかアーヴの宿命遺伝子に打ちのめされました
「星界の戦旗V: 宿命の調べ」、久々の新巻です。これにてせ戦旗は第一部完ということです。ネタバレ含みつつ感想です。

まずはほんと、嬉しかった、もう新巻なぞないだろうと思っていたのですから。そして内容がまた美しすぎる滅びの美学、いや宿命遺伝子によるアーヴの生き様にほれぼれしてしまった。
さらにはおなじみの面々、ラフィールやジントは当然として、初期の主立った面々が勢揃い。さらには印象に深いフェブダーシュ男爵親娘も出てきていますし、えらい昔にあったサイン会で作者に希望していたペネージュさんもかつてのように自信満々素敵に登場してくれました。そう、ある意味ファンサービスにも徹した巻です。だからこそ、今巻の展開には厳しさというか例のフラグが飛び交っているようで・・・悲しい。

それにしてもいつもの漢字の横のアーヴ語によるルビが懐かしい。かつてのように漢字だけ見てルビの発音で読む状態に戻るまでそれほどかからなかった。

なお当然ですが、読み手もアーヴ側に立つので今回の展開には恐怖するばかり。ただただ、第二部での反撃を待つばかりです。
とは言え、第二部もいつのことになるのか・・・。後書きでは全然知らなかった作者の近況もわかってしまって、残念ですが、取り敢えずは今巻を何度も読み返して落ち着きましょう。

それにしても帝国が分断されてしまったのでラフィールが皇太女に、そして恐らく弟のドゥヒールも皇太子級の扱いになってしまいそうで、アブリアルがどれだけ残っているかが気がかりです。
ただ、ラフィールが紋章でのジントが初対面で間違えてしまった皇太女になってしまったことはちょっぴり嬉しい。正直ラフィールは皇帝を目指しているのはアブリアルの義務としてだけで、とにかく最前線で戦いたい人だからそうそう簡単にそのような展開になるとは思えなかったし。はあ、だからこそ、第二部の終わりには彼女が皇帝につく予感がしてたまらない。これは嬉しいというよりもますますアーヴの帝国存続が危機になっている悲しすぎる展開で、それ想像するだけで泣けてきそうです。

ということで今日も残業、明日も休日出勤な私ですが、この作品だけは買ったその日に読みたかったので読み切って感想書いています。
展開的には悲しいけど美しいものでした。ジントの軽口にラフィールの真面目な返答。ついでにやっぱりたまに見せる冷ややかというか冷徹な対応もまた、様式美の美しさがあって楽しい巻でした。

星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)
星界の戦旗V: 宿命の調べ

「星界の戦旗Ⅴ 宿命の調べ」、久々の新刊、これまでの巻を読み返しておこう
「星界の戦旗Ⅴ 宿命の調べ」がこの3月に発売予定とのこと。

おお! もう発売されないだろうと思っていたので純粋に嬉しいです。
ただ、ほんとに忘れているので読み返しておかないと・・・。それにしてもジントとラフィールのふたりはだいたい展開が済んでしまって、大きな戦記な視点になっていたのが4巻だったはず。果たして誰が出てくるのか。全然知らないキャラ中心になってもそれはそれでいいかもと思いますが、ペネーシュさんの出番が少しはあってほしいとか思うのです。

早川のSFマガジン50周年企画で星界の紋章シリーズのイラストコンテストがあるってことはそろそろ新刊?
早川のSFマガジン50周年企画「Sync Future」で雪風と星界のイラストコンテストがpixivとのコラボで実現しています。
むう、確か雪風はそろそろ新刊が出るような・・・ということは久々に待望の星界シリーズの新作が出るのか・・・と淡い淡い期待だけを持つのです

Sync Future | S-F Magazine 50th Anniversary Special


「星界の断章」2巻、感想
「星界の断章」の2巻、うちの近所のある本屋ではいつの間にか星界シリーズが1冊もなくなっていて泣いた 結局仕事帰りにちょっと大きな本屋さんで買う。ま、新刊だし結構どこにも入っているようなことは後で知りましたが。
当然、買ってそのまま帰りの電車はずっと読みふけります。
幸いというか残念というか、今回はまったく初見の短編ばっかりで・・・やっぱこれは幸いですね まるまる全部私にとって新作だ!
ドラマCDとかフィルムブックに入っていたのか・・・そりゃあ全然そっちは買っていないから知らないわけです。
また、今回は「星界の断章」1巻の時にいくつかあったアナザーワールドな話はなし、全て星界のある時ある場面での話。早く本筋の話が読みたくなります。

エクリュアの短編が2作ありました。「童戯」を踏まえて「童友」を読むべきでしょう。発表順もそうだし。でも、ここでの掲載順は「童友」のが先、うーん、なんの前情報もなしに読んでいますから私はこの本での掲載順に従って読んでいます。結局、また読み返しています。
これまでの本編での雰囲気ではエクリュアは変わった子だってことでしたが、わたしはきっとエクリュア一族は家徴がそういう独特な気風を持つことだとか(あるいは音痴とか)思っていたのですが、そうじゃなかった。これは彼女の性格なだけだったんですねぇ、まあやっぱり一族の兄弟とか近縁のコリュア一族とかはよくわかっているのでジント達よりも普通に接している。両方ともエクリュア、いやノール(エクリュア一族はみんなエクリュア)と彼女に好意を抱くサグゼールとのお話。ノールがほんと気にもしていないとこがなんていうか喜劇なんだけど。でもノールの笑顔もあったようだし、頑張れサグゼールってとこでしょうか。やはりノールのあの操舵にも問題なさそうだし(ジントは生まれながらのアーヴじゃないからともかくとして、ソバーシュさんもちょっと遠慮気味だった筈)、ね。

また、歴代フェブダーシュ男爵の登場もあってよかった。特に2代目とジントとの会話がなにげないようで、いつ長話が始まるのかどきどきしつつ・・・。
とは言え4代目のことをずっとアトスリュアさんって認識していたもののやっぱ一族の名前なんですねぇ、そっかロイさんなのか。ロイさんは所謂お母さんにあたるコセールさんとの話、むう、性格はこっちに似ているのかも。いつかはロイさんのお父さんと母にあたるコセールさんとの馴れ初め話、読みたいです。
・・・あ、なんでかロイさんと父である2代目のスルーフさんが一緒の場面っていうのはないなぁ。ここにジントを絡めるとおもしろい話があるような、ないような。

今回一番いい話だと思ったのは「変転」、帝国最大の叛乱のお話です。
ペネージュさんの先祖のスポール、キネージュさんがもうなんていうかやっぱりスポール一族なんですねぇ、そっくりです。ずっとこんな性癖(?)なんですねぇ。
でもなんていうか裏には結構温かいなにかが感じられる言動もあります。この短編での主役であるリンダさんが叛乱を起こしてからのキネージュさんとのやり取り、表ではもうきついこと言いまくりですが、その実彼女を思いやっているとこがわかって泣けてきます。特にもう進退窮まって来たときの救いの手がいいですね。叛乱の首謀者であるリンダさんですらキネージュさんとこの惑星にさえ降りたらもう帝国からの訴追は全て遮って見せると言っているようなもんです。いやでもやっぱりアーヴだからあっさり気にしなくなるのか? うーん、そこは微妙だけど、とにかく最後の最後の通信はどう見てもスポールらしくない。けどだから熱いものがありました。というかかわいかった。スポールがちらとでも弁解するなんて・・・。
今後も時々読み返すことになるだろうシーンですね

星界の断章 2

書き下ろしの「墨守」、失われたアーヴの紀元のデータ、それがなぜ失われることになったかが記されています。
でも、なんかすっきりしない終わり方。うーん、この当時の登場人物はなにか今後に因縁あるのかなぁ。カリュー一族の今後の登場が欲しいです。

「星界の断章」2巻、そろそろかな
実は今日になって「星界の断章」の2巻の発売が間近なことを知ったのでした。
うーん、気にしていると全然で、ふと思いついて調べてみると発売なのか・・・

とにかく、久々の新刊です。短編ばっかりですが、新作の「墨守」もありますし、早く手に入れたいです。
最近は全然チェックしていないので始めて読む短編が多そうだ。
星界の断章 2

林檎酒を飲み干した弟
弟が、レストランでメニューに林檎酒があったのを見て、なぜだかどうしてもこれは飲まなくてはいけない、と思ってひと瓶注文し、全部飲んじゃったそうです。

その後、彼は気がついたのです。
「あ、半分飲むべきだったのか」
なぜ半分にしておくべきなのか、つまりなにか達成するべき目標があるのかどうかは私は知りませんが。

とにかく、精神の奥深くにフェブダーシュ男爵というか、アトスリュアさんの影響を諸に受けている弟でした。

とは言う私も、弟のそんな話を聞きながら、「りんごしゅ」と弟の発音をいくら聞いても頭の中では「リンメー」になってしまうので、より重症かも

むむ、なんでかこんな話をするということはなにか虫の知らせで「星界」新刊出る可能性でもあるのか? と思いましたが、ざっと調べてみても・・・

星界の戦旗3 Volume2はちょっと長い
昨日は障子の張替えをしていたのですが、その作業中に宅配便到着です。
結局仕事終えてもなんだかんだありつつも、このわくわく感も気持ちよく、昨晩遅くに観ました
DVDパッケージには50分もあるように書いてあるので期待していたのですが、案の定、特典映像(CF4種、プロモ3種)などもありましたのでその時間も含まれていたようです。が、40分くらいは本編あったと思います。ジントとラフィールがべたべたしているお話部分が多かったです。
Volume1がどうにも展開遅かったので、後半であるVolume2では詰め込まれるのかと思っていたのですが、やっぱり詰め込まれていました ただ、アトスリュアさんの艦隊模擬戦があっさりしたものになってしまっていたので、なんとかかんとかお話終わったねーという感じでした。
できれば模擬戦闘の部分、こってり書いて欲しかった。ジントが故郷の安否を気にする焦燥感募る部分があまり出ていませんでしたし、このDVDだけで観ているとなかなか話の展開がつかめないのでは? と思いました。小説読んでからみると、ダイジェスト版みたいな感じで楽しめますが。
そう、結局今回小説の「星界の戦旗III」はVolume1、2、合わせて1時間くらいじゃ納まりきらなかったと思いました。
ま、でもこうして映像で観てみて初めてわかるアトスリュアさんの砂袋(私はちっこいものだと思っていた、が実際はサンドバック)、とか、ジントがラフィールを抱擁するシーン(ジントはこんなにも積極的に親愛の情を示していたのですね)、とか、いろいろ発見ですねぇ。
例の如く、オーディオコメンタリーがあります。ここでは原作者、監督、殿下に閣下でにぎやかにこれらのことを語っておられるので、堪能できました。
また、星界小説についてもこれからの展開をにおわす発言なども原作者から聴けました。
ううう、小説の新刊、星界の戦旗V、早く出ることが望まれますね。
星界の戦旗 III volume02
そうそう、今回エクリュアさんの歌を日本語バージョンで聴けましたが、戦闘中なので効果音やらBGMやらで聞き取りづらかった。でも、Volume1にあったアーヴ語バージョンでの歌声よりも、音痴じゃない感じがした・・・というか、意味がすごいのでそっちに気がいってしまっただけ?

うーん、そういえばこのVolume2はアトスリュアさんの出番が多かったし、出てきかたも巨大だった(ホログラフ)、さらには皇帝に対してもいつもの修辞に富んだ表現で会話してしていますし、実は見所満載! つまりVolume1はエクリュアさんで、Volume2はアトスリュアさんが影の主役かな。

「星界の戦旗III volume01」を観るとエクリュアが青汁一気してた
星界の戦旗III volume01は私が急に出張になって家を空けている間、じーっと待っておりました。充分寝かせてから観たのでまた見ごたえも抜群です。
今回はラフィールがたった30分の間に3回も「ばか」って言っています! ツンデレの始祖に当たりそうなキャラですが、ジントとの二人きり場面も多く、頬を(ちらと)あからめるシーンもあって(ラフィールとしては、ですが)でれでれしまくってますね
まあ、小説読んだ時もほんと仲がよくなっているなーと思っておりましたが、映像ではもっとはっきり顕著にわかりやすくジントとラフィールは仲良く描かれています。
で、オーディオコメンタリーを聴くと監督は「新婚旅行」って言っていますから、もうそういう位置づけで作られたのです、仲良くって当たり前ですね
まあ「星界の戦旗II」の後の流れである物語ですので、それからの続きとして観ていくと、この流れもうなずけますし、より楽しめます。DVD発売時期だけで観ていくと間が開いているのですが、物語中では案外開いていません。
とは言え、アトスリュアさんやソバーシュさんはどんどん出世していますし、エクリュアも出世だ!(今後ジントの上司になる
この巻はジントとラフィールがでれでれしているところが見所のひとつでしょう。
が、やはり括目すべきはエクリュアの操艦でしょう(人が変わったかのように毒づき、荒々しい操縦になる)、そしてそのエクリュアに唖然とするソバーシュさん、ジントやクファディスさんのような微妙な引きつった笑顔を見せる珍しいソバーシュさんはもう観られないのではないでしょうか。
なお、オープニングのアーヴ語バージョンシーンではエクリュアが操艦しつつなにやら歌っています(とともにこちらではジントがえらい目に遭っている)。これはvolume02では日本語バージョンが聴けるので、じっくり待ちましょう。つまり、エクリュアの操艦シーンはvolume01、volume02ともにあるのです。もう「星界の戦旗III」はエクリュアのためにあるのでは、と思えてしまいます
ただ、収録時間は30分しかなかったですね、長くなると思っていたのですが、これでも長いのかなー。と星界Webを確認するとvolume02では35分予定です。またそこのスタッフBBSでは10分くらいプラスともあるのでvolume02で堪能したいものです。まあスカパー版を観ていないのでなんとも言えないのが本当のところですが・・・
オーディオコメンタリーは監督と殿下と閣下、及びエクリュアがご出演です(あ、監督といってもサムソンさんではなく長岡監督)。これは場面場面での細かいお話がたくさん聞けて楽しかったです。むう、ここにエクリュア役の清水香里さんが出ているということだけで、今回はエクリュアがキーパーソンだということでしょう。まあ本編とはほぼ関係ないですけどね。
星界の戦旗 III volume01
ちなみにエクリュア青汁一気は、オーディオコメンタリーで監督がその場面を指摘していますが、普通に本編観ていても充分、わかります
星界の戦旗 III volume02
それにしてもこの作品の肝であるべきジントが育ての親にラフィールを紹介する場面だとか、ジントの親友クー・ドゥリンとの再開だとか、全部後編ですね・・・。

星界の戦旗III volume01、発送された
星界の戦旗III volume01が発送されたとAmazonさんからメールが届きました(午前10時頃のメール)。でも多分、今日中にうちには届かないでしょう・・・。届かなければ明日は朝から旅立つ(休日もなにもない8月いっぱい出張)のでこれを観られるのは恐らく9月に入ってから・・・
結局収録時間は30分予定からプラス10分ほどになっているのかなーとか、オーディオコメンタリーが面白いかも、とかいろいろ期待しつつ出かけます
その前に、発送状況確認で様子を伺おうっと・・・むーまだ見られないようです。・・・いや、DVDはメール便になるので発送後の追跡調査は行われないらしい。
今日はやっぱり無理っぽいなー
星界の戦旗 III volume01
volume02は9月下旬、これも予約済み。さて、こっちは届いたらすぐに観られるのか、どうか。(観たいです)
星界の戦旗 III volume02

星界を全部観る
このところ、星界の紋章、星界の戦旗をぼちぼち観ておりました。
そうなると、さては最近発売になったDVD-BOXを買ったのかと思われそうですが、残念ながらそうではなく、かつて中古でやら新品でやらでぼちぼち集めた本編(星界の紋章、星界の戦旗、星界の戦旗II)のDVDを観てました。
ううう、こう観るとやはり紋章が前作小説3冊分で13話になっているのが、物語が圧縮されすぎて物足りないです。(スポール大公爵の出番が少ないからというだけかも知れない)
とか言いつつもとりあえず全部観たのでいよいよますます今度の星界の戦旗IIIが楽しみになっているのは言うまでもありません。

星界の戦旗IIIのDVDはロングバージョンだ
さて、ちょっと嬉しいこと。
星界の戦旗IIIのDVDは先だって予約したのですが、どうもそれぞれ30分ずつ2巻しかないようだったのが、計20分くらい増量されそうです
詳しくは星界の戦旗 III volume01
星界の戦旗 III volume02
頑張ってロングバージョンにしていただいた監督以下スタップの皆様に百万の感謝を。

星界の断章1巻読了
実は「創世」を読んでいませんでした。これまでの長編中で断片的に語られるアーヴの始まりについて、かなりすっきりしました。
そして最後の書き下ろしの「原罪」、これも長編中でアーヴの原罪として語られることがあるのですが、こちらはかなりすっきりしたかというと、まあすっきり、というところでしょうか。今度は「創世」のようにアーヴの始祖である母都市の人の方の物語も欲しかったです。
しかしアーヴと同じ言葉で話す人々がいるというのがなんとなく新鮮ですね、まあアーヴの出自がそこだから当然なのですが・・・。
また、アーヴと他の人類社会との交渉というものが長編でも多くあるのですが、この「原罪」ではアーヴがまだ交渉慣れしていないのが新鮮です。勝手な推察ですが、もう少し交渉がうまかったなら「アーヴの原罪」とならなかったのでしょうね。だからこそアーヴは交渉を重要視しているのだとも思い、妙に納得もしています。
さあ、これで後はなんとか今年中に星界の戦旗5巻が出ることを祈念しつつ、OVAの「<星界の戦旗 III volume01」の予約をしましょうか。
星界の断章 <1>

星界の断章、ようやく買う、そして読む
むう、電気通信主任技術者試験が終わったので読み始めました。
なお、地元で7/8あたりから捜していたのですが、全然発見できず。
7/9はWebでも発売中であることを確認したものの相変わらず見当たらず、今日の7/10、試験に行く途中に買いました
もちろん、試験に集中で試験終わってから帰り道に読み出します。だからまだ途中、ペネージュさん(現スポール・アロン=セクパト・レトパーニュ大公爵・ペネージュ)の16歳誕生日なお話の途中です
しかし読み出して妙に文字サイズが大きく感じてしまう試験勉強しすぎ状態…(勉強に使った学習書、でかい上に文字サイズ文庫小説のそれと同じくらいだったようですから1ページの情報量が多すぎ!)
まあ、ぼちぼち読んでいきます。そもそもこのペネージュさんのお話は既読ですけど飛ばさずしっかり読んでいきます。
なお、短編により文字フォントが明朝(?)とゴシックで明確に区分けされているようですね、あとがきとか読んでいないのでこれがなにを意味するのかわかりませんが。所謂正史かそうでないかの区分けっぽいですね。
私はこのアーヴという種族の交易とその交渉術に関するあたりのお話が大好きです。本編では戦闘のお話が多いのですが、短編ではそんな交易の話とかに触れていることが多く、とても満足です。
星界の断章 <1>

星界の断章第1巻はまもなく発売です
SFマガジンをご覧の方はご存知でしょう。
また、ハヤカワさんのHPでは緊急サイン会が7/9に行われます・・・ということは少なくともその日までには発売でしょう 楽しみ楽しみ。
今年中に星界の新刊が出るのです! ・・・でも、短編集ですが・・・。
これまで各所で書かれてきた短編がようやく一冊にまとまりました。でも1巻です。今回の中に含まれていないものもあります。まあこれはいずれ2巻以降を期待・・・っていつになるのだろう?
まあ、気を取り直し内容確認、確か12話、書き下ろしひとつあります。
また、星界本編とは別の世界観の話・・・ソビークの話とかの、例の星界の登場人物に似ている人が出ているものの、そのパラレルな世界で本編とは関係ない話ものが5話あります。ゲームのおまけに入っていたりすることが多いので読むの大変ですからこれは楽しみですねー。実は大して短編は読んでいないので早く読みたくってしようがありません
星界の断章 <1>
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。